3 にうかま−ろりぽっぷ支部−

旧1 旧2 旧3 旧4 旧5 旧6 旧7 旧8 旧9 旧10
カモメは飛んでいるか? SNKハイスクールコレクション Vitaトロフィーコレクション
おんたまげった! 萌え2次大戦(略)2 SNKギャルズ 氷の弓使いさんの装備グラフィック集(1/1更新)

どうでもいいとは思ってないし全く興味無いわけでもないけど話題にするほどのものでもなかったやつ

 バカっぽい奴らが騒いでるのはそれなりに楽しかった。が、先日ニコニコニュースで見た記事。あまりにも頭悪すぎる内容だったからなのか、今検索したら無くなってたけど、ニコニコニュースの転載元には原文が残されていたバイトテロで本当に悪いのは誰か。バイトテロってネーミングがもうセンス無くてひどいんだけど、まあこれはどこかのマスコミかネット民がつけたものであってこの記事主でないからそれはいいとして。

 本当に悪いのはやらかしたやつ。いじめはいじめられた奴も悪いなんて事は…無い。いじめられた側も悪いって場合、それはいじめではなく報復。

 社会システムが、だの企業がだの、賃金がだの、心底頭悪い奴らは色々言ってるけど、「低賃金だから」ってのはヒドい話で「低かろうが賃金は支払われている」なら、その対価は支払わないといけなくて、それが労働。低賃金だのバイトだの一切関係ない。低賃金だとしてもそれに見合った労働を支払う。それはバイト開始前に「この条件でいいか」と契約しているはず。してないなら、しない奴が悪い。そんなヤツは法はあまり守ってくれない。全く守ってくれにとは言わないが。

 で、だ。問題は無限責任云々言ってるところで、この記事が元なのか、この記事主が何かを元に書かれたのか、検索すると大量にヒットする、この話題で。覚えたばっかりの言葉使いたくて仕方無いみたいだが、この場合、有限責任だ、無限責任だ、ってのは全く関係の無い話だぜ。例えばだ、この事件により、その企業が倒産したとして、やらかしたバイト以外の労働者は責任を問われるか?問われない。せいぜいが、倒産直前の1か月分の給料が未払いになる可能性があるぐらい。「労働者全員で責任をとれ」なんて事にはならんし、株式会社であったとして、株主が「責任をとれ」と言われる事もない。無論、事件を起こしたバイトもそこは変わらない。無限責任など負ってない。

 話を少しわかりやすくしようか。「経営者は有限責任なのにバイトは無限責任なのか」てのが何故か大量にヒットするんですがね。じゃあ、今回バイトがやらかしたのと同じ事をバイトでも何でもない第3者が「誰も見てない」ところで行ったら?…あの「つまようじクン」みたいにな。アレは実際には売り物に対して行われたわけではないけどな。もっと凶悪なのであればちと古いがグリコ森永事件でいいか?これに対して「経営者は有限責任なのに、その企業に全く関係のない人間はその企業に対して無限責任を負うのか」と言うのかね?

 まず、その企業とは関係ない第3者から見た場合、その企業の従事者が事件を起こした場合、誰がやらかしたかに関係なくその企業…法人格が「事件を起こした」と解釈する。個人情報流出事件とか、起こした企業内部では「やらかしたグループ」「やらかした個人」という存在はあっても、外部には関係がない。その企業は決して被害者ではない。企業は責任を負わなければならない。さっきの個人情報流出とかであれば謝罪広告の掲載やら、流出させた顧客に対しての賠償、結果的に流出させてない顧客に対しても補償。これらは事件を起こした特定の「誰か」が行うわけではなく法人が行う。バイトテロとやらも、バイト本人に…その店の利用者が賠償請求するわけではない。

 一方で、企業からすると、労働契約を結んだ被雇用者が…ここではあえて「故意に」と書く、故意に契約違反、社会常識を欠く行為を実施して企業の信頼を損ね、顧客に損失を負わせたなら、「自分で雇用した」とはいえ、契約違反なんだから企業は「被害者」なんですな。無論、雇用側が雇用し、勤務先に配属し、勤務内容も決定しているわけで、先の「つまようじクン」みたいな、全くの部外者が起こした「防ぎようもない」事件と違って、企業側にも落ち度がある。まあ、現実としては全くの第3者がやらかすのと同レベルで、こんなもん防ぎようが無いと思うけど、名目としては「企業側にも落ち度がある」って事になるだろうよ。

 いいか、とりあえず自分の身になって考えてみろ。バカなバイトが何かやらかして数千億の損害が出た。「バイトのやった事だから」と、企業が全責任を負う場合、この場合の企業ってのは…株式会社であれば「株主」だからな?株主は泣き寝入りか?無論、社員も同じ、バカなバイトがやらかしたおかげで会社傾いて給料大幅減額、もしくは大幅人員カット…その対応に「横暴だ」と言えるか?そうしないと全員死ぬしかない状況で?で、何でそこまで責任負わないといけないんだ?「そんな奴を雇用するような企業に就職したんだから自業自得」その通り、が、その責任が重すぎるんすよ、それじゃ。誰がやらかそうが、少なからず責任を負わされる、何らかの形で。でも、それが重すぎるなら、そっちの方が「企業のあり方に問題アリ」だ。本来責任を負うべき人間を放置して、「全員で分担しよう」だなんて。特定の個人に全責任を押し付けるのはもちろん違う、それは法人全体の責任だから。が、当事者に大部分の責任を負ってもらうのは「当然」の話なんすよ。当たり前だろ?社会常識といってもいい。

 会社の金を横領した奴がいたとして、その被害額を社員で分担するか?しねぇだろーがって事。

 ああ、ちなみに個人的意見ではあるけど、低賃金とか関係ない話。それは低賃金層をバカにしてるのか、クズだと?一度、社会に出て普通にバイト、会社員として生活してみて、それでもそんなバカな事言えるなら救いが無い。そもそも、雇用側だって賃金アップ出来るならそりゃしたいだろ。よっぽどの金の亡者じゃないなら。

 富める者の富はどこから来てるのかっていうと、貧しい者たちからなんですよ。そこから吸い上げてる。バカが無駄遣いしてるとかただそれだけの話ってわけではない。社会の仕組み上「全員が富む」のは有りえない。3人いて100円ある。1人が30円持ってる。もう1人が60円持ってる。何故こんなに差がついてるのか。それは最後の1人から吸い上げたから…最後の1人は10円しか持ってない。富む為には誰かに貧しくなってもらわないといけない。つまり、必要な存在なんですよ、低賃金層。「全員が高給」なんて有り得んのです。有り得たとして、それは狭い世界の話で、その外の世界で貧しいものが生まれてる。

 ただし、そういった理屈の上で、それはそれとして…バイトを酷使してるクソな企業は多いよねとは思う。まあ、バイトというか正社員酷使してるとこも多いのが実情だが。ああ、後やっぱり公的企業は守られすぎ。結局「顧客」が実質責任負わされたようなもんな大震災の東京電力とか。年金機構の情報漏えいも結局誰が責任とったんだよ、アレ。結局、あれってホントに「日本人全体」が責任負わされたろ、あれに費やした費用とかさ。漏えいさせたバカと機構の職員で全額支払えって言いたくなるレベルの「有りえないぐらいに低いセキュリティ意識」での事件だからね。

ファンタシースター2ならまだわかるけどドラクエ4は無い

 4以前のドラクエみたいなヒントの少ないRPGやりたいってタイトルあって…ヒントの少ないドラクエなんてあったか?と。2の炎のほこらは…田村さんの察しが悪かっただけだと思うんだわ、アレが初めてプレイしたRPGだったから。

 今のRPGが謎解きみたいな面で昔のRPGより簡単だというなら、それは事実。あくまでも平均としての話だけれど。ただ、ヒントが少ないとかっていうのはまた話が違って、現状が「謎解き」みたいなものが何もないと考えた方がわかりやすい。

 たとえば、初代聖剣伝説の「ガラスの砂漠にフレアで壊せるクリスタルがある」っていう、これは「答え」を言ってるんですよね。でも、「情報は不足」している。ドラクエ2の炎のほこらも「炎のほこらに太陽の紋章」と答えは出ている。ただ情報が不足している。これは言葉の言い換えではなく、文字通りヒントではなく情報が不足している。

 この「ガラスの砂漠にフレアで壊せるクリスタル」をもっと不親切にすると「ガラスの砂漠に何らかの魔法で壊せるクリスタルがある」≒「世界のどこかにフレアで壊せる以下略」>「クリスタルが鍵らしいぞ」≒「この砂漠のどこかに秘密の入り口が」>「ノーヒント」…「この砂漠のどこかに」がレベルだと「ヒントが少ない」になる気はするけど、あの砂漠…他に特に無いから、後はアイテム使ってみたり体当たりしてみたり、考えられる限りの事をする事になる。無論、現代でそんな仕様のゲームはクソゲーと呼ばれるだろう…ファミコン時代でもクソゲー?それは違うんだわ。最初から「1人で解く」事なんて作り手想定してねぇよ、こういう作りのゲーム。ネットなんて便利なものは無くても、それでもネットワークでつながってる。ドルアーガの塔なんてあの仕様で今出したら誰がプレイすんだよって事で、つまりはそういう事だ。現代はネットで情報出回るから、「ただのクソゲー」と化す。

 逆にこの「ガラスの砂漠で」を現代風にするとどうなるかというと…

 「ガラスの砂漠にフレアで壊せるクリスタルが1つだけある。場所は…お前さんの地図を貸せ、印をつけてやる。そのクリスタルは虹色に輝いてるから近くまでいけばわかるはずだ」と、こんな感じ。で、実際にそのクリスタルまで行く必要も無い。視界に入ったなら、そこでイベントが始まって、MPとか関係なく勝手にフレア唱える場面が入るから。

 現代のRPGプレイしていてすら「それは大げさだ」と思う人ももしかしたらいるかもしれんが、思い出せよく。実際にこうなってるだろ?これより少し「プレイしてる感覚にさせてくれる」程度のだと、丁寧に道順を教えてくれる。もう少しやわらげると、「クリスタルが十字型になってる場所の中心のクリスタルだ」とか、総当たりしなくても済む程度の情報を与えてくれる。…ああ、実際の聖剣伝説の壊せるクリスタルはそうじゃないからな?そんなわかりやすい見た目してない。まあ、「ヒント少ない」言ってる人は多分このクラスの「ほぼ正解言ってる」けど、一応自分で動かす余地はある程度の事を指してるんだろうと。

 たとえば、3DS版、PS4版…つまりスマホ版のドラクエ1、2に「いくら何でもこれじゃ子供も楽しめないだろ」と、「隠れてるアイテムの位置が光ってる」っていう。これは街の人が「答え」を言ってるにしても、その「答え」を聞いてその情報通りに行動した結果、「実際にあった」というその「イベントに参加してる感」がゲームの楽しさで、「光ってるとこを調べたらアイテムがあった」は全く面白みがない。「マイラの温泉から南に4歩」なんていう「完全な答え」であっても、重要なのは「その話を聞いて」「行動に移す」事。

 ドラクエ11は「聖剣伝説の壊せるクリスタルの現代風」のとこに書いたものに近いけれど、スマホ版ドラクエ程に無粋ではない。

 無論ヒントとは「テキスト」だけじゃあない。ドラクエ2の場合、デルコンダルの武器屋のとこの宝箱。アレは会話では全く触れられないけれど、「裏から回り込めばいいのか」と理解して、暗闇に向かってカギを使うという行動をとる事が出来る…ああ、武器屋の前に武器屋の宝箱の中身…ガイアの鎧探してる戦士いたっけ、そういや?でも、アレは本気で何のヒントにもなっとらんしな、「だから何だよ」で…つまり、テキスト上はヒント無しで画面をよく見ろっていうパターンで間違いない。そのカギ…ザハンもテキストでのヒントは無いけれど、明らかに特殊な動きをする犬がいる。どちらも「子供だまし」と言っていいレベルだけれど、実際にプレイするのは子供なわけで、「正解」する事で喜べる。

 個人的に「ヒントが少ない」はゲームとして楽しめるレベルだけれど、「情報不足」はゲームとして失敗してるだけだと思ってるんすよ。総当たりなんて何も楽しくない。「○○のダンジョンのどこかにいる」とか、ダンジョンRPGでこんな会話出てくるとうんざりする、実際。どこかとか言われたって…法則も無く、ただ製作者がテキトーに置いたその位置をしらみつぶしに探すだけ。面白いわけもない。

 似たようなのが「次にどこに行けばいいかわからない」。これ全く違う2つが一緒に扱われてるのが残念。ドラクエ2と3の場合、船を手に入れると、その時点で世界のほぼどこにでも行けるようになる。実際、攻略順序は自由。レベルに左右されるけれど、割と自由。何度かプレイして効率重視となると「ザハン>デルコンダル>ペルポイ」とか「ランシール>エジンベア>浅瀬の祠」とか順番は大体同じになるだろうけれど、実際その順番である必要は無い。これは「どこに行けばいいのかわからない」というなら「どこにでも行けばいい」と答えるわ。ここで躊躇して他人に質問するようなヤツはドラクエなんてプレイしない方がいい。このデザインはゲームバランス難しいんで、現代ではなかなか見ないというか、船で自由に行動とかがそうそう無いか?船に乗れたとしても、あっちこっち行き止まりになってて自由に行動出来ないのが普通か。

 それに対して「あっちこっち行けるけど、イベントの順番がきっちり決まっていて次に行くべき場所は1つしかない」けれど「どこに行けば次のイベントが発生するのか」全く何の手がかりも無い。…つまりは総当たり、こちらは「次にどこに行けばいいかわからない」>「そうだよね、答えは〇〇だ…この先もずっとこのノリだけど頑張れ」と。

 無論、嫌いではない、寄り道。…どこかのその位置は中間管理職なのか?中間管理職さんみたいな物言いになったけど、自分の意思で行う寄り道は好きだ。敢えてイベントを進めず寄り道して…「何でこんなとこにいるのか」とベロニカさんに怒られるの好きだった。ゲーム開始直後から歩いてミシディアまで行けるFF2とか、船手に入れる前に歩いてムオルまでならいけるドラクエ3とか…好きだったぞ。でもやっぱり強制寄り道は好きじゃない。自身のミスではないとこで無駄に迷いたくないんだよ。そこでやけに時間のかかるザコ戦が何度も何度も入ると…ストレスがたまりすぎる。

 RPGじゃないけど、コナミワイワイワールドは最初から全ステージ選択できる。まあ、シューティングステージ、最終ステージは別だけど。…ただ、全ステージ選べるけど、攻略順序はきっちり決まってる。唯一、いつ行ってもいいのはゴエモンステージだけど、いつ行ってもいいからこそ、まあよっぽどヘンなこだわりが無いならゴエモンステージが一番最初になる。その次にゴエモンステージより敵の攻撃が激しくてゴエモン1人分のライフの増加が重要になるけど、特に物理的な障害は無いシモンステージ。次がシモンの長いリーチが無いと敵を倒せない=先に進めないマイキーステージ。ついで、マイキーの小さな体で無いと先に進めない箇所のあるコングステージ、ついでジャンプ力のあるコングでないと先に進めない箇所のあるフウマステージ。そして最後に岩が邪魔で岩を壊せるフウマがいないと先に進めないモアイステージ。完全に順番固定。ただ、プレイすればすぐにわかるんで、この仕様に文句言う人はまずいない。RPGみたいに手間かかるわけじゃないんで。

 ちなみにロマンシアはテキスト上はノーヒントだけれど、「こんなもんわかるわけねぇ」ってゲームではない。何度も何度も失敗すれば大体は理解出来る。ドルアーガとかワルキューレのは本気でノーヒント。ナムコは今も昔もロクなゲーム作らないな、ホント。ファミコン時代からナムコ好きじゃなかったよ。鉄拳で評価変えて、今また鉄拳とかソウルキャリバーで評価一気に下げてる。やっぱりロクなゲーム無いな、ナムコは。

遠山の金さんは何故にゲーム化されなかったのか

 水戸黄門はゲーム化されたというのに。

 フリータイムは自由に街を散歩して、事件に遭遇するもしないもプレイヤーの自由。事件に遭遇しなかったら、まあ何というかがんばれ。事件目撃なんてしてないけど、おうおうおう!とか脅せばいいんじゃね?

 いや、犯罪者側になって、遊び人の金さんとやらを避けながら何かやらかすゲームにすべきか。とりあえず桜吹雪見なければせーーーふ。

 うん、時代劇は金さんが一番好きだった。いや、そんなんで同一人物認定は無理だし、シラ切れるよなぁ…結局ただ脅迫してるだけじゃないのか?とか思いながら夏休みの朝に楽しく見てた…悪人側も「その金さんとやらを出してもらおうじゃありませんか」みたいに態度悪ぃよなぁと思いながら楽しく見てた。けど、テーマ曲は大岡越前が好きだった。心躍るまさかの大岡越前OPノンテロップ動画。…ここまでどこに需要があるのか謎なノンテロップも珍しいな。

 暴れん坊将軍は全員集合見てたから1度も見た事ねぇよ。馬に乗ってるオープニングだけはよく見たから多分19:30〜20:00のテレ朝のアニメ見てたんだな。覚えてないけど。調べてみたら…アニメじゃなくてあばれはっちゃくだった。

 これか、馬に乗ってる…本編全く見た事ないやつ。全然懐かしくないのがすごい。これをアレンジしたいわゆる「デーンデーンデーン」でよく聞くからじゃねぇぞ。BGMが懐かしくないじゃなくて、映像が全然懐かしくない。…いや、やっぱり本編見た事あるわ。徳田新之助さんだろ、確か?「余の顔見忘れたわけではあるまい」とかそんな感じ。多分、これも夏休みとか冬休みとかに再放送やってて何となく見てたんだろうなぁ。そして金さんと違ってあんまし気に入らなかったんだろう。…上様強いよね。水戸黄門なんかは本人もそこそこ強いけど基本守られてる。暴れん坊将軍は暴れん坊すぎるだろうと。暴れん坊将軍はアクションゲームだよな、きっと。

ガスコンロのトロフィー取得率勢と昔のゲームは難しい勢が鬱陶しいので

 せめてガスコンロは「ヌルゲーのザコボス」とは言わないけど…ゲームが下手な連中が他人を見下したくて見下したくてしょうがなくて必死に持ち上げてるのが憐れすぎて、他のゲームのトロフィー取得率と比べてみようかと思う。とはいえ、自分で持ってるというかプレイしたゲームに限らられるが。ちなみにガスコンロは序盤のボスなのにトロフィー取得率50%切ってて強いとかアホな事言ってるのがガスコンロ勢な。フリープレイに来たならちょっと触れて即撤退した人がどれだけいるのかっていう。

 細かくトロフィー設定されてるタイトルの方がわかりやすいか。ボス1体目と2体目とであまり差が無かったり、2体目で急激に落ちたりっていうのは…1体目に到達する前にまずかなり振るい落とされる。「つまらない」と思ったのか、「自分には向かない」と思ったのか。2体目で更に一気に減るのは「ある程度プレイするとこまでは頑張ってみたけどやっぱりつまらない」と思ったか。まあ、正直に言って「難しいから投げだした」なんて人はほとんどいねぇと思うんですわ、大抵のゲームにおいて。それでも取得率ってのは序盤、1体目、2体目のボス、ステージ1やら第1章やらクリアする時点で「70%」ぐらいになってるのは割と当たり前。

 飽きた。ルート選択次第でボスの順番変わったりするゲームも結構あるけど、まあ大体な感じで。50%前後で「脱落者多すぎ」とか言ってたら、川背さんどーなるんだよ、ホント。ちなみに別に…強くないからな、おたまじゃくし?トロフィー取得率なんてあくまでも目安であって絶対的な難易度の尺度ではないっす。川背さんはタイトルだけは有名な上に川背さんが可愛すぎるのと、確かフリープレイにも来たか?それが原因だろう…少しプレイしてとっとと撤退した人がほとんどだと思う。まあ、ラムラーナもっとヒドいけどな。

タイトル撃破(突破)取得率
ブラッドボーンガスコンロ45.7%
アイコノクラスツエージェントホワイト(6ボス…序盤ではないけどまだ前半)45.7%
魔壊神トリリオントリリオン巨人形態(1ボス)
トリリオン邪竜形態(2ボス)
50.7%
34.7%
古き良き時代の冒険譚リン(1ボス)
アルゴ(2ボス)
75.1%
67.0%
神獄塔メアリスケルター2水族館跡エリア(1章)
旧学生街エリア(2章)
67.4%
58.6%
メイQノ地下ニ死ス黒の塔(1章)
紅の塔(2章)
55.6%
37.6%
塔亰クランプール辺獄フォルトゥーナ(1章)
地獄リガートゥル(2章)
40.4%
31.4%
ブラッドステインドCOMグラットントレイン(1ボス)
フォカロル(2ボス)
71.0%
54.3%
うたわれるもの1招かれざるもの(1章)
荒ぶる森の主(2章)
89.6%
83.4%
クロワルールシグマルクレチア編(1章…みたいなもの)60.3%
ショベルナイトボクメツ騎士団半壊(中間地点)48.1%
ソルトアンドサンクチュアリ深淵に潜む者(0ボス)
水被りの騎士(1ボス)
微笑みの女王(2ボス)
09.2%
70.3%
45.4%
さよなら海腹川背おたまじゃくし(1ボス…みたいなもの)16.3%
聖剣伝説ジャッカル(0ボス)
ヒドラ(1ボス)
バンパイア(2ボス)
95.7%
64.5%
60.4%
聖剣伝説2マンティス・アント(0ボス)
バド(1ボス)
タイガーキメラ(2ボス)
94.4%
76.7%
69.7%
銀魂乱舞岡田似蔵(1ボス)
夜王鳳仙(2ボス)
86.5%
68.2%
ガンガンピクシーズ佐藤アマヨ(1ボス)
鳥居キラ(2ボス)
65.0%
52.6%
アッパーズ第1章
第2章
70.0%
55.1%
夜廻第1章
第2章
89.0%
64.5%
深夜廻第1章
第2章
91.3%
80.7%
絶対絶望少女大門大(1ボス)
煙蛇太郎(2ボス)
81.3%
74.2%
よるのないくに蒼血華龍(1ボス)
蒼血鉄騎カルーセル(2ボス)
65.5%
45.7%
ファントムブレイカーBG影霧(1ボス)
白美琴(2ボス)
92.4%
82.8%
東亰ザナドゥeX+メネスオーガ(1ボス)
グレアファントム(2ボス)
82.6%
67.0%
チェルのブエル・ボボンボイ(1ボス)
ピョア・アーァア(2ボス)
エル・ボボンボイ(2ボス?)
81.3%
73.3%
12.8%
ダブルフォーカス聖白蓮(1ボス)
霍青娥(2ボス)
81.7%
73.8%
ジョジョEOH第1章
第2章
75.6%
66.9%
ラムラーナEXアンフィスバエナ(1ボス)
サキト(2ボス)
10.0%
07.2%
ローグレガシーヒドル(1ボス)
アレキサンダー(2ボス)
48.4%
35.4%

TODRやはり全然終わる気がしない

 布都編と射命丸編終わった。後、プレイ可能なサブストーリーは2つ。そろそろ本編進めるか。

 しかし、何というか、敵としても味方としても頼りないけど、PCとしては優秀な布都。敵としてはものすごく鬱陶しいというかストレートに強いし、パートナーとしても優秀だった……のに、PCとしては微妙な射命丸…この差は。

 キャラ特有の能力が無いなら、弾幕で差が出る。けど、文さんは何が長所なんだ?敵の時は火力高いのに2回行動という鬼畜行動してくるから特殊能力とか関係無しに強いんだけど、それが無いPC版は…弾幕もスペルカードも…大量の敵相手に使えなさすぎじゃないっすかね?範囲内ホーミング攻撃だけは強いけど…射程がなぁ。

 こう、ちょっと興味持って検索してみると「幻想郷では最高クラスだけどその力を云々」と…実は無茶苦茶高性能なのに、そう見えないキャラってのは格好良いと思う。格好良いと思うけど………特に封印とかされてたりしないならその能力使ってくれ。同じ弾幕ポイント消費で大量に人形呼び出したり、全画面に超火力ぶつけたりする人達いるのに…周囲1マスに低火力攻撃…ついでに吹き飛ばしますとか自重しすぎだろ、それは。その低性能でも勝てる弱いボスだったけど…初見殺しヒドかった。あー、初見殺しアリなのか…と。即リセットしたらそのフロアからやり直し出来たから問題ないけど何度もリセットするハメになった。というかゲーム途中に切断してもペナルティ無いのか…Vitaはエラー起こしやすいからありがたいけど。

何が知性だ

 そういうのはウォーズマンにくれてやれよと思ったキン肉マン最新話。もう知性とかそういうレベルじゃねぇよ。コンピュータかよ、フェニックス。

 ただ、パワーの差なんていくらでも埋められるってのを示して……紅茶マンに希望を与えてくれたのは大きい。まあ、もう紅茶マン二度と出番無いだろうけど。

懲りずに「葬られたマンガ・アニメ」って本買う

 以前発売されていたやつの文庫化っぽい。で、この手のは真面目に本当に調査したものと、ネットの「噂」レベルのをそのまま掲載するのとあるけど、この本は後者。後、似た系統の別の出版社の本からネタそのまま盗んだのと。

 作品の画像とかは「引用」のつもりなんだろうけど、だとしても引用の条件満たしてねぇんだけど、この本。出展不明だから。ネットの画像そのまま持ってきてるのもあるし、多分…「どこから持ってきた」ものかわからんから書けんのだろうが、それはもう著作権侵害なんですな。誰も訴えてないから文庫化まで出来たんだろうけどさ。

 最低でも「作品」の作者ぐらい書けよと思う。それすらしないで適当な情報垂れ流し。無論、既に「ウソ」だとわかってる情報も平気で事実かのように掲載してる。ネットにもそんな情報無ぇだろっていう「ジョジョOVAが発売直後に世界中で回収された」とか「どこの情報だよ?」な事も書かれてたな。ホントどこの情報だよ?どこの情報転載したのかしらんが、何で調べようと思わないんだ?

 が、ヒドいのは「葬られたかどうかもわからん」ものを自分の好き嫌いで「つまんねぇから封印された」って堂々と書いてる東映版遊戯王。昔の遊戯王はカードゲームやってなくてつまらないとして「原作では人気が低かったのだ」と断言してやがるんですよ。で、その部分しかアニメ化してねぇって。いや、その人気無かった連載がアニメ化された理由教えてくれや、じゃあ。そもそもカードバトルメインになって以降のシリーズを面白い言ってる大人いるのか、現実として?小学生しか楽しんでないだろ?少年漫画とはいえ小学生しか楽しんでないってのはコロコロにでも連載しとけレベルの駄作て事だぜ?小学生の頃楽しんで今でも好きって大人はそりゃいっぱいいるだろうけど。初期の傑作だった遊戯王を否定するってのは…「三つ目がとおる」「魔少年ビーティー」…ついでに「魔太郎がくる」の否定だな。

 それはそれとして、以前のほぼ同じ作り方してた、葬られたゲームみたいなのと同じで、まあ「情報をまとめている」って点ではそれなりに価値はある。気になったら自分で調べればいいし。ネット情報をどこまで信頼するかってのもあるけど、「参考にしたであろう」サイトの全文を読めば「いや全然違うじゃねぇか」とわかるのとか。流し読みでもしてんのか?で、この本自体もタイトルには「○○が原因で封印された」としておきながら本文では「原因不明」とか、アクセス数稼ぎのネットニュースかよみたいな事になってたり結構凄いっす。

 こち亀の国境警備隊の話はいつの間にか封印されてたのか。でも、この著者、こち亀読んだ事あるんかな?っていう。「その解説だと…いつものこち亀なんだが」っていう。その解説で「封印」っていうなら、こち亀大量に封印されちまうぞ。ライフルが出ようが戦車が出ようが何を破壊しようが何の問題もない。しかし、そうか天皇陛下バンザーイ消されたか。…中川家の仕業だな。もっと仕事しろ中川家。圭一クンの消さないといけない過去はまだまだ山ほどあるぞ。銃が撃ちたくて警官になっただのロクでもないからな、あいつ。

全く終わりが見えない不思議の幻想郷TODR

 本編進めないでサブストーリーの方やってるけど、サブストーリーっていう程に小さいコンテンツじゃない。本編とは時間軸違うもんで、本編のアイテム持ち込めない=最初から装備品とか作り直し。こんなのが複数あるわけで…いつ終わるんだかさっぱりわからん。そして1から育て直しとはいえ、今のところ楽しい。今に「…また最初から作り直しか」ってなるだろうけど。

 ロボティクスノーツ全く手ぇつけられんなぁ。

かなりどうでもいいけど宇宙海賊として認識されてない可哀想な子

 全然楽しみでも何でもないスーパーロボット大戦T。ハーロックとキンケドゥは話題になっても……ブラックジョーカーさん全く触れられない。

 正直ね、原作時点で彼は何というか1ランクどころか2ランクぐらいキャラの格が他のシャッフルの面々より低いというか……いっそアレンビーがブラックジョーカーでよかったんじゃないかとさえ思うわけだが。……炸裂ガイアクラッシャーとか、見てて可哀想なレベルの必殺技じゃないっすか。宇宙海賊だけど地球の自然をぶち壊すだけの東方先生大激怒の技ですよ、あんなの。ダグハウトかよ。っていうかあの程度、グランゾートなら剣召喚するだけでやってのけるな。まあ、グランゾートさんは、ベジータかよみたいな、「私はスーパーグランゾート」とか…神から王にランクダウンしてるじゃないかとか思うけど、それでも龍王丸とか戦王丸とかシンプルだけど格好良いパワーアップ版に比べて…スーパーグランゾートってネーミングは……しかも本人がスーパーグランゾート名乗るってのが、もう「ネオ・ピッコロ」さんレベルで格好悪い。登龍剣から鳳龍剣に…格好良い。エルディカイザーがスーパーエルディカイザーに…がっかり。一刀両断スーパーエルディカイザー…残念すぎる。その挙句にOVAでは「ハイパーグランゾート」だからね…更に続編でパワーアップさせようってなった時どうするつもりだったんだろうね…グランゾートキングとか、ゴッドグランゾートとかか?まあ、何というか早くロボット大戦来いよ…どうしたらいい、グランゾート?やっぱり魔道力か?魔道力が足りないか?

 以前書いた通り、現在のスーパーロボット大戦はどの機体でもまともに戦える。無意味な公平感で弱いヤツも強くされてる。飛べようが飛べまいが関係ないし、機体サイズも大した問題じゃない。が、足の遅さみたいなのだけは何故か強く強く差別として残されてる。…またボルトガンダムだけ置いてかれて、戦場ついた頃には敵残ってねぇよってなるんだろ?…シャッフルはやっぱり何かバランス悪いよな。オペレーションメテオの5体も明らかにサンドロックだけ弱いっていうひどい状態だったとはいえ。サンドロックとヘビーアームズが弱い。なのに、弱い2体ではなく強い2体の方が大幅改修されて、サンドロックは改修したら最強技だったはずのクロスクラッシャー使えなくなったとか…何でわざわざ弱体化要素加えてんだよっていう。最近のSRWはサンドロック時点で宇宙適応AだからSRWのサンドロック改って何をどういじったんだろうな?

たけのこ暮らし

 150フロア。持ち込み不可。装備品、食糧の類は一切落ちておらず、敵もドロップしない。ショップも無いというダンジョンに潜った。

 現在30フロア突破したが既に火力不足で泣きそう。落ちてるのは調合用の素材のみ。が、調合では装備品が作れない。ストーリー進むと作れるようになるんだろうか?攻撃力も防御力も不足しすぎている。

 「弾幕」を見て、使えそうな諏訪子を選んで、パートナーにサポートがえっらく強い大妖精さんを選択。この選択の結果、火力不足と不運を何とか補えてた。使えるPCの能力ぐらいどこかに書いておいて欲しかった。諏訪子さん、水の上歩ける。そして、水の上か、水に隣接してるとものすごくパワーアップする。今回のダンジョンやけに水が多いので、おかげで強敵と何とか渡りあえてる。大妖精さんはスキル発動率がやけに高くて、攻撃役としても便利だけど、PCを強化してくれるのがありがたい。水辺とあわせてこれで素手でもどうにか戦えてる。後、大量にキノコとタケノコ生やしてくれる。調合で「おはぎ」は作れるけど、その為の材料が全然落ちてない。結果、大妖精さんが生やしてくれたタケノコを集めて…まとめて焼く。これを繰り返してタケノコ暮らし。一方、キノコはそのままでは食えないし焼いても食えたもんじゃないし…やっぱりキノコはダメだな。一度、腐らせてから焼くと食べられる事はわかったけど、運よくそうそう腐敗しない。やっぱりタケノコだな。

 が、水辺効果あっても、そろそろ限界な気がする。敵が急激に強くなった。どうやら境を越えたっぽい。もう無理、帰る。大した稼ぎもないし…効率だけいえば無駄な時間過ごした事になる。が、タケノコ食べたからいいや。後、説明の無いプレイヤー特性みたいなのがあるのわかったのと。実際、水上歩行+水辺で超強化ってかなり強くないか?

不思議の幻想郷TODRを始めた

 まだ序盤だけど、文句無しの面白さ。実際、システムはクソゲーでしかないゆらぎ荘とほぼ同じ。ローグライクと言っても実際ゲームごとにかなり違いがある。が、この2作品はシステムだけ見ればほぼ同じ。パートナーのシステムも含めて。

 が、その出来は全く違う。

 ゆらぎ荘の「未鑑定」状態は装備品を鑑定する術が鑑定アイテムのみなんで、それを持ち込むか、運よく拾うか。「未鑑定」ってのは、効果よくわからないまま使う初回にこそ意味がある。そして、使っても鑑定出来ない場合においても「その効果で類推できる」、ショップがある場合、「売値で推定できる」から意味がある。「鑑定アイテムに頼る以外、どうしようもない」というゆらぎ荘の装備品は…このルールから逸脱していて、ゲームとして全く面白くないわけですよ。

 後は以前書いた通り、敵とプレイヤーのバランス。プレイヤー側が強すぎてアイテムの使い道が無い。結果、30個のアイテム枠はすぐ埋まる。飛び道具は特別枠で装備できるけど、威力無さすぎて使い道が無いしな。飛び道具が使い道ないって時点で終わってる。そして、それでも通常攻撃だけじゃ敵が多すぎるとかって場合には必殺技がある。アイテムの出番は無い。アイテムの効果に比べると必殺技が強いんで。必殺技使うためにはつまらんサブゲームしないといけないし、つまらんサブゲームするためには非売品のレアアイテム必要だけど。これをこなすと「特定の回数使える」。この回数は1ダンジョンでは回復しないんで乱用出来ないけど、その回数は確保されてるからそれなりに気軽に使える。

 不思議の幻想郷の場合、必殺技は最初から全開、余計な作業は必要ない。ただ、使う為には専用のポイントが必要で、そのポイントはダンジョン内に落ちてるし、回復するアイテムもある。その上で、アイテムの効果が強いので、必殺技とアイテムとを使って、作業感無くプレイ出来る。

 後は敵か。ゆらぎ荘の敵は「全部同じ」なんすよ、結局のとこ。種族があって、「タヌキ」は盗みやら転倒やら仕掛けてくる、天狗は術を使ってくるとか、違いはあるんだけど…あるんだけど、思考が同じで、「攻撃の効果が違う」程度にしか感じない。槍だと貫通+射程2とか最初からプレイヤー側は通常攻撃で遠距離攻撃出来て、パートナーも槍を装備すると、プレイヤーの後ろから攻撃する。結果、ほとんどの敵はこちらに攻撃する事なく沈む。これがゆらぎ荘。そして、何より問題なのは、割と「この種類の敵が出るフロア」みたいになっている事で、タヌキと天狗と魂のコンビネーション!みたいなトラウマになりそうな非道が行われない。一番難易度高いであろう50フロアのチャレンジダンジョンなんかは完全にフロア別に種族が出てくるから、敵にたとえ個性があったとしてもそれが活かされるゲーム性になってない。

 要は敵のバリエーションが少なすぎる。常に高速で動く。常に逃げ回る。ものすごく硬い。倒すと絶対に食糧になるみたいな…そういった個性が全く無い。一応、クソ強いボス格は2回行動とかするけど、そういうのは序盤のザコがやってもいいんすよ。

 不思議の幻想郷では…人魚は「水のあるとこだと強い」、門番は「通路には絶対に入ってこない」、悪戯っこが「高速で動き回ってワナ設置しまくる」だとか、敵のバリエーションが豊富。試してないけど、解説見るとキョンシーには食い物ぶつけると一撃死するらしい。…うん、一度闘うと即、その敵の情報が見れるようになるのも便利でいいっすな。

 調合、合成だとかのシステムは好き嫌いがあるのでどうでもいいとして、装備品の強化と保護。ゆらぎ荘は一度「保護」状態にしちまえばもうその装備品は完全に守護られる。誰にも手を出させない。保護にするためのアイテムはそれほどにレアじゃないし、そもそも保護すべき装備品なんて数個だからすぐに完全な状態になる。ゲームとしてはダメだよな、これ。「ワナ無効」「装備解除無効」を保護しちまうとそもそも意味無くなるかもしれんが、「保護が無かったらマイナス効果だった」というワナ踏んだら確率で外れるとかじゃないと、保護。まあ、前述の通り、ワナ無効が保護されたらもうどうしようもないけど、そういうシステムでも。

 とりあえず、せめて金の使い道ぐらいは用意して欲しかったかな。実のとこ、ゆらぎ荘はまだ全ダンジョンの「チャレンジ」だか何だかはクリアしてない。「特定のアイテムを持ってクリア」系が、ただの運なんでこれ全部埋めるとかやってらんねぇって。が、ある程度は埋めていて、その途中で金はカンスト。「全サブゲームのフリープレイ」を解禁でかなり金払ったけど、その後またカンスト。アイテムの使い道無いから拾わなきゃいいのに、つい拾ってそれを律儀に売ってたらこうなった。サブゲームのプレイを「金」でやらせてくれりゃいいのに、何故かダンジョン内で拾うしかないっていう。そこまでして強化する必要も無いけど、徹底的に強化したいって人も絶対いるわけでその時に枷になるよなぁって。プレイヤーの思考を全く読んでない。こういう「制限」はゲームを面白くするものではない。

 後、趣味の問題だけどショップの「盗み」。今は修正されたみたいだけど、仲間が勝手に店員に攻撃して盗んでないのに敵対してくるとか…攻撃の射程と方向次第で「プレイヤーも普通に店員に攻撃」出来る&ショップにも普通に敵が入り込んでくるっていう。無論、そんな状態であっても店員に攻撃してしまうのはプレイヤーの責任で、それ含めて「ゲームとして面白い」は成り立つんだけど、ゆらぎ荘の場合圧倒的クソゲーすぎて、こういった要素すべてマイナスにしか受け取れんのですよ。クソゲーはクソゲーであるがゆえに「神ゲー」とか言われるのと「同じ」事をやってすら「クソゲー要素の1つ」になりかねない。まあ、自業自得だ。実際、ゲーム的に全然楽しくない要素だし。何でショップ内でそんなに気を使わないといかんのだ。そして、別にショップ店員最強でもいいけど、頭使ってどうこう出来る相手じゃなくて、なぐり合って勝つしかなくて、まともにやるとなぐり合う事も出来ないってのが、やっぱり「最強の敵」との戦いとして全然面白くねぇよなと。無敵アイテムでゴリ押すか。「天狗防御」を装備につけて天狗の攻撃を無効化するか。それしか無いだろうし、それが出来るなら「ただのHPの塊」でしかないし。ホント、何から何まで出来悪いのな。1.1だから1.01になったけど、結局まだ致命的なバグ残ったままだしさ。1.1だか1.01でもかなり修正されてるのに、まだまだバグだらけなのはホントヒデぇや。…バグの数もその致命的な度合いもゆらぎ荘を遥か上回る勇者ネプテューヌがもう完全放置状態になってる事思えばそれよりはマシなのかもしれんが。

 って、え?不思議の幻想郷…最初のボスだと思ったキャラがラスボスだった。最初のダンジョンがラストダンジョンだった。…まぁ次のシナリオがあるよな?1シナリオ1ダンジョンなのか?というか、まさかボスがこんなに強いとは思ってなくて「一応もっておこうか」みたいに持ってた多くのアイテム全部無くなっちまった。まあ、これぐらいの強さは欲しいよな、ボスキャラなら。

ゲームにも飽きたのでニコニコを漁る

 ガンダム声真似プロレスの人達がまた何かやって大人気だったみたいだけど…それよりは以前紹介した、じゅんくり。いつの間にやらファミリートレーナーに突入してた。実況動画嫌いだったとしても一見の価値はある。インチキすればともかく、真面目にやると…ピラミッドの坂は本気でキツイ。体力有り余ってる子供でもキツいんだからおっさんには辛すぎる。…とても辛そうなゲーム実況とかなかなか無いと思うんだわ。

 そう、ファミリートレーナーは任天堂が目指していた「ファミリー」要素がとても強い素晴らしいものだった。任天堂じゃなくてバンダイが繰り出したんだが。これは子供が1人でもくもくやるものじゃあんくて、みんなで集まって「必死にプレイしてる様」を眺めて楽しむもの。人が集まれば集まるほどに盛り上がれる。第1弾なんてゲームとしては極めて単調で、その画面だけ見たって全く面白くもない代物だからな。プレイしてる様見てもつまらないエアロビなんてのもあるけど。

日曜日にやってる病院が全然無かった

 そして祝日も無い。連休は病人けが人が困るな実に。

 とりあえず湿布をと思ったが、薬局もやってない。近くにドラッグストアも無い。ちょっと検索して、船橋FACEビルにドラッグストアがある事がわかったので面倒だけど駅まで。

 ついでにビックカメラを覗く。特に欲しいものなし。更についでに、ときわ書房。特になし。が、るろうに剣心2巻出てたので購入。

 わざわざ新キャラ投入したのに、その新キャラが既にほとんど出番無い。この漫画ってそんなに主人公ばっかり目立ってる漫画だったかな?と思い出してみるもいまいち印象が薄い。全巻持ってるけど見返す気も起きないし。

 特にする事もなく、新しいゲームを始める気力もなく、アイコノクラスツのチャレンジモードをクリア。…チャレンジモードはそこそこ楽しかった。終盤辛かったけど。そしてさらなる問題点も見えてしまった。まあ、問題点よりは普通にプレイするとクソつまんねぇけど、チャレンジモードはそこそこ楽しめるってのが大事だな。

 1周目の選択と違うの選んで、冷たい対応取りつづけたら…ロケットの中で1周目は隣に座ってたキャラが、ものすごく遠くに座っちゃって「何この微妙な好感度要素」と。他にも何かイベントに違いとか出てんのかな?ラスボス直前の父親のイベントは父親を拒否した場合と受け入れT場合とで、ラスボスのバリアが変わるのは確認した。…まあ、それが原因で変わったのかどうかは確認する気も無いけど。岩バリア以外、現実世界に戻った時の主人公の態度が少し違うだけど、それ以外に特に変わった気はしないし、何の選択なんだろうな、アレは。何でそれでラスボスの岩バリアが変わるのかもわからんし。

劇場版シティーハンター見に…いけなかった

 雪とかじゃなくて、金曜日から続く肩の激痛で。明日の朝治ってないなら病院だ。

 原作者は「当時そのまま」言ってるんだけど、気持ち悪いキャラデザイン、客集めのド素人キャスティングとか…は、まあ原作者の責任で無いにしてもやっぱりキャッツアイ投入は心底いただけないなと。「ファンサービスです」でもズレてるけど、わざわざ「当時そのまま」とまで言っておいて、その当時自分で否定した事やるなよっていう。

 ちょっと前に話題になったドラゴンボールの「そのまま」と言いつつ改変されていたブルーレイみたいな?ただ、アレ本気で思うんだけど、アレを見つけたファンはともかく、「買う気失せた」とか…いや、そもそも買う気ならとっくに買ってるし、お前ら買ってたとして気づかないだろ?って。便乗して悪口放題なゴミを燃やす方法教えてくれ。ああいう奴らが日本人ユーザーの評判落とす。客でもユーザーでもない連中が評判落とすのいい加減にしてくれ。

 ただ、現実この逆は結構あるんですよね。「現代の何たらにあわせて表現を」とか放映前に出るけど、「いやどこ変えたんだよ?」とか、タイガーマスクの再放送とか「これいいのか?」が結構あったが、アレでホントに「規制」した状態だったのか?…してなかったと思うんだ、アレ。だからって、セリフぶちぶち切れて何言ってるかわからん状態とか画面真っ白とかは困るけど。

 その上で、「その改変がそんなに重要か?」と。ただケチつけたくて必死に違いを探したようにしか思えんのですよ。漫画も連載版と単行本版、それから単行本の改変版とか比較する暇な人いて、それは悪意からやってる事じゃあない。ただ今回のは悪意でやっただろうと。ものすごく何だかなぁと思うんですよね。現在残されているのが改変版しかありませんでしたと言い切ればそれで逃げれたよねとさえ思う。それが卑怯だとも思わない。心底くだらない。

 実際、ドラゴンボール改なんかも流血描写とか地味に改変してて、「意外と面倒な事やってた」みたいなんだけれど、そもそもこういうの誰がダメだって言い出して、それを受け入れちゃうんですかね?その割にナメック星人さんはしょっちゅう腕ちぎられるという残酷描写描かれてるのが不思議。アレは人間じゃない扱い?緑だから?自分で千切る時もあるけど、腕を千切る攻撃食らうのはまあナメクジの人だよねと。アレを他のキャラ食らったらひどい事になる。

 ああ、ドラゴンボールのついで。漫画版超の単行本で「鳥山明に修正食らった部分」とか毎回オマケで公開してくれてるんだけど、それをネットに公開した上で「とよたろう才能無ぇ」とか。いや、本人が公開してんだが…。それはそれとして、セリフの修正部分で「鳥山明は気を使って不快にさせないように」とか言ってるヤツみて、お前はドラゴンボール読み返せと。特にブウ編かな。

 人気作品は批判を受けやすい。けれど、ドラゴンボールはその印象があまり無かった。それがブウ編の時は違ってた。孫悟空が「こいつクズなんじゃないか?」と認識され出したのはセル編じゃなくてブウ編ですな。さかのぼってセル編見てみると息子に対してひでぇとかなるってだけで。

 ドラゴンボールでは、亀仙人がエロ爺として初期から存在していて、パンツ見せろだのぱふぱふだのとやってたけど…ギャグ漫画として許されていた部分はある。ブウ編で息子2人もいるおっさんが、エロ爺の説得に「ブルマの乳もませる」とかさ…。ベジータが怒ったけど、問題は「他人の嫁」だからとかそこではないんだわ。今ほどうるさくなかった時代であってさえ、この発言かなり問題視されたからね。女性軽視だと。気を使ってる?不快にさせない?…結婚までしておいてクリリンはずっと18号18号と記号みたいに呼んでるんだぜ?ブルマはブルマで「故障」扱いと全く人間扱いしてないしな。まあ、描きたくもないもの描いてたんならモチベーションあがらんし仕方無い面もあるけどさ。そんなに気を使ってはいないだろ、鳥山さん。今はどうだか知らんけど。

 ちなみに、もし人造人間を17号だの18号だのと呼び続ける事に公式設定あったとして、それで評価が変わるわけじゃないからな?最初からその設定ありきで原作者がそう描いていたとしても、だ。そんなわけもないけど。そうだったとしても読者がそれを知り得ない以上は変わらん。グレートサイヤマン、ビーデル、ダーブラ、へたれ界王神と良キャラは生み出したけど、ホントクソシリーズだよな、ブウ編は。

何故コロコロフォースは出ないのか

 大人向けのコロコロもどきとか、公式な大人向けコロコロは発売されるのにゲームは全くでない。

 何も対戦アクション、対戦格闘でなくてもいいというか、ホビー系の漫画多いんで、闘うのはキツいだろう。が、敢えてその縛りでも、一応、実戦でも戦えそうなファミコンロッキーに、後はドラゴン拳、男吾、コロッケ、パーマン、ハットリくん…後、高橋名人とか余裕で戦える。

 ジャンプは遊戯がリアルで戦えるっていうなら、プラコン大作も可能だろう。プラモを実体化させりゃいい、プラ魂は本人の妄想だけれど…その世界に引きずり込めるようにすりゃいいんだろ?ただし、ガンプラは出てこない。ゲームセンターあらしも本人が炎のコマでワープしたりすりゃいいんだろ?余裕余裕。エレクトリックサンダーとかあるしな。後、キンタマンとか…オガンダムは出ません。

 問題はチョロQ、ラジコン、ミニ四駆…それからビックリマン辺りだな。ビックリマンはビックリマン世界じゃなくて、ビックリマンシールを題材とした現実世界の漫画の方な。…戦える気がしない。

 野球、サッカーは…野球は問題なく戦えそう。サッカーは翼と違ってキッカーズは比較的まともだからなぁ。そうでなくても翼の場合、若島津クンとか普通に戦えると思うんだわ。野球の方は頭おかしいのにな…かっとび童児がまだまともな方という。そのまだまともな方のファミコンソフトが「野球ゲーム」じゃないという事実で…色々と察してもらえると思う。キヨハラくんとか野球やってたイメージは無い。あばれ隼は初期は意外とまともに野球やってて驚いたよ、単行本見て。途中からただの魔球と秘打のぶつかりあい…野球やれ野球。

脈絡なく唐突だが

 戦隊モノのセンスの悪いネーミングはわざと何だろうか?いい加減「ジャー」と「レンジャー」やめろと思うんだ。レンジャー誤解するぞ?

 太陽戦隊サンバルカンみたいなセンスは戻ってこないのか。「動物戦隊ジュウオウジャー」「轟轟戦隊ボウケンジャー」「手裏剣戦隊ニンニンジャー」だったか?考えたヤツ死ねよとまで思えるヒドさ。

 多分、恐竜戦隊ジュウレンジャーが諸悪の根源だと思うんですよ。サンバルカンが3人だったように、ジュウレンジャーは10人集めろよ。というか、調べてみたら言うほど恐竜じゃなくて、その意味でもヒドかった。…が、一覧見てみたら、ジュウレンジャーの前にもっとセンス悪い「高速戦隊ターボレンジャー」なんてのがあった。「ジャー」「レンジャー」つくやつはゴレンジャー以外全部センス悪くないか?

 ちなみにジュウレンジャーは「ティラノ」「マンモス」「トリケラ」「タイガー」「プテラ」「ドラゴン」だそうで、どこからマンモス出てきたんだよ。時代違いすぎる。タイガーも意味わからんが、ドラゴンとか実在しねぇし。いや、先にドラゴンいて、龍虎だからとタイガー入れたならまだわかる。タイガーが先にいて、後からドラゴンって何だ。というか恐竜2人しかいねぇよ、恐竜戦隊。

 つうかネタなんていくらでもあるだろうに、同じようなのばっかりなんだな、戦隊モノ。「忍者戦隊」「忍風戦隊」とかその挙句が「手裏剣戦隊」かよ。デンジマンの「電子戦隊」と何か発音が被りそうな「電磁戦隊」なんているし…ヨーヨーかコマでも武器にするんすか?うん、まあ何というか忍者と恐竜多すぎじゃね?恐竜戦隊使われちまったから、じゃあ「キョウリュウジャー」使おうって?何で新しいモノにいかないんだろうな。一体どんな恐竜なのかと思ったら、キョウリュウレッドとかだった…そういえば、主に2パターンあるのか、命名に。パロディだと、この「○〇レッド」とか、〇〇の部分統一して、後ろに色のパターンがほとんどだけど。ああ、9人いるキュウレンジャーなんてあるのか。

 何でこのヒデぇネーミング放置されてるんだろうな。

 リアルタイム当時どういう反応あったかわからんけど、「ウルトラマンタロウ」とかは全然センス悪いと感じないけど、ニンニンジャーとかゴーゴー戦隊とか、やっぱり「死ね」って言いたくなるレベルだなぁ。

 ちなみにだ、ガッシュの作者に「あ、この人は違うな」と感じたのがカマキリジョーだった。カマキリというモチーフを使う事はともかくとして、カスみたいな漫画どもは「仮面何たらー」だろ?センスのかけらも無い。いっそ「お面ライダー」の方がまだマシ。正式には「お面ライダーマン」らしいけど、そんな事ぁどうでもいい。うん、やっぱりカマキリジョーとかいう謎のセンスは欲しいところだな。アレに限らずガッシュはよくわからんところで妙なオリジナリティはあったな。

血が流れない不思議

 のりりん読んでて、この子の顔はヒドい目に遭う顔ッ。陰湿なイジメとか、心底キツい死に方とか…何か事故死しないと落ち着かないという感じの。

 それが、マチネとソワレ5巻。おかしい、血が流れない。ホモ臭くない。おかしい。

 相変わらず面白い。漫画に限らず作品発表の場、機会が増えた結果、プロとは言い難い奴らがあまりにも増えた中、貴重なプロの漫画家さん。そう、ジャンプとか大手少年漫画雑誌ですら「こいつはプロじゃねぇ」ってやつらが連載してる中、ホントに貴重。

 そしてはっきりわかる。ネット含め、どれだけ評判になろうが、そんなものに価値を見いだせないなと。

 今回のは、無名どころか悪名残した主人公の演劇が、ネットで評判になり、客が殺到したという展開。その世界の人物だったとして、絶対見にいかねぇなと。

 悪評なら興味持つかもしれないけど、評判になった作品とか、どうでもいいと思ってしまう。ひねくれてるとかそういうのとは違うと思うんだわ。実際、こんな簡単に動くなら数人でいいから、偽レビュー書かせれば簡単に人気作品作れるなと。実際、作れるんだけどさ。

 評判になるなら実際に面白い、すごいのかもしれないけれど、実際にそんなにすごい事なんて「まず無い」と思うんですよね。ほどほどというか。それこそほとんど知名度無いものの中に同レベル、もっと面白いものもあるだろうと。その中から誰だかもわからん…ロクにモノも知らないかもしれない奴らが絶賛したからってだから何だ?と。

 最近だと、カメラだかガメラだか?「邦画はロクなのがない」とか言いつつそれを絶賛する奴ら見てると、「そもそもお前らどんだけ邦画見たんだ?」と。…大多数が絶賛するものの駄作率の高さ。大多数って事は「ロクにそのジャンルに触れてない」…「そのジャンルならもっといいものが遥か過去から大量にある」が当たり前。まあどうでもいいか。

やっと湯けむり迷宮踏破

 99フロアのダンジョンとか無くて最高で50フロア。序盤に手に入れたワナ避けがホントにバランス崩壊レベルだった。あらゆるワナを完全無効化。そして、最後までプレイして…超がつくレベルのレアアイテムだった事がわかる。よくこんなもんが序盤で出に入ったな。

 ただ、一部のCGとサブストーリーが解禁されてない。…条件を満たしてないとかじゃなくて、「ダンジョンをクリアしてない」とか出やがる。いや、もう無ぇよダンジョン。DLC追加キャラについてきたダンジョンにも追加サブストーリーと追加CGあったんで…まだ追加する気か?が、原作知らんが、もう残ってるキャラ、仲居さんとエロタヌキさんと男しかいないぞ?男本気でどうでもいいテキトーなデザインな上に全然魅力無いからむしろ奴を消すDLC欲しいぐらいだ。主人公らしき男キャラをあそこまで魅力無いキャラにするとか…すごいな、原作しらんけど。追加ならタヌキちゃんで。あのサブゲームで邪気を払ってるのはタヌキ…入浴しながら自分で邪気を払う…色々と丸見えで素敵。まあ、どうせ真っ白なんだけどな。あのタヌキにアイドル衣装着せたい…タヌキ追加なら買う、そうでないならもういい。

 まあ、もういいよ。装備がある程度強くなるともうただの作業だし、これ以上プレイしても発展ないし。持ち込み不可で、アイテム一切落ちてないのに30フロアあるチャレンジダンジョンは…そこそこ…面白いわけねぇよ。ただの運ゲーだろ。運よくショップが出て、運よくショップで食糧手に入るかどうかの運ゲー。持ち込み不可で、手に入るアイテムことごとく呪われてるチャレンジダンジョン…やっぱり面白くないっていう。呪われてても、マイナス効果無いっぽくてただ装備を外せないだけ。別に外せないからってそんなに不自由しない。どうせ、敵大した強さじゃないから、素手とか裸よりマシ程度の装備でも別にかまわない。

 このクソゲー一歩手前の「全く何も考えてない」ゲーム作ったのは、以前ほぼ同じ感想書いて、その時は1日でやめてしまった「オメガラビリンス」と同じ開発だったようで…あまりにもつまらなくてエロ目的でも無理だった。アイコノクラスツでさえクリアまで我慢出来たけど、アレは無理だった。もっというとトルネコ開発したところのようで、なるほど…そりゃクソゲー一歩手前でもしょうがないわと。全く新しいアイデアが無いのな。いや、トルネコとかプレイしたことないし、プレイしたいとも思わんが。クソゲーなら「どんなだ」とプレイしてみたくもなるけど、ただ単に面白くないゲームなんざプレイしたくもない。「不思議の」とかつくやつ全部プレイする価値無いと思ってる。が、そうか、タイトルにそうついてないだけでその系譜か…何でこんな出来悪いというか、昭和どころか平安時代の遺物とまで言いたくなる古臭いデザインしてるんだろうな。おじいちゃんが作ってんの?

 ワナ回避装備して何を言うか?とも思われそうだけど、ワナとか関係なく装備品が主力で、アイテム使い道無ぇんだわ、このゲーム。このジャンルの場合、アイテムなんざ使い捨てで自分なり敵なりにガンガン使っていくべきだと思ってる。けど、このゲーム…「飛び道具クソ弱い」「アイテムの効果微妙」「使い捨てるほどに手に入るわけではない」けど「装備品とか回復アイテムはバカみたいに手に入る」。が、回復アイテムなんざ滅多に使わない。装備品なんて売る以外の使い道が無い。結果、30個しかアイテム持てないもんで、アイテム欄が「アイテムを格納」する湯かごで埋まるという異常事態に。その湯かごの中もアイテムでパンパン。売るとものすごく価格。ただ金の使い道も特にないわけだが。あの光と湯気で真っ白なサブゲームをいつでもプレイ出来るようになる権利…アレを買いそろえるとなかなかの額になるけど、アレ全部買ってもそれでも金有り余るからのう。

 ちなみに装備品。長く使ってないと強化が出来ないんで、火力はともかくとして…追加効果が凶悪で、「必中」「周囲4方向同時攻撃」「射程前方のみ4」とか無茶苦茶な能力を付加できる。通常攻撃がどんな武器だろうが飛道具みたいな事になる上に必中だからね。後はクリティカル率高めたり、ちと鬱陶しい天狗とタヌキに対して特攻つけたり…防具も同じノリだけど武器ほどに凶悪ではないか。が、「装備弾き無効」とか「サビ無効」とか、こちらを無力化、弱体化させてくる効果ほとんど無効化出来る。…まあ、DLC追加のロリ人形さんは防具装備出来ないというハンデ背負ってるけどな。そのハンデ背負った上でそれでもさすがに有料キャラって感じの強さだが。持ち込み不可のダンジョンでは有用だよな、どうせロクな防具手に入らないし、追加効果なんてまず期待できないから、拾った防具の素の状態なんて。主人公を追加投入するなら、武器も防具も装備出来ない、何のスキルも無い最弱キャラとしてだろう…それを有料販売するのか?となると何か微妙だけど。最弱キャラ必要だと思うんだよなぁ。自分で縛るんじゃあなくて、そういうキャラがいるという事が。ただ、武器無いと一部のダンジョン本気で攻略不可になるから、最弱だけどレベルアップによる能力アップが大きいってしないとダメか。それでも入った瞬間モンスターハウスとかだとアウトだが。そうでなくても50フロアのダンジョンは「何も装備しないで」チャンレジしたら、1フロア目から余裕で死ねるぐらいにザコ強くて、「必殺技」を使いつつ装備品拾ってと、かなりキツかったんで、必殺技も無ければ装備品拾っても装備出来ないとなると…アイテムにかなり頼る戦い方になる。…うん、アイテム持ち込めるんだからそれで良い気がする。

 このジャンルで一番面白かったのは、未だにTOBAL2。一番つまらなかったのはFF10-2ラストミッション。どっちもスクウェアという。ラストミッションは奇跡だと思う。時々出てくる「どうするとこんなにつまらなく出来るんだ」「一種の才能だろ」系統の割と頂点に近いとこにいる。TOBAL2のはモンスター捕まえてプレイヤーキャラ増やすって目的もあったとはいえ、それ無くても薬の変換とか楽しかった。とりあえず、敵に投げて識別して…敵が凶悪化したら逃げる、それもまた楽しさの1つだわ。少しづつ薬の識別が進んでいって…この色とこの色ならあの薬出来るな、とか。何のゲームだよ?って感じだが…基本は対戦格闘ゲームだな、うん。無暗にデカいダンジョンを時間かけて攻略していき…ラスボス…カポエラ大魔王様…ここで捕獲を逃したらまた最初からやり直しッ。うん、普通にラスボスも捕獲してPCに出来るゲームだわ。ただ魔王がデカくなっただけって感じだけど。…ジャンルの融合でここまでの事が可能なのかと示したトバル2。FFっぽさをちょっと混ぜ込んでみようとして見事にヒドい事になったラストミッション。アレ3人いるのに結局1人重点的に使うだけでいいのがダメだと思うんよ。ストーリー上も3人で同時攻略してるはずなのにさ。まあ、そこを解決してもまだ問題山積みだけど。

20周年時点で完成されていてそれ以降30年オマケでしかないジャンプ

 ファミコンジャンプの豪華さを見ると、ジャンプフォースのゴミっぷりは何かやっぱりヒドい。

 ファミコンジャンプのPCは、抜作、ケンシロウ、悟空、冴羽、アラレ、星矢、桃、ジョジョ、霊気……翼、たろー……えーと、イサム、万吉、加納……後誰だ?まあ、何か既に揃ってる。

 この内、北斗、ドラゴンボール、星矢、男塾、ジョジョ、翼、キン肉マンは未だにちまちま連載してる辺り、20年前でいかに完成されていたかというか、以前書いた通り、この辺りの連載陣、過去作に頼りすぎ。

 この時点で、キン肉マンなんて過去世界…連載終了作品だぞ。何で未だに連載してて、「いや、弟心配するほどよく出来た兄じゃねぇし」「いや、恨んでねぇし」と言いつつ、弟の話しかしないオメガマン(兄)を微笑ましく眺めてるのか理解できない。

 いいか、ラスボスが「マジュニア」だぞ。そう、つまりドラゴンボールは既にアニメでいうところの「Z」にとっくに突入してたわけだ。何かそういうとそんなに古く感じないけど、最終決戦に出てきたジョジョのキャラがエシディシだという事実に30年という時を感じる。よりによってエシディシ…カーズ間に合わなかったなら大人しくディオにしておけばいいものを。別に主人公が2部、敵が1部でもいいだろうがって。ラオウとかサガとか赤カブトとかマシリトに混じってエシディシ…格落ちしすぎ。まあ、ヘルナンデスクンとかもっと浮いてる子もいるし、その時点ではどうだったかはともかくとして、基本的に敵じゃねぇよっていう大豪院さんとかも混じってるけどさ。

 が、よくよく考えてみると、男塾は桃と塾長が無敵すぎて敵側に大物いねぇな。藤堂は戦闘キャラじゃねぇし、男塾の敵というか塾長の敵って感じだし。風雲羅漢塾論外だし…邪鬼ぐらいしか大物いねぇのな。それと、ごっついのうの江戸川先輩と男とは何ぞやの独眼鉄先輩。が、彼らは敵ではない。…エシディシよりは邪鬼の方がマシだな、敵かどうかはともかくとして。カーズと違って敵として出てきててちゃんと技を使う以上は、八連制覇終わってて、邪鬼が味方になってるのわかった上でやったんだろうから…他にいなかったんだろうなぁ。それだったらヘルナンデスより…イメージとしては日向クンの方が敵のイメージ強いわ。ウイングマンもライエルとかマイナー感漂うキャラよりキータクラーの方がライバルの立ち位置としてふさわしい。

 ちと話変わるけど、「ラスボス」をただ「連載上最後に倒した敵」の事としてしかとらえない人が多くてクソ面倒。「少年漫画」だか「ジャンプ」で最強のラスボスは「志々雄」みたいなお題があって、「ラスボスじゃない」と。面倒くせぇな、ホント。シリーズラスボスというものを認めんのか。結果的に最終エピソードになったシリーズのボスキャラだけがラスボスってのは頭悪くね?タイトルそのままで続き始まった場合、どうするんだ、それ?

 まあ、つまり、シリーズ最後のボスキャラだからなんて理由で「ライエル」とか出すのは違うよなって話。るろうに剣心も縁とかいう「誰それ?」なヤツは全く出てこなくて毎度毎度、志々雄だろ?ドラゴンボールもブウなんてまず呼ばれんだろ?基本的にフリーザで。ああ、主人公との強さバランスで見ても志々雄が最強のラスボスとか絶対無いというか、弱い部類だよなと思うんだが。

 男塾の「ヤクザの人」とか、幽白のラスボスそもそもいねぇ…煙鬼とかいう弱そうなおっさんが最強だったで終わったし。まあ、仙水は有耶無耶で終わったってのもあるし、あの作品も戸愚呂(弟)ぐらいしかまともに出せる敵がいない気もするけど。何か小悪党だった飛影とか、小悪党な朱雀とか、小悪党とすら言い難い…カスな乱童クンに…ロクなボスいねぇのな。漫画の展開としては乱童みたいなのもアリだけど、混載作品で敵方に出すにはキツいよなぁ、ザコ臭漂うキャラってのは。

アイコノクラスツやっと終了

 ストーリーをほぼSKIPして無視するとそこそこ楽しめる事が判明した。ストーリーホント邪魔すぎる。あまりにも頻繁に演出挟み込まれて。

 冒険を快適にする二段ジャンプの解禁が…実質クリア後という全く意味の無いところにかなりの悪意を感じる。クリアデータとか関係なく取れるだろうから、実際には「ラスボス戦直前」でとれるようになるというべきだが、普通ラスボス直行するし、そもそもラスボス戦前に取れようがクリア後だろうが、全くといっていいぐらいに差が無い。

 それはそれとして、DOA6のNICOなる新キャラは白衣感が圧倒的に足りない。科学者とか化学者みたいなキャラに美少女要素はいらない。ただ白衣があればそれでいい。正直、男でも全く問題ない。本体は白衣だ。こう、闘神伝URAのロンロンという、「誰も喜びそうにない女性キャラ」…あれの後継者がホントいなかった。Nicoさんには期待したかったんだが、所詮DOAはDOAかと。ファントムブレイカーの助手さんは白衣カラーもあるけど……何で鳳凰院さしおいて助手が出てくるんだっていう。出るなら白衣使え白衣。

 冒険が足りないよな。美少女としてデザインしたなら…道具の力に頼るなら、もっと年齢引き下げる事も出来ただろう。冒険が足りない。ハンパ。15最ぐらいとか35歳ぐらいとか、その辺り。18歳とかありふれてる。ありふれてる上にキャラ位置として微妙。15歳だと天才少女感あるけど、18歳だと凡人感が出てしまう。30過ぎてれば科学者だか化学者感増す。何すか、18歳て?

 何ていうかわかってない。天才科学者的なキャラは真面目にやってこそ。鳳凰院はとりあえずおいておくとして。バイパーズの小学生もアルカナハートの小学生もその辺りダメだよな。小学生感出すなっていう。ぬいぐるみとかスク水とかふざけてんのかと。いや、きらの方はふざけてあのデザインなんだろうけど。

 技術の結晶みたいな、科学の力=ギャグキャラばかり。化学も……本田飛鳥は意外と…というかあの作品の中では極めてまともな部類だよな。テニスとかよりよほど。扇ヶ谷センパイはギャグに近いけど…真面目にやるギャグみたいなキャラ。

水神家をもう少しだけ考えてみる

 ファイティングEXレイヤーの時間的位置づけがどこにあるのかもはやさっぱりわからんが。カイリのあの姿は記憶を取り戻した後の姿なんだけど、記憶喪失という設定。これは記憶を取り戻した後、また記憶失ったのか、取り戻していないのか。前回の解説では「取り戻していない」事になったんだろうと解釈した。

 EXレイヤーでは、EX2に登場したハヤテがガルダを封印した事になっていて、それをカイリが目覚めさせてしまったとしている。

 とはいえ、EX2からもEX3からも水神家関連の話がつながっているようには全然見えない。EXレイヤーは基本的にはEX2と同じ時間で、それとは別の物語…IF展開なのかなと。

 前回解説したのは、本家に施された封印を解いたというか解けてしまったほくと=しらせが、七瀬に恐らくは血の封印を施して、新たなほくととしたと、大体こんなとこ。その時にゲームキャラとしての「ほくと」の為に「ななせ」がいなくなったので、その代わりとして今回「さなね」なるキャラがいると。じゃあ、この「さなね」は何者なのか。

 偶然「ななせ」と全く同じ技を使うキャラなのか?まあ、それはゲームではアリだろう。アレンとカイリも偶然にも伝説の暗殺拳と同じ技ばかり使ってたからな。さなねという名前にも我々にとっては「NANASE」のアナグラムだと意味はあっても、レイヤーの世界では別に何の意味も無い名前なんだろう。

 が、「さなね」のキャラ設定は意味深。「薙刀を使う事でデジャブを感じる」「異種交流戦でであった男に何かを感じ自分の生い立ちに疑問を感じる」。が、「ほくと」が「ななせ」なので、実は記憶をねつ造されていた「ななせ」だという事は無く、「さなね」という人物が存在している。

 まあ…エンディング見れば大体わかるんですけどね、ここまで書いておいて何だけど。「しらせ」とは親は違うだろうけど、「さなね」もまた水神分家の血筋で「ななせ」の身代わりだったと語られている。

 とするとだ、分家の野望がまだまだ続いてるって事ですな。カイリが行方不明なので、水神本家の正当後継者は現在「ななせ」。「カイリ」が生きて戻ってくると更に面倒な事になるので、「ほくと」をそそのかして、まんまと本家の血の封印を解く事に成功。そして勝手に家を飛び出てくれた「ななせ」は「しらせ」が「ほくと」に仕上げた。これで、本家の正当後継者がいなくなるわけだが…それだけじゃ分家の野望は完了しない。自分達が都合よく動かせる「本家の後継者」として「紗波音」を「偽七瀬」に仕立てあげる。それこそ記憶のねつ造というとんでもない技術が使われてるんだろう。さらっとそんな事やってのけるなって感じだが。ただ、紗波音は自分を七瀬だと思い込んでるわけではない。完全に自分を七瀬と誤認してたら、それは操れないからな。七瀬として振る舞えるように仕上げてる途中なんだろうね。

 ただ、EXレイヤーの正史としては多分、ほくとは自分が七瀬である事に気づくし、紗波音は自分が七瀬に仕立て上げられようとしていた事を知ってしまうという展開だろうから…分家の野望はさすがに潰えるんじゃねっすか?

 ただ「さなね」が自分に疑問を感じる要因となった男=「はやて」で、さなねをななせに仕立てあげたのも「はやて」らしいんで、いまいち意味わからん。はやてがどこから出てきたんだ?はやてのエンディング見ればわかるのか?

 そもそもが、「しらせ」はEXレイヤーでは自らの意思で血の封印を解いた事になってる。その理由は極論すれば「ガルダを封じるため」。はやての目的も「ガルダを封じる」事で、その為には「カイリが邪魔」。とはいえ、偽七瀬をでっちあげる必要は無いわけで、やっぱりどうにもつながらない。

 はやてが目的を果たすためには「しらせ」じゃなくて「ななせ」を「カイリ」に接触させるべきだろうと。カイリ本人に悪意なんてなくてただたの被害者なわけだし、記憶を取り戻してやればそれで解決する話。だったら、とりあえず、はやてでクリアしてエンディング見ろって話だけどさ。EXレイヤーもうアリカ真面目にやる気無くなってない?コンパイルハートも勇ネプ完全に投げ出しちゃってるし。今さら衣装DLCとか出ても買うヤツいねぇよ。その上で配信時期未定…アルティザンがもう全く働いてくれなくて自社でやってるんかね?DLC中止でも文句言うヤツいねぇと思うぞ?もう諦めて新作開発だけに力入れろ。

テレビアニメ「ドラゴンボール超」全話視聴完了

 何でネットではこの駄作の責任を原作者になすりつけてるんだろう?鳥山明原案であって、超以前の劇場版2作ほどに原作者関わってねぇってのに。

 ドラゴンボールは何度か書いてきたように「バトルがクソつまらない」作品。ジャンプの人気作品の中でも圧倒的に下だろう。それを退屈させず見せるにはバトルはとっとと終わらせるしかない。

 ドラゴンボールZはまだ擁護出来るんだ。実際、「これ以上無理だから一度終了させて、原作たまったら再開」とか、現代では色々対処あるだろうけど、あの当時…多分、それは許されなかった。人気作品を一時的にも「切る」なんてのはスポンサーも許さんだろう。だから、Zはまだ擁護出来ない事もない。

 超は完全に時間を余らせてしまってる。その上で、ネットでよくいわれる「原作者はドラゴンボールにわか」っていう。でも、ドラゴンボールのファンから見て、アニメ版超はどうだったんだろう?「ニコニコ動画で精神年齢1ケタのおっさん」が喜んでるゴミみたいなものしか知らない奴らが作った質の悪い同人作品…そんな印象しか受けないぜ、アレ。それこそ、「にわか」だろうと。

 身勝手とかいうクソみたいなパワーアップアイデア…おそらく原作者によるものだろう。これは原作者を叩いてもいい部分だと思う。が、そのクソみたいなアイデアを使ってどうにかしないといけない。でも、アニメのは「どうにもなってなかった」。ドラゴンボールの悪い部分の塊。

 まず、もう1度ドラゴンボールのバトルの「つまらなさ」の解説をしないといかんよな。話をわかりやすくするために。ドラゴンボールのというか、ナメック星以降のドラゴンボールのというべきか。最低でもラディッツ、それからベジータ戦までは「単なるステータス勝負」ではなかった。

 ドラゴンボールは「パワーとスピードがあるから強い」。これは覆らない。そういう世界。どれだけ策を弄しようが技を磨こうが、通じないものは通じない。いくつか他の漫画とドラゴンボールと比べてみる。

 戦いは基本的には「逆転逆転逆転」の繰り返し、BLEACHみたいに、「まだ本気じゃない」「俺も本気じゃない」合戦みたいなのはヒドいけど、まあ、そんな感じ。

 「攻撃が通じないから勝てない」場合、戦いの最中に逆転するにはどうすればいのか?ドラゴンボールは「降ってわいた力でステータスが底上げ」されるしかないんですよね。でも、普通の漫画はそうじゃない。相手の技の欠点を見つけたり、ドラゴンボール式だけれど、技がその戦いで熟練したり。

 キン肉マン。時々ドラゴンボール的な展開はあるというか、その時々で理屈違うんだけど。最後の最後に「ようやく身に着けた最強の必殺技」すら攻略されてしまう…けど、降ってわいてきたというか封印されていた力が蘇ってさっき破られたはずの最強の必殺技が通じて勝利…最後の最後の戦いがこんなだけど、「相手の技をどうやって攻略するか」がキン肉マンの基本だろう。攻略できずに、もう耐えるだけ耐えて勝利ってパターンもあるけど。

 星矢は…小宇宙が全て。ドラゴンボールに近いけど、それだけではない…それなりに攻防が描かれる。ただ最終的には小宇宙が全て。基本的に面白いバトルではない作品。まともにバトル描いてたの白銀聖闘士までだよなぁ。そこまでは相手の技の攻略とか考えたりしてたけどさ。昇龍覇仕掛ける時に一瞬心臓ががら空きになるとか、流星を束ねて1つに…彗星にすればガード突き破れるとか。黄金聖闘士から先は小宇宙。

 ジョジョは6部辺りから割と意味不明。最終的にはご都合主義。でも、単純なパワー勝負ではないので、つまらないわけではない。つまらない戦いも多いけど、つまらないわけではない。

 ダイはパワーアップ合戦+技の勝負。

 まあ微妙なものはあるけど、「最終的には主人公が勝つのはわかってる」けど、「こんなのどうやって勝つんだ?」が面白い。

 ドラゴンボールは「相手より「ちから」「すばやさ」のステータスがいきなりあがって勝つ」んだろうなとわかる。

 力の大会では「身勝手」なるものがその大会でいきなり発動。すぐに元に戻るを繰り返して、「最後の最後にご都合主義で目覚めたわけじゃないよ」的にしたけど、3度の覚醒すべてが「ご都合主義」なわけで、最後の最後に突然新形態ってのもアレだけど、早い段階でそれを見せてしまったから。で、2度の覚醒はどちらも「追い詰められて実質負けた」時。もう最後の展開がわかってしまった。こんな見てて何が楽しいんだっていう。

 その上で、バトルロイヤル方式でありながら、「カカロット一派vsその他全宇宙」みたいな形で描かれた事。ネーデルガンダムみたいにずっと隠れてたかと思ったら、ヘンなタイミングで突然出てきて、その時点で最も危険な戦力であったであろう相手を無視して何故かカカロット達を狙う。こんな奴らばかり。ここは原作者の責任かもしれんけど、クソキャラしかいねぇんだわ、この大会。…うーん、原作者の責任ではないな、やっぱり。美の戦士みたいなのとか「誰が望んでんだ?」って感じで長い事生き残ってたけど、アレ…「いいキャラだろ?」「楽しいだろ?」と勘違いしてたとしか思えんのよ。ドラゴンボールに関して田村さんの視点は一般人と少しズレてるのは自覚してるけど、あの愛のデブ女「鬱陶しいからとっとと消えてくれ」と思ってた視聴者がかなり多かったんじゃないかと思うんですよ。この感覚は他の人とそんなにズレてたとは思わない。

 ラスボスとなるジレンが「特に理由も無く強い」「キャラ背景は無いに等しい」…きわめてどうでもいいキャラ。この全く魅力もないキャラが最後に残って「身勝手」とやらで勝つなんて展開だったら、「ジレンにはどうあがいても現時点では勝てない。数の有利で逃げ切ろう」と、ジレンと鬼ごっこでもしてた方がまだ面白かっただろうと。孫悟空はどうしようもない人だけれど、勝ち目のない相手にわくわくして戦い挑むキャラではねぇよ。で、降ってわいて力で「強くなった」と喜ぶキャラでもないと思う。

 あー、後ねフリーザ様…キャラ全然違うと思うんだ。あんまりそういう指摘してる人はいない気もするけど、検索したわけじゃあない。指摘してる人が他にもいっぱいいるならすまん。

 フリーザは第1と最終、第2と第3の主に2つの性格があると思うんですわ。第2と第3は荒っぽいけど、実際登場するのはほぼ第1と最終形態。で、この状態のフリーザは決してクズではない。そして本人も元々は自覚してなかっただろうけれど、強い相手との戦いに意外とわくわくする、「本気で闘う」事の楽しさをナメック星で知ってしまった人。超のアニメ版フリーザは「絶対勝てる弱い相手」に拷問を加えて喜ぶみたいなキャラ。…自分より圧倒的に弱くても、自分基準ではなく平均基準で「強い」相手は「部下に出来る」という意味だとしてもそれなりの態度で接してきてる人だったから、宇宙の命運かかった大会で弱者いたぶるってのはフリーザのキャラじゃねぇよなと。余裕ある状態であればこそだし、約束破るけど「体の一部を封印する」「相手の得意なフィールドで戦ってあげる」とかくだらない事してたヤツだからなぁ。他人をいたぶる趣味は無いだろう。そんな小物はフロストさんだけで十分ですよ。

 サイヤ人は大嫌いとか言ってはいても、実のところフリーザが気にしてるのは孫悟空ただ1人。それ以外はベジータですら興味無い。元々お気に入りの部下だったから、それが本気なら戻ってきてもいいよ程度。サイヤ人に対する憎しみとかなくて、「孫悟空に勝ちたい」「自分に情けをかけやがったあのクソ野郎を見下したい」その程度っすよ、フリーザ様。

 孫悟空の「強さ」についても問題で、これは原作者の問題だろうけど、「神の気」すら使わないジレン相手に、「神の気…超サイヤ人ゴッド」状態で相手にならない。実際にはゴッドではなく「超サイヤ人ゴッド超サイヤ人」だけど。そして、そこに破壊神ですらまともに身に着けていないとかいう究極に近い身勝手なんて状態…これでもまだジレンの方が強い。もう孫悟空はパワーアップの余地が無い。無論、「素の状態でのステータスの底上げ」…RPGのレベルアップ作業ですな。これに励む事で確実に強くはなるんだけど、RPGじゃないし「どうすれば底上げされるんですか?」と。最低でも破壊神の下で修行する事ではないだろう。アレはステータスの底上げ、経験値稼ぎではなく「新スキルを身に着ける」修行だから。素の状態ではベジータと同等とかいうキャベさん。一体何があってその強さなのかですな。素の強さだけでいうと現状サイヤ人最強なのは未来トランクスか?結局、戦闘経験なのか?それで「ちから」「すばやさ」があがるもんなのか?まあ、原作者がどうにかしないとアニメスタッフではどうにも出来ない部分だな。

 このどうにも出来ない部分を認識しないまま、「強いから強い」でつまらないバトルを延々と描いた力の大会はアニメのドラゴンボール至上最悪のシリーズだったんじゃないだろうか?せめて、鳥山さんみたいにもうちょっと変化つけようと。それがワンパターンな「吸収してパワーアップしました」「最後はやっぱり元気玉です」とかであっても。

 「強いから強い」はそれを最初にやった桃白白はそれが初だから許されるんですよね。圧倒的な強さとして。「最初はどどん波一撃でやられたけど強くなったからどどん波には耐えられるようになりました」でも、別にいいんですよ。実際にはそういう展開ではないけど。

 随分と長くなった。まだ色々語りたいけど、最悪な部分を書いてまとめよう。その一部…主にニコニコ的な層にだけしか受けないネットのネタを公式でやることの問題。ヤムチャをいじってそれを本当に面白いと思ってる層なんてどんだけいるんだ?で。仮にそのニコニコ層がドラゴンボールファンの最大派閥で全ファンの4割もいたとする。実際には1割にも満たないだろうけど、4割いたとしよう。最大派閥が喜ぶんだから大成功。そうではないよな。残り6割はその展開を喜ばない。喜ばないどころか不快に思う人も大量にいるだろう。…大失敗なんすよ、それは。

 少年漫画は子供が楽しめればまず成功。とはいえ、ドラゴンボールみたいに全世界レベルで大人気の作品ではその考え方だけでは許されないのは当然。アニメ放映局だってそんな子供受けだけを期待して放送してるわけではない。なら、公式がやるべきは公式であるという事で、一部のゴミ層に媚びる事じゃあない。が、アニメスタッフが感染しちまってるのが問題。つまみ出せよ、そういう奴ら。主にブロリーブロリーブロリー言ってる連中。10円だの何だのクソすぎる。

 ブロリーというのはわかりやすいか。さっきのヤムチャの話よりも、これのファン層がどれだけ多くとも、そうでない人はもっと多いという事。超のブロリーを歓迎したのは、これで少しはおさまるかと思ったから…なんだけど、Wikipediaの記事が正しいなら、鳥山さんの意向無視して、旧ブロリー要素強引に足したようで、いい加減にしろよ。ブロリーファンってのをドラゴンボール界隈から追い出せ、ホントに。これで喜ぶのはごく一部だと何故わからないんだ?つうかさ、原作者自ら、以前とは違うキャラで描いてきた以上、原作者の意思、意図わかるだろ?何で無視するんよ。

 原作者が直接監修したコミック版のケール見ろよ…ブロリー意識して勝手に作ったあのキャラの謎の変身形態を…ダメな形態とばっさり切り捨ててんだろ?何故その意図を理解出来ないんだろうな。

 「ブロリーとか最強じゃないから」>「超4ブロリー」「ブロリーゴッド」…うぜぇ。鬱陶しい、もう公式で最強キャラでも何でもいいから黙っててくれ。そう、「当然ジレンより圧倒的に強いんだよな?」みたいな雑記書いた事あるけど、そうでないと心底鬱陶しいからだわ。わかるか、ドラゴンボールに興味無い人には…

 「カーズはすべての生物の能力使えるからスタンドだって目覚めるはず」と、原作に描かれてないけど、可能性としては残る「強さ」を公式かのように扱い、実際にゲームとかでそういう事をやりだす…鬱陶しいだろ?作品のファンとして、「まあ可能性としてはあるけど」で、原作漫画のキャラではないけど、「クウラがゴールデンクウラになる可能性はまあるよな」と。でも、「だからクウラの方がフリーザより強いのは確定」だの、それを受けて「ゲームで登場させる」とかは絶対に違ぇだろと。あらゆるスタンドを使うカーズとか実際に何かで採用してみろ、怒るファンの方が多いぞ、そんな小学生が考えたかのようなクソ設定。

 原作にないけど、可能性としてはありえるというIFキャラはやりすぎなければ歓迎もされる。やりすぎたら「いい加減にしろ」になる。ドラゴンボール界隈はアニメもゲームもニコニコの精神年齢1ケタの連中に毒されたカスどもが大量に混じってるようで悲惨極まりない事になってる。

 黄金聖闘士のシャイナさんはIFとして面白いかもしれない。けれど、邪武やら魔鈴さんやらが神聖衣まとったりしたら「何やらかしてんだ?」だ。つうかゲームじゃなくてアニメだけど、黄金聖闘士12人全員神聖衣ですら「何やってんだ?」だけどさ。とりあえず、ドラゴンボールはブロリーはもうどうでもいいから、公式でヤムチャをネタにするのはやめろと。古谷さんすら嫌がってるじゃねぇかよ、公式がやってる事に。

ダイがまさかのオリジナルキャストだけどそれでも買う気起きないジャンプフォース

 いらないキャラが9割って感じだからな。というか、実質引退状態どころか入院中押し掛けて収録したのか?収録は同時期であったであろう劇場版シティーハンターの方は、ダイより思い入れありそうなキャラだけど出演してないんで…開発チームとしても、収録OKしてくれたのは驚きだったんじゃないか?キャッツアイのキャラなんてゲストみたいなもんだから、ほとんどセリフは無いだろうけど、収録スタジオまで足を運ぶのが無理。ゲームの単発なセリフなら何とかOKだったか。

 ジャンプフォースはただでさえキャラ選がゴミなのに、ドラゴンボールのゲームみたいにオリジナルキャラ作ってそれを主人公に?いや、ジャンプキャラの技使うオリジナルキャラなんてのを動かしたいんじゃあなくて、ジャンプキャラ動かしたいんよ。ゼノバースの「オリジナルキャラ」はアリだろう。というかドラゴンボールはそれ以外にゲームが多いからこそ許されるってのもある。何だかわからんオリジナルの敵キャラの痛々しい話を見たいわけではないし、オリジナル主人公なんて使いたくもないのですよ。ファミコンジャンプの橋本は「主人公がいないと困る」ゲーム性なんでアレでよかったけど、対人戦メインのゲームでオリジナル主人公いらねぇ。

 テレビアニメ化されて、ギャグ作品でもないのにこういった作品に全く呼ばれない忍空の悲しさ…アルティメットスターズにいた気もするけど、いなかった気もする。調べる気も起きない。銀牙も全然呼ばれないけどファミコンジャンプに赤カブトいるからな。リンかけもファミコンジャンプに一応出演してる。忍空は時期がホントに悪い。剣心も同じような時期な気はするけど。BORUTOなんぞより喜ぶ人の数は多いと思うんだがな、忍空。NARUTOには到底及ばないにしてもBORUTOとか需要ほぼ無いだろ?誰が見てる漫画で、誰が見てるアニメなんだ?

アイコノクラスツのゲーム的なつまらなさがだいぶまとまってきた

 ファミコン時代のクソゲー詰合せか、と。何か勘違いしたゲームクリエイターの「面白いと思ってやったんだろうな」というクソ要素が満載なんだとやっとわかった。

 このゲームの事ではないけれど、何度も何度も何度も何度も、それもしょっちゅう語られる「装備の耐久度いらない」って話題。見るたびに「甘えてんじゃねぇ」と思うんだけど、真面目に考えてみて「まあ、そうだよな」と思ってしまう。

 この話題になるとほぼ確実に湧いてくるのが「修理出来るならいい」とか言い出すヤツ。修理出来るならもう耐久度なんてそもそもいらねぇよと。アクションだろうとRPGだろうと1回冒険する度に修理。「ほぼ何の意味も無いシステム」と化す。ただ面倒なだけ。で、実のとこ耐久度採用してるゲームにこの「ただ面倒になってるだけ」ってタイプはとても多い。

 ここで「回数制」持ち出すのはちと違う。そう、この手の話題になると同じくほぼ確実に湧いてくるのがファイヤーエムブレム持ち出すヤツ。もういいよ、それっていう。武器の耐久度と回数制ってのは違う、似てる部分はあるけど。

 スーパーロボット大戦の残弾式の武器は「修理可能な耐久度」みたいなもんだろうか?そうじゃあないだろう。1回の出撃で使える回数に過ぎなくて、これは耐久度とは違う。

 回数だけど、耐久度に近い概念なのは昔のFFの矢か?5からか?矢が無限に使えるようになったのは。結局、「買い足す」のは面倒だし、非売品の強い矢は使う場面よくわからないしで、特殊なプレイでもないと使わない。こういうのは「クソゲー要素」と言っていい。ただ、プレイヤーに面倒を強いるだけのは。アイコノクラスツはその塊。

 後は、やっぱり「甘えてんじゃねぇ」と思いつつも、やっぱり結局は「まあそうだよな」と思ってしまうのは、無意味にと言いたくなるクソアクション。「何らかのスイッチをONにする」と、ギミックが動きだす。チャンスは1回だけとか短い時間内にアクション成功させる。その後、同じような事を繰り返させる。任天堂に多いイメージで、現代ではあまり見ない。難しいか?というと慣れの問題。失敗しても何度でもやり直しが出来る、大抵の場合。…じゃあ、今やってるこの無駄アクションって必要なのか?と。だからって、時間制限ギリギリでぎりぎりのとこからジャンプして、頂点で二段ジャンプするとギリギリ届くとか…ギリギリの連続とかもかなりどうかと思うが。「二度とやりたくねぇ」って思うようなやつな。ソルトアンドサンクチュアリの壁ジャンプやら空中ダッシュやらと空中に現れる足場とを乗り継いでやっと到達する聖域なんかは楽しかったから、この手のが何もかもつまらんわけではない。つまりだね…

 そう、つまり…こういった障害すべてを「無駄」「無意味」というとアクションゲームは成り立たない。「どうせ無傷で倒せる」「確実にノーダメージで対処できる」けど「面倒」「時間がかかる」>「だからいらない」ってなると、ゲームにならない。さて、ファミコン時代のスーパーマリオを思い出してみよう、あのゲームの敵は「誰でも無傷に突破」出来るように配置されていたか?そうじゃあないだろう。失敗しても何度でもやり直せる無駄アクションだったろうか?そうでもない。「失敗=死」だから緊張感あるし、楽しめる。敵がイヤらしい配置で邪魔してくるから楽しめる。これをハンパにヌルくしたり、逆に難しくしてやろうと余計な事をすると、前述の「無駄アクション」となり、クソゲーと化す。アイコノクラスツはほぼ全編無駄アクション。全然楽しくない。何故か評価高いみたいだけど、これが楽しめるヤツがファミコン時代はクソゲーばかりとかいうの許されんぜ?ファミコンゲームのほとんど楽しめると思うぞ、この電波ストーリーのクソゲー詰合せセット楽しめるなら。イヤなのはね、「特別難しいわけではない」事なんすよ。難しいゲームは好きじゃないけど、アイコノクラスツのは「何でこんな無駄な作業繰り返してるんだろ?」と思えてしまう。充電というか帯電すれば壊せる壁とか、「この壁必要なのかな?」と思ってしまう。

 「世界」としてはおかしくても「ゲーム」としてはおかしくないのが「特定武器」とか「アイテム」で破壊出来る何か。これでそのアイテムを入手するまでは「通れない」ようにするってのはゲームとしてはありがち。問題はね、その「封鎖」箇所以外にも同じギミックが出てくる事で、それゲームとして必要?と。壊せる壁を壊してたどりついた場所に再度、同じ壊せる壁。それって何か意味あるのか?

 これは「壁を壊す武器が爆弾とか残弾制」とか。「プレイヤーが複数」いて、ライフは別々に管理されている場合とかには意味がある。壁を壊せるキャラが死んでしまったとか、爆弾の数が足りなくなる。こういう場合は何度も何度も壊せる壁が出てきていい。アイコノクラスツはそうじゃあないからなぁ。ストーリー演出として、一時的に武器を失ったりするけど、その場合、そういうステージ。そうではなくあっちこっちに「特定の何か」で壊せるとかそういうものが出てくるのが頭悪い。セーブデータあるのに、タイトル画面で毎度毎度「NEWGAME」にカーソルがあわさっているのより「何も考えてねぇよ」と思うんだわ。

時代の変化なのか昔からそうだったのか

 イッテQ、今度は中岡さんが「可哀想」扱いされていたのをニコニコニュースで知る。辛い事やった挙句に「不快だった」「可哀想」扱いされるってのはかなり辛い。

 これは時代の変化なのか、そう感じる層の割合は昔から変わっていないのか。

 年齢というか経験である程度は変化するものだとは思うけど…。そもそも、可哀想も何もそこまで含めてのやらせというか、芸なわけだけど…それを面白いと感じてもらえないなら、芸になってないという事。ただ、一体どれぐらいそう感じた人がいるかで。問題は割合。

 ただね、文句言ってる人は謎なんだわ。「またこの番組か」みたいな。見てて不快だった。イッテQに限らないんだけれど、ニコニコニュースでしょっちゅう批判されてるのは何の番組か知らないけど、張本さん。コメントの中には「今回言ってる事はまともだろ。何言ってもただ叩きたいんだな」みたいに言う人もいるんだけど、まあホント何言っても批判されてる。後は、アッコにおまかせの主に和田アキ子、ミヤネ屋の宮根何たら…後、何故か逃走中もか?批判するために見てるとしか思えない。アッコにおまかせとか何でいつまでもしがみついてそんなもん見てんだ?好きだから見てるんだろ?アンチはファンじゃない。鬱陶しいだけ。不快な思いしたくないなら見なければいいだろと思うんだわ。

 お笑い芸人へのキツい仕打ちはともかく、逃走中の感想とか見ると…ああ、自分の思い通りにならないと我慢ならないっていう自己中心的なのと幼稚なのとがこの世の中いっぱいいて、ネットの時代だからとかじゃなく…これは毎年毎年増加してるんだろうなぁと。これが2000年代の話なら「今まではみんなの思いが表に出てなかっただけ」で通るけど、2020年も目の前の今、「今まではネットで」とか言える時代ではなくなってる、もう。「増えてるんだな」と思う、未熟なまま大人になっちまった輩が。これってのは学校教育がまともに機能しなくなってるのと、「ネットの悪影響」と。これ以上はそんなに増えないとは思うけど、改善する気もしない。

 ちょっと前の「はい、終わり」だったっけ?煽り運転で殺意認定されて有罪になったやつ。普段、悪意ある悪人は全員死刑でよくない?とか言ってるだけに「何言ってんだ?」と思われそうだけど、「重いな」と。でも、このニュースへのコメントとか見ると「軽すぎる」「もっと重くしろ」…何というか、ものすごく攻撃的で怖い。16年だったか?重いだろ、それは。というかこれに限らず何をもって「○年」なんだろう?罪に対して「○年刑務所で」では償いではないよな?改心を期待してのものでもない。改心出来るっていうなら、罪の重さによるものではなく、その人の心の持ちように対してだ。すぐ改心出来るならすぐ出してもいいし、絶対無理なら出せるわけがない。刑罰のあり方があやふや。なので、人として優しく「等しく死刑」が正しいだろうと思える。何年ぶち込めとか他人に対する攻撃的感情が強すぎっす。

 非道な事をした、だから重い罰を。それは文明社会じゃあないだろと。社会にとって有害だから始末をするって思考はまともだけど、「罰を与える」ってのは違うよねと。

 ちなみにだ、「はい終わり」発言は「多分こういう事だから」なんてのは冗談抜きで「何の証拠にもなってない」。別に煽り運転で人殺しやがったクズを擁護してるんじゃあない。「殺意」なんてものを他人が判断下せるものじゃないという事で、こんなあやふやなもので刑の重さ変えられちまうんじゃ、ホント未熟としか言いようがない。地球のすべての国がそうだというなら、地球すべてが未熟なんだろう。判断すべきはそこに残った確かな証拠、結果のみだろうと。…何というか「遊び」感覚にしか見えねぇよな、殺意がどうとか。「この話し方には云々」とか。いやな世の中だな。

あばれはっちゃくの鼻はつまってない

 サル君も命がけでこの位置を守っていたりするわけではない。

 というわけで、かつて「ちょっと荒れみなエース」とかの話したけど、その類似の話でした。

 鼻づまりは思った事一度も無いけど、割と最近まで、最高のショットを打つためにはこの位置を何としても守るんや!みたいな、本気で「命をかけたこの位置だ」と思ってた。思ってた。

 何かと聞き間違えたわけじゃないんだけど、子供の頃には「一級品」なんて言葉知るわけもなく、「一休浜」とか呼ぶのが本来正しいのかな?と。まあ、「浜」をひんと普通に読んでたのも我ながら意味わからんが。「喧嘩が弱いのにサンキューとか意味わからん」と。実際、一休さんの視聴層って幼稚園児から小学校低学年が主だろ?作詞者がクソなんすよ、アレ。実際「ひん」って何だ?って言ってる人いるし、子供向けって事もわからんで作詞するとかプロの仕事じゃあない。

 同じく聞き間違えとかでなく…いや聞き間違えの類か。えん魔くんのエンディング。「妖怪ポイ」て、妖怪をポイ捨てしてるのかと。ただそれだと意味がわからなくてこの歌詞は何を言ってるんだ?と。「あちらもこちらも妖怪ぽい」は?と。実際、先に「妖怪ぽくはないですか?」と聞いて、最後に「妖怪ぽい」だけど、普通に歌聞いてると「妖怪ぽい妖怪ぽい」と繰り返してるから、余計にぽい捨てしてる感じが出ちゃう。「妖怪っぽく」とか「妖怪っぽい」と表記してくれるとそうそう勘違いしないんだけどな。

 トナカイのはさ、「暗い夜道は」を「暗いよ道は」と、お前は面堂かよっていう「暗いよー狭いよ」ってこんな勘違いはよく聞くけど、「デモッソの都市」はつい最近知って驚かされた。無いわ。

 帰れソレントへ、は、誰かが何度も何度も歌ってたのを覚えてる。誰だったかすら覚えてないぐらい小さな頃。「ソ連島」ってどこにあるんだろうなーと思いながら。子供の頃は全く国の事理解してなくて、ソ連=世界最大の悪の国のイメージしか無かったわけで…ソ連島かーと。それ以外の部分の歌詞を理解していたかはさだかではない。まあ理解していたわけもなく、ただただソ連島だけが頭に残ってた。学校でこの歌習った時はもう頭に塩屋さんの声が響いて響いて…ポセイドン編の声優陣今見てもおかしい。何で美形キャラに塩谷翼さんだったのか。氷河のライバル的クールキャラに中尾隆聖さんだったのか。…黄金聖闘士の声優陣も何かすごかったけど、海将軍が無茶苦茶すぎて今となってはどうとも思わないしな、黄金聖闘士のキャスティング。

 そして今検索して驚愕の真実を知る。「あわれ君は雪」ではなく「あわれ君は行き」。何だと?君は雪になったから憐れだったんじゃないのか?「胸にぞしむ」とか「我をすつるな」とか「何だって?」が多いんだけど、君はどこに行ったって?というか、ソレントじゃなくて「ソルレント」って書いてあるんすけど。いや、ソレントだったよ、習ったの。

 そんな感じ。ちなみに朧村正のスクショ見返して「父ちゃん情けなくて涙出てくらぁ」を見て、何となくあばれはっちゃくで検索した結果が今回の雑記。鼻つまってねぇから。で、男あばれはっちゃくのエンディングの呪文みたいなところは何て言ってるんだい?間違いようにもにぐらいに何言ってるのかわからんのだが。検索…衝撃の真実「そいつぁだれだ」…日本語…だと!?「ベサダレターラ」とか呪文にしか聞こえねぇぞ、アレ。ど、動画あるよな?聞き返してみれば……。本日一番の衝撃だった…日本語だったのか。D!の器を知れの方がまだ聞き取りやすいっすよ。

改めて少年時代の感想

 夢の中では青い空を歩いてたりしたやつではなくて夢あざみの方な。いや、歌は関係ないんだけど。

 ただ、主題歌が「ぼくなつ2」の主題歌に採用されたのは「なるほどな」と。ものすごく合ってるんだけど、元々どんな作品の主題歌だったのかわかると、ホント「なるほどな」と思える。

 ぼくなつは母の臨月でっていう「お約束」で夏休みの間だけ親戚の家で暮らす事になった話で、少年時代のは第2次大戦での疎開の話なんで状況は違うんだけど…根っこは同じだろうと。

 ぼくなつ2のオープニングははっきり示されてはいないけど、大人になったボクが懐かしの地に帰ってきて、「変わったところ」「変わってないところ」をってシーンだと思うんですよね、アレ。少年時代の開幕はいきなり昭和50年代で「あれ、戦時中の話じゃなかったのか?」と。そう、開幕は大人になった主人公が…やっとあの懐かしの地に戻ってきたシーンから。

 連載中は全然話題にもならなくてがっかりしたっていうのは、読むとなるほどなと思う。正直に言ってすごい面白い、すごい面白くて続きが気になる、けど、敢えて話題にするような作品でもない。ネットのある時代に連載しても、反応はあんましなかったんじゃないかと思える。特別、何があるってわけじゃあないから、特に語る事もない。けど面白いという作品。原作は知らんけど。

 勉強出来るし、仕事も真面目にやるし、力も強い…けど、お前のモノはオレのモノだったり暴力と恐怖で子供たちを支配するタケシクンと、都会から疎開してきて運よくタケシ君と親友になれた主人公の「友情と憎悪」の物語。説明聞いても全然面白そうではないだろう。「憎悪って何だよ?」ってぐらいか、気になるキーワードは。出木杉みたいな大長編ジャイアンの本性はスネ夫だったらどういう事になるか?と捉えるとわかりやすい。

 頼りがいがあって友情あふれるいいヤツなんだけど、ものすごく心が狭い、嫉妬深い、そして割と卑劣。これが原作通りなら、原作者の子供の捉え方が上手いんだろうなと。ものすごくリアル。主人公は平凡であまり読んでいて思い入れる対象にはならないけど、タケシ君の心情はものすごくわかっていまう。少年時代にはFの才能に嫉妬していたAであればやっぱりタケシの心情はものすごくよくわかるものだっただろうから…切ないね。最終回はホント切ない。第1話で大人になって戻ってきた主人公の心情とか考えても切ない。

 で、原作者ではなくAの才能感じるのは、ストーリーに絡まない部分の細かな描写。セリフ無しで、「友情」を描けてる。あー、微笑ましいなと思える。ちょっと前のNHKのガンダム番組で富野さんが逆シャアで自分が気に入ってるのはわいろのシーンだと。セリフ抜きで何もかもわかるみたいに描けたって。…これは「なるほど」と思える。その挙句が意味不明なGレコかと思うと残念極まりないが、つまりは絵だけで伝える事が出来ればその演出は一流って事ですな。個人的にセリフ無い漫画とか大嫌いで、石森さんのジュンとか手塚さんじゃないけど…ものすごく否定的に捉えてる。ただ、基本セリフがある作品で、過剰にセリフで説明せずに読者を納得させられるならそれは才能だよなと。ジョジョみたいに「こんな事言うヤツいねぇよ」ってぐらいに過剰なしゃべりのある漫画もそれはそれでアリだけど…ホントアニメに向かないよな。

 この作品の素晴らしいところは、タケシの理不尽に主人公が悩まされるけれど、決して目立つわけではないけど、心底いいヤツとして描かれるマサルという少年がいる事で、主人公というよりは読者がかなり救われる事で、読んだ後に胸糞悪ぃってならない事だろうなと。マサルの存在ものすごく大事。

 主題歌は…有名なエピソードではあるけど、ホントに全く一切…Aの歌詞が使われてないのがすごいなと。「曲は作るけど、よくわからんから歌詞は自分でやれ」的な事言って、散々待たせた挙句「一切、Aの歌詞を採用しない」という非道。A先生の歌詞は作品の内容そのもので、現在知られてる少年時代より、むしろ武田さんの少年期に近い内容だった。これを「とても参考になった」と、全く別モノにさしかえる外道。

 それにしても、タケシ哀しいなぁ。大人の読者の多くはタケシの有様を哀しく感じると思うんですよ。あまりにもリアルに人間の姿を描いてるから。「何でタケシ、毎度毎度態度違うんだ」とかはならんのよな。「そうなるよね」って。これが一般的な漫画のキャラであれば「二重人格かよ」「タケシクズすぎ」とかで済むんだけど、そうじゃあないから、タケシ哀しいなぁと。それであんな最終回だからなぁ。

MUGENで原作ゲームを知らずにそのキャラを使うのはやっぱり罪深いと思う

 昔から思ってたんだけど、「ああ、こいつ原作ホント全然知らねぇな」という動画。MUGENの場合、無断で借用どころか盗用してるんで、「見る側」はともかく「作る側」は最低限原作を知ってる…持ってなくてもいいからせめて知ってる事が再前提だろうと思ってる。

 でも、現実は「間違った情報だらけ」のネット情報鵜呑みにして間違った設定を本気で信じてたり、もっと悪質なのになると本気で全く何も知らなかったり。そのキャラはお前らの道具じゃない。商用に作られたキャラなんだわ。ゲームの音声や音楽やらも「素材」としか思ってないからね。まあ、これはどっちかっていうと動画製作じゃなくてキャラ製作者の方だけど。

 10年ぐらい前に「正しい作品別」みたいなテーマでこれか作品別大会の動画が作られた。せめて、この程度の気遣いはあって欲しいなと思うんですよね。完結しなかったけど、確かこれ。

 「○〇でやれ」>「○〇ではやれない」ってのは、東方何ちゃらとかメルティブラッドではよくあるんだけど、これが餓狼とかには適用されない。「○〇でやれない」ってのは「共演した事がない」だけでなく「ドットが違う」とかも含まれる。けど、これが餓狼とかで適用される事はまず無い。

 その動画投稿者を批判したいわけじゃないんで、リンクも貼らないし大会名も出さないけど、カプコンキャラという括りでそこに「ジョジョ」「MARVEL」キャラが混じってた。が、SNKキャラという括りで「CVSドットのSNKキャラが複数」。これはヒドいなと。ジョジョだとかがカプコンキャラ扱いなら、CVSドットならそれはSNKキャラではなくカプコンキャラって括りだろうと。要するにKOFとCVSのせいでSNK全般が貶められてるんですわ。

 全く別の動画でメーカー別で、ザウルスだとかのキャラを「SNKが販売したから」とSNKキャラ扱い。でも、ADKはADK枠とかいう「何もわかってない」事をしてた動画もあったか。もうこれになると無知にも程があるっていう。「販売だけ担当した」のと「開発を外注しただけ」「作品のキャラを使う、続編の許諾を与えただけのただの権利者」のとが混ざってる。天外真伝のどこの作品なのかだな。今となっては存在しない企業ばっかりだけど、当時の名称でSNKなのかハドソンなのかラクジンなのかレッドカンパニーなのか。…ほとんどの人は「ハドソン」と答えるだろ。ハドソンが「発売」したんだから。レッドはあのゲームにとって原作者、ラクジンは開発、SNKは販売しただけ。なので、ゲーム中のメーカーロゴは「ハドソン」だし、SNKは真伝の権利なんて持ってやしない。件のザウルス作品は最終的にSNKプレイモアに権利取得してるけど、そういう話ではないしな。

 何というか、ネオジオ作品はほとんどがSNKが販売してるんだけど、それをSNK作品とするのはやっぱり無理がある。闘神伝2はカプコン作品か?タカラ作品か?それともタムソフト作品か?…作品ごとに販売メーカー変わる海腹川背は「どこの作品」になるんだ?「販売担当」しただけの企業の作品では無ぇだろと。

 「どこが権利持ってるか」は大事なんだけど、豪血寺シリーズの場合だと、アトラスというかインデックスが権利持ってた。アトラス時代にアトラスが作ってアトラスが販売した旧シリーズはアトラス作品でいい。じゃあ、新豪血寺2作はどうなのか?アトラスは関わってなくて、ノイズ社がアトラスの許諾を得て製作して、SNKとエクシングが販売した作品。なので、これは一般的にいって「ノイズ」作品って扱いだろう。先祖供養はノイズ社が製作したけど、アトラスの外注という形なんで、アトラス作品って事になる。「外注」って扱いのはそこの作品にはならん。実際にどっちが話を持ちかけたかは関係なくて契約上の話な。先祖供養の場合、販売したのはアトラスでもノイズでもなくて、もはや名前すら憶えてないとこだけど、絶対にそこの「作品」扱いはされない。ノイズ作品扱いされる事は多いだろうし、それで間違ってるわけでもないからいいんだけど、販売元の作品としては扱われんよ。

 ギルティギアをサミー作品だなんて捉えてる人はまずいない。ただAC北斗は…定義としてはやっぱりセガ作品扱いするべきなんだけど……アークはクセが強すぎるから、最低でもMUGEN界隈ではアーク作品としてしか扱われんよな。というか、アーク開発の場合、北斗の拳に限らず。ドラゴンボールもバンダイナムコ作品じゃなくてアーク作品として扱われるだろうし。

 一連の悠紀サムスピはプレイモアアンチにとっては都合よく、プレイモア作品にされたりされなかったりしてたな。SNK、プレイモアに興味無い人にとってはSNKプレイモア作品だろうけど、SNKとかサムスピが好きだった人にはアレは悠紀侍という同人作品みたいな扱いが基本か。…アレも形としては悠紀に外注という形なのか?その辺りわからんな。悠紀がプレイモアに話を持ちかけたのは間違いなくて、悠紀主導でというか、当時のSNKプレイモアは開発に関わってないと思うけどいまいちわからんね。権利はSNKプレイモアが持ってたから、形としては外注開発って事になってたのか?まあ、先祖供養のアトラス作品でもノイズ作品でもどっちでも通るってのと同じで、SNKプレイモア作品でも悠紀作品でもどっちでも通るパターンか。

日本語版のミッキーマウスの声がいつの間にか八神庵になっている事をいまさら知る

 たとえ、バレバレだったとしても公表しないで欲しいんだけどね、ディズニーキャラの声優は。プーさんの声優は仲本工事!とか都市伝説のままでいいじゃないかと。まあ、中本というか西一っぽいけど。今のプーはしらんが。

 ムックは「ホントに声優交代したのか?」ってぐらいにわからんけど、ガチャピンは…聞けばすぐわかる。それでも公表しない。割と大事な気はするんですよ。「○〇」というキャラがいて、中に人がいるわけじゃないってのと同じで、「声をあててる人」なんていない。何でそれが出来ないんだろうな。

 そして、「声優公表すんな」とは逆になるんだけど、KOF14の初期の動画で、それだけでいきなり京と庵の声優が当てられてたんだけど…そんなバカなと今でも思う。特に庵は「もしかして声変わった?」レベルだった。そこで声優まで当てるの無理だろ。社員が故意に漏らしたと。京と庵の新声優をそもそも名前だけでも「知ってた」なんて人が何人いたのか、その中で声を完全に聞き分けられる人が何人いたのか。KOFファンなんて数はものすごく少ない。その中に偶然言い当てられる人がいて、その人の「説」が偶然にも「一気に広まった」とでもいうのか?有りえんだろ。

何をもって公式言ってるのかしらんが、小説が公式じゃないというならアニメも公式ではないよな

 恥知らずのぱーぷるへぇぇぇぇぇえいはファンが鬱陶しい、公式扱いすんなとか色々言われてる。…ASBで採用されちまってるけどな、アレ。

 個人的には、「第4部の過去の不良は云々」「サウンドマンは並行世界の云々」言ってる連中の方が遥かに鬱陶しいけどな。何であいつ等、「作者が忘れた」だの「これが公式設定」だのバカな事言いだすんだろう?「にわか」って言葉は嫌いだけどと何度か書いてる。そしてこう書くときは決まって同じ、「嫌い」だけど、こういう連中はそう言わざるを得ないと。どんだけジョジョを知らないなんだよって思う。ホント、鬱陶しい。

 能力が最初と違う?は?遠隔操作出来ないスタンドで牢獄にモノを持ち込むだとか、花京院の絵への攻撃だとか、両右手の男の雨をはじくバリアとか、DIOが使ったハーミットもどきとか、「スタンドと視力共有」してないポルナレフがスタンドの視点でハイエロファントを誤認してた恋人戦とか…解決したかね?間違いなく作者が発言した、はっきりとしたソースがある。作中にはっきり描かれた。そうでないなら、単行本のスタンド性能だの、各種ジョジョ本なんて公式設定とは考えない。そんなのはジョジョに限った事ではないが。ハンターズガイドなんてものを信用するハンター×ハンターファンいねぇよ。

 DIOの能力じゃ、ポルナレフの階段はともかくホル・ホースの裏に回ることは出来ない。が、こんなもんいちいち「間違ってる」「無理だ」なんて本気で言うファンはいない。第4部以降からどうかしてる。奴らはファンじゃない。整合性とれないのが納得いかないならとっととジョジョなんて離れてキン肉マンでも読んでろ。

 どう解釈しようが自由だけど、たとえば花京院のあの絵への攻撃…「不可能ではない」とか真面目に解説してるヤツ見ると「何言ってんだ」と。そりゃ、ハイエロファントで出来ない事は無いけど、見てるのが「読者」「視聴者」だけの状態で、その演出をする理由が花京院に無い。何でわざわざ絵を攻撃して、それと同じ個所を「スタンド使い」相手にスタンドが見えないようにこっそり攻撃せんといかんのじゃと。だから「出来る出来ない」じゃなくて、そんなもん「どうでもいい」んすよ。そういう能力が実はあるのかもしれないとかで。

 サンドマンとサウンドマンが別人だとか言い出すと、世界とは別に世界21というスタンドも実は存在するとか、もう無茶苦茶な事になる。それを考察するのは自由だけど、「どう考えてもこれが正しい」みたいな態度とるのホントやめろ。間違ってるから、お前が間違ってるから。

 スタンドはタロットカードに暗示される。それを前提に「残りは世界だけで、世界のスタンド使いはDIOだろう」ってジョースター一行解釈してた。エジプト九栄神は無理あるとはいえ、理由もつけた。…その上で更に「タロットの暗示にないスタンド」が出てきてしまっても誰も何も思わない、それがジョジョ。スタンドが発現する事自体が「体にとって有害」だけど、ホリィさんの場合、DIOが目覚めた事が原因で発現してるんで、DIO倒せばスタンドは消える…だから助かる…そんな事は無かった。DIOの呪縛って何ですか?だけど、DIOの呪縛はDIOの呪縛なんすよ。何もかもアヴドゥルとかいうブ男がデタラメを教えやがったのが悪いんですよ、デタラメを。最初に提示された情報と違っていたっていいんだよ…SBRのルール変更だけはどうしても受け入れがたいけど、全部そういうもの。ポコロコがスタート遅れたのにペナルティ受けてない?…ペナルティなんてルールは無かったんぢゃよ。DIOの館の9人の男女?SPW財団の見間違えじゃないなら、9人いたんだろ?ケニーGとヴァニラでもいいんだけどさ、別に。でも、ヴァニラはずーーっとDIOのそばにいて離れるイメージ無いよな。

 わかったかね?描写が常に正しい。ハングドマンに「雨を弾くバリアなんて無い」とは言われてないなら、雨を弾けるのかもしれないし、ガイルクンは特異体質でスタンドとは一切関係なくバリアをはれたのかもしれない。が、雨を弾けるかどうかなんてどうでもいい事なんで、その回答なんて不要だという事だ。傘いらなくて便利だよねってうらやましがってそれで終わりだ。頭の上にスタンド乗せたり、スタンドまとったりすればスタンド見えない人からすれば「あの人、雨を弾いてる」ってなるんだろうけどハングドマンじゃ無理っていうのがホント素敵ですな。鏡能力だからこそドーム状で雨を弾くとか出来そうで…実際にはその能力だからこそむしろ無理っていう。まあ、バリア能力持ってたと考えた方がすごい楽だな。

 色々ある中、何でサウンドマンだけ、「違う」とこだわるんだろうね?涙目の人が3つのUとか日本語じゃねぇか!な事言い出してたのも何か解釈あるかね?原語…イタリア語でも実は全部Uに出来るアイデアとか。あったとして、それはやっぱり「公式設定」でも何でもないんだ、「3つのU」自体が日本語訳だから、Uにこだわる事すら意味無いんだ、ホントは何と言ったのかなんて誰もわからないから。実はただ3つあげただけだけど、粋な日本語訳をしたのかもしれない…誰がかはわからんが。…結論は「考えるだけ無駄」。

 ただし、ここまで書いて何だが「公式設定にしようとする勢力」とか鬱陶しいって気持ちはとてもわかるし、「原作キャラのその後を…使い捨てで描くとかアリなのか」もわかる。ドクターキリコ主役の漫画はすごくよかったし、最終回もきれいにまとめてた。けど、きれいにまとめるためにユリさん…キリコの妹をキリコに安楽死させるってのは「え、これいいの?」と。原作者既に死んでるわけだから、原作者の許可を得てやったわけでもない。アニメのキン肉マンで、いきなりアリサさんを何故か殺してしまってたりとかさ…キリコのはともかくキン肉マンのアリサ死亡はどんな理由あってそんな事したのか全くわからん。金田一少年の幽霊客船何かオリエンタル号の事故の真実とかものすごいヒドい後付けで「何しやがる」だし。作者は原作者の天樹さんて事になってるけど、真実かどうかはわからんし、そもそも最初のオリエンタル号…悲恋湖当時の原作者は金成さんだからね。…今発行されてるのだと、当時名前なかった天城の名前が付けたされてるけど。

アイコノクラスツが普通につまらない

 これでタイトルあってるかどうかもわからないけど、今月のVitaのフリープレイにきてたやつ。Vitaに移植されるインディーズタイトルは移植されるぐらいなんだから、ほぼ当たりで、悪くてもハズレはそうそうない。…んだけど、アイコノクラスツはつまらなさすぎる。

 探索型アクションなんだけど、「少しづつ能力が増えていって行けるところが増えていく」のがこのジャンルの楽しさ。ただ、この作品は、何が悪いんだか「行けるところが増えていく」というより「本来行けるところが制限かかって最初はいけないようになてる」と感じさせてしまう。無論、言い換えただけで、このジャンルのゲームはそういうもの。

 じゃあ、何で「行けるところが増える」ではなく「行けるところに制限かかってる」と感じてしまうのか。

 このジャンル、ストーリーなんて無くても成り立つんだけど、あればそこそこ盛り上がる。ただ、過剰だと鬱陶しい。「へべれけ」なんてほぼストーリー無しで、ちょっとした会話とかがある程度。アイコノクラスツは頻繁に「つまらない」上に「意味不明」なセリフを延々と聞かされる。ホントに頻繁だし、ホントに意味不明。過剰にストーリー演出してるのに、翻訳が悪いのか元からダメなのか、読むのが苦痛なテキストと、我慢して読んでも「悪い意味」で電波な発言の数々。頭おかしい発言ってだけならそれ楽しめるけど、「何言ってんだ?」だからな。

 敵を倒したら、その敵から植物が生えてきて死亡。これを美しいだの何だの、ついていけるわけもない。

 このクソつまらんストーリーが邪魔でプレイを阻害する。「意味不明なのにそれを重点的に描く」というプレイヤーおいてけぼり。そして、ストーリー重視なので、マップの移動が激しい。1つの巨大マップじゃなくて、いくつかの「ステージ」に分かれているタイプ。このジャンルは「踏破率100%」にするのも楽しみの1つだけど、歩いてる途中で強制的に別のステージに行かされる。この「やり残した事あるんだけどなぁ」感のままプレイし続けるのが割と苦痛。最終的には全ステージ自由に移動できるようになるであろう事ぐらいわかってる。わかってるけど、「やり残した事あるんだけどなぁ」感はどうしてもぬぐえない。全くプレイヤー感情を理解していない。

 そして、「後で使えるようになるんだるなぁ」というステージギミックっぽいものが何度も出てくる。この「後で出来るようになるんだろうなぁ」があまりにも頻繁にありすぎるのと、強制的にステージ移動させられるのとで「移動出来るとこが増えた。冒険ステージが広がった」感が味わえない。

 トドメが全く面白くないボス戦。普通に戦うんじゃあなくて、謎を解きなさい的なバトルが多い。面倒でしかない。「こう倒すのか」とわかっても面白くも何ともない。

 全体的にセンスが無い。完成度は高くてゲームとして不出来な面を直に指摘出来るわけではないけど、「人間の感覚」「プレイヤーの感情」として、これは無いと感じる。こういうのこそクソゲーの称号が相応しいんじゃないかなと思う。

 「この宝箱どうやってとるんだ?」の回答が大体が「隠し通路」なのもうんざり。「やった!見つけた」みたいな感情湧かないんよ、これじゃ。

痴漢行為には厳しく、裸体描写には寛容であるべき

 ゲームでの描写の話。発売されれば喜んで買ってはいたけど、何度も苦言じみた事書いていた通り、喜んでプレイしてるけど、現実として「ダメだろ、発売すべきじゃないだろ」と思っていた。なので、湯気と謎の光で画面が埋まってるのはさすがにどうかと思うけど、PSがやってる事が間違ってるとは全然思ってない、今でも。

 問題はその結果、「子供のため」「ファミリーのため」の任天堂ハードに変態どもが逃げ込んでしまった事で、何故か昔の硬さが無くなってしまった任天堂は喜んで受け入れてる。…売れれば何でもいいとか今の任天堂おかしくね?

 エロゲが嫌いだって言ってるのは、このタイトルにある考え方で、「隔離されてる」からとかじゃなくて、存在自体がダメだろと思ってる。ただ、それでもまあ前述の通り、隔離された存在で、好きな人が触れてるだけだからまあ勝手にやってればいいって世界。問題は「裸体描写」を弱くして、やってる事は変態行為でしかない以前のVita…現在スイッチに引っ越し中の奴ら。

 児ポ禁なんてのは本来の目的は「児童の保護」にあるんで、漫画やゲームにまで手が入るのは間違ってると、これは断言できる。けれど、「実際の人間じゃないから」というだけで何もかも許していいわけもなくて、「おさわり」だの何だのはさすがに狂っていて、これを受け入れてはダメだろうと。

 DOAXセンスだったか?コーエーテクモの元社長だったから何だかが「下品だからダメ」と開発させなかったけど、何だかよくわからんおっさんが「いや、これ売れるだろ、勿体ない」と言ったとかで開発が決まったっていう。社長だか元社長は女性だったんで、そこで「女性視点と男性視点の違い」を理解して開発を認めたって書いてあったんだけど…そりゃ需要はあるだろ、DOAX。でも、何でそこで女性視点を一方的に切り捨てんのさ?「不快なら見なきゃいいだろ」じゃなくて、存在自体が不快で許せないって事もある。個人的にDOAXは「セーフ」の部類にあるとは思ってるけど、そのセーフ、アウトの線引きは人によって違うだろう。

 要するに「男性視点」ばかりをあまりに重視してる。商売だろうが何だろうが、世の中の約半分が男性で、約半分が女性。ゲームをプレイするのは男が多いとはいえ、この「節操のなさ」「品の無さ」はかなり問題。

 冗談抜きで「PSVR」なんて「スカートをのぞくためのもの」としか思ってない。VRという世界というか技術を最もわかりやすく体現したものが、下からスカートの中を覗くとう行為だろう。他のどんな事よりも「文字」だけでもVRの架空現実という「立体」を理解できる。ゲームとしてはホラーとかの方が遥かに有用で面白いだろうけど、それは実際に体験しないと伝わらない上に、VRでなくても割と成り立つ。ただ単に臨場感がどうとかそういうのがディスプレイで見るより上だっていうだけ。後はカイジVRみたいな特殊な舞台もVRならではだとは思うんだけど、現在の家庭用VRじゃ「実際に歩く」事は出来ないから、全くリアル感が無い。スカートをのぞくのは実際に自分の動きと連動するけど、細い高所の橋を渡るのは「自分の足」ではなく、コントローラ。これじゃあVRの意味無いんだわ。

 ああ、話が随分とズレたな。スカートをのぞくというのは痴漢行為に該当する。なので、ここが分岐ポイント。これが、それをするためのゲームだと完全にアウト。そうでないならセーフ。「おさわり」機能とかってのは、その機能の時点でもう「それが目的」になってるからアウトなんよ。要するに技術としてスカートの中を覗けるのは単なるエロ描写。ドラえもんで、しずかちゃんの入浴シーンをあの手この手で覗くのと同レベル。

 任天堂はせめて、変態ゲームは独自の「変態専用」みたいな隔離枠を作って欲しいところだな。何、大丈夫だ、まだ主流とまではいかなくともDL販売がかなり伸びてる。つうか変態は「変態専用」とかパッケージにデカく書かれてようとそれでも気にしない。気にするようなヤツはプレイしない。

 まあ、とりあえず……ドラクエ11の「あぶないみずぎ」はベロニカとセーニャも装備可能にしてグラフィックは変えないとダメだよな。ドラクエは子供もプレイする?だから何だ?しずかちゃんの献身っぷりを見習えよ。風呂でさらわれたベロニカさんとの合流時にはベロニカは全裸でもいいぐらいだ。全国の小学生のみなさんも大人のみなさんも大喜びだ(男性視点)。結婚相手は幼馴染のエマ以外認めない。が、あぶないみずぎがアレなのも認めない。あー、ラムラーナ見習って主人公と爺も装備出来てしかるべきだろう。サラサラ勇者様ならあぶないみずぎも全く気にせず真顔で装備してくれるに違いないから是非可能にしてくれ。セーニャとベロニカ無理でも勇者様は可能にすべきだろう。ほら、最近性差別がどうとかうるさいから、男である勇者様も装備出来るようにしておくべきだろう、やっぱり。

 と、そんな事を股間のスジが普通に描かれていた時代の「ドットのエロ画像」とか何か眺めていて思った1日でした。…あんな細い線1本すら描くの許されない現代はどうかしてるぜ。まあ、それ見て喜ぶのもどうかしてるけど。結論は…あぶない水着装備したサラサラ勇者様と仲良く並んで旅する幼馴染のエマさんという絵面素敵だよな、でした。

ストーリー全然進めないでチャレンジダンジョンなんてのばっかりプレイ

 ゆらぎ荘の何とか。「ワナよけ」だの「識別」だの、バランス崩壊装備が次々手に入る。うん、バランス崩壊しても別にいい。ワナよけで装備外し自体回避できるから、装備外す敵さえ気をつければもう何も怖いものなんて無い。…が、何というかホントつまらんゲームだな。

 同じジャンルでも、サクラ大戦のとかイヅナは楽しめたんだけど、これホント全然面白くない。基本は抑えてるけど、基本しかないというか、独自要素が何もない。敢えて言うなら湯気と謎の光でほとんど何も見えないサブゲームか?

 トラップを解除する方法が無いに等しいのが問題で、狭い通路にも平気でトラップが置かれる。あるとわかってても消せないし、通らないと先にいけないし…なるほど、さっきの雑記の「理不尽」ってのは、こういうのもそうだな。部屋の出入り口もヒドいとは思うけど、通路にトラップはホントダメだと思う。うん、仕掛ける側からしたら「むしろ通路に置くだろ」だけど、ゲームとしては間違ってる。

 キャラ多くても基本的には同じ能力。何も見えないサブゲームでキャラ固有のスキル覚えるけど、使える回数がものすごく少ない。つうか、幽奈さんてのは幽霊ではないんですかい?何で律儀に地面歩いてトラップにひっかかるんですかいのう?

 後はDLCキャラの…ゲームオリジナルっぽい幼女。実際にオリジナルかどうかは知らんが。有料販売なのに「服を装備出来ない」、服で着せ替えするの楽しむゲームじゃないのか。そして、仲間のAIが通常攻撃はともかくスキルはバカすぎる。ほぼランダムでテキトーに使う。敵がいない部屋で「持続短い強化スキル」、敵に襲われてるのに「MAP全開スキル」、通常攻撃で倒せる敵に「大ダメージスキル」、敵が1匹しかいないのに「広範囲攻撃スキル」。ヒドすぎっす。

 ザコの強さバランスもものすごくテキトーで、今まで1ダメージしか食らってなかったのに、フロア1つ変わったら、50ダメージとか食らわしてきて2回攻撃食らうと死にそうになる。後はこのジャンルのお約束ではあるけど、「食い物」が出ない時はほんと出ない。これはランダムの中にもある程度、強制要素入れるべきだと昔から思ってる。運悪いとプレイヤーは何も失敗してないのに死ぬわけだからさ。3フロア連続で食べ物が出なかった場合、4フロア目では強制的に1個は出るとか、不運に備えてこの程度の確率操作はしておかないとゲームとして成り立たない。…実際、こういった操作してるゲームあるんじゃないかなとは思うけど、このゲームは何もしてない。ホント、ほとんど何も考えずにテキトーにコピーしてテストプレイもほとんどしてないだろうし、気づいていたであろうバグも放置したまま発売しやがったゴミ。…キャラゲーでやったらダメージは作品に行くのに、何考えてんだろうな、フリューって企業は。

コメント欄の2に同意する

 しょっちゅう言われてるけどお前らの世界のファミコンは壊れてたのか?。並行世界から来たのか?

 「昔のゲームは難しい」「そもそもクリアという概念が無かった」とか、「難しいゲームもあった」なら間違ってない。が、昔のゲームは難しいは間違ってる。今のゲームが簡単ってのも間違ってるけど。海腹川背全ステージクリアしてからほざけ、今のゲーム云々言ってるヤツは。

 ファミコン世代のおっさんもいっぱい語ってる割に、ファミコンに対する意見の多くが間違ってるのが不思議でならない。「クリアの概念無い」とか、何の話をしてるんだ?マリオブラザーズとかか?が、ファミコン第1弾のドンキーコングとかジュニアですらクリアの概念はある。むしろ、ファミコンで「クリアという概念が無い」ゲーム一体いくつあるんだよ?スポーツゲームか?テーブルゲームか?そんなの現代でも同じだろ。

 ファミコンで「クリア出来なかった」ゲームなんほんとんどない。が、別にゲーム上手いわけじゃあない。ほとんどファミコンのゲームも知らないで、クソゲー扱いされてる名作の話ばかり。

 無論「昔のゲームは難しいんじゃなくて理不尽」も違う、これは以前書いたと思うがな。理不尽なのは現代のゲームだって。まともにプレイしてて「気づくわけもない」ような要素をどうにかしないといけないのならそれは理不尽。無論、そういうゲームもある。ちなみにロマンシアは理不尽には到底届かない。ヒドいけど理不尽ではない。ゲーム開始した途端に運悪いとゲームオーバー、これは理不尽だろう。

 必死にかみついてるバカが大量にいるけど、どんだけゲーム下手なんだよ?ファミコン時代のゲームが難しいなんて事はない。それこそ例をあげてくれ。難しいゲームの例を。その倍の数、それより「簡単」なゲームの例をあげればいいか?…まあ、メガドラのゲームが他のハードより難易度高いの多いというなら、それは間違ってないがね。

 ああ、メガドラついでにいうと、つまりは16BITゲーム機から次世代ゲーム機言われた、PS/SSの頃、この頃がゲームの平均した難易度が一番高かった時代じゃないかなと思う。「どこが難しいんだ?」扱いされてる魂斗羅スピリッツとかさ…いや、最低でもファミコンの魂斗羅よりは難しいだろと。コナミのシリーズはファミコン時代よりSFC時代のものの方が難易度低いんよ。ドラキュラ、グラディウス、ツインビー、ゴエモン…でも魂斗羅は違った。というか魂斗羅の系統で気軽にプレイ出来るゲームの方が少ないけど。ガンスターヒーローズは気軽にプレイ出来る部類だけど、ガンナーズヘヴンはそうでもない。

 ぐっすんおよよなんかも決して簡単ではない。うん、SFC、PS時代のゲームに比べるとファミコンのゲームヌルい、実にヌルいな。一部謎解きが鬼畜なものが紛れてるだけで。

 真面目に評価して、「ファイナルファイト」と「ロックマン」…どっちも初代な、どっちが簡単だ?ロックマンだろ?ファイナルファイト1コインクリアとか「当たり前」とクリア動画とかで当たり前と思ってる奴ら多そうでイヤになるけど…常人ではアレかなりキツいからな、「どこが難しいんだ?」と思えるだろうけど、それは敵の出現をしっかり制御するから「簡単そうに見える」だけなんだわ。ああ、SFC版のファイナルファイトの話ではないからな?SFC版でもまあそこそこ難しいとは思うけど。

新しいゲームを始める気はなかなか起きないけれど、次に何をプレイしようかと考えてる時は楽しい

 やっとトリリオン終わった。正直、積みゲーも悪くないと思ってる。大量に積んである中から次どれにしよう?と。デモンゲイズを手に取ったものの、ダンジョンRPGはなぁ…としまう。そういえばディスガイアリファインとか買ったなとか思ったけどPS4なので却下。

 ロロナのアトリエ、うたわれるもの、三國無双のSRPGなんてのもあったか。うーん。もうすぐロボティクスノーツの新作出ちゃうけど、今回Vita無しだったか?うーん。っていうかね、もう君島クンはいいよ。またお前かよ。レスキネン出てきた方がまだマシ。…さあ、何プレイしよう?バレットガールズ2なんてのもあったな、そういや。

肉体的な暴力がいけないならネットで晒すのが正しい対処なんだろうか

 何か割と話題になってる、教師と生徒のやつ。暴力は犯罪…なるほど、生徒側のも犯罪だと思うけど、それはそれとしてだ。

 対処としては住所やら電話番号やら実名やらは…いや、名前はいるか、名前と顔…まあつまりはデスノートがあるならそれが使える状態って言うとわかりやすいか。もちろん、デスノート用ではないぞ?そんなもん実在しないし。本人確認、証明が名前と顔がわかりやすいという事。これを学校の公式サイトに掲載して退学処分にした事を通知。実際、クソ迷惑な奴が社会に出てきても困るし、そんな迷惑な奴が転校してきても困るし。これで「暴力反対」の方々は納得?…その場で暴力振るわれるより遥かに大きなダメージなんで、実に素晴らしいと思うが。まあ、暴力はよくないよな。暴力ではなく害獣処分ならOKだろう。

 真面目にいって暴力はよくないが、教師は「クズ」を矯正するための存在ではないし、それをするのも学校の仕事ではない。学校に来るのは「常識的な人間」が前提。そうでない奴の対処は学校じゃなくて家庭でやれ、家庭で、それが出来ないなら犯罪者として警察がしっかり取り締まれ。学校の仕事じゃあない。田村さんは教師が大嫌いだけど、「クズ相手に我慢する」なんてのは教師の仕事の範疇ではないだろうと。分別のない年齢1ケタ相手にしてんじゃねぇんだぞ?教師に何を求めてるんだ、一体?

 「お前がやってみろ」とは言わないけどさ、どうにか出来ると思うのか、ホントに?どうにもならんヤツってのは確実にいて、それがたった1人いるだけで学校なんて小さな世界崩壊するんだからな?それをどうするのが正解だと思ってるんだ、教師をただ非難するだけのヤツらは?

何となく「夢を信じて」「この道わが旅」検索

 今足りないのは王道冒険漫画だなと。あるのかもしれんけど。999もアンドロメダ編は冒険物語って言っていいけど、エターナル編は何だかわからん。ドラゴンボールも最初は冒険物語だけど、すぐに何だかわからん方向に。

 「求めるもの」は違うけど、寺田ヒロオ氏の想いは何となくわかる。求めるのは「キレイな」少年漫画。寺田氏から見ればダイの大冒険ですら有害漫画に分類されるんだろうけど。

 主人公は少年。ここでいう少年とは「女の子」は含まない、純粋な少年。男女差別と言われようが、王道少年漫画の主人公は少年であるべき。でも、王道RPGだろうと選択可能なら女の子選ぶがな。ドラクエ9は…中学生以来、久々に男主人公選んだけど。

 ダイの大冒険を否定はしないけど、旅立ちは不幸であってはならないと思う。希望をもって旅立ち、そこに悲しみは無くていい。

 ドラクエ11が何か違う感あるのは、ストーリーがドラクエっぽくないとこなのかと今気づく。悪魔扱いされていきなり追われる身みたいな、そういうドラマ性はFFでやれびい話だよなと。過去に戻るとか含めてかなり邪道なシナリオだよな、何故か11は。

 と、タイミングよく、ホントかどうかわからんが、ダイのジャンプフォース参戦決定のニュース。数年遅いというかJスターズの時なら藤田さんまだ現役だったのにな。とはいえ、あの作品で声優変わってダメージ無いキャラ第1位って感じはするけど、ダイ。次いでレオナ、マァムって感じか。逆にポップ、キルバーン何かは声変わるとダメージ大きい。でも、ジャンプフォースなぁ…ジャンプフォースじゃなくてドラクエヒーローズ3だったら手放しで喜ぶとこだけど、ジャンプフォースかぁ。

 どの時代のキャラを持ってくるかすごく大事で、星矢ならポセイドン編かハーデス編だと思うんですよね。コスモの高まりで聖衣が黄金になるポセイドン編と、神聖衣化するハーデス編。なのに、今回もまたアニメ版のクソデザインの聖衣で最初期。…十二宮編だろうか?何でそこを選ぶのか。何でそんなに星矢に武器使わせたいのか、何であの格好悪い原作ファンに嫌われてるアニメ版の初期聖衣にこだわるのか。

 ドラゴンボールの場合、強さがよくわからんとこに言っちゃてるんで、真面目にバトルさせたいなら、残像拳とか使ってた少年時代か、せいぜいがマジュニア戦の時の青年時代まで。界王拳身に着けて以降のは他キャラとのバランスがおかしいし、バトル内容が単調すぎる。いねぇけど、キン肉マンの場合、割とどこでもいい。完璧マッスルスパークがそんなに魅力ある技じゃあないんで。完璧マッスルスパークはともかくフェイスフラッシュまで使われるとすごい困惑するんで、マッスルドッキングがある宇宙超人タッグ辺りが無難ではあるけど。

 でも、ジャンプフォースはこの辺りの時代選択がことごとくおかしいと思うんですよね。ジャンプ連載の原作に存在しない超サイヤ人ブルーとか、それは本気で違うだろっていう。そんなもんドラゴンボールのゲームに任せればいい。

 結局今回も喜ぶ人がいない購入意欲をそそらないメンバーで固めたな。何ていうか、本気でドラゴンボールとかのキャラで「買ってもらえる」と思ってるんだろうか。作品の人気は認める。けど、単体でゲームが出てる作品で一部のキャラが出てきたってファンがそれに興味持つかというとそんな事もない。ガンダム出すだけで売れるならスーパーロボット大戦は苦戦してない。まあ、スーパーロボット大戦もいい加減ガンダムから離れてみろって思うわけだが、ジャンプ作品でドラゴンボールのキャラ大量に入れるのはセンス無いなと。単行本何巻だよ、アレ?好き嫌いとその「いつになったら終わるんだ?」の是非は別として、アホみたいに単行本数多い=連載期間長いワンピースはまだわかる。ドラゴンボールって…そんなんで海外で売れるわけもない。誰向けなんだろうね。

 ダイでこれだけ大騒ぎなんだから、赤カブトなんか出てきたらお祭り騒ぎですよ。プレイヤーじゃなくていいんで、ストーリーだけでもミザリィ…アウターゾーンのミザリーとか出ればやっぱりそれなりに盛り上がるだろうし、「制作に金はかかる」ようになるだろうけど、50周年記念みたいにうたうなら作品数は大事で、それが出来ないならもう、いつぞやのDON…ドラゴンボール、ワンピース、NARUTOだけで売ればいい。思う存分その作品からキャラ出せばいい。で、NARUTOって今でも人気あんの?一気に空気作品にまで落ち込んだイメージあるんだけど?

モアイは歩かない

 そんなの子供でもわかるな。モアイは生物ではないし、ロボットでもない。コナミワイワイワールドじゃあるまいにモアイは「歩かない」。

 「謎解き古代文明」という本を買ったんだけれど、「超常現象の謎解き」ってサイトと同じで、オカルトな奴らを攻撃する割に自分達も同じ方法で「だから正しい」とする汚いやり方。つまり「勝手に攻撃相手の言動をでっちあげる」「実証されてもいない事をさも実証されたかのように語る」みたいな。

 ノアの方舟の否定なんかはかなりヒドくて、「記述通りなら、とんでもない豪雨で木の船が耐えられるわけがない」「全生物のつがいなど世話出来ない」「船デカすぎ」と…小学生かよと言いたくなる事を次々と。ノアの方舟実在を訴える人達も、ノアの伝説すべてが事実だなんて思ってねぇよ。古代の天皇みたいな長寿な時点でもうどうかしてるわけだし。そうではなく、「ノア」なんて名前の人物がいようがいまいがそんな事はどうでもいいし、全生物のつがいを乗せたわけもないのは誰でもわかる。その上で、それでも「大洪水はあっただろう」として、その伝説の一部は事実なのではないかとしてる。一部でも間違いがあれば「だから間違ってる」とか暴論すぎる。そして、細かく原典を読んだっぽいのに「敢えて無視」してる箇所があったり、オカルト信者と全く同じだろ、それ。「40日続いた雨で地表が水で覆い尽くされるわけがない」…そりゃそうだ、大雨だけで覆い尽くされたなんて言ってねぇもん。それぐらい書いた本人がわかってるはず。でも、その事実を書くとツッコミどころが減ってしまう。だから黙殺する。クズだな。

 そこで、今回語りたいのは「モアイ」。「モアイを歩かせて運ぶ」なんてのは今さらの新説ではなくて、随分前から提唱されていて、いくつかのテレビ番組でも実際に運搬してるシーンを放映しているので、この手のものが好きな人で「知らない」人はいないだろうと思う。

 ただ、あのモアイにロープくくりつけて運ぶあのやり方で実際に動かした距離ってものすごく短くて、現実にあんなけったいな方法で運搬できるのかって問題があるわけだけど、もうあの方法が事実かのように語られてしまっている。オカルト信者と変わらないんだってば、それじゃ。自説のみが正しくて他の方法をすべて否定するっていうのは。

 伝説では「モアイは歩いて移動した」。ロープで強引に引っ張るのは歩いたとはいわない。自身が立ち会っていたとして、モアイは歩いて移動したなんて記録に残すか?

 まず、問題点。モアイを歩かせるというのは随分と前から色々と試されていた。複数の方向からロープで引っ張るのも当然アイデアとしてあって実行されたけど、上手くいかなかった。まず、この事実がある。当たり前の話で、よっぽどバランスを上手くとらないと巨大な石の塊は移動せずに転ぶか、一方向の引っ張る力が強すぎてモアイ自体が破壊されるか。…実際に成功した時は現代のコンピュータでち密に計算したって言うんだから、話にならんだろ。モアイ運搬した奴らは一体どれだけ失敗を繰り返したんだ?イースター島以外でも似たような事をした痕跡があるならともかくそんな事はない。あんなけったいな運び方をしたなんて話はどこにもない。

 もし、その方法を選択したなら、よっぽどの試行錯誤があった事になる。が、「何でそんな面倒くさい運搬方法を選択せにゃならんのだ」って話だな。現代の奴らがあんな方法を選択した理由亜hB「モアイが歩いた」という伝承に基づいてのもので、モアイ作った、運んだ当人たちにそんな縛りは無い。現実として完璧な力の分散が出来ていた場合、効率が良かったとして、普通あの方法が「効率が良い」だなんて思わないだろ。まず、その方法を選択しない。思い浮かべない。「思い浮かばない」じゃなくて「思い浮かべない」だからな?そんな方法を選択する利点が当人たちの感情からすれば無い。自分達が何の知識も無しに、アレを運べと言われて「立たせたまま恐ろしくゆっくり移動する」方法なんてとるか?モアイを運搬するのは仕事じゃあない。会社で給料もらってんじゃねぇし、趣味で「昔の人はこんな運搬の仕方をしたに違いない」と試してるわけでもない。

 それでもその方法を選択したとして、失敗して倒れたモアイ、壊れたモアイが大量にあるはずなんだわ。が、その数は極めて少ない。要するにそんな試行錯誤もしないし、そう簡単に運搬に失敗して壊れるような運び方なんてしてねぇって事だわ。モアイ製作現場から「立たせた」まま運ぶって事は休めないんですよ。「今日はここまで」ってわけにいかない。一気に運ぶしかない。そうしないとモアイが倒れてしまう。「モアイ 歩く」で検索すりゃ、ロープで歩かせる動画なんて大量に出てくるだろう。力入れ間違えたら当然倒れるし、アレをずーーっと続けるんだぞ?目的地につくまで通しで。途中で人員交代するにしても人数どんだけ必要なんだよ。少人数で動かせるって…それほんの数分、数時間の話だろ?実際に本来移動した距離動かしてから言えよ。ロープも当時可能であった素材…何かヤシとされてるけど、そこから作ってから「実証された」としないといけない。が、出来るわけがない。それでは「無理」だから。それじゃ実証出来ない。だからやらない。モアイ運搬方法の中でもロープで歩かせるってのはかなりダメな部類だと思うんだがね。

 正直、こんなバカな説を真面目に「これが正しいのか」とかやるぐらいだったら、モアイがホントに自分で歩いたと考えた方がまだマシに思えてくる。

マウントとかいうアホな言葉を使うバカ

 救いが無いよなと思う。「上からマウント」とか本気でバカかよと思う。下からとってみろ、じゃあ。

 時代、年齢関係無くこういういつの間にか誰かが使い出した用語を特に意味もわからず使う連中の頭の悪さって何なんだろうと。

 リンク先はニコニコニュースで、同じニコニコニュースで、魔改造の意味もわからず記事に使ってるとかコメントで言われてる…いやぁ、意味もわからずに間違った言葉使ってる事多いのお前らの方じゃないかと思った人どんだけいただろう?多分、壁ドンは未だに許されてない。誰だよな、ホントヘンな意味で使いやがったヤツ。

 それはそれとして、魔改造の方のリンク先。ニュース自体はどうでもいいんだけど、興味深いのは「押収した改造フィギュアの一部」っていう写真。…警察が律儀にフィギュア並べてたかと思うと泣けてくる。きっとオタクな警察官が楽しく並べたんだろうなぁ。展示品みたいに並べて「改造フィギュア」と説明までつけた理由は何だ、警察さんよ、説明頼む。撮影した安味さんとやらが何者かは知らんが、並べたのは警察だろう。教えてくれ、何故こんな事をしたのか。美少女フィギュアばっかりなのか?と思えば何かコナン君紛れてる?一体コナン君の頭をどこにつけるつもりだった。コナン君頭デカくて困らないか?…まあ、頭すげ替えだけやってたわけではないだろうが。あぁ、後ろにはサイヤ人らしきものも…コナン君の頭もぎとって、サイヤ人のボディにくっつける事で、体も頭脳も大人な完璧超人に。

 まあ、どうでもいいけど野菜おじさん頭大丈夫なのかね?「俺はお前らより野菜食ってんだよ」「野菜大好きなんだよ」とか、小学生じみた事言ってるのは何なんだ?「炎上狙い」とか言われても、「いや、素だろ」と。逮捕前ではあるけど、知能指数は100以下とかやけに低かったし、何なんだろうな、この子供じみた野菜おじさんはホント。小学校からやり直しても無駄だろうし。もう分別ある大人だろうに、どうするとこんな小学生みたいな発言になるんだ?「死ね」とか「クソ」とかはいいんだ。「俺はお前らなんかより野菜食ってる」が本当に手に負えんね。「あなたとは違うんです」と違ってネタにもならん。本気で「あ、こいつダメだ」ってなる。これで「あー。野菜大好きなんですね」って納得する人いないわけで。何だろうね、頭いいって扱いでクイズ番組出た人が本当はわからないのに「知ってる事にして考えるフリ」をする。答えが出た後に「あー」とわかってたフリをする。その挙句にぶつぶつ何か補足っぽい何かをつぶやいてる、それに近い。「いや、何やってもお前がわかってなかったのはみんなわかってるから、それ、余計恥ずかしいから」ってアレと同じ。…やってる本人は誤魔化せてるつもりなんだろうけどな。

 ああ、ちなみにテレビ番組でやってる知能指数なんてアテにしとらんよ。ただ、運よく高い数値が出る事はあってもその逆…運悪く低くなるなんて事はまず無くて、実際のIQがどうだろうとテレビの企画で100以下になるってのはよっぽど頭悪くないと無理、そういう話。だって、ああいうのってほとんどいないはずの高IQがガンガン出るからね。高い年齢で高いIQ出るわけもないのに本来。平均よりちょっと頭良いかなってレベルの人が大体130ぐらいとれちゃうやつで100は切らねぇよ、普通。野菜おじさん、野菜とか肉とか好きなもん食っていいから勉強しろよ、勉強。バカはダメだと思います。でも、超早口でまくしたてるかのような改行無しの読みにくい文章で一気に野菜の話書きあげてるのはグッドだ。より「あ、こいつ余裕無くて必死だわ」感が伝わってきて。

バグまみれ

 ゆらぎ荘の何たら…まともにプレイ出来ないレベルでバグまみれ。装備はがす攻撃を「道」で食らうと完全に消滅して、拾う事も出来ないとか、「死亡しても霊体になって回収できる」機能あるけど、それが機能しない事が多いとか。気配がするとかメッセージは出るけど、どこにも霊体いないっていうね。

 ねぷてぬはもういいんだ、発売から1か月経つのに致命的な大量のバグ放置して何やってんだ?だけどいいんだ、アレは。ゆらぎ荘のは許せるレベルじゃない。湯かご関連とか、何ていうか「ゲームが複雑化したから」とかじゃなくて、まともにゲーム作る気すら無かっただろと。技術力が無いとかそもそもまともにゲームが作れないねぷてぬはいいんだ。この作品の場合、手抜き手抜き手抜き手抜き手抜き手抜き…怒りしか湧かない。こういうゲーム作るとこはハードメーカーが追い出すべきだと思うんですよ。そのハードにとってマイナスにしかならんのだから。で、どこが作った?クソゲーなら出来が悪いってだけで許す。テキトーに作って小金稼ぎしようっていうクソメーカーに腹が立つ。フリュー?…他にどんなゴミ作ってるかしらんが、追放しろ。検索したら「ゲーム事業一時凍結とか2018年8月のニュース」になってるんだけど、作ってるじゃねぇかよ。つうか一時じゃなくて永久凍結して白鳥座の聖衣と一緒に埋めとけ。誰も発掘出来ないよう厳重に。

 ゲームの質自体はコンパイルハートと大差ないと思うんだ。ただ、この1作だけで「他の追随を許さないクソメーカー」と言いたくなる「ゲームというかモノづくりしちゃダメ」感あるのがすごいな。いや、ホント凍結してくれよ。

 毎度毎度質の悪いゲーム繰り出してくるのに何か愛せるコンパイルハートとの差は何だろうな。…後もう1歩クオリティアップとかすると多分会社傾く可能性あるんだろうなぁとかは思うけど。どんなに出来良いゲーム作ったってどうせ売れねぇんですもん。それを開発元かくして任天堂が発売すりゃ全然違う結果になるんだろうけど。

検証のため!!あくまでも検証のために…原作も知らないのにゆらぎ荘の何たらってゲームホントに購入

 白い、白いね。原作知らないのにDLCキャラまで買ったぞ。DLCキャラは何かあんまし白くなってない不思議。実のとこ規制ってそんなに厳しくないけど、アテつけで真っ白にしてるんじゃないのかと思える。それで泣くのはファンだし、そんな事されてもソニーサイドは別に痛くもないわけで、誰も得をしないが。

 しかし、ちょっとした事で文句つける奴らばかりなのに、このジャンル…ローグライクは「ヒドいゲーム性」なのに文句でないよな。「元からそういうゲームだから」っていうなら他のジャンルもそうなんだが。ノーヒントのトラップとか、死ぬとロストするアイテムとか、現代のゲームっぽくない。が、もうどこが作ってもいいからイヅナ参を…イヅナ参を。他のゲームにまでゲストで出てたいそこそこ人気のあったイヅナさん帰ってきて。最後の出演がウィンディウィンダムとかいうどうしようもないクソゲーって…ヒドすぎだろ。

 正直、ノーヒントのトラップは昔から好きじゃない。それが面白い要素とはとても思えない。けど、大した考えも無いであろう開発者が…踏襲し続ける。いちいち床チェックするのは面倒だし、そもそもそういうゲームじゃない。「トラップにひっかかっても」立て直せるかどうかってゲームなんで。そういう観点で見ると、このゆらぎ荘の「トラップ」はホントに何も考えてないなと思う。

 序盤は「未鑑定」という状態無いんだけど、その要素が出てきた後、アイテムは自分で使って確かめる、敵にぶつけて確かめる…それは出来るけど、装備品はどうしようもない。そして何というか「未鑑定」「鑑定」みたいな部分もゲームとして上手く働いてない。それが面白さに全くつながってない。

 敵が「こちらは逃げる事は出来ない」けれど、敵は逃げ続ける事が出来る。1度、逃亡体制に入った敵は回り込んでも無理だし、飛び道具使わないと絶対倒せない。

 後はUI悪くてかなりのストレス仕様。衣装が破ける仕様だけど、下着装備が破れるとその下にまた下着。何装備しても結局、最後にクソみたいなデザインな下着。…いっそ、湯気で真っ白にしてくれ、そんな手抜きするなら。

 序盤ダンジョンのチュートリアルで死んでみる。再度ダンジョンに入る。「チュートリアルが消滅する」。消滅するから「消滅した事」自体最初気づかないと思うけど。いや、チュートリアルで死ぬとか普通やらないから気づかなかったのかもしれんけど、この程度のイベント管理ぐらいしっかりしろよと。

 相変わらず原作知らないままだけど、どんなクソゲーに仕上がったのか、まさかまともなゲームになったのか、まあどんなゲームでもアクア様いればそれでいいやと思うちょっと楽しみな1作。この作品自体は割とどうでもいいんだ、だから原作未だに見てないし、見る気もない。でも、何かいつの間にか駄女神の信者になってる。駄女神育成ゲームとか何考えてんすか?既に完全体、アレでパーフェクト。間違って何かまともな女神になっちまったらどうすんだ。それはそれとして限定版のパッケージイラスト下手すぎじゃない?自称「絵が上手い」社員にでも描かせたのか?ってレベル。

 そしてソフマップは相変わらず「迷惑なだけ」なタペストリー特典。「いらん」って断っても「特典抜きでも安くならない」とか余計な事言ってくるんだぜ、ソフマップの店員。いや、余計な事じゃないってのはわかるけど、いらんもんはいらんよ。タペストリーとか。ゴミでしかない。クリアファイル辺りが無難なんだからそれで妥協しろと思う。見ろ、この特典のタペストリーの絶大な不人気を。が、メガネ拭きは許してやれ。というかそんなもの特典についてるの見た事ないんで、何かジャンルが違う別の世界か?ゲームではないよな?まあ、ジャンル問わずタペストリーは嫌われてる。特典つけるならもう少し気を使おうぜ?いらない特典とか無い方がマシなんだからさ。

ゴジラさんぽ

 「星を喰う者」の小説版読み終えた。そして思った事、タイトル間違えてるよなと。「ゴジラさんぽ」「ゴジゴジさんぽ」とか、そんな感じ。新しい地球をゴジラさんが散歩して案内してくれる作品……案内はしてくれないけど、まあ最後までゴジラはただ散歩してるだけだった。

 当然ネタバレとか書くけど、何というか……こんなヒドいものよく発表出来るよなと思う。やらかしたのが誰なのかはわからんが。

 アニメゴジラはその存在だけは有名だけど、何せ見た人が少ないもんで結果的にいい感じに「どんな話なのかいまいちわからん」状態のまま。が、知らないまま見ても、知ってから見ても大差無い気はする。

 20世紀末から世界各地に次々と怪獣が出現。ノリとしてはパシフィックリムと同じだな。…ゴジラともどもスーパーロボット大戦カモン。やりすぎちまった結果、何が参戦しても全く客寄せにならなくなっちまってるんだわ。

 話戻そう。地球人類は怪獣退治の日々。そこにエクシフとビルサルドとかいう異星人襲来。エクシフはともかくとして、ビルサルドはおそらくは本来は地球に対する侵略者だったはず…なんだけど、怪獣大暴れしてる星にやってきたマヌケ。他の怪獣はともかくゴジラと名付けられた怪獣が強すぎてどうにもならない。ビルサルドがメカゴジラとか作ってみたけどダメでしたー。仕方無いので、地球人、エクシフ、ビルサルドの3種族みんな大型宇宙船で地球から脱出。

 その宇宙船の1つで主人公はゴジラを研究し続け「ゴジラ倒せるんじゃね?」と。主人公は一応、地球生まれでリアルにゴジラを体験してる世代だけど何せ子供だった。…実情知らないヤツはデータだけで先人をバカにするんすよ。「大人たちは倒せるはずのゴジラから無様に逃げ出した」、そんな勝手な思いで「ゴジラ倒せるから地球戻ろう」とかバカな事を言い出す。大人連中はゴジラの脅威を知ってる、「人間がどうにか出来る存在じゃない」と。が、主人公の示した「確かに倒せそう」というデータと戦術…ゴジラの実情も知らん若い連中は主人公と同じ、「俺たちならやれる」。

 こんな熱気を持ってしまったら暴動になりかねない。何かエクシフとビルサルドはやる気満々だし、渋々の帰還。船内は20年ぐらいしか経過してないけど地球では2万年もの時が流れてた。けど、ゴジラは余裕で生きてた。子孫とかでなくて、地球で暴れた個体そのものが。が、まあ子孫だろうが当人だろうが、どっちだろうが、脅威だし、そこは重要なところではない。いや、重要か。「増えてない…あくまでも1個体のみ」ってのは大事だな。が、地球に降りてみると全生物がゴジラ化していた!!…ゴジラ化って何だよ。

 そして散歩中のゴジラを船内で作り上げた戦術通り仕留めた…けど、それは小型の別モノだった。全生物がゴジラ化してるからね。とはいえ、対ゴジラ戦術が間違ってない事は確認出来た。そして、役にも立たなかったメカゴジラ…を構成していたナノメタルが2万年かけて増殖進化していたので、ビルサルドさん、それをメカゴジラシティとして対ゴジラの拠点に仕上げる。メカゴジラすげぇ…もうどこにもゴジラ要素無くてただの金属の塊だけど。

 メカゴジラシティ…ナノメタルをより効率よく扱うべくビルサルド達、自らの命を捨てナノメタルと一体化。ついでに「痛いのは最初だけだから」「みんな1つになろうぜ」……何このメカメカしい人類補完計画。まあ、それはそれとしてゴジラを仕留める寸前までいったけど、ヒロインがナノメタルに浸食され痛い痛いわめいてるのを聞いて主人公錯乱。主人公…見事メカゴジラ撃退。…何という裏切り。散歩中にヘンな金属に襲われたのゴジラ疲れ果てて昼寝。

 メカゴジラにビルサルド達は同化していたわけで、当然地球降下したビルサルド全滅。船に残ったビルサルド達激怒。まあ当たり前だよな。それに対し地球人「いや、でもお前ら侵略者だろ?ゴジラ倒した後メカゴジラで何するつもりだったんだよ」…それはそれ、また話は違うと思うんだが。ちなみに主人公は何か地球原住民?にヘンな治療受けてた結果…ナノメタルに浸食されませんでした、よかったね。何故、その治療がナノメタルをはじくのかはしらん。

 エクシフ曰く「やっぱり神だよね。メカとか時代遅れ、今、時代は神」。地球上でも船内でもエクシフの神信仰大人気。信者増える増える。

 司会のお姉さんはいないけど、屋上のヒーローショーかよみたいな。人類大ピンチ、さあみんなでギドラを呼ぼう!ぎ・ど・ら!!ぎ・ど・ら。すごいぞすごいぞぎ・ど・ら。強いぞボクらのぎ・ど・ら。…んー、応援が足りないぞー。もっと大きな声でおいーーーーっす。

 明かされる真実。星どころか、命を食らう者というかすべてを食らう者のギドラに「滅ぼされる」ために、わざわざゴジラが暴れる地球にやってきて、「地球人…とビルサルドが負ける」よう裏でこそこそこそこそ動き、バカな主人公に「対ゴジラ戦術」を作らせ…「さあみんなで滅びようぜ」。…宇宙船全滅。地球上でギドら読んだ奴ら、全滅。散歩してたゴジラくんも噛みつかれて痛そう。…が、主人公とゴジラの共闘によりギドラ殲滅。…主人公は何がしたいんだ。

 ビルサルド、エクシフともにゴジラ殲滅まで後1歩というところまで迫りながら主人公に邪魔され、結果、地球人、ビルサルド、エクシフ3種族すべてほぼ全滅。ギドラに目をつけられていて、「穏やかな生活」をしている原住民と違い未だゴジラに深い憎悪の感情を持つ自分は生きてる事自体が迷惑だって事で…主人公はナノメタルに浸食されたまま「生きる屍」となっていたヒロインを抱えて散歩していたゴジラに特攻死亡。そしてゴジラは今日も散歩をしていた。

 ……ゴジラ脇役すぎる。ホント、ただ歩いてるだけじゃねぇかよ、ゴジラ。

 原住民の生首が浮いた大釜のスープとか、ギドラ召喚したら一瞬で喰われ、腕だけ残すだの足だけ残すだの頭だけ残すだのと、「どう驚いただろ?」みたいなそこの浅い描写とか…何だろうな、ホント浅い。このストーリー内容だけでもそのヒドさ、浅さわかると思うけど。

 計算能力とかすっごい進歩したエクシフはその偉大なる計算の結果「宇宙も生物もいつか滅びる」から、とっととくたばって次の世界で永遠を手に入れよう!……バカなんだなぁ、エクシフ。

 死んだヒロインと共に特攻とか、さらばヤマトのノリなんだけど、最後の最後までヒロインは生命活動は続けているのが…「何の伏線にもなってない」んですよね。ただ脳死状態なだけ。回復する事もなく主人公の自殺に付き合わされた。科学者がナノメタルを使ってかつての地球の都市を復活させようとしてたけど、そうなった時点でもう手遅れで、今さらヒロインを葬っても手遅れだと思うんですよね。勝手に殺すなよ。

虚言癖とは違うけど、ネットで仕入れた知識を理解もせずに使うウソつきが何故いっぱいいるのか

 ロボット大戦関連は特に感じる。随分前から言ってる通り、ザンボットは鬱アニメじゃあない。どっちかっつうと割と明るい。下手したら、あいつ等、全話ずーーっと人間爆弾やってるとか、ガイゾックの基本戦術が人間爆弾と思ってそうなぐらいに勘違いしてる。

 初代ダンクーガがやけに貶められてるのも同じ。誰か先頭にたってたきつける奴がいて、それに乗るバカが大量にいる。ダンクーガつまらんと言い出したヤツは彼にとってはつまらなかったんだろう。が、今言ってる奴らは見た事すら無いだろと。だから何も内容語れない。

 ゴッドマーズの「動かない」とかもお前ら本当に原作アニメ見た上で言ってるのか?と。で、答えは今回のスーパーロボット大戦TのPV。

 今回のPVでシオンが「OVA版ダンバインのABではない」というか「テレビ版の方のABでもない」機体に搭乗。これに対して「原作ではこんなに動きません」とかコメントしてる奴らが複数。…サーバインが「動かない」のは今となっては有名。ただ、多分それも意味わかってないだろうなと。手抜きして動かないアニメになってるとか思ってそう。見たことも無いのに、「動かない」だけが有名になったから、原作アニメと違う機体に乗ってる事すら気づかずに意味不明なコメント。

 SRWではないけど、アニメ化されるって事で最近話題になりやすい、閃ハサ。富野さんのアンチは「読んだ事無い」わけですよ。嫌いな人の作品なんて触れる必要無いからそれでいい。なのに、「あんなつまらんものアニメ化」とか、「あんな短い話を」とか…面白いつまらないは個人の感想だし、個人的にも「何であんなもんアニメ化すんの?」と思うけど、短くはねぇよ。Gジェネか何かでちょっと話知っただけで何もかもわかった気になってんじゃねぇぞ?短くはねぇよ、閃ハサ。アニメやゲーム、特にゲームには向かないんで、ゲームにシナリオ搭載すると超短編になるかもしれんけど…それは0080は「ザクとアレックスが闘っただけの話」と捉えるようなもんだ。でも、彼らは「知らずに批判してるわけじゃあない」という体をとりたい。読んでないなんて絶対言えない。結果、「いや、閃ハサ全然短い話じゃねぇから」という恥をさらす事になる。

 ドラクエのキラーマジンガキラーマジンガキラーマジンガキラーマジンガとこれも同じだよな。一体どこの誰がただのザコ敵にそんな恐怖感じたり、いつまでも記憶に残ったりするんだよ。割と早い時期に行けて「強すぎる」と感じてしまう番人と闘って全滅とか他にいくらでも例がある。その上でキラーマジンガとか無茶苦茶強いわけでもない。ドラクエ3のピラミッドのひとくいばこの方が遥かに殺意強いからな。

 FF7のアリエスだか人魚だかエリアスだか神父だか牧師だかしらないけど、特にプレイヤーの記憶にものこらんキャラが死んだから何だって?FF2やら4やら仲間死にまくってるわけで、FFで今さらだから何だ?だよな。まあ、4でホントに死んだのはテラだけだが。ついでに言うと、「あの当時はすごかった」みたいな言われ方するグラフィック。いやー、無理だろ。あの当時でもあの見た目は全然すごくないだろ。FF6なら「すごかった」と思う、7は汚くはないけど、ヒデぇグラフィック。これが一般的な感想だと思うんだが。バーチャファイター2が94年だぞ?「対戦格闘と比較するな」とか、そういう話じゃないからな?「バーチャ2があまりにも知名度高くてそれに目が慣れた」状態になってる。その状態でFF7見たら「しょぼい」と感じるんすよ。何で、こうメジャー作品ですら「ねつ造」して「すごかった」って事にしようとする連中いるんだろうね?…こう言うと「ムービーがすごかったんだ」…もう、それでいいなら、PCエンジンまでさかのぼっていいんじゃね?どこがすごかったのか。ムービーではないけど、それこそバーチャ2は「ポートレートシリーズ」とか「どこ向けなんだ?」っての発売してたからなぁ。アレは止め絵集なんだけど…やっぱりFF7は1周り2周り遅れてたと思うんだわ。8となるとは話は変わるけど。

 現代に限らないけど、嘘つき達は何がしたいんだろうね?前世紀か、新世紀直後ぐらい…もう20年も前になるのか……その頃にも「(FC版)ドラクエ3であそびにん1人でクリアとか無理だから」と書いた。検索すると、実際にクリアしてないのがよくわかるウソつきさんとか、ホントロクでもないな…「遊び人1人じゃ絶対無理」っていう友人の方が絶対的に正しい。バカじゃねぇの、ホント…実証もせずに「はんにゃのめんつければ」とか。これじゃキングヒドラにすら勝てねぇんだよ。「はんにゃのめん」なんてその時の20年前の雑記で既に指摘してる。その上で「無理」だと。

 挑戦した動画があって、実際に確かソーマ撃破まで収録してたかと思うけど、それ見れば「無理」なのはわかるはず。「いのちのきのみ」をアイテム増殖で量産しないと中ボス3匹にすら勝てない。けんじゃのいしじゃ体力回復間に合わないから、もうダメージは無視して殴り続けるしかない。で、1戦終わるごとに、いのちのゆびわでHP回復という地味な作業。その上で最後に「HP自動回復」付きのゾーマ。あー、あったこの動画だな。うん、無理だよね。理屈の上で無理で、実際に試して無理。…まずHPは数万ぐらいまであげたのかな?で、アイテム変換で武器を「はやぶさのけん」に変更。アイテム増殖まではまだいいとして、アイテム変換で「あそびにん」が装備出来ない武器装備する時点でもうNGだけどな。…あ、はやぶさのけんじゃなくて、おうごんのつめ?…おうごんのつめだと?…おうごんのつめ持ってゾーマのとこまで行くとか苦行すぎるぞ?コメント欄にも「倒した」言ってるヤツいるけど、無理なんだっつうの。力を最大にしようがHPを1万超えにしようが、ゾーマの回復に遊び人の火力が追いつかねぇっつってんだろうが。毎ターン「かいしんのいちげき」でも出したのかよ。

 昔書いたのこれか。「自動回復とか小学生でも気づく」と以前書いたけど…一応、証拠になるのか。まあ、いつ書いたか証明出来ないけど、まあネットで「自動回復」とか出回る前に書いたやつだと断言はしておく。

 ところで昔、「勇者1人と遊び人3人」でゾーマ倒したとか「勇者1人」で倒したとかしまいにゃ「遊び人1人」で倒したとか、かなり暴走してましたよね。現実レベルでいって最後のだけは不可能です。
「勇者1人」ってのは不可能ではない、といったレベル。
 遊び人1人となると、力の種で「ちから」を最大にして「般若の面」をつけてプレイヤーに絶対服従させる。体力回復は「賢者の石」防具は「魔法のビキニ」必須といったところでしょうか?
 それでも無理です。「般若の面」は防御力255もありますが、装備してみると、意外と大した事ないのがわかるはずです。はっきりいってバラモスゾンビ辺りに攻撃喰らうと賢者の石では到底、回復が間に合いません。そしてSFC版と違って「遊び人」には転職できないので「呪文」持ちの遊び人は存在しえません。よって対ボスキャラ戦では必須に近い「バイキルト」「ベホマ」なしで闘う事になります。
 しかし1番の理由は「ドラクエV」のボスキャラは、密かに毎ターン体力回復している点にあります。
「毎ターン」回復しているので、1人で攻撃していては全然ダメージを与えられないのです。勇者1人でプレイというのをした事がある人なら、いくら攻撃しても全然「カンダタ」が死ななくて、30分以上の死闘の末、リセットしたという思い出があるのではないでしょうか?それは全て「毎ターン体力回復」が原因です。毎回毎回「かいしんのいちげき」が出るなら話は別ですが、そんな事はあり得ないので、よって「遊び人」1人でのクリアは理論上不可能です。

今から始めなくていいEXレイヤー

 テリーどうなったんだ。

 始めたいけど今までのストーリーとかわからんという人…大丈夫、ストーリーとか無いに等しいから。

 一応、メインとなるのは、カイリ、ほくと兄妹の話なんだろうけど、他のキャラに全然絡まないからね。シャドルーがどうとかガイルがどうとか大海のカエルがどうとかヒーローは私だ。…ストーリーなんて無い。なのでEXレイヤーから始めても大丈夫。タイトルは「ストリートファイターEX+ファイティングレイヤー」だけど、ファイティングレイヤーのキャラ1人もいないんで、こっちも全く気にしなくてOK。敢えて言うなら、EXからレイヤーに2人ほど移籍してたけど、元々EXのキャラだからなぁ。

 初代EX時点ではカイリ、ほくと共に武神流の血をひいてるみたいな扱いで、カイリのスーパーコンボにガイと似たような技があるのはそれ故とされたけど、武神流の血をひいてるのは「ほくと」だけらしい。じゃあ、カイリのあの技は何だったんだ?だけどな。つまり、水神家が源柳斎の分家とかでなくて、ほくとのオヤジが…源柳斎だったら何というスキャンダル。まあ、当然武神流とか今回関係無し。関係させられない。

 一応、カイリ、ほくと…ついでにその妹七瀬関連の話をすると、DOAか鉄拳かっていう。異父兄弟だけど別に仲が悪いなんて事もなく…が、何故か幼い頃のほくとこと「しらせ」さんにカイリさん突然海に突き落とされる。分家による本家への反逆だな。「しらせ」はほぼ洗脳状態で本人に罪は無いって事で水神本家は「しらせ」の洗脳を「封印」…解くことは出来なかったので、「しらせ」を封印し、「ほくと」という新たな名を与えた。一方、カイリは…本家何やってんだ?なんだけど、命は落とさなかったけど記憶を失って放浪してた。

 カイリが生きてた事を知った…分家の方かな?「自分が兄を殺そうとした」事なんて知りやしない、ほくとさんは「慕っていた兄」を探しに旅に。そして、「ほくと」を慕っていた、「カイリの実妹である七瀬」は「ほくと」を追って旅に。

 カイリと出会ったほくとは…本家によって封印されていた「しらせ」の封印が解け、兄を抹殺しようとして…結果、カイリは記憶を取り戻…していなかった。取り戻すのはIF展開で取り戻さず、しらせもカイリを討てなかったってのが正史になったっぽい。

 「しらせ」になっても「ほくと」としての記憶を失ったわけではないみたいだけれど、分家の怨念こもった「カイリ抹殺指令」が第一。自分を慕う七瀬が追ってきていて、それは自分にとって「優しさ」的な何かで障害になるんで、本家が自分にしたように、今度は自分が七瀬に血の封印を施して新たな「ほくと」に仕立て上げる。

 こんな感じの話。EXレイヤーに「しらせ」と「ほくと」両方いるのはこういう事。ストーリー設定もなく'94京とか、MSH性能ハルクみたいに「旧キャラ使いたい人用」にいるだけじゃなくて、実際に「ほくと」として存在してる。中身別人だけど、技は同じだし。ちなみに、これだと「ほくと使ってた人」はいいけど「七瀬使ってた人」が可哀想ってなる。という事で新キャラとしてストリートファイターEXの七瀬と同じ技使う新キャラが作られてる。

 ただ、ストリートファイターEXシリーズの「七瀬」と、EXレイヤーの「ほくと」はプロフィール違うんですよね。違うけど、EXレイヤーのほくとと、ストリートファイターEXの七瀬が同一人物なのは確かで…誕生日とかは「七瀬が封印されほくとになった日」と考えればいいのかね?

コメント欄はバカの集まりだから放っておくとして

 新元号の公表=改元ではないとわかっていて意図的に無視する卑怯者。元号は公表されるけど、実際に使われるのは退位後…「元号は、皇位の継承があった場合に限り改める」の文章の解釈がどうとかそんな問題すらはらんでない。元号法は「皇位継承前の新元号の公表を禁じてない」。じゃあ、以前雑記に書いた「書いてないからOKなのか」って話になるな、次は。が、ほとんど何も書かれてない法に行間なんて概念もない。そもそも生前退位なんてもの想定してないから書かれてるわけもないんだが。法の解釈持ち出すまでもなく違法ではないな。こんな法とか関係なく事前公表に文句つけてる人は結構いるけど、法なんてもの持ち出してない分まだマシ。

 人の事は言えないんだけど、話があっちにそれこっちにそれ、でホントに言いたい事が何なのか伝わってこないんですよね、これ。まず結論を書け。結論は「安倍はクソ」か?それは同意だ。が、まあそんな事ぁどうでもいいんだよ。

 「元号が使われた長さ」の話はまあ話の途中でなく最初だからまだいい。「平成天皇とは何ごとか」とか、新元号の発表と何の関係があんだよ。ちなみに、教養無いなとは思うけど日本人として云々はどうだろうね?

 皇族、皇室敬ってる奴らは日本神話信じてんの?神の血を引くとか、現人神だとか思ってんの?昭和天皇みずから否定したのに?そんな敬虔な神道信者なんすか?…むしろ、ろくに日本書紀、古事記の内容すら知らない。天皇家の歴史すら知らないで「陛下」とか言ってる奴隷根性のバカだろ?別に敬うのは良いけど、そこに理由も無く「日本人だから」とかいうなら日本の恥なんで日本人名乗らんでくれよ。立派だから?立派な人物は他にもいくらでもいるよな?洗脳でもされてんのか?ロクに反論も出来ず不敬という事しか出来ない能無しどもが。

 別に嫌ってるわけではないんだわ、昭和天皇とか…色々あるけど、それでも立派だったなと。でも、だからといって敬う理由は無いんだわ。ただのこの国の象徴だから。象徴って何だよだけど。

 まず、そもそもが初代…神武か?継体か?…誰になるのかすらよくわからんが、そこからホントにつながってんのかよっていう。そもそも、歴史的に見ても敬われてなんていねぇ。その立場は何故か保証されてるけど、だからこそ利用はされるけど敬われてなんていない。だって、たとえ初代からの直系であったとして、そもそもが侵略者じゃねぇかよ。太古日本において「この国を支配する権利」をもって治めてきた一族の末裔ってわけでもない。…いつまで支配されたいんだろうね?当事者たちは支配なんてしたくもないのに。

改めて新作サムスピの初報動画を見てみる

 …何かよく見ると特別面白そうなものでもないな。アースクェイクもっとデカく。

 覇王丸は大樹さんで、十兵衛は屋良さん?……が、そんな事よりSNKに限らず続報出す気ない、発売もまだまだ先という場合、多くの場合「発表しない方がマシ」。IFの世界を見れない以上、データとしては取れないけど、普通に「発表しない方がマシ」なのはほとんど誰にでもわかる。「もういいや」と興味失うからな。ミニメガドラとか待ってる人いるのかよっていうか、最初に名前出た時に「買う」と思った人の何割が「存在すら忘れてた」になってるかだな。この場合、思い出したらOKかというと、思い出しても「もう何か欲しくなくなった」ってなる可能性が高いんよ…人間だから。お祭りで「下らないもの買う」のと同じ、ミニ何とかというゴミにしかならんゴミに金出そうなんて思わないんすよ。…ミニファミコンとかどんだけ「処分された」んだろうね?小さくてもそれでも邪魔なゴミでしかないだろ、結局?

 今後も一切買う気無いけど、レトロフリークってのも、アレ結局…ホントに遊ぶのかね?ちょうど「ファミコンは別にRPGだろうと現代で普通にプレイ出来る」的な雑記書こうと思ってた。思ってたけど…ワンダースワン、カセットビジョン、スーパーカセットビジョン辺り…はまあ別にいらんけど、MSX無いとあんまし価値無いよねと思うんですよ。インストール機能とか便利そうだけど…それがどういうものかしらんけどさ…字面とその説明からしてソフト実物無くても動くんだろ?……「違法な使い方した奴が悪い」と言い訳は出来る。けれど、これは「インストールだけしてソフトは中古に流せ」を推奨してるだろ?やっぱりこういうの作る会社…商品単体で何度訴えてもクソな事してくるから末端まで含めて1度全員ぶち殺した方がいいと思うぞ。「インストールした場合はソフトは手元に置く。ソフトを手放した場合はデータも削除する」とか多分、ちっちゃくどこかに書いてるんだろう。が、そんなんでセーフにしていいとは思わない。それを防ぐための何の対策もしてない。こういうのいうとバカはほぼ間違いなく「包丁は」とか言い出してホントうっとうしい。明らかに「違法な事出来ますよ」と作られたものとそうでないものを一緒にするな、だ。犯罪推奨する企業とかロクでもない。どうにか法突破して、各ハードメーカーやらソフトメーカーやらから総額で天文学的な額請求されればすごく楽しいんだが。

結局、徹夜であそびあそばせ全話視聴

 面白かった。途中からというか、3話目辺りで既にオリヴィアさん1人だけ「普通の美少女」になってるけど。

何となくニコニコ動画見たら、あそびあそばせが全話無料

 雑記に書いた通り、りとる・けいおすは「特別面白いわけではない」作品だったんで、あそびあそばせの漫画買うつもりなんて無かった。が、アニメ全話無料なら見てみようかなと思う。

 りとる・けいおすの奇形とは違う正当美少女たちにゆる清純さすらあるオープニング……うんでも知ってる、中身はりとる・けいおすだって事は。それは検索してわかった。小学生が中学生になっただけだって。

 ネットはウソつきだった。オープニングとは違うけど、本編も普通に美少女だった。そして見た事ある教師出てきた。……小学校教師イヤになって中学校に逃げたんだな、きっと。便器に手を突っ込まされたりしたしな。ゆえに人はブタであるとかいう子いるし…イヤにもなる。が、中学校もあまり変わらない。高校に逃げるしかない。

 1話終了。面白い。原作からなのかアニメが上手いのかはしらん。とりあえず今のとこ、ノーマル。いや、ノーマルだからアニメ化なのか?カオスなの見ても疲れるしな。妖精とかオカルトパパとか全裸王子とかうんこ無いだけでこんなにも安心感が生まれる。とか言ってたら2話目にしてまさかのチョコソフトクリームきた。POO太郎のぬいぐるみなんて作るんじゃあない。

特に理由もなくタイヤ料理ガイドにムカついたのでちと検索したら更にイライラが増した

 タイヤ食ってろ。ファミ通レビューよりアテにならんゴミを金出してまで買うヤツがいるから調子に乗るんだよ、Bガンダムだか何だか。ボクのタイヤをお食べマンの会社。

 まあ、ミシュランガイドは田村さんはまだマシな方で「何でそこまで?」ってぐらいに嫌ってる人いっぱいいるんで今回は話題にしない。それよりはそこでから付随してでてきた記事。しかし、腐れタイヤ会社ムカつくな、ホント。話ここまでとはしたけど、これはいくら何でもヒドくない?っていうのがWikipediaにあって、元記事が新聞で、その新聞の記事内容がどこまで正確かはわからない。テレビも新聞の信用しちゃいかんてのはもう誰でもわかってる。ネットよりマシだけど。「ネットの方がマシ」ってなってる連中危険すぎ…だからお前はネトウヨなんだよ、自分が欲しい情報だけ読んで偏ってるから。まあそれはそれとして、本当にそんな発言だったのかはわからないけれど、ここはその発言があった事として話を続ける。

 掲載を拒否した店を勝手に掲載した挙句、「店の売り上げが伸びるのに残念なこと。評価されたくなければ違う仕事をすべきだ」…売上も大事だけど、店の品格も大事なんですよ。下品なタイヤ屋来るなって言ってんの。上品なタイヤ屋ならいい。「評価されたくないなら発表しなければいい」は無料有料問わず通用する考え方なんだけど、これはその考え方を曲解してる。悪意ある行動をとる下劣なタイヤ屋の為に何でやりたい事、そして仕事を変えないといけないのか?変えるのはクソタイヤだろ?いいからタイヤ食ってろって言ってるんだよ。評価するのも掲載するのも自由だろう。それを禁じられる理由は無い。けれど、それでも「実はガイドは赤字」とか言われようが、有料販売してる以上は、掲載相手に敬意必要。クソゲー本とかじゃなくて「いい店だよ」ってやってるんだから。それも無く自分達がやりたい事だけを押し通すのは違う。こんな一切全くアテにならんガイドで今まで愛用してくれてた客がイヤな思いをする事にもなりかねない。ガイド大好きな頭悪い奴が日本には何故か大量にいるから。

 で、本題。ミシュランに掲載された結果いやな思いをしたシェフの話。ただし、ミシュランは関係ない。問題は客の方。料理を撮影するバカの存在。料理は食うものであって撮影するものじゃない。撮影するとしてそれは作る側がする事で喰う側がする事じゃない。その料理は「お前のモノ」じゃない。「食い物」はお前のものだが、料理はお前のものじゃない。それを理解しないブンブン蠅多いし、ハエが湧くのが大好きな店も多いんでそういう店は別にいいけど。

 問題は「金を払ったんだから自分のもので何をしてもかまわない」。まずとりあえずこの問題に限った場合、レストランは場所も提供していて、それは他の客もいる。たとえばだ、自分で買ったんだから何しても構わないと料理の上でクソしてるヤツいたらどう思う?「あいつが買った料理だしまあ自由だよな」と許すか?ふざけんなだろ。もし店がそれを許したら?そんな店二度といかねぇだろ?バカなのか?何してもいいとか。写真撮影とか不快なんすよ、普通他の客は。「料理人の思い上がりでは?」とか何言ってんだ?この思考してる人はこの問題だけじゃなくてあらゆる事で自己中心的なクソだろ?こういうのは「人間になれなかった」として「駆除」「殺処分」するぐらいの方向に時代動かないとホントダメじゃないかなと思うんだわ。害獣なんだからだって。生きてる事で迷惑しかかけない。

 料理以外の場合どうなのか?「何しようが自由」が通用するものもあるだろう。買い切りの固定物。時々、ユーチューバーがニュースになるんだけど、「作った人に失礼」とか「くだらねぇなぁ」と思う。テレビの方がよほどヒデぇ事してるし、食品なんかだと「店で大量廃棄」してる事実もある。そんな中、金払って買った以上「見て不快になるかどうか」は別として、「失礼」とかどうとかは筋違いかなと。つうか機械的な大量生産品を職人が作ったものと勘違いして何言ってんだ?だったりするしな。

 ただ、無論さっきの料理と同じで全てに通用するわけがない。「自分の家に放火しました」…犯罪です。

 この記事の最後にミシュランが一般人がやってるのは「レストランにとってリスク」、我々がやっているのは「お互いに尊敬している関係」とか言ってるのがまた実に胸糞悪くてホントむかつく記事だった。いや、この記事書いた人が悪いわけではなくて。「掲載すんな」と言われてるのに「尊敬されてる」と思える。相手尊敬しつつ「料理人やめればいいじゃん」…一生タイヤだけ食ってろ。毎年、タイヤの味と噛み応えとレビューしてろよ。

ベジータは何故ナッパに謝罪しないのか

 サイヤ人の王族としてキャベがどうのこうの。いや、別の宇宙のヤツより自分が理不尽な理由で殺した仲間の事まず考えろ。が、別にそれ以上言う事もない。

勇者ねぷてぬで遭遇したバグ

 こんなヘンな事したらバグ発生するんじゃないか?みたいな事せずに遭遇したもの。覚えてないのもいくつかあると思うけど。

 まず、一部のボス、一部のザコで発生する戦闘が途中で止まるバグ。リジェネだけ動いていて、戦闘メニューは開けるけど、逃げると戦闘がホントに終わらなくなる。アイテム使うと復帰する。

 戦闘がホントに終わらないバグ。戦闘が止まるバグ。戦闘メニューも開けない。多分リセットするしかない。

 イベントが途中で止まるバグ。イベント強制終了で脱出は出来る。エンディングで発生した場合はボス戦からやり直し。

 敵シンボルが消えないバグ。倒してもずっと残る。邪魔すぎる。

 クエストのアイテムが受け取れないバグ。発生率100%のようで、割と有りえない。特に難しくも無いフラグ管理のはずなんで、「わかっていて修正できなかった」ではなく、テストプレイしてなくて気づかなかったんだろう。正直実のとこ一番有り得ねぇと思うバグ。

 床抜け後、謎の空間を落ち続けるバグ。キメラの翼的なアイテムが無いのでリセットするしかない。床抜けは多分仕様通り、そうしないと宝箱取れないから。そこで落下した後の復帰地点が多分宝箱の近くだったんだろうけど、設定してねぇよ、復帰。落ち続けてるよ。

 突然意味不明なボイスが入る。イベントで再生されるボイスが全然違う上によりによってネタバレ台詞の再生。

 知らなかったのか?大魔王からじゃなくても逃げられない。シンボルエンカウントだけど、逃げるで逃げても敵とネプの位置が変わらない。すると戦闘画面終了した瞬間即また戦闘突入。絶対逃げられない。バグというより現状仕様なんだけど、な・お・せ。やたらと攻撃吸収されやすいゲームで、戦闘中に使えるコマンドが事前に決めたもののみ。1人の時は1つ、4人以上で一応4つまで。以前書いた通りフォーメーションがキャラ固定なんで自由度低いけど。つまり「かなり戦闘で詰みやすい」、なのに「逃げれない」。多くの場合、逃げる、逃げられるで戦闘終了後に再度接触すると敵変わってるけど、「何度逃げても敵が変わらない」場合があって、ホントに詰む。無属性な石とか大量に持っていれば時間かけて倒せるかもしれんが。

やっぱり山寺さんというクソキャスティングなSRWT

 トチロー。彼は物まねはド下手だ。声真似も下手だ。何故やらせる?普通に山寺宏一として演技してる分には何の問題もないのに、何故クソみたいなキャスティングをするのか。というか物まねが上手い人探したいなら声優使う必要すら無い。そんなの声優の仕事じゃあない。

 とりあえず、参戦が不快なレベルなのが、ガオガイガー、マイトガイン、こいつ等はロボットアニメではない、マシンロボもそうだけど。マイトガインはVの時点じゃ別に嫌いでもなかったけど、もう無理。全キャラ使うの無理なぐらいにもはや大嫌いすぎる。消えてくれ、消えてくれ、消えてくれ、消えてくれ。勇者シリーズ何か問題発覚して二度と表に出てこれくなってくれ…何でこんな不快なシリーズが存在してるんだろうな。後、ガンダムも何か不祥事起きてくれれば…ゲームどころかアニメの新作も生まれなくなって実に良い事ばかりだ、それだと。不快ではないけど出るなってのがガンダムとナデシコ。現実としてナデシコももう二度と出てこないで欲しいところではある。

 そしてVからのクソシステム流用か?SRWは誰に何と言われようと「変化し続けてきたシリーズだった」と断言できる。でも、止まった。よりによってクソシステムで。面白くねぇんだよ、ゲームとして。初採用のVはともかく、Xが低評価なのは武装が少ないとかストーリーがクソとかそれだけでなくて「ゲームシステムがクソ」ってのが大きい。なのに支持されてると思ってる。ここまで何も考える事のないゲームにするなら、「改造なし」「パイロット無し」「精神コマンド無し」…プレイヤー側は無敵ってゲームでもよくね?意外と面白くて支持されるかもしれんぞ?それこそあらゆる機体が活躍できるから。

 そもそもがスーパーロボット大戦はほとんどのユニットを「似たような性能」に変化させたのに、何故か移動力には差をつけている。こうなると足の遅い機体だけが「損」をする。何ていうか軽量で空中を舞う「マリポーサ」と、パワーの「ビッグボディ」とでどちらも「1億パワー」じゃビッグボディ可哀想だろってなるし、「防御主体」の戦い方になるサンドロックと回避主体のデスサイズとで、どっちも同じガンダニュウム合金製だからって理由なのか防御にほとんど差が無かったりとか…うんまあSRWはデスサイズ毎回異常な強さに仕上げてきて、サンドロックはほぼ毎回ザコ性能なのはよっぽどサンドロックかカトルに何か憎しみでもあるんじゃないかとさえ思うけど。

 移動力は以前はダッシュ、戦術待機でフォロー出来たんだけど、BBスタジオはそれすら許さなくなってダッシュのスキル自体は残ってはいても恐ろしくポイント大量に所費する上に以前より効果弱い、戦術待機もクソ高くてなかなか導入出来ないっていう、「BBスタジオは何でそこまで鈍足ユニットを活躍させない方向に持っていくんだ?」って謎の調整。加速も割とレアな上に鈍足の奴ら持ってないし。他のユニットに加速かける「追風」はBBスタジオだけは当然のように絶対に採用しないし。どんだけ鈍足憎んでるんだよ?ビームサーベルで空中の敵攻撃して地上と空中の差をほぼ無いようにするぐらいだったら移動力も全部同じにしてやれよ。ゲームとして面白いかどうかは知らんが。地上からほぼすべての攻撃で空中の相手攻撃出来るよりよほどストレスたまらんよ。移動遅いと攻撃すら出来ねぇんだよ。待ってられねぇの、遅いヤツに移動速度合わせる気も無い。

 ダッシュがあると、強化パーツと合わせて移動力+4とか簡単に出来るもんで、移動がとんでもなく遅いマクロスタイプの強攻型ですら、その形態のまま移動するのもアリって状態には出来た。今はそれが困難。「全員並んでゴール」「全員主役の演劇」みたいな都市伝説と言われつつも実は「事実」だったりするアホみたいな平等主義に走ってるSRWなのに…ホント何でだ。移動早い上にカスタムボーナスでP攻撃だけになるアレルヤ機は00系最高の使いやすさ、移動がクソ遅いロックオン機はゴミ。…何か違うと思うんだ…いや長距離射撃機であっても移動遅いとホント役にたたねぇぞ、SRWだと…1ターン目だけとはいえ加速と突撃かかるクルツ機はものすごい便利だった、加速と突撃で1ターン目から邪魔になる敵を排除できるし、位置取りも自由だし…まあVだけの話だけど。ちなみに、第3次Zのアレルヤは移動力ありすぎて狂ってると思うんだ。カスタムボーナスが強化されてるし、第4次スーパーロボット大戦の世界に行けってぐらいものすごい移動力で笑える。しかも加速持ちっていう。早すぎだろ…。

 とりあえずマクロスと勇者シリーズ出禁にしてくれ。何やるにしてもジャンル問わず何故か「嫌いなもの」に対する意見は「集めちゃダメ」「不人気投票とか論外」みたいな感じになってるけど、人間なんだから嫌いなものもあるわけで、それが正当な評価。現実として「マジンガーが無茶苦茶嫌われてる」なんて事実を知って、それでもダイナミックプロはSRWに対して好意的に見ていられるのかっていう。いや、ホントにマジンガー嫌われてるからね。可哀想に。今回のマジンガーでも嫌われるならもうどうしようもない。個人的には真マジンガー、それとOVAのマジンカイザー以外ならもうどうでもいいけど。マジンカイザーもまあどうしてもいやってレベルじゃない。真マジンガーだけは許せるレベル超えてる。勇者シリーズより大嫌い。こういった「嫌い」って意見は「好き」って意見よりもシリーズ続けるにあたってものすごく大事だと思うんだけどな。公表する必要は無いけど、参考にはすべきで。

 今まで参戦した作品で「ストーリーがつまらなくなる」とか単純に「嫌い」だとか「見飽きた」とか理由問わず「もう出ないでくれよ」と思えるのは、ラーゼフォン、エウレカセブン、劇場版エウレカセブン、トップをねらえ!、イデオン、ナデシコ、劇場版ナデシコ、新劇場版エヴァ、ゴーダンナー、グレンラガン、逆シャア、Zガンダム、Gガンダム、ガンダムUC、ガンダムZZ、エンドレスワルツ、劇場版00、SDガンダム系、マイトガイン、ガオガイガー、ナディア、真マジンガー、鋼鉄神ジーグ、フルメタルパニック全部、ファフナー、劇場版ファフナー。とこんなもんか。

 マクロスは全部出てほしくないけど、初代マクロスとかマクロスプラスとか「もう出ないでくれ」ってレベルじゃない。「もう出ないでくれ」レベルはやっぱりFだけ。フルメタはJ、Wを買った理由の作品だったけれど、もはや見たくもねぇ。Vではさすがに自重してたけど、もれなくクマだかネズミだかタヌキだか猫型ロボットだかよくわからんやつが出てきて、それに付随してくだらないエピソードが展開されるのがものすごくイヤすぎる。フルメタじゃなくてマクロスFだけどランカ派だシェリル派だとかも「死ね3流ライター」ってなるな。ホント才能無ぇよな、BBスタジオんとこのライター。第3次Z,V,Xとよくもなあクソシナリオ続けて解雇されないよな。無能すぎる。

 Gガンは好きな作品だけど、久しぶりにシャッフル勢揃いしても全然心躍らない。アレやっぱり初参戦からずっと長い事出続けて同じ話何度も繰り返したのが悪いな。毎度毎度毎度毎度「強く強く強く強く強く」の洗脳イベント。いい加減にしろよと。Gガン出てくるとデビルガンダムが一緒に出てきてしまうのも鬱陶しい要素の1つか。ストーリー的に。デビルガンダム絡みの話はつまらん。

 トップも「もういいよ」な作品。出過ぎって程に参戦回数無茶苦茶多いわけでもないんだけど、宇宙怪獣がセットになるし。何というかガンバスターの炎感、「1人1人は小さな火」っていうのがどうにも無視されてるかなと思えて、いらねぇなと思う。テレビアニメ版ガンバスターとかそういったところから参戦なら話も違うけど。無論、テレビアニメ版なんて存在してなくて、ゲーム版って事になるけど。スミス・トーレンすら未だ参戦出来てないんだからどうしようもないだろ。リィナだのトウジだのパイロットにするくせにな。いや、それ自体は別にいいんだけど、だったら他の作品にパイロット登録されるべきキャラもっといるだろ?って話で。

 ファフナーは単純に話が暗い上につまらない。設定もくだらないし、敵が鬱陶しいというゴミ。過大評価されすぎなゴミ。何かやけに初代ダンクーガを駄作にしようとする勢力が頑張ってるけど、ダンクーガなんぞよりファフナーをどうにかしろ。この駄作を持ち上げてるの誰なんだ?悲劇的作品ならそれで名作なのか?

 劇場版00は別に「見飽きた」わけではない。敵はつまらない上に鬱陶しくもあるけど、弱いヤツは弱いキャラ育てるのに便利なんでまあいい。ただただ、とりあえずクアンタムバーストしとけっていうクソシナリオをもう見たくないってのが大きい。まあ、これもBBスタジオの無能ライターが悪いんだが。もう悪いイメージしか無いんだわ。乱用すんなよ。

 SDガンダムは本気でその存在が見苦しい。ガンダムでさえいらないのにSDガンダムとか実際喜んでるのホントにごく一部の層だろ?マシンロボとか東方先生もそうだけど、毎度同じような反応の展開見るのもイヤすぎる。「ガンダムみたいな生物」とか、OEのケロロレベルに自粛してくれりゃいいんだけど、そうじゃないからなぁ。「カエルがしゃべってる?」とか誰もが「そう思う」展開をそのまま書いて意味あるか?って事。読まされる側の事考えてくれよ。自分の常識と違うもので驚くんだったら、多次元だと「変形した?」「ファンネルすげー」とかキリがない。でも、それをいちいちセリフに起こした会話させて意味あるのか?って事、意味は無い、だから誰もそんな会話はさせてない。けれど、ロム兄さんやら東方先生にはツッコミを入れる。それが無意味な事だって自覚ないだろ?ライター陣。

1日中頭痛と空腹

 空腹なのに食欲が無いという謎。食べてみるとかなりキツい。でも、空腹で何かもう気持ち悪い。

 以前は朝昼抜きで、晩にちょっとだけでも全然平気だったのに、朝食を抜かなくなってもう長い。結果、空腹と感じるのが早くなったんだろう。とにかく気持ち悪い。

 2日前、昼無し、晩ちょっと。1日前、朝何故か覚えてない、昼カップヌードル…キツかった。夜何故か覚えてない。今日朝、コンビニによくあるホットケーキ2個入りの内1個、昼コンビニのフライドポテト、夜、永谷園のお茶漬け海苔。

 うーん、空腹感じる程に食べてないわけでもない。これが毎年毎年体重増え続けていた原因だな。これがきっかけで空腹感じるの遅くなれば止まるんだろうか?…運動?何言ってるのかね?そんな面倒なみんなみんなみんなみんなしたくないから何たらダイエットとか怪しいものに手を出すんだろ?田村さんはそんなものに手を出す気無いし、増えるなら仕方ないかぐらいにしか思ってないけど、増えないにこした事は無いからな。

体調不良なので少年時代の感想無理だった

 頭が働かない。なので、以前買って、それっきり存在を忘れていた「りとる・けいおす」の感想。が、驚くことに漫画すら読むのがキツかった。じゃあ、読むなって話だが。

 「あそびあそばせ」の作者とか帯に書かれてるけど、何かそんなタイトルのアニメやってた気がする程度でしか知らない。どんなジャンルの漫画なのかすらわからない。

 りとる・けいおすは小学生3人の女の子と一部大人とか男の子とか全裸とかうんこの漫画。カオスな苺ましまろ。最後「打ち切り」で終わった。全裸とうんこの漫画だからなぁ。特別面白いってわけでもないけど、つまらんわけでもない。

 ちょっと前にお前らは漢字なんら何でもいいんだろみたいに、「尿とか書かれたTシャツ」言ったけど…まさかの「尿瓶Tシャツ」登場。いや、尿Tシャツ書いた本人が言うのも何だが、売ってねぇだろ、そんな漢字書かれたもの。悪意感じるわ。みろ、やっぱり無い。思ってたより、尿系Tシャツ多くて驚いたけど。尿瓶Tシャツで検索すると尿瓶のイラストのTシャツなら出てきた。

 作中に全裸で愛を叫んだ何とかって作品がアニメ化で全裸でなくなったと。それを実写で撮影した鬼畜主人公達はともかくとして…りとるけいおすアニメ化…無いんだけど、あったとして、王子服着てたらもうそれだけでネタになるな。まあ、「実際には服を着ておりません」的なテロップ無いと意味不明になるけど。

少年時代の感想

 ここ最近今まで買ったもの読み返したんで、「そうなのか」とか思ってもらえそうなトキワ荘のまとめとか書けそうな気がしてるけど、面倒なのでやめた。実際、トキワ荘は有名でも特に興味無い人が圧倒的多数で、意外と知られてない事は多い気はするんだけどな。

 実際小学生の時は「手塚を慕って漫画家達が集まった」って認識で、短いながらも手塚、藤子、赤塚とかが同じ時代に住んでたと思ってたし。ただ、今思い出しても不思議なのは小学生の時に一体どこでトキワ荘知ったのかという。ホント、どこで知ったのやら。

 トキワ荘は1階、2階合わせて23号室まで。そのウチ、漫画家達が使ったのは2階の一部。一番多い時でも7室か8室ぐらいじゃないか?「まとめが書けそうな気がする」だけで、やっぱり面倒くせぇ。このサイトさんのとこに割と有名な間取り図あるけど、実際のとこ手塚⇒安孫子の14号の隣に13号がある。13号の住人が出た後は共同スペースにでもなったのかな?この辺りが資料では曖昧。向さすけ氏がベランダのある鍵がかかっていた謎の部屋と言ってるのが13号室の事なんで…ホント謎。この復元模型の玄関の上にある部屋。ホント何なんだろう、この部屋?石森さんの隣の空いてる部屋…18号も実のとこ石森さんが借りてた部屋で小野寺由恵さんがいたのがそこ。

 ただ、石森さんの入居した部屋…途中で変わったのか?という疑惑があって、最初19号に入ったんじゃないの?としか思えない描写がある。とはいえ、複数の人間が石森の部屋を17号としてるんで、これは揺るがない事実。最初空いたのが19号で空き次第、17と18も確保して水野さんが来た時に19号を開けわたした…と考えるのがよさそうだけど、3室も借りるほど当時金余ってねぇよなぁ。後は「13号」「22号」を誰かが借りていた疑惑もあるな…22号は寺田さん退去後な。これはもう藤子、赤塚が近くのアパートに作業部屋を借りるほどに金に余裕が出てきた頃の話になるけど。ホントはっきりしない、この辺り。

 とりあえずもうすぐ完成する復元トキワ荘を待とう。が、少年時代の事を全く書いてないな。明日書こう、明日。

やっぱりネプ開発チームは根本から考え方がズレている

 「こうすればユーザは楽しんでくれるんじゃないか」「これならプレイしやすいんじゃないか」とかじゃなくて、自身の感覚を信じて「これが正しい」と開発チームに押し付けてる。これじゃダメだわ。

 勇ネプのゲームシステムやUIはアルティザンが考えたもので、それをコンパイルハートの要請により一部変更したものが現在商品として流通しているもの。

 ちょっと前にアルティザンに罪は無いと書いたけど…ダメだ、罪ありすぎた。無論、OKをだし販売したのはコンパイルハートなので最終的な責任はコンパイルハートにあるけど。

 センスのかけらもない「フォーメーション」とそれにより使えるスキルが変わるのはアルティザン考案。絶対的にダメってわけじゃあないんだけど、「キャラ」と「フォーメーション」が一体化してて、ネプテューヌを先頭にすると「ストライク」とかいう攻撃的フォーメーションになり「全員ほぼ攻撃スキルしか使えなくなる」。ブランを先頭にすると「ヒール」というフォーメーションとなり「全員回復スキル以下略」。フォーメーション自体にも追加効果があり、フォーメーションも経験値でレベルがあがる。戦闘中でも先頭のキャラは変更できるのでスキルを自在に…と説明だけ読めば面白そうかもしれんが、「先頭のキャラだけものすごく攻撃を食らいやすい」仕様なんで、先頭のキャラでフォーメーションが決まるのはものすごく不便。

 まず、フォーメーションごとにスキルを事前に設定しないといけない。スキルは自動で覚えるんじゃあなくて、FF6の魔石みたいに武器や防具にスキル、アビリティが設定されていて経験値ためてMAXまでたまるとその装備を外してもスキルは残るようになる。ただ、攻撃スキルを大量に覚えても結局戦闘中に使えるのは1つ。

 4人で戦闘するので、1キャラ最大4つまでスキルを先頭中に使えるけど、フォーメーションごとに使えるスキルが限定される。この自由度の低さが「面白さに全くつながっていない」。戦略も戦術も無い。新しいスキル覚えたからといって「つけかえる」のすら手間がかかるので面倒。ほぼずっと5人旅だけど、戦闘に参加できるのが4人で残り1人には経験値も渡らない。そして入れ替えがかなり面倒。面倒な上に入れ替えた時にセットしたスキルが初期化されて設定しなおさないといけない。…わざわざキャラを入れ替える気も起きない。

 そしてフォーメーションをわざわざ入れ替える程高度な戦闘ではない。基本的には「ボタン連打」でいい。ただし「バグを誘発しやすい」早送りモードにしておかないとものすごいストレスだが。ボタン連打でさえ。

 アルティザンが最初作った戦闘システムは「早送り」しないと待ち時間長すぎるなんてものじゃあなくてオーソドックスなターン制バトルだった。日本の古き良き2DRPG大好きなアルティザンはターン制がお好みなんだろう。が、コンパイルハートからの指示は「ボタン連打で終わる戦闘なんてつまらない」…結果「アクティブタイムバトルもどき」となり、ストレス必至のクソバトルに。当然、そんなもんやってられんので「ボタン連打」しかしない。ボス戦ですら。というかボタン連打以外やる事が無いんだがね。ごくまれに「ヒール」フォーメーションで回復専念する事あるぐらいか。ブランは武闘派で回復役ではない。四女神オンラインでは「リアルな自分とは違うキャラを演じる」って事でヒーラーやってただけで、ブランは回復役ではない。まあいいけどさ、そういうのは別に。

 結局、「1ボタンで設定したスキルが発動する」システムなんで一般的なRPGと違って「どうプレイしたってボタン押す以外にやる事が無い」。普通は戦闘中に使うスキル選ぶんだけど、このゲームは戦闘前に決めておいて、そのスキルしか使えないから。そして、戦闘システムと敵とプレイヤーの強さがバランス全然とれてない。フォーメーションに性格なんて無くていいんで、4つまで好きなスキル設定できますでいいよねと思う。そうじゃないならオーソドックスなコマンドバトルにして、覚えたスキル全部使えるようにした方がどれだけマシなゲームになったか。ストライクフォーメーションだと回復スキルほとんど使えませんとかバカかよ。

 ゲームには何かしらの制限があってこそ楽しくて無制限に何でも出来るとつまらない。ただしただプレイヤーに苦行を強いるだけの「縛り」はゲーム的な制限では無く開発側の「難しくしたい」という押し付けでしかない。

 コンパイルハートのインタビューとアルティザンのインタビューを読むとアルティザンもどうしようもねぇなと思うけど、コンパイルハートがそれを上回るヒドさ。お互いに二度とタッグ組みたくないと思ってるだろうな、これ。

 後は「魅力無い新キャラ」達だけど、コンパイルハートはもうそりゃあ自信満々に送り出したようで、「特に注目して欲しい。個性が出まくっている」と。いや、個性の意味取り違えてるだろ。あからさまに頭おかしい言動するヤツを「個性ある」とは言わないだろ…ヘンな語尾をつけるとか、そうじゃなくて、ストーリー、ドラマの中での行動やら何やら。「一般的にまずありえない人間像」のキャラは個性ではない、それはもう変態とすら呼べない。「キャラ作り下手だな」としか思わないぞ、普通。

 注目して欲しいという三銃士、ナンバー1の鳶八クケイさん、8びっとクケイは矩形だな。一般的な単語というよりコナミの矩形波倶楽部のイメージかね?ピコピコ音のゲームミュージック大好き、これは「キャラ設定」であって個性ではない。この設定に基づいて何をするかなんだけど、この人がしたのは裏でこそこそとロリ……フィリンを洗脳しただけ。洗脳に使う技がハドソンの名作「迷宮組曲」、漢字が違ったけど覚えてない。名前使っただけで迷宮組曲要素一切ないし。

 ナンバー2の神村まいさん。通称狂王。魔界村のアナグラムだろうけど、もちろん魔界村要素は全然ない。何かしらんけどネプテューヌの事気に入って痛めつけようとするだけの人。無個性と言ってもいい。ネプ追いかける以外の要素が無い。

 ナンバー3の出田すららさん。メタスラ要素も入ってるけど、そっちよりは、メガネかけてほよよーとか言ってるしカラメルマン〇号とか使ってるし、ドクタースランプだな。もはや2Dゲームと関係ない。いや、ナンバー2が魔界村な時点でよくわからんけどさ。メタスラは2D最高峰のドット芸術とか言われたりもするからわかるけど。…この子はただただ耳障り、悪い方の金朋。金朋本人はともかく、その声を使っただけのキャラを「個性的」とは言わない。というか結局どういう性格なのかすら全くわからない。「まだシルクワァム隊員だったネプを釣り餌にする」とかいきなり非道だけど、その後そんな非道な場面もないし、とにかくうるさい金朋ボイスしか印象に残らないクソキャラ。クソキャラすぎる。

 インタビュー読む限りだと、四女神オンラインから加わったというアシスタントプロデューサーはそこそこまともなんだけど、エグゼクティブプロデューサーとプロデューサーがダメすぎる。四女神オンライン、勇者ネプテューヌと連続してどうしようもないレベルのクソゲーなんで、四女神オンラインから加わったアシスタントプロデューサーに問題あるのか?とも思えてしまうけど、多分違う。彼は運悪くどうしようもないレベルのクソゲーにしか関われてないだけだろう。まあ、大丈夫だ、どうしようもないレベルじゃないだけで、他もクソゲーばっかりだから、ねぷは。

 これでこの後、コスチュームだの追加キャラだのDLCって頭大丈夫か?誰が買うんだ?追加ボス、追加ストーリーも無いと無理だろ。レベル100超えるといきなりものすごく強くなるんだけど、闘う相手がいない。といかレベル100超えてまだレベルあがるとは思わなかった。なら敵を用意してくれよ、それに見合う。ボタン連打じゃ倒せない敵を。一番強いレベル100のボスキャラすらボタン連打で倒せるとかさすがにそれはおかしいから。ザコ戦はボタン連打でいいんだ、コンパイルハートはそれをさせたくなかったらしいけど、そこはボタン連打でいい。ザコ戦に頭使う、時間かけるなんてのは求めてない、ほとんどの人は…多分。それがわからないのが問題。件のアシスタントプロデューサー氏は欲しい人材として「ユーザー目線で考える事が出来る人」とか言ってるし…苦労してるんだろうなぁ。でも無理じゃね、上が変わらないんだから。

時代は変わったとはいえ「可哀想」と言われるようになったら廃業するしかないよなと

 そもそもイモトアヤコとは何のジャンルなのかすらわからんが、基本的にはお笑い芸人だろう。昭和と同じノリが通用するなんて思わないし、そもそも芸人イジメ的なノリ自体好きでないというか面白いと全く思わんのだが、たとえば最近やけに人気ある出川氏が「可哀想」と言われるようになったらもう廃業だろ、それ?

 某梨の妖精はこういったテレビのノリに本気でイラっときたようで、テレビ業界去ってしまったが、テレビの仕事したいなら「公開されたテレビ番組」で可哀想言われたら……お笑いタレントじゃなくても終わりだわ。それ、プロの仕事出来てないって事ですもん。

 実のとこ全部じゃなくてちょっとだけ見た。イモト氏が筋違いの人物にどうにも本気で怒りぶつけてるシーン。…うん、確かに番組は「ヒドい」な。そんなシーンを公開していいわけないだろ?笑いのネタにしたかったみたいだけど、キレて八つ当たりしてる場面なんて見て何が楽しいんだ。可哀想というなら、そんな場面公開されたことの方が可哀想だろう。要はそのシーンを入れる事で「やらせではないですよ」とアピールしたかったんだろうが。そんなシーン出てきた時点でもう見る気失せるっす。プロの登山家ではない、番組の扱いも確かにヒドい。だからといってテレビ番組で見せていい姿ではないって事で、そういう点ではさっきいった梨の妖精の方はプロだったわけだ。本気でイヤだったけど、テレビ番組上はキャラに徹してたわけだから。

 実際、お笑い芸人の扱いとか「本気でブチギレ」そうになる事も多々あるだろう、人間なんだから。それを表には出さないのが大事なはず。結果、実際に収録見にいった人とかに「あの人は裏表が激しい、あんな人とは思わなかった」とか言われて、ものすごくそれこそカワイソーなわけだが、理解出来ない人は理解出来ないんだからしょうがないわな。

完全に携帯ゲーム機となった新型スイッチというのが事実であれば嬉しいが

 スイッチ独占タイトルに魅力的なものが1つもないという嘆かわしい事実。ただ、それでも事実であれば「プレイしたいゲームは無いけど」で買う初めてのハードとなりえる。特別プレイしたいものは無くても持ってればテキトーに安いDL専用ソフトとか遊ぶだろうから。ただ、携帯特化というのは、そのモードでの性能を強化してるという意味でいいんだろうか?

 うーん、しかしXBOXONEともどもこんなにも魅力感じなういタイトルばかりのハードはちと珍しい…で(個人の感想です)つけとけば大丈夫か?別にスイッチのゲーム楽しんでる人の感性を否定してるわけじゃなくてあくまでも個人的に「魅力を感じない」という話。ほとんどは他のハードで遊べる。独占タイトルというとほぼ任天堂作品だけど、任天堂作品って「中学生ぐらいで卒業して」「大学生辺りで卒業した自分の子供じみた態度が恥ずかしくなって」「30代過ぎると本気で任天堂のゲームは子供向けだわ」となる感じじゃないかな?。子供がいる場合は話は別。基本的には今後もそれを貫いて欲しいなと思う「子供向け」「ファミリー向け」…大人がどうこう口出ししちゃいかん世界。ただ、貫いて欲しいと思うけど、結局それだとプレイしたい作品が全くないという事になる。ホントは「壮年向け」というか、おじいちゃんおばあちゃん世代向けも充実させて欲しいんだけどな。需要は絶対あるんだから。でも、手を出してくれない。

「違法じゃないなら何をやってもいいのか」論

 現在の法的にはOK。ただし、法が正義というわけではないので、倫理的にはNG…そんな論が出る場合は大抵。法の抜け道使って云々ってのは「わるいひと」がする事ですよねっていう。

 ニコニコニュースはこの手の題材多くてコメント欄が面白い。

 ちょっと前に「同性の結婚は日本国憲法は禁じていない。両性間のというのは異性同士の結婚の事を言っているだけだ」ととんでもない事言い出してた金の亡者べんごしがいたけど、もはや法の抜け穴ですら無い。この論が許されるなら、ちょっと前の医学部のも「加点減点については何も書いてないだけ。あくまでも通常採点の事を書いてるだけで、加点減点の事には触れてないからウソはついてない」が通る事になる。「減点しないとは言ってない」って話。でも、大学側がこんな事言ったら、「なるほどその通りだ」と感心する人はそうそういねぇだろ?書いてないって事は何してもいいって意味ではない、普通。

 そしてそれと同じだなと思ったのが、育休復帰直後に2か月後の退職願い出したらその残り2か月減給と言われた。弁護士は「法的には(育休後に退職しても)何の問題もない」としてる。けど、これは法が人間の善意に基づいているからだろ。何で「育休使っておいてその後即退職」なんて雇用側にダメージしか来ない悪意ある利用の仕方を想定しないといけないんだよ?小学生に言い聞かせるんじゃねぇんだぞ?何で法でわざわざ「育休取得復帰後即退職は認めない」と定義せにゃならんのだ?が、どうにも定義しないといけないようだな。育休はそんな使い方する為に作られた制度じゃない。悪意ある使い方ばかりされれば制度そのものが崩壊して悪いイメージしかつかなくなる。故に「法の抜け穴」「ただ書いてないだけ」の案件でしかない。

 無論、法で禁じられようが、退職せざるを得ない場合はある。このリンク先の事例も「そもそもこんな案件ホントにあるのかよ?」としか思わないけど、あったとして「仕方のない事情」という事になる。が、育休というのはそもそも「職場復帰」する事が前提の制度で、支払われる職場復帰給付金だか何だかも「休業」中への給付ではなく名義としては本来は「復帰」後のもの。復帰後「1年後」とかならともかく、そうでないからこの案件の場合、給付金はもらいます、でも退職します。これはやっぱり違う。それは「育児休暇」ではなく会社が認めた「長期休暇」扱いにしないとダメだろう、それでも企業からすれば「復帰する社員」の溜めの枠をずーーっと抱えててそれがつぶれる事になるリスクは全く変わらんが、さすがにそこはホント仕方ない。要は遡って「これは育児休暇ではなかった」として給付金返還の義務を負わせないといけない、退職の事情を問わず。会社が育休中の給与支払ってたとして、それはさすがに知った事じゃない。これはどう法が変わろうが「返還」しろなんて事にはならん。勝手に会社が支払ってただけだから。まあ、支払ってる企業がどれだけあるかはしらんが。

 法的には問題ない。なら、雇用主を訴えればいい。そんな事したのがバレたらまともに人付き合い出来なくなるけどな。「この人は法的にOKなら倫理的におかしな事でも自分さえよければ」と判断する人なんだと。そんなクソな輩と付き合いたい人なんていねぇよ。関わりたくない。あのさ、企業いじめ、特に中小企業いじめも大概にしとけよ、国も弁護士も。中小企業潰して何が楽しいんだ?国が立ちいかなくなるぞ?

 無論、それと会社側の対応が正しいかどうかは別問題。ただ、減給の理由なんて会社側はどうとでもでっちあげられるし、これ訴えてもそもそも勝てないだろと思うけど。

勇者ネプテューヌ感想

 薄っぺらい。2Dだからとかじゃなくて。今の時代にこんなものリリースする勇気がすごい。勇者とは勇気ある者…そういう事?

 イベントが終わらない、戦闘が終わらないと同じで、エンディング後にスタッフロールに突入しない事がある。イベントは終了可能、戦闘も脱出出来る場合がある。アイテムが使える場合、脱出出来る。アイテムも使えない場合、脱出出来ない。

 ストーリーがほぼ無い、発売前は新キャラやら設定やら色々公開してたけど、ほぼ機能してない。魅力ある新キャラが1人もいない。ほとんどストーリーに絡みもしないのに出てくる度に不快になる三銃士という敵キャラ。敵として正しいといえば正しいけど、散々非道やってきたのにお咎めなしで終わるもんだからものすごくイライラして終わるっていう。何でこんな不快な敵作った?いっそ、こちらにアイリスハートでもいれば不快な敵を不快な味方で帳消し出来たかもしれんが。

 設定だけは大きいんだわ。「四女神は記憶を失って人間として放浪している」「実は女神だけじゃなくて人間も全員一部の記憶を失っている」「元々はそれなりにゲーム技術が発達した世界だけど、人間にその記憶は無い」「滅びた国プラネテューヌの海中にかつてのゲームハードやらゲームソフトが沈んでいる」「現在は平べったいものが好きなロリコン変態組織シルクワァムとかいうのがロリ……フィリンとかいう幼女を首領にすえ世界を支配している」「シルクワァムは税として(新たに開発した2Dの)ゲームソフトを要求する」「逆らうと拷問」「そんなシルクワァムに対抗すべくレジスタンスが組織されている」

 「ゲーム」って部分はともかく設定としては割とシリアスで深刻。この設定なら結構面白くなりそうなのに、これで終わりっていっていい。この状態のまま特に進展も無くラスボスを倒して終了する。

 記憶の無いネプがシルクワァムに加入。シルクワァムの幹部のキチガイが何か性的嗜好でネプつけ狙う。シルクワァムの実態をしったネプ逃亡。「あなたも記憶を失ってるの?」と四女神が揃う。この事態を1人で解決しようとしていた先代女神が四女神に正体を教え、女神の力を取り戻させる。女神とレジスタンスが協力体制になる。が、ストーリー上だからどうだという事もない、ホントにレジスタンスほぼ何の意味も無い存在。シルクワァムの本拠地に乗り込みロリ……フィリンと三銃士撃破。何か謎の力で合体した三銃士倒して終了。ロリ……フィリンは三銃士に洗脳されてただけで悪くないよ。三銃士は特に改心もしてないけど放置するよ、2Dゲームも3Dゲームもどっちもいいよね、終わり。

 そこそこ良い設定で、何でここまで何もないストーリーに仕上げられるのか。冗談抜きで三銃士、特にただの変態ロリコン洗脳キャラのナンバー1と、拷問大好きナンバー2は野に放っちゃダメだろ。しっかり息の根止めなきゃ。生きてるだけで迷惑ってやつだぞ、アレ。それだけ深刻な設定で始まってるだろ、このゲーム。命奪っても仕方ないレベルで。

 シルクワァムの幹部とレジスタンス必要だったかな、この話に。単純にロリ……フィリンが救いの無いクソガキでしたの方がすっきりする気がする。だって、洗脳されてるの最初からプレイヤーにはバレてるし、でも、その洗脳したキャラの事が最後の最後までほぼ描かれてないから。クズ集団でネプシリーズで最悪の奴らだったけど七賢人は7人いても7人全員キャラはたっていた。シルクワァム三銃士はほぼ何も描かれず、時々敵として出てきて不快な言動ばらまくだけ。ロリ……フィリンを洗脳したナンバー1に至ってはそもそも出てきさえしない。出番2回か3回ぐらいしかなかったろ?今まで出てきてもいないのに「私が黒幕です」とやられるとムカっとくるけど、このほとんど出番も無いのに「ちゃんと黒幕誰かわかるように描いたよね」的にイベント進行されるしもうポッと出黒幕の方がまだマシと思えてしまう。それぐらいに何もない薄っぺらい。

 プレイヤー側も「記憶喪失」設定から始まり、記憶取り戻した後も四女神の関係、国同士の関係とか語られないから、かなりもやもやする。先代女神なんてもっと何もわからん。ここに何のために出てきたのかも、立ち位置もわからんコンパとアイエフが絡んできて更に薄っぺらさに拍車がかかる。

 これがせめて、リバース1の後の話ですとか、実は以前のどこかの作品の続きですというなら、既存キャラは過剰に描く必要もないんだけど、先代女神クロムはあくまでも先代女神クロムであってリバース1のマジェコンヌとは別人。リバース1のマジェコンヌを基にしたキャラっていうだけで。というか本当に初代のネプだとマジェコンヌが先代女神だったらしいけど、リバース1のマジェコンヌは先代女神じゃなくて、先代女神を討伐した勇者だしな。

 ゲーム開始直後の黒い影のパープルハートの「沈メ沈メ沈メ沈メ沈メ沈メ沈メ」とか、このシリアスな雰囲気のまま、ねぷてぬだけいつも通りという内容だったらどんなに良かった事か。

トリリオン感想

 まだトロフィーコンプリートはしてないけどもうただの作業だから。というか2周目からもう作業なんだけど。

 最初にコンパイルハートというか日本一ソフトウェアっぽいと書いたけど、現在もその感想変わらず。コンパイルハートのクオリティではない。なので1周目はかなり楽しい。大体ここの感想通り。ちょっといじればもっともっと楽しく2周目以降プレイ出来たろうなと思う。ただその上でそれでもかなり点数高くつけたい作品。

 実際、検索してみると開発したのはコンパイルハートの中の「魔界1番舘」なるチームで、元日本一ソフトとの事。起動時に魔界1番舘とか表示されるけど、それじゃ何のアピールにもならん。何だかわからんから。じゃあ、このブランドなら安心なのかというと、第2弾がコンパイルハート品質のメイQ。メイQの後を継いだ塔亰に比べればメイQは遥かに出来が良いんだけど、それでも50点ぐらいしかつけれない。塔亰は10点にも満たないクソゲーだが。そして、メイQ以後沈黙してるんでもうチーム解散したんだろう。トリリオン作る為だけのチーム、ブランドだったって事だな。

 トリリオンとメイQの共通点はアホみたいな大ダメージ。トリリオンは1兆ものHPを誇る敵を倒すゲームで、最初から最後までラスボス戦なゲームなんで、どんだけバランス崩壊した大ダメージが出ようが問題無い。最大HP9999万なのにトリリオンは10億超えのダメージ出してくる。どれだけスキル色々重ねて防御強くしてダメージ減らしても耐えられない。一方、プレイヤー側も一撃で5000億超えるダメージ出すことも出来る。けど、「そういうゲームだから」で済む。一方、メイQは普通のダンジョンRPGなんでプレイヤーはもちろん敵もそんな無茶苦茶なダメージ出すとバランスが本気で崩壊する。そして実際に崩壊してる。で、以前書いた通りレベル999まであがるけど、レベル200超えたあたりでほぼステータスがMAXになる。いや、MAXにまで持っていくことも出来る。装備の組み合わせ次第で。

 トリリオンはレアアイテムやレアスキルが多くて、手に入るかどうかは完全に運。これらが手に入ると一気に難易度は下がるし、前述の通りダメージもものすごくいい加減。レアなのが手に入らず普通に進行した場合は「意外とバランス取れてる」んだけど、そこから先のバランス調整はぶん投げてると思う。ただ、それでも通用するゲーム性だった。メイQはそれじゃ通用しないゲーム性だった。これを改良しようとして大失敗したのが塔亰。ゲームバランスはそこそこまともになったのは確かだけど。

 という事で、バランスが崩壊しにくい1周目はホントに楽しい。問題は2周目以降。2周目以降かどうかって判別は出来ているのに、1周目と全く同じ説明が毎回入る。そもそもが最大10人がかりでトリリオンを倒すゲームでありながら予備知識一切ない状態で1周目プレイしてすら5人目辺りで討伐出来てしまうバランスになっていて、2周目にもなると1人目で倒せてしまう。が、9人いる魔王の中で最初に選択できる魔王は3人だけ。その3人以外は順番固定。9人の魔王それぞれにエンディングがあって、10人目…大魔王のエンディングが最低2種類。システムデータって概念が無くて、CGだとかそういったデータはプレイデータに結びついている…つまり、バッドエンド含め全エンディング見るなら「最低12週」。死んでも死んでも「私が死んでも代わりはいるもの」状態で次の魔王が出てくるのでバッドエンド出すだけでもものすごく時間かかる。全魔王殺さないといけないから。

 最初に選べる3人はまあいい。4人目以降が面倒くさい。8人目とか9人目とかものすごく時間かかる。10人目…大魔王のエンディングが2つあるのなんて嫌がらせですよ、ホント。1つのデータで全部見るとか考えずにただトロフィーコンプリートするだけなら9周でOKだろうけど。それでも9周。長い。長い上に面白くも何ともない。

 それでも、それでも!!Vita持ってるならトリリオンはお勧めかなと。10人もの魔王が死んで大魔王1人で魔界を支えていくしかない素直に喜べないエンディングと、結局のとこ一番良い終わり方の「1人除いて全員魔王復活」するエンディングと。ご都合主義だろうと全員復活はアリっすよ。というかファウスト1人だけでプレイする価値あるかなと。後は主人公の実姉のフェゴールさん。エンディングのある9人の魔王の内、犬とペルペル以外は全員大魔王との恋愛フラグたってラブラブエンド。魔王の中には実姉と実妹もいるけど魔界は多分血縁は気にしないんだろう、うん。そして以外にも実姉のフェゴールがすごいよい。妹は「いい子」なんだけど大魔王視点でもプレイヤー視点でも「恋愛相手じゃないよな」って。

 フェゴールさんは戦闘能力は多分大魔王と同等かそれ以上…ゲーム開始時点で存在してた7人の魔王とゲーム中に覚醒した3人の魔王と計10人の魔王の中では最強なのは間違いない。なのに、ゲーム開始時点で存在してる魔王の中では最後の出陣。…設定としては「最初の数人は絶対トリリオンに勝てないから犠牲になる」って事だから弱いのから出していくのは正しいんだけど、それを大魔王は知らないし、どういう選択だよ。1人目の魔王からみんなトリリオン倒すことを前提にしてるのに、何故か弱めの魔王3人が選出されてるっていう。そして設定はともかくゲーム上は1人も犠牲出すことなく1人目の魔王で討伐完了も余裕なんだが、何だかなぁ。

 1周目の途中から作業になるけど、ストーリーとキャラが結構良くて最低でも1周目はかなり楽しめるんで、80点ぐらいつけていいかなと思う、コンパイルハートなんて70点が最高で、それが5年に1作あるか無いかぐらいだと思ってたけど、70点越える事あるんだな。ちなみにメアリスケルター2はリメイク版メアリスケルターとセットで50点ぐらい。リメイク版の真エンディングまでプレイしてようやく救われる、ただその最後のエンディングだけで一気に評価があがる。それが無かったら30点ぐらい。ゲームとしては塔亰クランプール以下のクソゲーっす。

 勇者ネプテューヌは10点すらつけたくねぇけど、真面目に採点して……………10点かなー。ネプUよりは少しマシ。ただバグが多いし、「リーンボックスの〇〇に」とか説明書かれてるけど、実際にはリーンボックスじゃなくてルウィーだったり、クエスト解説のテキストまでいい加減で…開発したアルティザンには罪は無いと思ってる…勇者ネプテューヌが初めて開発した作品だとかそんなのはユーザからすれば関係ないわけだけど、それでも「初めてなら」という目になるし、そもそもあくまでも開発担当であって責任はコンパイルハートにある、開発技術そのものは決して低くない。何か感想とか見たら「スマホゲーレベル」とか…いや、キャラの細かなアニメーション見ろよ、キレイに動いてるだろ、違和感無く、静止画の見た目で判断するなよ、そこは。で、コンパイルハートは何をやってるんだろう?監修すらしないで出来上がったもの販売してるだけか?「メニュー画面が遅い、スクロールががたつく」これは開発の責任、一方「スクロールバーがある場面で→で一画面スクロール」だとか基本的な操作すら導入されてないのはコンパイルハートの責任。まさかUIを開発に丸投げしてやしないよな?それはそれでやっぱりコンパイルハートの責任だわ。でも、これでアルティザンの「日本のゲーム会社と最高の2DRPGを」なんて野望は崩れ去ったよな。コンパイルハートに責任があるとはいえ、勇者ネプテューヌ見てアルティザンと組もうっていう日本のゲーム企業現れねぇよ、残念だけど。ちなみにこっちのアルティザンは全く関係ない、ここもゲーム開発してるらしいけど、何開発したんだろうな、聞いたことないけど。

やっぱり普通にお前らの方がカタカナにかぶれてると思う現実

 あの高輪ゲートウェイでの妙な反発。ただ、やっぱりアレに文句つけた奴らはカタカナ好んでるだろと思うんですね。最低でもニコニコのとこにコメントした奴らとか。

 ゲームで日本語あっても格好悪い横文字使う連中多い。悪役をヴィランとかいう何かにかぶれた連中とかが多分文句つけてる奴らと同一。

 駅名はともかくとして、日本だからこそ、「漢字とカタカナの融合」があるんだと思うんですよ。アニメの「かんぺきちょうじん」格好悪い、原作の「パーフェクトちょうじん」格好良い。こういう事ですよ。

 融合は美しい。全部カタカナはあまり美しくない。東京タワーが東京塔だったらいやだろ?ちなみにWikipdiaによれば、東京タワーの名称公募は1位2位が日本塔、昭和塔で東京タワーはほとんど投票されていなかったらしい。東京タワーが格好良いとは思わないけど、日本塔、昭和塔とかクソセンスと言うしかない。一般人のセンスで名称決めたらヒドい事になる。サルの名前に「シャーロット」と投票した連中は自分はセンス良い、上手く時事ネタ拾ったと思ってるんだろうが、最悪レベルのセンスだよ、というか全く何も考えてない。その名前に何もこもってない。こんなセンス無い連中が自分の子供にヒドい名前をつけるんだろう。そこに何の意味も込めてない。語感だけでセンス悪い名前をつける。

 イギリス王室が実際に怒るかどうかではなくて日本人の心の問題なんだわ。個人的にはそこはどうでもよくて、その怒り覚えるほどのセンスの無さにいら立ったけど。何か関係あるならともかく何もない…何にもちなんでない、もっとまじめに考えろよ。カカロットを「クズロット」って言ってる人も多いけど、これも何もかかってなくてセンス無いよなと。じゃあベジータだったらクズータになるのかよって話で、どこにもかかってない言い換えは頭悪いよなと思う。

 名前の一般公募なんてするもんじゃない。日本人のほぼ10割がネーミングセンス無いぐらいに思った方がいいんじゃないかと。公募するにしても1位を採用とかバカかよと思う。何で多数決なんだよ?

 実際、「自分の名前と同じ」で、その名前は実は「あなたの名前を貰ったんです」ってなった時に「喜ぶ」人もいれば「嫌がる」人もいるわけで、嫌がる人がいるという実情を思えば他の国がどうだろうと日本人はそういう名づけ方しない方がいいと思うんですよね。何の生物ならOKなんだ?って事でも誰ならいいんだ?って事でもなく、聖書から名前を貰うような宗教を信仰してる人が少ないこの国で、ただ他人の名前を使うのは違う。名づける対象の事を考えて名前を考える、それがこの国の文化ではないのか?つまり、シャーロットに限らず常に何かの名前をつけていたという動物園がクソ。

 この動物園はさ、「平成が終わったから」と猿の名前に「アキヒト」とかやらんだろ?皇室や宮内庁が許すか許さないかではなく日本人として「普通やらんだろ」と。「外国で愛子とかつけられたら」とか言う人はいっぱいいたけど、それ以前にこの動物園が皇室で子供が誕生したからってその名前使わんだろ?って事で、日本皇室はNG、英国尾王室はOKという狂った判断がダメだろうと。だから相手が「許す許さない」とかの問題ではないって話。外国でどんな生物に何の名前つけようが知ったことかよ、そんなの。

藤崎版銀英伝12巻いまさら

 初期は傑作だったのに、どんどん悪くなっていって買ったものの長い事放置してた最新刊。

 リップシュタット戦役終結まで。10巻11巻なんかと比べると「ヴェスターラントへの核攻撃阻止」とか「意外と有能で潔いフレーゲル男爵」とか面白かった頃の藤崎版の光るアレンジが見られてよかった。

 たださ、以前「このラインハルトではダメだろ」と書いた事があって、そのラインハルトとキャラ像が一致しねぇんですわ、今回のオーベルシュタインの策を蹴って核攻撃阻止するって展開は。

 同盟の大侵攻に対して、原作通りの民衆が苦しむ非道な作戦を決行。ラインハルトの敵は貴族であって民衆ではない。これは少年漫画の主人公としてやっちゃいかんわけだよ。「それをしないのはラインハルトではない」ではなく「それをしないのが今回のラインハルトだ」じゃないといけなかったと思うんですよね。原作1巻突入前までは名作だった。が、本編に入ったらどんどん悪くなっていった。アスターテはまだ許せるレベルだったけど、アムリッツァはだいぶヒドくなった。イゼルローン攻略は正直どうでもいい…同盟側はホントどうでもいい。同盟ファンなもんで、だからこそどうでもいい。うん、ヤンのファンではなくあの腐った同盟が好きなんだわ。帝国は好きではないどころか嫌いで、ラインハルトも嫌いだし、ロイエンタールも嫌いだし、ビッテンフェルトも好きじゃないし、オーベルシュタインとメックリンガー、それとアンスバッハぐらいかな、好きなのは。前述の通り、シュターデンとかフレーゲル何かは純粋な意味ではないけど好きではあるが。

 もしかしたら同じような意見が多くて、それを受けてヴェスターラントは改変したのかもしれんけど、これじゃラインハルトのキャラがブレすぎてる。同盟相手には帝国の民衆苦しめてもいい。貴族相手にはダメってどういう事?

 もっと問題なのがキルヒアイスで、心底鬱陶しい。藤崎版キルヒアイスであればラインハルトと喧嘩別れになるわけがないじゃないか。

 改変された箇所自体は良いんだけど、ストーリー全体を見ると意味がわからない。「ラインハルトとキルヒアイスを喧嘩別れさせたい」とフェザーンが動く。うん、まあラインハルトに力が集中しちゃったらフェザーンにとって美味しくないからそれはわからないでもない。その手段が意味がわからなさすぎる。

  1. ラインハルトとキルヒアイスを喧嘩別れさせたい
  2. ヴェスターラントの民衆を扇動する
  3. ヴェスターラントの民衆が領主を惨殺する(フェザーンの思惑通り)
  4. それを知ったブラウンシュバイク激怒しヴェスターラントに核攻撃(フェザーンの思惑通り)
  5. 核攻撃をラインハルトが阻止(フェザーンはこれを予測済)
  6. 阻止された直後にフェザーンがヴェスターラントに核攻撃
  7. ラインハルトとキルヒアイスが喧嘩別れ

 桶屋が儲かる方式で途中まではまあわかる。が、最後が飛び過ぎ。が、実のところ最初の最初から意味がわからない。

 作中でフレーゲルが指摘した通り、フェザーンが用意した核ってのはブラウンシュバイクが核攻撃決定する前から準備してないと無理。つまり、フェザーンはブラウンシュバイクが報復するという事。報復に核を使う事まで予測していた。まあ、核じゃなくてもいいんだけど、実際。ブラウンシュバイクの報復手段とフェザーンが用意した報復が一致してる必要は無い。けれど一致していた方がいい。フェザーンの予測すごすぎだろ、核攻撃が当たるって。

 まあ、でもブラウンシュバイクの性格だとか考えればまあここまではいいだろう。ブラウンシュバイクが戦死するわけもないなんてのはフェザーンの未来予測能力持ってすれば当たり前。戦闘開始前にどちらが勝って誰が死ぬかなんて予測余裕ですよ。問題はラインハルトとキルヒアイスの仲にヒビを入れたいって事でヴェスターラントに核を落とすという選択が意味不明という事。

 つまりフェザーンは民衆の大侵攻に対して非道な作戦をとったラインハルトをいさめもしなかったキルヒアイスだけど、そんなキルヒアイスならヴェスターラントに核を落とせばラインハルトに愛想をつかすと予測したわけだ。もちろん、民衆を全く大事にしないラインハルト君が今回に限っては何故かヴェスターラントを守ろうと動くことも想定済。そう、民衆を守ろうとラインハルトが動く事まで想定しておいて、それでもキルヒアイスはラインハルトに愛想を尽かすと判断。…つまり、「目的の為に民衆を見殺しに出来ないとか何やってんすか、ラインハルトさま?アンネローゼ様の方が民衆1億人より大事でしょ!」とフェザーンは見抜いていたという事になる。ブラボーフェザーン。

 実際、ラインハルトの選択はおかしいんですよね。同盟の侵攻に対しては民衆を犠牲にする以外の闘い方もできたけど、ヴェスターラントのは…暴動起こしたクソども200万人を助けるとオーベルシュタインの主張通り、貴族…ブラウンシュバイクの非道が伝わらない。ガイエの攻略は簡単にはいかない。結局、同盟はイゼルローンを攻略できなかったわけで、戦闘はものすごく長引く。強引に攻略しようとすれば大量の戦死者も出る。確実に200万人余裕で超える被害になる。これを防ぐ何かが無い。ラインハルトがものすごく短慮なバカに見えるのな。

 とはいえ、少年漫画の主人公としてはこういう選択はもはや当たり前。なのでそこは良し。問題はキルヒアイスだ。ラインハルトは核攻撃を阻止した。結果としてフェザーンにやられたけれど、見殺しにしたわけでもない。原作のようにラインハルト達が核攻撃を撮影したわけでもない。それをキルヒアイスもわかっていながら原作と大体同じ主旨の「お前の敵は貴族であって民衆じゃない。民衆を犠牲にするならそれは門閥貴族と変わらない」という…改変された状況では意味不明な主張…むしろ原作のセリフの方がまだマシ、まあ長いから漫画には使えんのだろうけど。なんていうか、ラインハルトからすりゃ「???結果として核攻撃されたけど、阻止には動いた。失敗した事を非難するならともかく」だろ。阻止できなかったこと、裏をかかれたこと自体がラインハルトにとって大ダメージで自分を責めてる状態なのに、そこでこれは鬱陶しい、本当に鬱陶しいことこの上ない。何を言いたいのかわからない。そして「オーベルシュタインを近くに置くな」…嫉妬ですね。自分を遠くに送って自分はオーベルシュタインのいちゃいちゃしやがってて事ですね。

 この意味不明な行動すらフェザーンは予測していた。そして、絶対的な友情を築いていたラインハルトとキルヒアイスがたったこれだけで友情崩壊するところまで見抜いていた。

 さすがに、これは「ラインハルト」「キルヒアイス」「ルビンスキー」3人全員頭おかしすぎてついていけない。キルヒアイスの言動は意味不明だし、そこまで込みで予測していたルビンスキーは未来予知屋さんでも裏で営んだ方がよくないかってレベル。これはヒドすぎると思う、いくら何でも。

 個人的にはさ「閣下の忠実な部下です、ローエングラム侯」ってセリフはラインハルトがキルヒアイスを親友ではなく部下として扱ったことへの返しだと思うんだわ。その為には「キルヒアイス」ではなく「キルヒアイス上級大将」呼びが必要だよなと。原作だとキルヒアイスがそれを先にして、ラインハルトがキルヒアイスのその対応にキレて部下として扱う発言になってるけど、イメージは逆だなーと。藤崎版はそもそもラインハルトがこの発言に何も返してないから「まだヒビは修復可能」だけどな。これに「もういい下がれ、キルヒアイス上級大将」的な発言したら終わり。もう修復出来ない。というか連載ではもうキルヒアイス死んでる?さすがにこれを阻止する改変は無理だろう。スーパーロボット大戦じゃねぇんだから。キルヒアイス生存ルート見てみたいけどさ。この方が同盟が滅びずに済むかもしれん。

 後思ったのは、結局のところ、民衆はともかく兵に「無駄」としか言いようがない犠牲を強いるのがラインハルト一派だよなと。原作通りではあるけど藤崎版においても兵はただの数字で「ゲーム」みたいに扱ってるよなと。300の兵でトラップだらけの道を通り抜ける事が出来るとして、その道をちゅうちょなく選択するんですよね、あいつ等。自分たち死なないから。減るのは「兵」というステータス数値で「人間が死ぬ」わけじゃないみたいな感じで。でも、実際には無謀な事して大量に兵士は死んでる。まだまだ先だけど、ラグナロクでの最終決戦…バーミリオン会戦での「破っても破っても表れる壁」とか、アレ「薄い壁=お前らは死ね」って言われてるようなもんで、もし死なずに助かっても「次の壁になれ」て作戦。これは士気が下がるなんてもんじゃあない。こんな自分は安全な場所で優雅に戦いを見守っているだけ、ただただ同盟が壁を壊しまくるのを見てるだけ。ホント、ラインハルトなんてクズここで死ねばよかったのにな…原作版な。藤崎さんどうすんだろね、この「非道」扱いすらされてないただただ時間稼ぎしてるだけの「助かる事は許さん。死ぬまで壁やり続けろ」作戦。数に差がありすぎて同盟に被害無いままただただ帝国側にダメージが増え続けるというホントにただの時間稼ぎ以外の意味が無い作戦なんて参加したくねぇだろ?生き残れない事がわかってるから奮起するとでも?そういう人もいるかもしれんが、下手したらラインハルトに牙向くだろ。

ベジータのテキトーな発言を真に受けるバカども

 強さが数値化できるわけがないのに、大ザルで戦闘力10倍とか信じてるバカども。戦闘力とかホントどうもでいいし、以前解説したので、今回は「ナッパよけろー」

 これも以前書いた気はするんだけど、何で気円斬なら何でも切れると思い込んでる人が多いんだろう?亀仙人だって月を破壊出来る。でも、それをしたMAXパワーのかめはめ波をナッパに当てたところでちょっと痛い程度にしかならなくて、ナッパが砕けちったりしないだろ?

 気円斬で山を真っ二つにする。そんなの、武蔵が見たら「ぶ」ですよ、「ぶ」。鋭利な気になっていて切断特化してるとはいえ、気を持つ生物を非生物と同じ感覚で斬れるのかといえばそれは違う。ノーダメージとはいかんだろうよ、そりゃ。ベジータならノーダメージかもしれんけど。

 ゴンもゲンスルーの攻撃を気で防いでたろ?気の防御力は絶大ですよ。気で攻撃するなら気で防げばいい。ナッパは気をコントロールできないので常時気をまとっている。油断していようが集中していようが関係なく…あの時点のクリリンとナッパであれば、クリリンの気円斬でナッパは切断出来ない。ただ絶対に切断されないかどうかはわからないし、結構ダメージ受ける可能性もあるんで「よけた方がいい」のは当たり前。

 ナッパどころか、潜在能力を解放された上でそれでも強さの桁が違っていたフリーザ、その第2形態のしっぽを気円斬で切ってはいる。けれど、そもそもフリーザは一応気のコントロールは出来る。第2形態は荒っぽいから手加減は出来ないらしいけど、気のコントロールは出来る。そこで有り得ない方向から来た攻撃でしっぽに攻撃ってのは…。気をまとってないだろ、尻尾。気をコントロールできない種族であってもしっぽに気をまとってるイメージはあんましないけど、コントロール出来る人ならなおさらかなー。フリーザって尻尾どころか肉体全体割と簡単に再生するよな。そんな簡単に再生するならメカフリーザ何なんだ?だけどさ。

 同じ量の気を使った攻撃であっても、「かめはめ波」は防げても「どどん波」は防げないかもしれない。凝縮されてるからね、多分。ナッパはこれらの違いを理解出来ない。戦闘民族なのに理解出来ない。

 便利っぽい気円斬やどどん波を孫悟空は使わない。フリーザも気円斬っぽい技使えるけど普段使わない。それを思えば、気円斬がどれだけ「使えねぇ」技なのかわかりそうなもんだ。切断特化してるからダメージ入らないんじゃないか、防がれると?削りダメージすら無いのかもしれん。どどん波は何だろうな?これもフリーザ様が近い技使ってて、こっちは便利そうなんだが。

勇者ネプテューヌの問題点

 街の施設が外観でわからない。入れる建物の前に来ると「○」が表示されて、「○」押すと入れるけど、建物の名前が表示されるわけでもないので、武器屋なんだか宿屋なんだか入らないとわからない。覚えにくいんで1度入ったら覚えるから大丈夫ってわけにもいかない。

 「○」で入るのに、出るのは、画面端までの移動ってパターンが多い。そして店の場合、左から入ったり右から入ったり統一性が無い。前に進もうとして即店を出るとか当たり前に起きる。右から入る、左から入るを統一しない事に何の意味があるのか?

 大量のアイテムのソートが出来ない。クリアしたクエストも同じく。アイテムなら入手順、クエストはクリアした順に並ぶ。クリアしたクエストはともかくアイテムはホント迷惑。整理されてない大量のアイテムの中からとか。

 スクロールバーが出るような場面で「→」での一画面分スクロールや、一番上で「↑」をいれた時に一番下に行く等、現代では当たり前の機能が無い上に、↑↓でのスクロールもがたついていて、「何かにひっかかっている」かのようなスクロールの仕方でものすごく遅い。その上前述の通り、アイテムは無駄に大量にあってソートも出来ないため、なかなかなストレス。

 戦闘で使うコマンドは事前にセットしないといけないんだけれど、仲間の増減がある度にリセットがかかる。一番上のコマンドだけリセットされないみたいだけど。スーパーロボット大戦の小隊制で分岐する度に小隊組みなおすのに近いけど、アレはやるしかない分まだマシというか、「回復コマンド」セットしておいたのがリセットされて、それに気づかずに戦闘突入すると死ねる。

 街の人達がほとんど何もしゃべらず、次に何をすべきなのかはイベントで1回語られるだけで「時間を置くと」次に何をするのか全くヒントが無くなる。次の目的地が表示される時もあるんだけど、表示されない時もある。

 マニュアルにほとんど何もかかられておらず、電子マニュアルもマニュアルと同じことしか書かれていない。操作方法やら意味不明なパラメータやら戦闘システムやらは全部ゲーム内で説明されるけれど、見逃すと「再表示」する機能が無い。機能が無いというと言いがかりになるか。一応、見れる場所はあるんだけれど、街の特定施設という意味不明っぷり。普通、「システムメニュー」内にない?序盤困った時にどこにも「見逃した」説明とか見る場所なくて、だいぶ進んでからようやく「見れる」ようになる。けど、見れるようになった時点ではほぼ用は無い。特定の施設いかないと見れない時点でもう使いたくない。ついでに説明にさらっとウソが書かれているのがものすごく迷惑。

「言われなき侮辱!」のネグロポンティ君の声優さんが亡くなられていると知り悲しみの一日

 声優業ほぼ無い純粋な俳優さんで、アニメはほとんど出演してないけれど。

 そう、アニメファンは俳優の声優業に文句など言ってない。このネグロポンティに文句言うヤツはいねぇよ。最高のネグロポンティ君だよ。

 下劣で高圧的で小物っぽい、普通呼吸いれるとこに入れずに一息で早口でまくしたてる。最初にちょっとしゃべっただけでネグロポンティがどういうキャラなのか視聴者はすぐわかるんだから素晴らしい。

 そしてネグロポンティ君のとこから一気に飛んで、ジブリはやっぱり邪悪だよなと。どういう方針でアニメ作ろうと勝手だけど、商業的な理由でド下手なカスをキャスティングしてるってのに、声優の演技に問題があるかのように言い続けて、結果現在一部でそれを信奉するバカまで現れちまった。だったらいわゆる「声優」とされる方々を使った作品は再録音してから販売しろ。ジブリ製作でもないナウシカをジブリ作品と偽っていつまでナウシカに頼り続ける気なんだ?

 「非現実」な2次元のアニメーション作っておいて、声優の演技にケチつける。特定の誰かではなく、声優という職業自体に。ダメだろ、それ。元ジブリ全員一切他のアニメにかかわって欲しくないとさえ思える。下に罪は無いなんて思わない。クソな方針な会社を自分で選択した以上は。

 向き不向きってのはある。かないさんが「わぴ子」の演技でホラー映画に出演してたら「アニメ声優ふざけんな」だろう。けど、ティファに近い静かな演技であれば文句は無いだろう。ティファだとまだアニメ演技だけど。ラムネのリキュールだとかなり違和感無くなるはず。TARAKOさんも「まる子」の演技が実写吹き替えとかでダメとは思わないけど、「まる子」のイメージが強すぎるっていう意味でNGだろう、けれど、これもティファと同じく、センリツ…ハンター×ハンターのような静かな演技であれば文句は無いだろう。

 ジブリはどうでもいいとして、それに同調してる人は「代わりはいくらでもいる」クソアイドル声優しか頭にないか、特定のアニメしか見てない、唾棄すべきクソオタクだろ?一般人が言ってるんじゃあなくて。一般人はむしろ気にしてないだろっていう。

 真かまいたちは「アニメ」そのままの演技だから「ふざけんな、声優いらねぇよ」ってなるんだけど、それは声優の側の問題なのか、そういう演技を開発の方が求めたのかわからん。まあ、開発側が求めたんだと思うんだが。つまりは演技の向き不向き。特定の演技だけで否定してるよねと。そりゃアニメにはアニメの演技するだろって。それこそ、それ言ってる連中はナウシカの須美さんが聴くに堪えない、さっさと別人で再録音しろと思ってるってのか?

勇者ネプテューヌ…バグ多すぎて全然進まない

 何でトロフィーコンプリートしてるヤツいっぱいいるんだ。以前書いた戦闘終わらないバグは雑記書いた時点では検索しても見つからなかったけど、動画があった。これだわ。一部のボスで発生する。早送りすると発生しやすいけど、しなければ発生しないってわけじゃあない。戦闘時間が長いと発生するってわけでもなくて戦闘開始してすぐ起きる事もある。が、いつ発生するかわからない以上、発生しない事を祈って出来る限り早めに戦闘を終わらせるしかない。

 発生するボスは結構多い。おかげで全然進まない。後、イベントの途中で動かなくなることもある。これも条件はよくわからないけれど、スタートボタン…いや、PSボタンだっけ?オプションボタンか?名前の統一性無さすぎてもはや何ボタンかわからんが、「イベントを終了させる」は選択できるんで、それで抜ける事は出来る。イベントが途中で終わる事になるけど。検索したらこれも報告されてるな。「回復使うと止まる」って言ってる人いるけど、なるほど、確かにブランが回復した後だな、止まったのは。まあ、一切回復使わなくても他のボス戦では止まってるから、色々と発生条件あってその中の1つがブランの回復って事かな?

 この大量の「進行不能になる」バグが放置されてるから、さすがだなと思う。うん、全くヒドいもんだ。まあ、他のゲームのセーブデータ消したり、本体壊したりしなければいいよ。クソつまんねぇクソゲーで何度も同じ戦闘させられるのは面倒だけど、もはや腹も立たないからな。試される信者力。が、信者でも擁護出来ねぇってばさ、やっぱり、これ。

豪血寺お種という聖女を忘れてはいませんか?

 妹がラスボスのゲームがない。誰も豪血寺の名前を出さない。バカな、妹キャラの代表格であるお種さんの名が出ないなどと。ちなみに豪2のラスボスで、主人公は姉なんで条件は間違いなく満たしている。

 もう「位置」だとほとんどやりつくされてると思うんですよね。未来の自分とか、親友とか、前作の主人公とか、誰だよお前?とか。

 コメント欄にはお姉チャンバラの名前があがってるか。アレはプレイした事ないけど初代は妹がラスボスだったみたいだから条件通りだな。

 主人公のとかでなくて、誰の妹でもいいなら、初代アルカナハートのラスボスも妹だわな。

 ふむ、対戦格闘のラスボスの位置づけ見てみるか。面倒くせぇんでシリーズは1つだけで。鉄拳なんて父だったり息子だったりアホらしいし。

龍虎の拳主人公「リョウ」の父親
闘神伝ヒロイン「エリス」の父親。隠しボスは主人公「エイジ」の兄
侍魂PC「半蔵」の息子…体だけだが
ゴウカイザー原作者公認の真の主人公「京介」の義兄
ジャスティス学園主人公「バツ」の父。隠しボスは「バツ」の義兄で、PC「恭介」の実兄
豪血寺一族主人公「お種」の双子の姉
鉄拳主人公「一八」の父
バイパーズ隠しPC「マーラー」の父
バーチャファイターラスボス的存在がPC「影丸」の母が素体…最低でも2では。1は知らん
ラストブロンクスPC「ヨーコ」の兄
ザマスPC「J」の弟
ブラッディロアPC「ミツコ」の娘
風雲黙示録PC「イーグル」の兄
ライトニングレジェンド隠しボスがヒロイン「雪」の父
幻影闘技ヒロイン「ちあき」の父
デッドオアアライブ主人公「かすみ」の…何だ?PC「あやね」の父でいいか
月華の剣士主人公「楓」の養父…2幕
ギルティギア主人公「ソル」の娘…X
V.G.PCかつ初代ラスボス「レイミ」の母…AVG2
ブレイカーズPC「刀龍」の父、体だけだが

 こんな感じ?兄、父は多いよな。父は隠しPCとか中ボスにも多い。そして当然のように子供のアッパーバージョン…大抵。まあ、結果として息子よりだいぶ弱いキャラとなってしまった草薙流の人とかいるけど、アレ…息子の方の調整ミスだから、完全に。

最終回詐欺後の本当の最終回を迎えた下町ロケットを視聴

 面白かった、以上!

バカは捕鯨について語ると迷惑なだけだと気づいて欲しい

 バカだから無理なんだろうけど。どこかで聞きかじった信憑性も危うい意見を言うだけ。いつも同じ。相変わらずほぼ100%バカばかりのクジラ食う気もない感情的なバカばかり。生態系ちょっと学んだ学生て小学生の事ですか?小学生は児童だから、お前学生じゃないから。小学生だからってバカは許されんな、バカは。

 そもそもクジラを保護してるという考え方がおかしいんだが。クジラの天敵を殺しまわってるとでもいうのか、反捕鯨の連中が?保護してるんじゃあない。「人間が手を出さないようにしている」。それで魚が減る?アホなのか?それが自然な状態で、もしクジラ類が増えすぎたら餌が減るから、勝手に個体数減らしてくから。

 クジラに関する意見で言うべきでない第一が「食文化」「伝統」。これは論外。いつからの文化でそれは保護されないといけないものなのか…これを答えられるバカはいないだろ?バカだから。というか伝統的狩猟方法で鯨捕るなら、その数はたかが知れてる。まあ、それはそれでやったら今度は動物愛護団体から文句言われるだろうけどさ。でもまあ、伝統だからという理由であれば現代の捕鯨方法はダメだろう…遥か古代の日本人はクジラとってそれで商売してたっていうのか?それはいつからだ?江戸時代か?平安時代か?縄文時代か?何にしても人口も技術も古代とは違う事ぐらいわかれよ。遥か昔から続く「伝統の祭り」はそんなにも「近代化され昔の姿を失ってるか」ね?伝統とはそういうものだ。昔と姿違うのに伝統とか笑わせてくれる。次に「クジラは増えすぎている」…それは日本の調査結果かね?この場合、日本の調査結果が信頼できるのか?反捕鯨団体が「くじらの個体数は回復していない」とする調査結果出して、バカは信用するのか?って話だ。そして第3に「お前らは牛を云々」、クジラとは関係ないよねって、それは。論点をずらしてるだけ。今問題にしてるのはクジラの話。

 大事なのは日本の主張がどれだけ正しいか。バカはホント黙っててくれ。しかし何で「自然界のバランス」が理解できないんだ?キングオブハートのD氏が言う通り、地球の自然は人間を含んだもの。人間が他の生物を滅ぼしてしまうなら、それも地球がとったバランスでしかないんだけれど、人間は基本…そこまで傲慢ではない、大体の場合。だから、人間を抜きにした自然のバランスを普通は考える。「人間が手を出さなければ」バランスは大抵の場合において保たれる。

 クジラの増加というのは、そりゃ人間が…別に日本人がってわけじゃないからな?人間が…地球人が個体数が極端に減少するほどに捕り続けていたのが大幅にその捕獲数が減少したんだから、それを何十年も続ければそりゃ少しづつ増えていくさ。ただ、これが「延々と増え続ける」と考えるバカはホント何なんだ?その理屈だと、ネズミ、ハエ、ダニなんかで地球埋め尽くされてるぞ?

 クジラに限った話ではないんだけど海洋資源は長い事、無節制に好き勝手に人間が荒らしたもんで、現状無茶苦茶な状態だろ。このカオスな状態を「捕鯨」でどうにか出来ると本気で考えてるのか?スーパーコンピュータ使ったって計算出来ねぇだろ、正確な数がわからんのだから、各生物の。

 反捕鯨団体は好きじゃあない。けど、日本の対応も好きじゃあない。「何でクジラだけそんなに大事にしたがるんだ?」っていう意見に対してはうなずける。でも、「何でそんなに無茶苦茶な理屈つけてまでクジラとりたいんですか?」って意見も出てこないとバランスがとれない。クジラを捕る事で誰の益になるのか。そこ考えた方がいいんじゃないか?クジラの話題で「でも食べないだろ?」って意見出るとどこからか大量に「美味いぞ」「食うぞ」って輩が湧いて出てくるけどさ、現実が全てを表してる。「高い」とか言ってる連中はもうその時点でうそついてるってわかるよな。「今現時点においてさえ鯨肉は別に高額ではない」。そんな事すら知らず、記事だとかで「高額」って書かれてるだけでそれを信じた挙句に「美味い」…いや、お前食ったことないだろ、鯨肉の価格も知らないぐらいなんだから。別に安くもないけど高くもない…美味いっていうなら喰えよ。つまり、これが日本の現実。こんな奴らに発言させておいてもロクな事にならん。

 国際的に捕鯨が反対されてるのが気に食わないから反対する。こんな奴らは黙っているべき。

 

藤子が合作だと偽ってきた原因はやはりマスコミなんだろうか?

 最も単純な理由は「子供をがっかりさせない為」なわけだけど、じゃあそもそも何で子供たちに「コンビ漫画家」ではなく「合作漫画家」と勘違いされたのかですよね。

 黒藤子、白藤子だの言われたという時点で、編集者だとか漫画家仲間以外には普通に「合作している漫画家」と思われていたという事。何故なのか?コンビ漫画家のゆでたまごが合作してるとか思う人はいないわけで。

 藤子の名が一般的に知れたのはオバケのQ太郎で、それ以前は漫画好きの子供たちしか知らない程度の存在だったっぽい。

 そしてオバQより前は藤子不二雄の名前はあくまでも共同ペンネーム。合作作品もあるけどFとA個人の作品もある。「昔は全部合作だった」なんて事はなく、デビュー直後からもう単独で活動していた事が現在は知られている。無論、前述の通り合作作品も多いんだが、初期は。それらをまとめて藤子不二雄名義で出していただけで、個人個人で描いている作品が存在していた事を隠してはいない。…人気漫画家ってわけでもないから藤子がそれを公言する場が無かっただけともいえるが。

 これが合作漫画家であると偽るしかなくなってしまったのは、突然メジャーになってしまったオバQに原因があるんだろう。

 現在、メジャーな藤子作品で唯一「合作」とされているのはオバQのみ。実際、藤子の合作作品で「知ってる」といえる作品は多くの人はオバQ1つだけだろう。ちなみにだが、だからといって「オバQが最後の合作作品」なのかといえば、それ以後も合作はしている。Aが黒イアレを描くちょっと前までは合作していた。今後は完全に1人の漫画家になろうみたいな話があって、タイミングよく青年誌からお誘いもあったから思う存分黒イの描いた?まあ、それは今回はどうでもいいや。

 一気にメジャー化した藤子だけれど、作者が2人いるという状況に食いつくマスコミ。どうやって2人で描いたのか?って問いに正直に答える。うん、オバQは合作だからね、FとAと石森さんと……。「藤子不二雄は2人で漫画を描いている」ことが知れ渡る。ここまでは推測ではなく事実。実際にそういう受け答えが行われてる。こうなるとさ、オバQの後に藤子不二雄名義のパーマンがアニメ化されたわけだけど、「これはF1人で描いてます」とか言えないだろ、もう子供たちの中では「2人で漫画描いてる」ってなっちゃってるんだから。

 以前書いたけど、FとAでは絵柄は全然違うと言っていい。でも、そんなのA1人ですら怪物くんと猿とで全然違うし、作品ごとに絵柄描いてるのかなぐらいにしか思わないっすよ。実際のとこ、ドラえもんとハットリくんと怪物くんとオバQとフォーマットが同じだしさ…のらみみなんてそのフォーマットを題材にした作品だし。そう、小学校低学年だって「藤子不二雄は全部同じだよね」って思ってた。猿で驚かされる程度には。魔美はまあそうかな?なんだけど猿だけ異質で?????ってなった、うん。だから、ドラえもんとハットリくんの作者が別人だなんて思わないんすよ。絵柄違ったって。同じ作者としか思わない。実際、作者名同じなんだし。

 黒藤子、白藤子言われだしたのも結構遅い時期みたいだし、基本…小学生が読む雑誌には普通の少年漫画を描くだけの「良心」残してるから小学生は気づきようが無いんすよ。少年漫画誌だとチャンピオンで魔太郎描いたのが最初だろうけど、チャンピオン読む小学生は…なかなかなぁ。

エスカレーターだけでなく階段の問題も取り上げたいところ

 時々話題になるエスカレーターで歩く人問題。コメント欄見てわかる通りクズだらけである。

 ただ、田村さん…この問題は声を大きくして「止まるのが正義だ」とは言えない。たとえルールとして間違っていようが、あまりにも多数がルールを守らない場合、ルールを守ってる人間が「邪魔」になる。その邪魔になるってのは非常識な行為って事になるんですよね。ただし、それは肯定を意味するわけではない。今まで書いてきた雑記だと。

 まず、コメント欄の奴らの一部は発想が逆。まあ自分勝手だから「歩いて何が悪い」になって、反論にもなってない反論繰り出すんだろうけど、歩く人がいると、逆側で止まってる人も危険ではある。けれど、その上で「歩くなら勝手に歩けばいいけど、それを止められても文句を言う権利はない」が田村さんの意見。でも、コメント欄の奴らは逆。「止まるのも自由だけど、止まる側に立て」。それはもうルール違反だ。従えないようなヤツは、DIO様もそれじゃあ死ぬしかないなと言っておられる。

エスカレーター。全国的なものではなく、首都圏他一部の暗黙のルールのようですが、駅のエスカレーターなんかは右側を空けて右側はエスカレーターを登る人が使うかのようになっている。でもそんなルールは無いし、もっと言うなら「エスカレーターを登るな」が正しいわけで、空いている右側に止まっている人間を「どかす」権利なんて誰にも無い。それを容認出来ないなら、エスカレーターを使うな。

 以前、歩くなキャンペーンやった時に「本気で何もしないでキャンペーン名乗っただけだった」事と、その他、電車遅延やら事故やらJRは擁護出来るほど企業努力してねぇよって。電車遅延の原因としてルール守らない乗客ってのもあるけど、JRの場合、車両不具合とかが多すぎだった。もちろん、社員にパワハラするのも企業努力じゃあない。最近はJRもかなりまともになってきてるけどな。

 まあ、「エスカレーターを歩かないようにキャンペーン」みたいなのやっても、何の対処もしないで、ただキャンペーン期間中ですとやってるだけのJRには「企業努力」という言葉は無いのかもなぁ。守ってくれない人がいてそれを実力行使でどうにも出来ないにしても、せめてエスカレーターの近くで、かつ邪魔にならない位置で「注意」するぐらいしようよ。この辺り、駅と会社次第なんだろうけど。

 今回やったというキャンペーンでは一応、駅員が声かけみたいな事はしたようだけれど、ルールだという事をもっとはっきりさせないから、どうしようもない反論がでる。反論というか言い訳だな。くだらねぇ。ルール守らないヤツは出禁できればいいのにな、JRグループすべてで。額にJRの焼き印、両ほほに出禁と焼き印。焼き印だからそう消えない。額は髪の毛で隠せてもほほはそうはいかない一目瞭然。そしてそんなことになってる時点で「あ、こいつクズだ」と一目瞭然なのでJR以外でも迫害必至。社会的抹殺完了。

 そして、ようやく本題。階段。これは以前も書いたけど、逆流多いんよ。エスカレーターで逆流するなんてのは大型ショップで子供が悪戯でやるとこそんなもんだけど、階段は年齢問わず平気で逆流する。しっかり「昇り」とか「↑」「↓」みたいに、どちら側が昇り用階段で、どちら側が下り階段と明確に判別できるようになっていても、手すり的なもので、昇りと下り側を物理的に遮断しても、ルールを守らず「今現時点では空いてる」からなのか、行列を飛び出してそこを使う奴がいる。が、今空いててもそこはすぐに一気に込む。地下鉄なら主に下り、そうでないなら主に昇りが「これから電車に乗る人達」…その人達が急いでいたとして、それはその人の勝手、何でもっと早く家を出なかったとかだ、多くの場合。ギリギリの乗継で「何で鉄道会社同士で後1分ぐらい時間調整できなかったんすかね?」って場合もあるけど。これ、公的に「乗り換え時間が短い」とかアナウンスされたりする場合もあるから、「鉄道会社はそんなギリギリの乗り換えを推奨してない」って言い訳も通じない。

 まあ、つまり電車乗る側は急いでる事が多め。降りた側が急いでる率よりは高い。お互いにちゃんと昇り下り守ってればそんなに問題ない。1人でもルール破る奴がいると、いきなり危険になる。そのたった1人のせいで「かなり昇降速度は落ちる」。

 これはホームにつながる階段にほぼ限定されるので、「だからエスカレーターで歩くんだ」なんて言わせやしない。けれど、エスカレーターと階段両方あってそれがホームへつながるものの場合、「エスカレーターの方が早くて安心」という意見は決してあまりにも自分勝手すぎるとばっさり切り捨てるわけにはいかない、それも事実。基本はあくまでも「それでもお前ら歩く連中が間違ってる」なんだけど、彼らの自分勝手な反論に対する反論の「ほんの数秒差」がどうとかは、電車の駅としてはその「数秒の遅れ」で下手したら30分ぐらい遅れたりするから…無論、次の電車が30分後だとか、ただそれだけのケースを言ってるわけじゃあない。次の電車が5分後だとしても、その後ののりつぎがもう全く上手くいかなくなり結果的にものすごい遅れになるっていう。なので、5分間隔ぐらいで来る路線であっても、数秒の遅れでその人にとってはものすごい遅延になる可能性があるわけで、「だったらもっと早く家を出ろ」は正論にしても、その駅の利用が家から直結なのか、バスからなのか他の電車からなのか…他人の事情なんてわからんだろ?急いでる人は迷惑。ホント迷惑。でも、その迷惑を全くやった事がないかといえばそんな事はない。だからこそ、急いでる人の邪魔はしない方がいいよねと。どちらが正しいかとかじゃなくて、相手がゆとりが無い生き方してるにしても、自分もそれに付き合って、狭量になるのは違うだろと、やっぱり。

コメント欄全部同一人物じゃないのか?と思えるほど

 「FとF完結編のどっちが難しい?」ってのがあって、リンク先がガンダムまとめ速報。うっと思いつつも興味あっていってみる。全員「Fの方が難しい」…そんなわけあるか、どこの時空のFだよ?

 Fは一切改造せずにクリア出来る。一部の武器を5段階改造すれば撤退するボスもほぼ倒しつつクリア出来る。

 F完結編はザコの攻撃で防御してるEVAのATフィールドが貫通される。防御してるEVAのATフィールド貫通って8000以上のダメージが必要なんだぞ?でもザコがそれをしてくる。フル改造してファティマ装備したザムジードの攻撃が全く当たらない。「クソ硬い」はずなのに一撃で落ちる。超広範囲のMAP兵器を持つボスが2回行動でとんでもない距離から近づいてきてこちらを殲滅させる。こんな理不尽が当たり前、それがF完結編。どれだけミオに愛を注いだことか、どれだけ当時好きだったZガンダムに愛を注いだことか。フルアーマー百式改とかいう格好悪い上に原作アニメに登場してない期待に愛なんて注げない。νガンダムは戦力にならない。エルガイムMkIIも役に立たない。Wガンダム勢とか足引っ張るだけ。カトルとか五飛とか邪魔でしかなかった。いや、トロワなら役に立ったって意味じゃないぞ?ヒイロですら役に立たないからな。

 今でも「F」は戦闘アニメカット無いのはともかく、ゲームバランスとプレイのしやすさとやりがいという点でシリーズでトップ3に入るというか、ナンバー1なんじゃないかとさえ思える完成度の高さ。F完結編もそれを目指して調整し続けてたみたいだけど、2回行動が邪魔すぎて調整しきれず2回行動を封じて…その上でそれでもバランス調整できなくて諦めて放出したんだろうなぁって。

 ゲア・ガリング撃退作戦シャムシェル殲滅作戦を読んでいただければ当方のFのプレイレベルはわかっていただけるだろう。その上で「Fの方が難しいは絶対にない」と言い切れる。10段階改造した機体1つあればどうとでもなる?ならねぇよ。Fで一番性能いいと思われるウイングゼロカスタムをフル改造したけど、全く…全く役に立たなかったからな。あの性能ですら役に立たないとかふざけんなと思ったよ、ヒイロさんよぉ。

 F完結編はホント、シンジに鉄壁が欲しいと思った。鉄壁あれば完結編でもATフィールドが十分役に立ったろうから。

 一方、Fの場合、序盤から対ビームコーティング付きのHMがうじゃうじゃ登場するんで、普段活躍出来ない機体が活躍出来たりする。このころはまだユニットの能力やら地形適応やら色々だったんで使い分け大事。

 スーパー系で始めた場合、スーパーガンダムが早いうちから使えて「スーパーガンダムがこんなに活躍する作品無ぇよ」ってぐらいに大活躍。っていうかスーパーガンダムはスーパーロボットじゃねぇから。何でリアル系の方が登場遅いのか。それはそれとして、当時のスーパーガンダムは2人乗りなんで幸運や努力を活用しやすい。飛行可能なMSって時点で超貴重。そう、この頃の「空中」は本当に強かった。その上でF時点では高性能なんで運動性とロングライフル改造すれば誰が乗っても大活躍っすよ。

 冗談抜きにFが難しいなんて感じる輩はゲームしてもいいけど、一切感想書くな。迷惑だから。ゲームが下手なヤツの意見も重要。でも、下手すぎるヤツは例外中の例外でそれに合わせてたらゲームがゲームじゃなくなる。一切改造しなくてもクリア出来るレベルのものをどうすれば難しいって感じれるんだろうな?

 「フル改造した○○に△△をしても」がF完結編の基本だからなぁ。フル改造したνガンダムにアムロ乗せて集中かけても命中率0%のゼゼーナンとかね。バランス放棄しすぎてふざけんなだよな、ホント。でも、単純に「難しさ」で言うなら、F完結編よりIMPACTとAポータブルの方が上だとは思う。F完結編はバランス放棄してるからつまらない。AポータブルはFと同じくとてもバランスがとられていて理不尽な要素が無い。そこが違うよな。IMPACTはちと理不尽な部分あるかなと思う。

 FとかAポータブルみたいな傑作は望めないのはわかってるし、性能の原作再現なんてしてたらレイバーなんて無理とかわかってるけど、せめて「宇宙で活動出来ないものを宇宙で活用」とかそういうのは無しにして欲しいかなぁ。トゥアハー・デ・ダナンは「こんなもんスーパーロボット大戦なら余裕で宇宙進出可能だろうが」と書いた事あるし、実際に進出しちゃったけど、それと陸戦型ガンダムを宇宙で使うのとは違うし、あくまでも宇宙で使えるだけで地上では潜水艦としてしか使えないから許される。地上から空飛んでるMSをビームサーベルで攻撃するとか空中の優位無さすぎるから、この辺りも「飛べないのは弱いのは事実なんだからしょうがないだろ」と。何もかも公平にすりゃいいってもんじゃあない。自分が好きな機体の活躍の場が少なくて文句言うのは「ファンではない」ぞ、多分。それに燃えてそれでも運用して活躍させるのがファンだ。そのためのスキルやら強化パーツ。数少ないミノフスキークラフトをエヴァに装備させるかゴッドガンダムに装備させるかボスボロットに装備させるか悩んでボロットしか無ぇだろ!と結論するとか、これがゲームとして「面白かった」部分の1つだと思うんだわ。

 後は役に立たないNPCの存在かなー。これはピンチ、「ゲシュペンストMKIIなら足が速いから増援頼んできてくれ」…その時点で最大戦力だったゲシュペンストMkII離脱…連れ帰ってきたのはボールとGM3とジェガンだったか?ジェガンとGM3もヒドいけど、ボールって。エゥーゴも残酷な事をする。処刑だよね、それ?ボール増援の刑とか、そんな感じの極刑。いつ執行されるかわからない恐怖におびえ続ける。そんなもん増援に寄越されてもなぁ。ホント、エゥーゴもヒドい事をする。ボールで国守ろうとしてたサンクキングダムとかいう愉快な国もあったけどな。ボール保持するぐらいだったら持たずに正真正銘完全非武装の方がマシだろ。役にも立たないけど、それでも兵器であるボールを所持している…これは反サンクキングダムな人達にツッコミ入れる要素だけ与えるだけ。サンクキングダムアホすぎて可愛い。一方、エゥーゴは残酷。同じボールを運用する組織?でもこの違いである。まあ、サンクキングダムのやってる事もエゥーゴと同じだけどさ。ボールでコロニー守れとか。それ、敵が来たら死ね!って言われてるのと同じだしね。でも、悪意なくやってそうだから「可愛い」という評価になる。最近のSRWはボールの出番無くて実に残念だよ、全く。登場する度に楽しいネタを提供してくれるボールさん。

視力のあがった世界

 メガネかけてすら視力ヒドいので新調。メガネかけて視力0.1と0.4。0.4の方は素。度の入ってないレンズ。これを医者のススメで変更。0.1の方は0.1のまま。0.1の方を引き上げた方がいいように思えるけど、そう単純でもないらしい。

 0.1の方は既にかなり矯正されてる。メガネかけた時の左右の視力より、レンズによる矯正が左右で差がありすぎると多くの人は辛いことになるらしい。そうならない人もいるけど、それはその場で少し体験しただけでわかる事でもない。というわけで0,1はそのまま、0.4の方をあげる。この結果、ますます左右でものすごい視力の差が生まれる。大丈夫なのか?全然大丈夫だった。

 これで両目視力が0.9。0.4だった方の視力がどうなったのかはしらない。というか実生活では片目づつの視力なんてあんまり気にすることでもないしな。

 普段実はメガネは使ってない。これが視力落ちる原因かもしれないけれど、仕事にはともかくゲームはテレビには向かないなと。基本的には「遠くのものが見えない」状態なので、家にいる時に使う理由が無い。仕事中にも不要だと思うけど。

 というわけで、普段は0.1以下と0.4だった。つまり、一気に視力があがったわけだけれど、世界が変わるのか?というと「特に変わらない」のが実情。今回のメガネは家でも使ってるけど。

 実際、裸眼と以前のメガネと比べてみると、驚くほど見えるようになってる事はわかる。遠くの文字が読める。視力0.1以下ってのは実生活では気にならないけど、視力検査すると、何だっけあのC?ランベルト環だったか?アレ、一般的な検査では最大のものすら全くわからない。とんでもなくデカくて太いCを出されてもわからない。「16×55=28」とか、バカにしてんのか?と思えるレベルだけど、バカにしてるのでもふざけているのでもない。「ホントにこれがわからないのか?」>「わからないんです」。自分で驚く。

 まず、ネットで見るような視力0.1以下の世界みたいなのは大げさすぎると思っていい。そういう人もいるのかもしれんけど、別にモノがぼやけて見えているわけじゃあない。

 今、実際に確かめてみたら、Cがぼやけるんじゃあなくて、Cがほとんどつながってるように見えたり、形が変わったりするな。完全に○になるんじゃなくてつながる寸前にまでなる。何でだ?

 視力0.1の方は遠くの文字はもちろん読めないけど近くの文字も読めない。両目視力が0.1になると本は読めないだろうと思う。どの距離でも見えないからね。文字としてすら認識できないレベル。ぼやけてるわけじゃあないんだけど、「見えない」。

 その状態からなら世界は変わるだろうけれど、その状態は片目だけ。視力0.4もあれば割と色々見えるんで、裸眼0.1以下をほぼ認識してない。

 両目視力0.9で、今まで見えなかったものは「見る事は出来る」ようになったけれど、視覚情報が一気に増えたって疲れるだけなんで、多分その見えるようになった情報を捨ててる。結果として「世界は変わらない」。意識すると全然違う事はわかる。けれど実生活では変わらない。遠くの文字が読めるようになったからといっていちいちそれを全部拾っていたら疲れる。というより視力が悪い=その視力で生活できるように自然となる。その状態で慣れてるから視力があがっても、見えるようになった情報を必要としない。

 視力8だか6あったサンコン氏の視力が日本で一気に落ちた。それはその視力を必要としない世界だからだろう。見えすぎても「脳と目が疲れるだけ」なんだろうと思う。

トリリオン2周目。1人目の魔王で討伐完了

 1周目の1人目が100億ちょっとしかダメージ与えられなかったーってのがウソみたいに1人で1兆のHP奪いきりやがった。

 最終形態は初挑戦時の運がかなり悪かっただけなようで、風がずーっと吹き荒れてるなんて事はなく、ダメージ地形も初回の挑戦は何だったんだ?っていう「貫通」はしてこなくて完全無視可能。そして運よくバリア発生してもバリアの中に埋め込まれるバグ?が2回発生したため、ギリギリ撃破。ダメージは問題なかったけど、ゴールされる直前だった。

 通常攻撃の射程が2になる装備すりゃ余裕なんだろうけど、アレ多分1周で1個しか手に入らない。そして手に入るのは中盤。2個目が手に入るまで使うのはやめておこう…と思ったらそんなもんなくても1人目で撃破。こうなると、これはこれでゲームバランスが…。

 1人目の魔王は1人目の魔王だけが使える「カンガルーのように」があるおかげで、移動はホント楽。でも、ネプテューヌさんは2人目以降には手を貸してくれないケチ女神。…多分バグだけど。

 しかし、トリリオンのバリアは何というか……相手によってはホント役に立ちそうにないな。破壊不可能な絶対的なバリア。でも、バリアの内側に直接攻撃することもできれば、バリアを貫通して攻撃することも出来る。トリリオン以外の「生命体」だけが弾かれるバリアなのか?…こう何ていうか、「ほのつくもの入れ」みたいな微妙なバリアーですな。あのバリアも開発者に「何でこんなクソ使えねぇセキュリティにしたんだ?」と問いたいところだが。「ジョジョの奇妙な冒険の単行本」だとすると、タイトルの「ジョ」で「ジョのつくもの」、「本」の「ほのつくもの」、漫画の「まのつくもの」…多分何でもオッケーだろう。ゴミ吸い寄せそう。「ジャ」でジャイアンとか、あだ名でもオッケーとか、その判断は機械が出来るわけもないので、使用者の意識だろう。が、使用者は「ジャイアンをバリア内に入れたい」なんて思ってもないし、その時ジャイアンが「ジャのつくもの」だとすら認識していない。ならば、あの機械は使用者の記憶すら読み取っている。

 まったくもって未来は互いに秘密道具で防御しないと怖くて生きていけない世界だな。世界全体がグリードアイランドみたいなもんだ。時間停止余裕、瞬間移動余裕、盗撮、壁抜けなんでもあり。これをガードする何かを身に着けていないとまともな生活が成り立たない。開発合戦なんだろうなぁ。地獄のような世界だな。過去を改変してでも、こんな秘密道具のある未来は阻止しないといかんな。

 藤子さんで思い出したこと。今まで「ウサギ荘」と書いてきてたけど、2人で少年漫画ばかり以下略には「ウギサ荘」と記述されていた。なんだ、「うぎさ」って?一応検索してみるもヒットせず。まあ、「ウサギ荘」でいいんだろう。2人で少年漫画ばかり以下略は「藤子は2人で漫画を描いている」事を前提にAが書いたものだから、今見ると「ボク達」という言葉でFが書いた漫画を自分の作品として紹介しないといけなくて…ドラえもんのアニメが大ヒットしたちょっと後だから、それを書かないわけにはいかないんだけど、ドラえもんと同じレベルでこの時代の僕たちの仕事として「少年時代」があったみたいな。ホントに書きたいのは少年時代の方。みんなが青年漫画に移行して、ボクらもブラックユーモア作品を…と、いや、それ基本的にはA1人で、Fさんは他の漫画を描きつつも少年漫画描き続けてたよね?とか思いつつちょっと楽しい。無論、ブラックユーモア作品として本文内でも「ミノタウロスの皿」のタイトルが出てくるように、Fにもブラックな作品が複数ある。複数あるのは事実だけど…やっぱりほぼAの仕事だよねと。

 ドラえもんのファンが「何で最近少年漫画描かないんだ?」とハガキを送ってきた。僕らは反省し初心に戻りみたいな。そこであがったタイトルが「魔太郎」なのは…それはひょっとしてギャグで書いてるのか?と。少年漫画だけど、結局ブラックなままじゃねぇかと。

 改めて隅々までしっかり見るとあの本は本当に面白い。興味深い。藤子氏が作ったものではないんだけど、巻末の少年漫画史みたいなのに、週刊少年ジャンプはまだ歴史が浅いって事でほとんど触れられてない中、「山止たつひこがこち亀連載開始」的な記述あって、こち亀って長期連載以前にそもそも連載開始当初から割と注目されてたタイトルだったのかとちょっと驚く。2人で以下略自体は「山止」名義を既にやめた後の出版物のはずだけど、元の年表が創られたのは山止時代なわけで…まあ、初期こち亀ホントに面白いしな…けど、はっきりと別媒体で人気あった事が確認できるとやっぱり驚く。ジャンプで連載開始が記録されてたのは、他だとハレンチ学園、トイレット博士、ど根性ガエル、荒野の少年イサムとこれぐらいだったか?いまいち掲載基準がわからんな。

勇者ネプテューヌの戦闘終了出来ないバグ

 まだ序盤、やっと仲間が揃ったって段階。敵も味方も行動できなくなり互いに見つめあったままになるバグ。何度やり直しても発生する。先に進みません。

 逃げる事は出来たけど、逃げた後、戦闘画面のまま画面遷移しません。敵だけがずっと動かずにいる。どうすりゃ回避出来んすか、これ?ちょっと検索…バージョン1.03で戦闘終わらないバグが修正されたとあるんだけど、違う、それとは違うバグだ。「敵の攻撃が終わらないバグ」を「戦闘が終了しないバグ」と言うのはやめろ。戦闘が終了しないバグってのは今書いたようなやつだ。お互いに全く行動しない。リジェネだけが真面目に働き続けてる。多分、アイテムは使えると思うけどだから何だと?逃げるでPCは戦闘画面から消える事は出来る。が、戦闘が終わらない。これが「戦闘が終了しない」ってやつだ。ホントどうしろというんだ。うーん、検索した限りこんな状態になってる人は見当たらない。が、何度でも発生する。確実に発生する。

 それはそれとして、ギリギリジャンプ多すぎてうんざりしてきた。悪魔城ドラキュラプレイしてんじゃねぇんだぞ?頭おかしいのか、勇ネプ作ったやつは?

PCの乗り換えが面倒でサポート切れのVista未だに使ってるが

 いざ乗り換えようとすると、サポート切れしてるからってわけじゃなくて、サポート切れる前から切られてたんだけど、乗り換えがVita>7>10の方がマシだったってぐらいに面倒な事になってる。

 家で使ってるPCは98SEが最初だった。そこから98SE>Me>XP>Vistaと乗り換えてきてる。Vistaまでは全然間が空いてないのと、そもそもデータ量が少ないのとで移行は楽だった。XPまでは手動というか、特に移行ツールとか使わずにやってた。XPがそこそこ使ってたから、乗り換えはWindows純正のツールで乗り換えて…そして今困ってる。

 VitaからのWindows純正の乗り換えツールは何か7にしか使えないっぽい。サポート切れたの2017年だぞ?何で8にすら乗り換え出来ないんだ。マイクロソフトはクソ迷惑な全然親切じゃない邪魔な親切押し付ける割にユーザに全然優しくない。純正のメーラも乗り換え困難な仕様になってるみたいでその仕打ちに笑える。お前んとこの製品を長年利用してるユーザに優しくしようという気は無いのか。まあ、メーラはどうでもいいとして。

 とりあえず、この年末年始で乗り換えようと思うんだけど、考えただけでも面倒くさい。

 ちょっと前にVitaが全然充電できなくなってしまったんで、遂に1000とお別れして2000に買い換えた。1000はソニー自体が見捨てちまったもんだから、保護シートとか本体保護用のカバーなんて全然売ってないし、ACアダプタすらほとんど売ってないという扱いに困るハードだった。2000はそれは無い。ただ不良品なのか、ついてきたACアダプタが使い物にならない…具体的には接触が非常に悪くてコードを色々傾けたりしないといけない。ちょっとでも触れるとアウト。そんなもんでびくびく充電しないといけないってのは話にならんので、非公式のものを購入。よかった、本体側じゃなくてやっぱりACアダプタ側の不良だった。良くないんだけどさ、そんな不良品。

 が、そこからの乗り換えがすごく面倒。まず以前のVitaをどうにかして動かして「登録解除」しないといけない。この解除は登録した本来でしか出来ないという困った仕様。普通、乗り換えって「壊れて動かなくなる」からで、そんな登録解除とか出来る「まともに動く」状態でやるものじゃあない。何で、PCから出来ないのか?

 ここで登録解除しないと、以前のVitaで使っていたメモリカードを新しいVitaに差し替えても「反応しない」。メモリカードとVitaカードに「ゲーム」の本体があるわけで、複数台のVitaで同じこと出来てもいいと思うんだが、Vitaはそれを許してくれない。1つのメモリカードで動くのは1台のVitaのみ。メモリカードのコピーが出来るわけでもあるまいに、一体何のセキュリティか。

 この後、改めて新しいVitaを登録。そして、家で使ってる無線にVitaを登録。登録する方法覚えてねぇ。以前はフロアをまたいで余裕で届いていたのが届くなくなったので、2つの無線環境用意してる。なので両方登録。そして、PS4のリモートプレイ用にPS4とVitaをリンク。

 これで引継ぎ完了かというとそうでもない。デスクトップとは言わないけど、メニュー画面というかアプリのアイコンの位置やら作ったフォルダやらは記録されていない。登録されてるゲームが全部表に出てくる。が、多すぎて表示しきれない。…表示しきれないなんて現象起きるとか知りもしなかった。また、フォルダ作ってそこに次々と押し込んで押し込んで。後、「テーマ」の引継ぎもどうもハンパで改めてダウンロードしないといけなかったりしたな。実際データとしては存在してるんで、ダウンロードは必要ないんだろうけど、「使える状態」にする方法が他にわからなかった。

 1つのフォルダに入るゲームの数が少ないし、操作性悪いし、ものすごい手間をかけてようやく整理完了。ニコニコ動画も設定し直しだった。が、この新しいVita…何が悪いのか知らないけど、無線接続がかなり不良。目の前に持っていっても全然拾わなかったり。不良品ですか?調子が良い時は30分アニメとか余裕で途切れず見れる。いや、それが当たり前なんだけど、今のVitaは10分の動画中、2回ぐらいは止まる。1度止まると、1度ネット接続画面開いて接続し直ししないと、1秒ぐらい再生>止まる>1秒ぐらい再生>止まるを繰り返す。1秒ぐらい再生できる以上は別に接続が途切れてるわけではないんだろうけど、接続し直ししないとずっとこのヒドい状態。もう諦めた。

富野信者ではないというかファンですらないけど

 異常なまでに富野さんを嫌って、ガンダムまとめ速報とか名乗ってるのはさすがに許せない。嫌いなら嫌いでいいけど、その業績すら認めずにガンダムまとめとか名乗ってんじゃねぇよと。

 それはそれとして、実際にそのセリフを考えたのが誰なのかはともかく、最近何かセリフが好き。明らかに何かおかしいセリフの数々が。

 どこもおかしくは無いんだけど、ギロチンの前口上が「我々はザンスカールのベスパだということだ。ガチ党のイエロージャケットだということだ」がとても格好良い。何で別の言い方して繰り返してるんだ?何が「だということだ」なんだ?とか、こう見ていて疑問抱かせる前に話を進めてしまう。未だに一定の人気のあるブロント語ってのもアレも独特の言葉づかいで、かつ「リズムがいい」から人気あるんですよね。これも「我々は○○の○○だということだ。○○の○○だということだ」ととてもリズムがいい。

 それを思うと、「貴様たちの整備のおかげでターンエーを使いやすくしてくれてありがとう」だったっけ?これって考えてしゃべってるわけじゃあないから、結果として無茶くちゃな言葉になるみたいな自然な発言にしたのかなと思ってたけど、どっちかというとそんなことよりリズム重視なのかなと。サコミズの聖戦士をやってくれのアレは勢いの発言のリアルさみたいなのかなと思うけど、あっちは。

 実際、この雑記でも後で読むと「何だこの日本語は?」は時々ある。最初はこう書こうと思ってたのを途中で変えると、最近だとタイガーマスクWのミラクル1のとこに「敵も味方も誰1人としてミラクル1が負ける事を前提に」とか最初書いてた。「誰1人としてミラクル1が勝つ事想定してない」が最初頭にあって、途中で変えた結果こうなった。打鍵してさえそうなんだから、言い直し聞かないその場のノリでの発言なら接続詞が無茶苦茶な発言はあって当然。「貴様たちの整備のおかげで使いやすくなった」と皮肉るだけのつもりだったけど、何となくもっとバカにしたくなって「使いやすくしてくれてありがとう」と言ってしまった。結果、「おかげで」が不思議な事になった。あるだろう。が、やっぱりそんなことよりリズムだよなと。

 1人のセリフでなくて会話…いや、対話かな?だとより出てくる。ドラゴンボールでのカカロットとフリーザのやりとりはよく出てくるけど、アレもいいリズムだからですよね。「貴様らサイヤ人は罪のないものを殺さなかったとでもいうのか」>「だから滅びた」>「オレが滅ぼしたんだ」…どっちも格好良い。

 「だから抹殺すると宣言した」>「人が人に罰を与えるなどと」>「私シャアアズナブルが粛清しようというのだ」>「エゴだよ、それは」…シャアだけ格好良い。「私が」とか「この私が」でもなく「私、シャア・アズナブルが」「粛清しようというのだ」格好良い。

 「これで終わりにするか、続けるか、シャア」>「お前にそんな決定権があるのか」>「口のきき方に気を付けてもらおう」…どっちも格好良いけど、戦場の不利な状態で「お前にそんな決定権があるのか」と言ってのけるクワトロ大尉最高。

 リズムとか関係なく「私はまだセシリー・フェアチャイルドよ」とか、さっきの「私、シャア・アズナブルが」と同じでフルネームを自身に発言させるのが印象深い。「私はまだ」ってのがいい。F91は名作なのでこのまま埋もれていて欲しい…アムロ至上な方々やらアンチ富野やらに認められなくていいから、人気なくていいから…放っておいてくれと思う。掘り返されたらたまったもんじゃあない。我々は既に閃ハサを犠牲にささげた。もう、そこから先は放っておいてくれと思う。

 切り取られて名言みたいにされてるものの多くはジョジョと同じでもう原作すら知らないのにってなってて「僕にはまだ帰れるところがあるんだ」とか「悲しいけどこれ戦争なのよね」とか、もう全然何も感じないんですよね。ウォン・リーさんの「そのガキ待ちな」とかの方が来るよなと。「そこのガキ」じゃなくて「そのガキ」。ちなみにあの時のは暴力はともかくとして、一方的にウォンさんの方が正しいよねと。社会人の心得としてとても大事な事を言ってる。暴力は別として。ああ、リズムのいい発言といえば「一方的に殴られる痛さと怖さを教えてやろうか」。「痛さと怖さ」と組み合わせてるからいい。痛みとか恐怖じゃなくて、「痛さと怖さ」、この言葉選びのおかげでセリフがスムーズに流れてカミーユのキチガイっぷりも際立つという。

全く終わる気がしない開発

 本来順を追って作業しないといけない。が、途中参加なのでよくわからんが、多分上への報告…スケジュール遅延がまずいという事でテキトーにやってきたんだろう。余計にヒドい事になるのに。

 相変わらず、全く役に立たない幼稚園児並の障害報告の数々。相変わらず、毎日どころか数時間ごとに変わる試験環境。余裕で復活するバグの数々。余裕で矛盾する意味不明な設定。

 ゲームでたとえるとだ…「力が10以上無いと装備出来ない武器A」があるとする。そこで「力を10にしてみる」と、「力が10未満でないと装備出来ない鎧B」を装備している事を怒られる。仕方無いので鎧Bを脱ぐ。するとさっきの力10以上でないと装備出来ない武器Aが「武器Aは鎧Bを装備していないと装備出来ません」と怒られる。こんな感じだな。どうしろっていうんだ。これは単純例だけど、こんなヒドい無茶苦茶な試験を毎日毎日毎日毎日毎日…もううんざり。何で「条件」をまとめて最初におかしなことになってないか確認しないで、いきなり実装すんの?

 もっとヒドいのだとさ、「頭の良さが5足りません」…頭の良さなんてパラメータ無ぇよ、何その没パラメータ?みたいなエラーが未だに出続けていて迷惑この上なかったり、「金が3000足りない」とか怒られるけど、どう見ても「3000以上持ってる」…どうも見てる先が金ではなく経験値っぽいとか。

 無論今やってるのはゲームではない。ゲームではないからおおごとなんだよ。どーすんだよ、これホントに。障害報告あげても「いや、障害出るはずないから」とロクに報告も見ずに突き返されたり、クソみたいな障害報告だらけなんでいやになるのはわかるが、いいから見ろ。障害だから、確実に。間違いなくバグだから。

 「ぼうけんのしょがきえました」はまだいい方だと思うんだ、「ぼうけんのしょを使用中です」みたいな状態になって、誰も触れられなくなってゴミと化すとか。消すことも出来なくて、邪魔。

 愛用の武器の名前を決めて下さい。…「入力して決定」…「名前を入力してください」………勝手に入力したもの消すんじゃねぇよ。「名前変更して決定」…変更されてねぇ。勝手に元に戻すな。「ネットから情報取得…失敗」…全情報消去…何でだ。

 開発も障害対策も無能だけど、試験実施も無能。あらゆるチームが無能だから全然進まない。形としては「進んでる」事になってるんだけど、実際進んでない。「試験問題ありませんでした」みたいに報告されてるものを見てみると、「日本語読めないんですか?」な全然違う事をやってる。条件が違う、作業が不足している。これらは無能低能で済むからまだいい。明らかに「わかってて誤魔化してる」とわかるねつ造した試験結果が大量に混ざってる。

 ゲームでたとえるのは難しいけど、「本来、昼のアリアハンでの試験」なのに「夜のアリアハンで試験」している。勘違いではなく、直前までは「昼」だった。その直後の証跡が一見「問題無し」に見えるけど、細かくチェックすると「これは…」っていう。昼のアリアハン、夜のアリアハンみたいに「わかりやすい」ならいいけど、一見しただけじゃ気づきにくい。それは正規の試験結果が思うようにいかない、けど似たような何かでは上手くいったからその結果とすり替えちまえってわけだな。絶対にやっちゃいかんことなんだが、平気でやるのな。平気でやる人間がとがめられもせずに居続けるんだからそりゃあ…ダメだろ。今、開発してるものが「完了」扱いになってリリースされても「絶対に手を出すな」と実名出して止めたいぐらい。ここまでヒドいプロジェクトはこの業界入って初めてだわ。今までも相当にヒドい、公的な何かだけど「このバグ放置されたまま10年以上前から動いてんのかよ」とか、ホントヒドいもの色々見てきたし、プロジェクト崩壊して崩壊させた企業が逃げた後の立て直しプロジェクトとか、もう崩壊直前のものとか、色々見てきた。が、今回のは…どうにもならんな、これは。

 ちょっと前にリリースされた「RPGツクール」がネットの報告が確かなら商品としてはホントに有り得ない事になってるんだけど、アレを数十倍ヒドくした感じなのが現在のプロジェクト。まだリリースされてないとはいえ、回復の見込みが無いからなぁ、もう。RPGツクレナイとか全然笑えない。これと同レベル、これよりヒドいものが数千件…どうすりゃいいんだろうね?いくら開発中とはいえどうするとこうなるんだろう?1つの障害の修正に「他の処理との兼ね合い」とか考えないから、バグ修正すると以前のバグが復活する。それを修正すると、またさっきのバグが復活する。バカなのか?本気でバカなのか?異常終了しまくる中、異常終了…アベンドしない「奇跡のルート」を探して試験するとか、もうそれ試験の意義間違ってるから。本来、異常終了したらそれを報告するもんだ。が、もはや「異常終了しない方法を探す試験」になってるからね。さっきのツクレナイのとこのコメントとか「バグを見つける事が出来ない云々」とあるけど、見つける事が出来ないんじゃあないと思うぞ。わかってるけど手の施しようがないって状態になっただけであって、多分。そんなもん製品化するなんて開発者としてはしたくないだろうけど、開発者の意見なんか通るわけないだろ?開発は納期に合わせて開発するだけだ。まあ、こいつの場合、開発出来てないんで、開発に責任あるけど。まあでもネットは極端に悪いとこだけ抜き出して大げさに語る部分あるから、実際に「ツクレナイ」かどうかはしらんし、興味もない。まず起きないバグを簡単に発生する重大なバグ扱いするとかネットじゃ当たり前だから、それがタチ悪いよな。

コロッケの続編

 勇者ねぷプレイする気も起きないのでふてくされて、買ってあったコロッケの続編読んでみる。

 前作から100年後とか何とか。コロッケが大人になり、ウスターが小さくなり、アンチョビはパン屋になり、フォンドヴォーは死亡確認。ははは、マグマとかに落ちてどう考えても助かるわけない状態でも「遺体が確認されなければ」ほぼ間違いなく生きてんだよ!…腕だけが残されて体が無いなんてのももちろん死亡確認だ。ジョジョにはそんなもんない!と思ってたらアヴドゥルさん生きてた。けど、腕だけ残して死亡。腕だけ残したなら生きてろよ、むしろ。

 コロコロアニキはコロッケみたいなたった10年前の「新しい」作品もあるのか。ちょっといろんな年代取り込もうとしすぎじゃないか?ゲームセンターあらしとか40代、50代のおっさん向けだぞ?コロッケは20代だろ?

 原作漫画は少しだけしか読んでなくてアニメの方しかほぼ知らないけど、プリンプリンは原作での扱いは小さいのかね?何故彼だけ出てこないのかね?ウスターと並んで好きなキャラだったんだ、彼が。ウスターは意外と友情に厚い、プリンプリンはザコそうなのに実のとこかなり強い…好きだった。どうせ戦力外ならもう見た目とかこんなんでいいだろ?みたいな今回のウスターの扱いがアレだから、プリンプリンは正統派の速水さんが演じるような美形のおじさまにでもなって再登場?

 そして思う。コロコロの作品ってヒロインいねぇ作品多いなぁと。ヒロインというか女の子がいないな、コロッケ。Tボーンは本来女の子としてデザインしたのにそう見てもらえず男キャラになったってのが実に惜しい。…そりゃアニメ版でオリジナルで美少女キャラ追加するわ。…いらなかったとは思うけど。

 しかし、これはアリというか、コロコロアニキで「小学生漫画」描いてもしょうがねぇだろっていう。子供の頃読んだ作品の続編が「何でこうなった?」になってるってのはいいと思う。

 ちなみに勇ネプは戦闘が早送り出来るけど…そんな機能つけるぐらいだったら…まともなバトルを最初から作れ。あまりにも遅すぎる戦闘にさすがにこれはNGと思って早送りモードつけたんだと思うんだわ…そこはまあ仕事したねと思う。作り直すにも金かかるから早送りが精いっぱいだったんだろう。マニュアルとかに説明もないし、急づくりなんだろう。…でも、もう何かさ…「行動をメニュー画面で3つまで選択できる」けど、戦闘は1ボタンで行うので、他の行動とりたかったら隊列変えろっていう。メニュー画面が「左右ループ」しないので、右端のメニューに行くのが面倒。でも、右ぃぃぃの方に使うメニューが置いてある。そして、遅い、カーソル移動が遅い。何やるにしても遅くてメニューいじりたくない。スキルの入れ替えとか面倒でやりたくない。装備の変更もしたくない。戦闘中のアイテム使用も面倒な操作になってるし、逃げるのも手間かかる。ひとことでまとめると「ヒドい有様」。その上、つまらない。会話テキストがつまらないのは何ごとだ?それしか売りが無い作品だろうに。キャラの会話が苦痛でしかない。あー、後、戦闘中に「先行入力が効きすぎる」。どこでボタン押すのかわかりにくいからなのかもしれんけど、隊列変更しても「しない」からボタン連打する。するとちょっと後にものすごい勢いで隊列変更しまくる。高速でぐるぐるぐるぐる回るからね、最初何事かと思った。ホント何でこんなクソ仕様にしたんだろうな。まともに作る能力無いなら、普通にコマンドバトルにしてくれよ。それかいつものそこそこ考える余地はある位置取り式の戦闘か。

勇者ネプテューヌものすごくつまらない

 安定しすぎだろ。裏切ってくれてもいいんだぜ?普通のRPGを極端につまらなくするとか相変わらずすごい才能を見せてくれる。

 RPG系のネプテューヌの中では今までで一番つまらない。シナリオはVがヒドすぎるからアレ以下にはならないだろうけど、ゲームとしては四女神オンラインを余裕で超えたと思う。四女神オンラインは「クソゲーだなぁ」と思っても、つまらねぇ、とかはならなくてそれなりにプレイ出来た。勇者ネプテューヌはネプUとか激神ブラックハートとかと同じでプレイする気が失せるレベルのやつ。外伝的ジャンルでなくてRPGでこれをやらかしたか。

 ネプテューヌは基本的にクソゲーしかない。わかってて買ってる。けど、こんなにもがっかりしたのは初めてだった。どこがどう悪くてプレイする気が失せるとかじゃなくて、あまりにもつまらさすぎてプレイしたくなくなるってのはネプテューヌシリーズであってすら「やらかした」といっていいと思う。今のとこ、見た目がキレイってぐらいしかいえない。

 チャイルドオブライトっぽい見た目なら、戦闘とかのシステムも普通に真似てくれてよかったんだぜ?アイテム集めアクションとか苦痛ではないけど、「で、何?」なんですよ。

 今回はさすがに感心した。ネプテューヌの底力見せてもらえた気がする。多分、いつの間にか信者のレベルになってたと思うんだ。でも…まだ底では無かったのかと信者レベルまだ低かったらしい。きっと、これもまだ底じゃあない。もっとヒドい代物が今後も出てくるだろう。そう思うとVIIRは「ものすごく良く出来てた」んだなと楽しくなるな、過去にさかのぼって。何だかんだ、ネプランカーに熱中したしな。

勇者ねぷてぬ開始

 チャイルドオブライトかのようなすごいいい雰囲気、海外のゲーム感。BGMも何かネプテューヌとは違う。名作やってる気分になる。

 が、オープニングイベント終わると、「ねぷーねぷー」って寝てる。見た目の雰囲気すごいいいのに、ねぷねぷ言ってる。そして、何か「住民税としてゲームソフトを納税しろ」とかとんでもないセリフ。台無し。そして、「このシリーズの主人公だよ」…台無し。BGMと背景の場違い感。

 これは、名作RPG的世界に紛れ込んでもネプテューヌだと、ねぷ色に染まってしまうという事なのか?

 ゲーム内容はわかんないけど、ネプテューヌとは思えないぐらいクオリティ高ぇ、今回。ただせっかくジャンプボタンまであるのに、ジャンプにボイスが無ぇ。今すぐアップデートだ。カンガルーのようじゃないねぷはねぷじゃないから。…あ、しゃべった。10回に1回ぐらいしゃべるのか。いや、ぴょいーんぴょいーんかんがるーのぴょいーんかんがるーのようにじゃーんぷじゃーんぷとか、これがネプテューヌじゃないか?無言無言無言無言カンガルーのように無言無言…何か違う。すっごいさびしい。

メアリスケルターやっと完了したので勇者ねぷてぬ

 問題点多くてとても褒められた作品ではないけど、最後の最後…リメイク版初代のエンディングだけはとてもよかった。最後がいいとそれだけで救われる。

 トリリオンはエンディングというかスタッフロールで盛大なネタバレ。妹に加えてワンコまで出撃するのか。いや、CG欄の空白の数多すぎだよなぁとは思ってたけど、犬じゃなくて他のキャラだと思ってた。天使さんとかさ。

 勇者ねぷてぬは…ネプテューヌシリーズで唯一発売直後にプレイするタイトルになるのかな?発売日には今までも買ってきてるんだけど、古い作品終わらせない事にはと後回しにしてきてたから。ようやく追いついたって事になる。

 それに合わせて発行されて電撃ねぷてぬ4号。イベントビジュアルシーンが既に公開されてるけど、温泉シーン…真っ白じゃねぇか。原画とは言わないけど、ゲームに載せる前のイラストだろうに既に真っ白とは何ごとなのか。勇者ねぷてぬが発売直前にいきなり延期されたのはこういったシーンの修正の為だろうと言われてるんだけれど、

 3TBのハードディスク買ってきたので、現在そちらに「もうプレイしないだろけど、もしかしたら再開するかもしれない」タイトル…無双スターズとか星矢とかジョジョとかを移動中。意外と時間かかっていて、ゲーム開始出来ない。裏でやってくれよ、裏で。が、これでごそっと空きが出来て安心して新しいゲームをインストール出来る。というかEXレイヤーは結局年内にテリー来ないのな。

 元々アリカのキャラと餓狼のキャラは方向性が似てるんでテリーが加わる事に全く違和感が無い。他の作品のSNKキャラと比べると元からいたんじゃないかってぐらいになじむだろう。が、問題は必殺技の数々。彼の技はアリカのスーパーキャンセルのシステムにとても馴染まない。

 アリカのスーパーキャンセルは特別何も消費することなく、スーパーコンボ…いわゆる超必を必殺技、スーパーコンボのほとんどどこにでもキャンセルをかけて繰り出す事が出来る。ただ、テリーはスーパーコンボを持っていないし、必殺技もキャンセルに向かない技ばかり。KOFのように、必殺技>超必殺技程度であれば問題ないんだけど、必殺技>スーパーコンボ>スーパーコンボ>スーパーコンボというつなぎんは全く向かない。

 パワーウェイブは飛び道具、バーンナックルはヒット効果がダウン、クラックシュートは空中に浮いている、ライジングタックルもヒット効果がダウンな上に空中に浮いてしまう。空中超必なんてもたないテリーにはクラックシュートとライジングタックルはスーパーキャンセルに向かない。クラックシュート着地後に硬直をキャンセルする形になるのか?まともに地上でつなげようとするとその組み合わせしかなさそう。

 バーンナックルで浮いた相手をパワーゲイザーで拾う事は出来るだろけど、パワーゲイザーの後が続かない。

 KOFからハイアングルゲイザー、MOWからバスターウルフ借りてきても、バスターウルフはゲイザーと変わらないし、ハイアングルゲイザーなんて「ゲイザー」出す前にキャンセルすることになるんで、威力が…。

 見た目は伝説のテリーだけど、MOW版のパワーチャージ導入して、パワーチャージ2段目キャンセルハイアングルキャンセルゲイザーキャンセルバスターウルフ…こんなとこか?テリーにオリジナルのスーパーコンボでも搭載しないとダメだな、ホント。ヒートアップゲイザーも結局ゲイザーで締めるから、ボディブローキャンセルというヒドい事になる。ダメージが伸びねぇよ、これじゃ。

 昔から「○○だったらSNKプレイモアの方がマシ」と言い続けてきたけど、今のSNKだったら餓狼キャラに関してはアリカに権利全部譲渡して欲しいと思える。SNK製の餓狼キャラは今現時点では見たくない。が、舞の出来は良かったけどチームニンジャの餓狼キャラはやっぱり違うし、鉄拳とか論外。アルカナブラッドの庵は良い出来だったけど、エクサムのゲームは餓狼とは全然違う。現状、アリカだけがありだと思える。まあ、EXレイヤーもプルムとかヒドい事にはなってるけどさ。ある程度仕方無いと受け止めないといけないとこもあるだろう。

 ただ、ストリートファイター×鉄拳で失敗してんのにそれを真似たかのようなゴウキだかゴウギだかは今後一切採用する必要無ぇっす。どういうバカがああいうの採用するんだろうな?思いつくのはいい。採用しないだろ、普通?絶対面白くないってプレイするまでもなくわかるんだから。いや、実装してみたら案外面白かったなんてこともあるかもしれんから、試験的に導入してみるのはいいだろう。試験的に導入して「ダメだこれ」と気づいて廃止する勇気が何故無いのか?アリカ製餓狼キャラはOK。ただEXレイヤーのシステム構築したヤツはいらない。業界を去って下さい。

格好良い駅名とか技名で出てきたやつが、中2どころか小学生レベルのものばかりだった

 漢字格好良いっていって「屁」とかデカデカと書かれたTシャツ来てる金髪さんとほとんど同レベル。センス悪いとは言わないけど良いともいえない駅名が並ぶ

 不知火とか「格好良い」って思うセンスは10歳ぐらいで卒業しとけよと思う。「百八式・闇払い」格好良い…10歳で卒業しろよ。

 やたらと「ヲ」とか使いたがる庵野さんみたいな一種の病気に思える。

 つまりあれだろ。「如雨露」が格好良いって感じる残念な連中なんだろ?…でも、猛虎重爆も虎挟みもダメ出ししてタイガーファングとかセンス無い技名採用するんだろ?虎挟みサイコーだろ?虎挟み!!

 今さらタイガーマスクW見たらすごい面白かった。旧作知ってればより楽しめるけど、知らなくても全然OK。タイガーマスクがもってた悲壮感完全に消えてるけど、タイガーマスク感あるっていう。原作漫画の続編はII世、アニメの続編はWと完全に派生しちまったけど、II世よりはWを支持する。初代は圧倒的に原作版支持なんだけどさ。タイガー・ザ・グレートとか誰だよ、それだし。が、その存在ていこそのWっていう。

 誰だよ?な唐突な登場だったふくわらマスクもいいキャラだったし、ミスターXと違って、所属選手の気を使っていて、プロとして興業を盛り上げる事も出来る超有能なミスXもとてもいいキャラだった。Xウーマン化も含めて。いや、みろりんの人じゃなくてな。…みろりんってアレ、水谷さんが「来てみろりん」とかやってたCMが元ネタだよな?いや、今さらどうでもいいんだけど。ああ、庵もテレビでCM見てて、そのフレーズ頭に残ってたんだなぁと思うと可愛い。とっさに出てきた女の子らしさのフレーズがその「みろりん」になるところも可愛い。

 ただ、レッドデスマスクが旧作同様にあっさり使い捨てられたのは残念。海王とか「またお前かよ」なキャラが何度も出てきたのに。「ただ握力がものすごく強いだけです」「必殺技ものすごく地味です」な旧作の赤き死の仮面とは全然違うキャラだったけど、すごい好きだった。ただ握力だけの彼が。

 そう、この名作でちょっと残念だったのが、レッドデスマスク再登場の「復帰サバイバル」みたいなゲーム。ゴールすれば復帰できる。共闘してもOKだけど、1人倒す度に「凶器」ゲットできるというルール。…凶器ゲットするより「全員で協力してゴール目指す」方が絶対有効だよねっていう。「凶器を手に入れると他の参加者をより倒しやすくなる」…いや、倒す必要ないし。復帰条件はゴールだから。このエピソードのとこはちとテキトーで残念だったかな。覆面レスラーは覆面つけてリングネームで呼ばれているのに、タイガー・ザ・ダークだけ素顔で参加させられて、当然のように本名で呼ばれてたり。

 アニメ版ではその正体がグレートだったミラクル3が原作の「実は3人でした」のを元に「ミラクル1」「ミラクル2」「ミラクル3」「ミラクル4」と増殖していったのもすごく良い展開だった。俺たちは増殖する!ミラクル1最後の最後まで好きだったよ。特に最終回の「敵も味方もミラクル1が負ける事を前提」に話進めてミラクル1キレるとことか。実際、最後の最後までミラクル1は欠点らしき欠点も見せず強豪レスラーとして存在してたのに、最終回で突然「ザコ扱い」されるご都合主義。いや、最終回はミスXの話か。尻出せー、尻見せろーとかあの世界の観客だったら楽しくブーイングしてるな。最後の最後に何だ、このバカ話?としておいて、本当の最後の最後にミスターNOが登場する。ミスターNO戦は描かれないけど、どうせ首もがれたんだろうなぁと想像するだけで楽しい…実によかった。でも、続編はいらない。

 ヒロイン「高岡春奈」が一見、鬱陶しいキャラに見えて実はそうではなくて、控えめなキャラで、そして恋愛話なんてやらずに終わらせたことが好印象で、ミスXともども今後が気になる…けどやっぱり続編はいらない。ミスXがプロモートして努力する春奈が組んで失敗するわけがないからな。これを面白く描こうとすると「とらのあな」がセコい事する残念な組織として描かれることになる。ミスターXがただでさえ残念なキャラだというのに。うん、旧作のX氏も何だかよくわからんキャラだったけど、WのXは「全部ミスXに任せておけば上手くいったろうに」というただの無能として描かれてて正体は不明だし、ホント何だったんだろうな?

 ああ、そうだ。レッドデスマスク使い捨て以外にもう1つ残念だったのは、ウルトラタイガードロップぐらい教えろよと、高岡拳太郎。タイガーの名を継いだけど初代タイガーの必殺技は1つも使いません。その挙句に「必殺技が無くて悩む」という展開。まずはウルトラタイガードロップ覚えて、「え、この技ってこんなあっさり攻略されるんすか?」とか。まあ、何かキン肉マンII世で見た気はするけど。フジヤマタイガーブリーカー…アニメ版だからウルトラタイガーブリーカーか?あっちなら意外と現代でも通用した気もするんだが…アニメ映えしないのかな?せめて、ウォーズマンに奪われた「ござーい」を取り返せよ、と。

ZとZZのミネバが同一人物だと考えてみる

 いや、だって見た目同じ子供の影武者とかおかしいだろ。一般的には本物をロリコン大尉…もしくは大佐が拉致した事になっている、が。いやいやいやいや、アクシズのセキュリティどうなってんだよ、それ?

 「よくもミネバ様をこうも育ててくれた」の意味、「俺の知ってるミネバと何か全然違う」。そう、我々が知るミネバは最初の最初から偽物だったのだよ!!とっくにザビ家の血途絶えてた。

 公式設定上はミネバより年齢が2つ程上なのか?プルがザビ家の血統なのではないか?というのは昔から言われていた。クローンだの隠し子だの、そんなことではなく、プルがミネバだと考えると割とすっきりするんですよね、実のとこ。

 ZとZZのミネバが別人ってのはやっぱり無理ないか?と。どんだけ有能な幼女様だよ?まあ、プルツー見ると、クローンに英才教育というか睡眠教育だか、その他非人道的な何かやれば有能に育つのかもしれんけど。本当に有能ではむしろ邪魔になるんだ。ミネバを演じる事にだけ天才的…何だ、それ?

 結局、プルは未だに正体不明で、プルツーとプルシリーズの正体も不明。プルツー未だに双子説あるけど、双子って…じゃあ、プルシリーズ…プルクローンとされるのはどっちのクローンだよ?プルツーとかヒドい名前と作中のプルのセリフとで、プルツーがクローンなのはほぼ確定だろうになぁ。プルがザビ家の血統なのもほぼ確定してるとは思うんだけどな。それも試験管ベビーとかでなくて。ただ、そうするとミネバ以外に該当人物がいねぇっていう。日本人には8歳に見えなくてもアメリカ人にはアレが8歳に見えるかもしれないじゃないか。コナン君なんてあんなに色々知ってるけど小学1年生…6歳だぞ?コナン君の正体が高校生?何をバカな事を言ってるんだ。そんなこと有り得るわけないだろ?

最近の少年漫画はけしからんとか言ってた20代の藤子さん

 まあ、20代後半はベテランの域って時代だけどさ。今改めて「2人で少年漫画以下略」読んでるけど、半世紀以上前の話なのにそうと感じないのが面白い。石森さんのトキワ荘の青春買ってみたけど、結局時代の変化に合わせて作品も変わっていく。変わらなかった、変える気無くて本気で憤慨してた寺田さんは自殺した。実質自殺だよな?

 今どきの何とかはともかくとして、実際には言ってる人はあまりいないのが「今の○○は昔の○○よりつまらない」。これを言う人はあまりいない。これを言うのはおっさんに口げんかで負けた子供が悔し紛れに発言ねつ造するパターン。

 アニメや漫画、ゲームは昔と今とどちらがってのは無い。敢えて言うなら今は数が多すぎるんで、平均スコアみたいなのは昔より低くなるかもしれないってぐらい。アタリショックと同じで「質の悪い」ものも多い、これは仕方無いだろう。そういった評価に値しないようなものは最初から「作品」としてカウントしてねぇ。

 ただそれでも、いや、だからこそ言う。「ガンダムの漫画」に限っていえば、今はハズレばかりになったと。アニメ、漫画全般と同じで数が多すぎるってのはあるんだけど、それは「本来触れるべきでない人達が触れてしまった」感じがする。ガンダムというのは国民的アニメでも何でもない。知名度は高いけどさして人気があるわけでもない。つまり、完全にオタク向けだった作品。今の「ただのアニメ好き」程度の意味ではなくて、オタクの語源になるレベルの濃い人達。

 作品の隅々まで知っている。そこから妄想を広げられる、そういう人達がかつてはガンダムの漫画を描いていた。が、今、昔のオタクな人でガンダムの漫画描いてるのって何人いるんだ?クロスボーンゴミ描いてる人ぐらいか?

 まあ、ガンダムなんていうもう踏み荒らされて、踏みにじられ、見るも無残なものにしがみついてる連中じゃゴミしか描けなくても仕方無いんだろうが。ガンダムっぽいガンダムの漫画描いて何が楽しいんだ?誰が楽しめるんだ?