旧1 旧2 旧3 旧4 旧5 旧6 旧7 旧8 旧9 旧10 旧11
カモメは飛んでいるか? SNKハイスクールコレクション Vitaトロフィーコレクション
おんたまげった! 萌え2次大戦(略)2 SNKギャルズ 氷の弓使いさんの装備グラフィック集(1/1更新)

空の軌跡で孤児院に放火されたが犯人は普通に考えて市長と秘書

 孤児院が火事になったとの連絡で孤児院に直行。現場を調査した結果、ほぼ確実に放火。調査結果を少し離れた村にいる院長に報告。そこに離れた街にいる市長がやってきて「誰だか知らないがヒドい所業」とか言い出す。…待て、放火だと知ってるのは現時点で主人公達と院長だけだ。市長が現れたタイミング的に市長が火事後の孤児院に行ったわけもない。

 そして、秘書が突然「あいつ等が怪しい」とか言い出す。市長は院長に「孤児院建て直すの無理だろ?実は使ってない別荘があるからそこを使ってくれ」…おいおいおいおい、もうこれ完璧に市長が犯人だよ。犯人じゃなくても犯人だよ、殺そう。もうぐさっと刺しちゃおう。シナリオがテキトーなもんで、やらかしてるのか、犯人の提示なのかわからん。怪しい場合、ヨシュア君が実は気づいてましたとかなるんだけど…市長に対する態度見てると全くその気配が無い。が、名探偵でなくても「火事後の孤児院見てもいないお前が何で放火だって知ってて、ヒドい状況だってわかるんだい」なんだよなぁ。これ、会話テキストやらかしてる、やっぱり?が、まあ殺しておけば間違いない。犯人じゃなかった場合はまあごめんなさいで済む。問題無い。

 孤児院の土地が何らかの理由で欲しかった。孤児院の土地に見られてはまずい何かがあるのが今さらわかった。そうでないなら、別荘に移動させる事に意味がある。市長と秘書殺しておこう。

 金田一少年ならもうじわじわ市長追い詰めてるとこだよ。…少年はおっさんになっても反省してないよな。犯人を追いつめるなっていうの。全員集めて犯人どきどきさせちゃダメだから。

賛成派一方的に殴られてるけど、殴られてるという事実を無視して殴られ続けてる

 たった1行の記事なのにコメント欄大賑わい。夫婦別姓云々。数少ない賛成派が「格ゲーはジャンケンが云々、頭脳性能が云々」とか言い続けてるバカと同じぐらいに「相手の言う事を聞かず」同じ事を言い続けてる悲惨な図。少しは相手の意見を聞け。全く議論にならない。

 どうでもいいと思ってる派というか、そんな派閥は無いけど、心底どうでもいい人からすると、一体どこで何が対立してるのか。どこに対立要素があるのかってなる。

 夫婦別姓をそこまで嫌がる理由も、同姓を嫌がる理由もどっちもわからない。どちらかというと、別姓を嫌がる方がより理解出来ないかな。システム構築とか面倒だし無駄に金かかるけど、それを無視すれば一体何がそんなにイヤなんだろうね?子供の姓なんて「どっちでもいいだろ」としか。まあ、どっちでもいいと思わない人がいるのはわかるし、その考えは理解出来ないけど、その考えが異常だとまでは思ってない。でも、「何がイヤ」なのかがわからない。

 まともに議論したら、反対派は勝ち目無いと思うんですよ。なのに、あのコメント欄、賛成派がキチガイばっかりでぼっこぼこ。でも、ぼこぼこにされてることにすら本気で気づいてなさそうな真正とその真正に乗っかって劣性なのを無視してるのと。さすが、ニコニココメント欄だなと思う。

 反対派がいう「同姓でも旧姓を使う、名乗るのは自由」みたいな言い分をそのまま信じるなら、じゃあ実際に別姓である事と一体どれだけの差があるのか?と。いや、これはわかるんだよ、言いたい事は、実質大差無いなら、金かけて面倒な大幅なシステム変更するぐらいだったら変えない方がいいって理屈は。でも、それはそのまま「変えてまずい事もなかろう?」になる。決定的ではないんですよね、これは。まあ、決定的な何かがあればとっくに決着ついてるんだろうけど。

 心底どうでもいいと思ってるんだけど、理屈としては「賛成派」になる。まともに考えて利点はほぼ無くて問題点しか無いと思うんだけれど、その問題は正直に言って些細な事で金と時間で解決する。つまり反対するに値する特別な何かが無いので「どうでもいい」なんだけれど、だからこそ「敢えて」というなら賛成となる、理屈としてはね。ただ、感情としては「反対派」かなー。賛成派のこのキチガイっぷり見ると、負けろクソどもと思えてくる。相手の意見聞かずにゴリ押し、一見相手の意見聞くような態度とっても、相手の意見を全部却下して「反対意見は無い」「まともな意見が無い」とするような奴らはいらない。決定的材料が無い以上、こんなもん感情を優先させればいい。そうすると賛成派くたばれとしかならない。そういう話でした。まあでも、どうなってもどうでもいいよ。関係ないし、田村さん、本名田村じゃないけど、田村名乗ってるし。

1つ前の雑記はヒドいので没にしようと思ったが

 まあいいやと。ふと、これは常識なのかな?と思った事があるので。没にするよりはつなげようと。

 うるう年。これの理屈は公転によるもの、さすがにこれは常識でいいだろう。が、4年に1日追加するだけでは少しづつズレてしまう。なので100年に1回うるう年は無くなる、ただしそれだとやっぱりズレてしまうので400年に1回はうるう年になる。まあ、2000年がその400年に1回だったってのもあるし、そうでなくても小学生の頃にはもう知ってる常識だと思ってる。が、実際のとこどうなんだろう?と。

 何か以前にも「これは常識なんだろうか?」みたいなのやった気がするな。

 一般常識ではないけど、日本人ならそれぐらい普通知ってるよねって類だと、相撲…大相撲で三役とは何かとか。番付を上から順に十両ぐらいまではわかるのは常識ではないだろうかと思う。「関取」とは何かだとかは常識の範疇ではないかなと思うけど。メガドラの「ああ播磨灘」はさ、アレは非常識なんだよね…ものすごい体の色をしてるとかものすごいジャンプ力とか必殺技があるとかそういう事ではなく、「(優勝決定戦でもないのに)同部屋対決をしている」「横綱同士が序盤に対決してる」…こんなのはほんの1年だけでも大相撲見続ければ「そんなバカな」ってなるレベル。その程度の事すら知らないで大相撲扱ったら「ふざけるなよ」ってなる。…まあ、そういう「何でその程度すら調べないの?」をやらかしてる作品ってのは漫画だと結構あるんだけど。

 ああ、相撲といえばさ、バキの相撲編。最初の最初で「スクネ」って名前で、野見宿禰と言い当てて、それが常識だみたいな感じだったけど、いやいやいやいやそんなバカなと。野見宿禰を知っているのが常識かどうかって話ではなく最も有名な「スクネ」は武内宿禰だろう?と。格闘家にとっては野見宿禰は当たり前なのか?とえいば、それも「そんなバカな」っていう。別に力士でも格闘家でも無ぇし、野見宿禰。武内宿禰はギリギリ常識の範疇なのかな?と思ってる。ただ「宿禰」とは何か?ってのは常識ではないと思ってる。Wikipediaの宿禰見ればまあわかるか。ほんの少しの「調べるという常識」さえ持っていれば、「スクネ」とか言い出して、「野見宿禰の事だ」なんてバカな事はやれないはずなんだけどね。こういうのは漫画家自身も調べるべきなんだけど、編集がしっかり抑えるべきポイントだと思うんだわ。こういう事を出来ないならホント編集なんていらない。作者と読者との間で余計な金を発生させてる作者読者双方にとって有害な存在。キャプテン翼もルール無用のサッカーバトルやってたけど、まあアレはもうそういうものだと最初から認識してたと思うんだ、編集も。作者はただ単にルールまともに調べてなかっただけだろうけど。

ホント、バカしかいないのな

 だからお前らは常識を知らないバカだというのだ。知らないからバカにされる、当たり前の話で、こんなのに同意してうだうだ言ってる奴らほぼ全員バカ。

 人種、性別、年齢、職業その他色々でその場その場での常識がある。知ってて当然のはずの事を知らない、だからバカにされる。もちろん、とうでもない「そんな常識は無ぇよ」な事を言い出すヤツもいるが、そんなもんは少数だ。

 常識は「学ぶ」って時点で間違ってる。「ルール違反だけど常識」となってる、関東だけなんだっけ?エレベーターの右側を開けるっていうの。これを実践するか否かは別として知っているかどうか。そんなもん「教わった」ヤツはほとんどいないだろう。見て理解する。当然、最初の最初は「知らない」だろうが、それを非難される、バカにされるなんて事はまず無いはずだ。あったとしたら災難だったなっていうぐらいかなりの事故だ。

 今もやってるかどうか知らないけど、随分前にテレビの番組CMで「鶏肉って何の肉?」とか宣伝してた。さあ、これをいつ学んだ?

 「知った気になってしまった」事で間違って覚えてしまってヘンな事をする人もいるけど、それもまた「非常識」なんですよ。

 大人が自販機の使い方すらわかってなかったらどう思うか?新人社会人にも見えないスーツのおっさんが、電車で降りる人を無視して我先にと乗り込んでたらどう思う?「マナーが悪い」「わがまま」…そして「常識が無い」。バカにされる、当たり前の話で、常識が無い事で「バカにされる」レベルってなると、よっぽどの事なんで「社会がおかしい」と考えるより前にとっとと人生卒業だ。自分は間違っていない…それでいい、が、それではこの先もずっと周囲に迷惑をかけ続ける人生だ、お前さんは。親も学校も何も教えてくれなかったと最後の最後まで自分以外の何かに責任押し付けていいから人生リタイアした方がいい。この先楽しい事なんてきっと無い。

 知ってて当然の事を知らない人間には「教えるだけ無駄」だぞ。大体の人がもう経験でわかってる。教えた事は覚えるかもしれないけど、この先も「何でこんなことも知らないの?」が続く。きっぱり見捨てる、切り捨てる、それがむしろ優しさだろう。…これでいてあのコメント欄の連中、何かあると「そんなこともしらないでクレームあげるのか」みたいなやつばっかりなんだぜ。ニュース見るまで自分も知らなかっただろうにってやつも多いのに。

ギャンブル漫画における作者の都合で不自然にこねくりまわされたルールのゲーム

 読者が「ん?」って思ったルールや舞台装置には、ほぼ間違いなく何らかの仕掛けがある。これが作中のキャラのイカサマ用に「キャラが仕掛けた」ものであれば許容できる。が、大逆転みたいな事をするために妙なルールになってるのは興ざめ。

 嘘喰いのGI編。GI編って名前かどうかはともかく…「一度ゲームが終了してもレベルは継続」というセリフが「は?」だった。当然のようにこれは作者の都合による仕掛けだった。が、こんな有り得ないルールで「大逆転」とかやられても、そもそもルールがおかしいだろっていう。

 作中キャラの仕掛けだと、海戦ゲームと呼ぶのもおこがましいクソゲー。「艦は動かせない」「爆撃はどこにでも出来る」「隣接に爆撃されても何も無し」…運ゲーである。「轟沈すると連続して爆撃可能」「続けて豪血した場合ボーナスミサイル」とかいうけったいなルール、そして最も意味不明なのは、海マップに艦を配置するのはそれぞれの携帯端末で行うけど、配置したら用済みで、爆撃は対戦両者ともに巨大モニターを使い、モニターをタッチする事で爆撃するというもの。

 「艦が動かなかったら海戦ゲームは成り立たない」がまずあって、しらみつぶしに爆撃していけば絶対当たる。が、相手の艦の位置のヒントは一切ゲーム中に無い。隣接に爆撃しても何も起きないし、艦の位置に関係なくどこにでも攻撃出来る。前述の通りただの運ゲー。が、運ゲーを提示するヤツはいない。自分が勝てる何かを仕込む為に必要なルールのはず。そのヒントは当然、不自然すぎる巨大モニター。何故、そんなものを使うのか?普通に考えれば「見て欲しい」からだろう、対戦状況を。じゃあ、誰に見て欲しいのか。「誰」が「見」る事でイカサマその他、ゲームを仕掛けた側に有利になる事態になるのか。作中のキャラが仕掛けたと思われる不自然な舞台装置はまだ読者が楽しむ余地はある。

 が、ただ作者がこねくり回したルールのは最後まで読んでも納得いかない場合がほとんど。

 そして、神の領域というか、もうそれは先読みとかいうレベルじゃないて事までやらかしてた業の櫓の展開とかを。業の櫓というよりドティゲームと書いた方が原作知ってる人にはすぐ通じそうな気はする。そんな名前は出てこないけど、きっとドティゲームの方が通じる。

 対戦はリーダーとパートナーの2人対2人。リーダーには1〜10の好きな数をそれぞれ持つ。ゲームは互いのリーダーの数を合計した数値を当てるというもの。解答入力は4人それぞれの瞳というか網膜につき1回。ただし、最大入力回数は3回。…この時点でかなりルールを色々都合よく振り回してるのがわかるだろうか?

 嘘喰いはギャンブル漫画なのか格闘漫画なのかわからんぐらいに格闘要素が多いのだけれど、1人1回ではなく1人の網膜につき1回。相手を殺そうが何だろうが、瞳さえあれば入力可能。つまり、1陣営最大2回ではなく1陣営が3回の入力全部確保する事も可能。まあ、ここは文句をつけるような箇所ではないな。

 問題はここからだ。合計した数を当てるとはいっても、自分の数はわかってるわけだから、実質的には「相手の数を当てるゲーム」。確率は1/10。入力は最大3回。暴力だろうが催眠術だろうが相手の数値をてに入れた方が勝ち。3回入力して全部失敗なら、「審判」役の勝ち。引き分けは無い。

 とはいえ、たとえ暴力振るわれても自分の数を言うわけもない。という事で、運営たる審判役が…実際にはちと違うけど面倒なので審判って事にしておく。審判がリーダー2人の直接対決を裁く。「数を宣言」して正解だったら、対戦相手は死ぬ。不正解だったら相手が「数を宣言する」。正解すれば対戦相手は死ぬけど、パートナーまで死ぬわけではないので、網膜認証を行う入力端末に先についた人が勝ち。正解が出た時点で早いもの勝ちになるけど、まあ実質「暴力勝負」になるはず。「はず」ってのはまあ、実際の展開はこういう想定をはるか超えた意味のわからない展開になったもんで。

 「数の宣言」は「有り得ない数値」は反則、その時点で死亡か?自分が5の場合、有りえるのは6〜15なんで、5以下、16以上を宣言したら反則。うん、ここもかなり作者の都合でいじくられてる部分だと思う。

 実際にこのゲームを行うとなったら、ほとんどの人は最初は11、次の人は10か12…リスクの小さい数を出していく事になる、自分の数がどうであれ確率は1/10。が、「有り得ない数値」は宣言出来ないルールのせいで、「宣言する数が実質固定」されてしまってる。自分が5だとして、15なんて宣言して正解でない場合、相手に自分の数が5以上であるとバレてしまう。たった1回の宣言で1/10が1/5になってしまう。とすると11を宣言せざるを得ない。よっぽど何か相手の数を高い確率でわかってるとか妙なイカサマ仕掛けてない限りは。

 実際の作中の展開を追っていこう。主人公「嘘喰い」の対戦相手は「対戦相手の心を読む」強敵さん。

 先攻後攻はジャンケンで決定。主人公が先攻。当然の11宣言…ハズレ、後攻が10宣言…ハズレ。これにより主人公は相手が9以下である事を知る。そして、それぞれ宣言した数から自分の数を減算した値でも無い事を知る。これで、主人公は正解確率1/7、対戦相手は1/8。

 ここで、対戦相手は「答がわかった」としてゲームを降りる。ちなみに主人公の数は9。つまり、この時点でわかるのは対戦相手は3〜9だという事。

 相手は主人公の数を既に読んだと宣言。それに対して主人公は「俺は自分の数を知らない。知らないんだから読めるわけがない」宣言。実際に自分の数を「知らない」でいる事は可能、説明面倒だから省くが。

 「お前のパートナーは絶対に入力を失敗してるから第2ゲームをしよう。今ここで俺を殺したら正解率1/7で挑まないといけなくなる」>「アホか、今ここで殺す」。

 本気の殺意で主人公を殺そうとする対戦相手に、自らの選択ミスを悟る主人公。…なんだけれど、入力失敗を知り主人公の目を潰すだけで終了。無茶苦茶なやりとり。

 そして第2ターン。ちなみに1ターン終了後から2ターン目開始までに単行本1巻分ぐらい。まあ、カイジに比べればそれでもかなり早いよな。というか熟考したり長々と会話したりで1巻じゃなくて大体格闘してるからね、格闘9:ギャンブル1ぐらいだよね、嘘喰い。言い過ぎなのはわかってるけど、印象としては大体が格闘だよね、しかも達人同士の。

 入力失敗があったので、対戦相手もこの時点で1/7、主人公は相手の入力値を知らないので1/7のまま、網膜は相手はパートナー1回分使用して、主人公は主人公が目を潰されたので実質1回使用、つまり暴力とか抜きにすれば互いに入力チャンスは1回づつで正解率は1/7という状態。

 主人公12宣言…ハズレ。相手14宣言…ハズレ。この時点で、主人公は確率1/5、相手は最大で1/3、最低でも1/6。入力猶予は後2回か?

 ここで主人公が相手の入力失敗値が8だと知り、パートナーに13を入力するよう宣言。この時点で読者は主人公の数もわかってないわけだけど、この雑記では「9」と答えを書いてしまってる。つまり、この時点ではまだ1/3で13,15,16の3パターンが有り得てる。にも関わらず13を入力するようにってのはとんでもないブラフ。8で失敗したなら13で確定だと「思った」と思わせる戦術。これで、相手は主人公の数は6か7の2択にまで絞り込めると「勘違い」する。ここで主人公は3ターン目を誘う。

 13と確定してパートナーを動かしてるのに3ターン目を行う必要があるのか?これを「殺意」と考えるか、13入力がワナと捉えるかだけど、普通は「13」はワナだと考えるだろう。さすがにここで3ターン目をやる意味がない、主人公側には。

 もうどちらかが死ぬしかない3ターン目。2ターン目から単行本で2巻ぐらい使ってるけど、ほぼ10割格闘なんで展開が遅いわけじゃないぞ。ずっと格闘して待たされるってのもヒドい話だけどさ。まあ、3ターン目だ。主人公まさかの13宣言…ハズレ、相手15宣言…ハズレ。これにより、答は16に絞られる。ただし、ここに至ってもまだ主人公の数は明かされてなくて、相手の数は5だという回想シーンがある。まあ、その回想シーンがあろうが無かろうがあまり展開は変わらんのだが。

 3ターン終了後、ぐったりして動かない主人公と入力に向かう対戦相手。対戦相手が1/1にまで絞り込める状況は限られているので、第3者から見ると対戦相手5、主人公4の9が正解のように思える。が、何度も言うが主人公は9。そして相手は14を宣言して外している…つまり相手の数は5ではない。自分の数が5だという宣言は「味方にすらもウソをつき、それが主人公に伝われば成功」な賭けの類。

 この第3者が正解は「9」だと信じる中、審判側の人間だけどゲームには関わってなくて両者の数を知らない爺さんは正解は「16」と予想。主人公が7で対戦相手が9。…なかなかに優秀な爺である。が、もう1度言う、主人公の数は9だ。

 第3者が「9」と予想したのは、主人公も対戦相手も「ダマシ」を入れていない事が前提。爺さんはそれを考慮に入れた。

 「有り得ない数値は宣言してはいけない」が「入力は制限されていない」から「9」を持っているのに、初回わざと「8」を入力し、自分の数は最低でも「7」だと相手に錯覚させる。絶対間違ってるとわかってて貴重な入力回数を無駄にするわけ「がない」という常識を利用したプレイ。当然、相手に入力失敗した値を知ってもらわないといけない。が、主人公側「見ていなかった」…対戦相手痛恨の痛手。が、どうにか主人公に入力ミスの値が伝わる。…誤解させる以上は8〜10のいずれかが本当の数だけれど、10を宣言してるので10は無い。そして潰していくと残るのは9であり正答は16となる。が、もちろんそうではない。

 対戦相手16を入力…失敗。

 答えは主人公9で対戦相手も9の18。爺さんは惜しいところまで正解してた。というかそれが限界だろう、普通。おかしいんだよ、18って答えは。

 まず、1ターン目後、答がわかってないけれど、わかったとして8を入力に行かせる。無論、2ターン目に行くことを前提に。主人公に疑われない為に本気で殺意を持って主人公に暴力。一方で主人公もその「ブラフ」が有り得る事を見抜いていて、本当に心を読んだつもりになって本気で入力したのか騙すためなのか確認しに「挑発」…「死んだら本気だった」「死ななければ嘘だった」と。結果、殺されかけ視力まで奪われた。相手の殺意は本物だった。

 が、主人公はそれでも相手が「ダマシ」の入力をしたと確信。8が本気の入力だったと騙されたフリをして、13に絶対の確信があるように振る舞う。対戦相手はそれを信じてしまう。

 対戦前から心が読めるかのように周到な準備をするところから始まり、どっちが騙されてるのかわからんという展開。この理屈はわかるけど、無茶苦茶だと言いたくなる展開は、ほぼ全て「妙なルール」による仕掛け。「正解を当てるゲームと入力装置は別にある」「入力回数に制限がある」「ゲームでは有り得ない数の宣言は反則となる」、一見無理が無さそうだけれど、展開を知らない状態で最初に読んだ時ですら「何でこんなルール?」って思う人が多いであろうこのルールは、この「実は騙されたフリをして騙しているフリをして騙してました」みたいな展開のためのもの。違和感覚えて当たり前。9と9という数だからこそ起きたってのもあるし、ルール聞いた直後に互いに何をアホな事考えてんだ?ってのもある。ルール聞く前に数は決まっていたから、ルールに有利な数をとかも出来ないし、ゲーム中に偶然正解当てて、対戦相手が死んでしまう事もどちらのプレイヤーにも有り得たし、これはちょっとね…と思う、やっぱり。疲れたから今日はここまでとするけど、やっぱりもっとシンプルなルールの方がギャンブル漫画は面白いよね。ワンポーカーもあんな長々とやらなければシンプルでよかったと思うんよ。

トロフィーコンテンツ更新

 だるまさんがころんだ。だーるまーさんがーーーーーーーころんだ。

 特に言うべき事もない。

既にクエスト制覇を逃している恐れ

 空の軌跡FCEVOLUTION現在2章。旅立つ前に寄り道してみたら掲示板に無いクエストが勝手に終了した。これは既に何個か取り逃してる?掲示板に無いクエストとかクエストじゃねぇから。ただのイベントだから。

 まあいいや、最初からトロフィーコンプリートは前提でプレイしてる。どんなトロフィーあるか実はまだ確認してないけど、イースと大体同じだろう。「宝箱制覇」「クエスト制覇」「最高難易度でクリア」とかがまず間違いなくある。難易度ノーマルでプレイしてるから、2周目で最高難易度でプレイするのが既に予定に入ってる。2周目だ、2周目。そして2周目に入る前にネットで確認する。なりふり構ってられない、か・く・に・んする。今確認すると色々引きずりそうだからしない。OK。というか行方不明の親父は仲間になるのか?それとも敵になるのか?いや、だってMUGENにいる以上はPCか敵として出てくるって事だろう?…NPCの可能性もあるけど。敵だったらやだなぁ。

変態仮面の人が変態仮面しか描いてなくて変態だなと思いました。

 きっかけはスクールランブルだった。そういえばスクールランブルとかいう作品あったなと突然思い出した。作者今何やってんだろうと検索すると不明だった。が、何故か随分前に変態仮面描いてた…そんな漫画もあったなーと作者検索してみる。作品リストに並ぶ変態仮面の山。

 それはそれとして、変態仮面の恐ろしいところは連載期間かなり短かかったのに記憶から消えない事だろう。誰もがみんな知っている「それは私のお稲荷さんだ」。

 それはそれとして、ふとそういえば「かくしごとアニメ化されるんだっけ」と検索。また神谷かよ!と…OK、頭の中では彼の声で再生されていた。問題無しだ。

 それはそれとして、仮面つけてるヤツってそもそも大体変態ぽくないか?ウサミミ仮面とかサモエド仮面とか仮面ライダーとかけっこう仮面とかシャアとか仮面ライダー2号とか今の私はネオドイツの女の人とかロビンマスクとかひょっとこ仮面とかマスク・ザ・ハンサム様とか仮面つけてる時点で基本ヘンタイと考えていいのではないかと。額に肉の字つけた覆面してる奴が正義のヒーローなわけないだろ。パンツ被ってるヤツは正義のヒーローだけどな。

唐突だが昔の子供も攻略情報見てただろっていうのはちょっと違うと思う

 ファミコンのゲームは難しいも間違ってるけど、今回のタイトルのも。おっさんが何か今の子供ではとか言い出すと、割と頻繁に返ってくる。

 だがね、ゲーム雑誌の攻略情報なんか役に立つわけがない…と思う。だって最後までやらんだろ、ああいうの?ホントに難しいのは最後の方だろ、普通。そして、攻略本…実際に売れてたから商売になってたみたいだけれど、アレ買う金なんかあるわけ無いだろ、一般人子供。1冊で1か月の小遣い以上の価格だろうが、あんなの。買ってられるわけがない。

 一部の根性の無い金に恵まれたクソガキは攻略本でプレイした気になっていた。そうじゃない子供はプレイしてた。これが答えだろうと思う。

 攻略情報アリでプレイしてたら未だにドラクエ2の炎の紋章やらロンダルキアへ続く洞窟とか語られねぇよ。そんなもん無しでプレイした当時子供だったおっさんが今でも過剰に語り継いでるんよ。

 ただ、中古でグーニーズ2の攻略本は買った、子供の頃買った唯一の攻略本。アレ無理…もっとヒドいのは主にナムコが何度もやらかしてるけど、コナミは珍しいんじゃないか?火の鳥も最後のがヒドいというか…実は最後の最後で詰んで借りたゲームだからその後プレイする機会もなく…大人になってネット見て「そうだったのか」と知ったわけだが…アクションゲームにそういう要素いらねぇから。スーパーマリオのループは子供でもどうにか出来る優れたゲームデザインだよな…ドラクエ2のもな、ああいうのを真似出来る人はほぼいないと思う…ただ不快な要素になるだけだから、大抵。

 まあグーニーズ2のはさノーヒントで「老人を殴る」行為をしないと必須アイテム手に入らない…しかも5回もだ、5回も老人を殴らないといけない。普通に考えろ…誰が老人を殴るよ?コナミマンなら殴ったよ?老人は殴らない。コナミマンは1回殴ると根に持って今後一切協力してくれなくなる心の狭いクソヒーロー。せめて1回ならともかく5回ってのはヒドくね?どうすれば気づくんだ、その答えに?検索してみた…何だと?必須アイテムではない?え、いや…でもそれ答え知ってるからだろ。いや、確かに攻略本あればそれが答えになるけど。まあ、普通にプレイする分には必要だろう。

 後はドラスレIVのマップは貰った。結局大して役に立たなかったけど、「え、こんな広いの?」と一瞬絶望したのは覚えてる。実際あのゲームにおいてマップなんて特に意味は無い。基本1本道だ。

 実際、攻略情報欲しいなんて思うゲームはかなり限られてる。実際攻略本みたいなのは昔の「ほとんど書くこともデータもない」ゲームより今のゲームの方が作り甲斐はあるはず。紙の本というメディアとゲームの相性はいいし、今こそ攻略本の時代なんじゃないかと思うんだけれど、手をつける出版社がいないってのは、やっぱり売れないという事なのか。無駄な情報てんこ盛りでクソ高ぇからじゃねぇの、売れない理由って。「売れないから一部マニア向けに高額で」って判断がそもそも間違ってるんじゃないのか?

 ホントどうでもいいことなんだけどさ、グーニーズ2の人魚のアニーさん。随分と昔に、当時の…いや今でも当然アウトあんだけど、ファミコンゲームのエンディング画像を少しづつ追加して公開してたんよ。ビデオに収録してあるんで、少しづつ少しづつやってた。飽きて途中でやめちゃったけど。で、人魚のアニー見て、上半身裸で全く隠しもしてないんですよ、でもそれ見て「乳首無いなぁ」と…当時全く思いもしなかった事を考えてしまい、ああ、大人は汚いなと。汚いなと。人魚さんは魚類だ、乳首なんかあるわけないじゃないか。…ホントに魚類かどうかは謎だが。ファミコンのエンディングと言いつつMSX2のゲームが混じってるのはナイショだ。

あっさり中止に追い込まれたぬくねこ電車とかいうクソ企画

 企画自体はクソだし中止になったのでいいのだけど、気になるのは猫カフェが協力していたという事。その猫カフェ大丈夫なのか?ここでいう「大丈夫なのか?」ってのは、そこは「まとも」なのか?って事。完全に金儲けとしてやってる動物虐待に近いとこではないのかと。

 一応は猫のプロだろう?なら、電車に乗せて猫が大人しくしてるかどうか普通わかるだろ?普通「無理です」と答えると思うんだわ。猫にも性格があるんで、環境変わっても興味津々で探検するヤツもいるけど、そのタイプは割と少ない。どこか隠れて落ち着けるとこは無いかと探す、が電車内にそんなとこは無いだろう…猫が暴れるか、おびえてるか、大声を出すか、逃げ回るか。…まともに成り立つわけがない企画なんですよね。そんなに「こういう企画でも大丈夫です」って猫を大量に抱えてる猫カフェなんてあるとは思えないんで。「家」ですら慣れさせるの大変、電車は無理だろう。籠の中に閉じ込めてるからってのもあるとはいえ、電車で動物病院行く時とか迷惑にならないよう鳴かせないようにするの大変だぞ、かなり。

 企画したアホはどうでもいい。つまり問題は協力してたっていう猫カフェ。「いちいち正体探るな」とか「晒すな」とかいつも書いてるけど、この猫カフェは名前を出してほしいところ。ものすごく危険な気がする。それとも「猫カフェの協力を得る予定」があっただけで、協力を得られてもいないのに客募集してたのか?

金を捨てるのも勿体ないので改めて日本書紀入門を全部読んでみた

 ムカムカしながら。ゴーマニズムは「小林よしのりヒデぇな」「自分だけが正しいとでも思ってんのかよ」とか思いつつもやっぱり不快ではない。が、この本はホント、何でこの国はこんなバカが生きてられるんだとイライラしてくる。思想の違いは仕方無いにしても頭悪いヤツはイライラする。

 全部読んでみて、やっぱり日本書記の事ほとんど触れてねぇなと。で、特定の何かを否定するためにその場その場で否定するための発言するんで、すぐにその後「それはお前が自分で否定しただろ」って発言が出てくる。矛盾だらけ。脳天ぱっかーんとかち割らないとダメ。何でこんなバカが産まれたのかと。

 ただ、気づくのは2人の著者の内、連名で「後」に記述されてる久野という人が主で、「前」に記述されてるバカはオマケだとはっきりわかる。ちょっと読んだだけでもそれは感じてたけど、全部読んでみると、久野さんは結構多くの分野に知識伸ばしてる。バカは相槌うってたり知ってるフリしてるけど「知らなかったんだろなぁ」と。実際、相手をたてる形ではあるけど、あまりにもバカすぎて実際内心見下してんじゃないか、久野氏はバカを。

 久野という人は決してバカではない。ただ、ものすごく思想が偏ってる。そして、間違ってる事をわかった上で事実の一部を隠してこれが正しいかのように語る。まあ、クズの類だな。バカはただのバカ。

 たとえばね、靖国神社。これを「明治に出来たもので、戦死者を神様にするなんてこんなもの伝統でも何でもない」と言う人…がいるかどうかはともかく、確かにいそうではあるんで、いるとしてその反論として、「敵との戦いで死んだ五瀬命を奉ったのが竈山神社だ。戦死者を神として奉るなんてのは建国前からやってる伝統じゃないか」と。こんなの発言した本人ですら「アホな発言」と思ってると思うんすよ。だって、無茶苦茶だもん。が、バカはノリノリで「いい指摘。明治以降の事だなんてのは例外が1個あれば崩せる。これからも竈山神社の事は語ってくれ」…バカをだますの簡単だな。

 まず、五瀬命は実在したかどうかがわからない。神武天皇の兄なんで、まず痕跡を追いやすい神武天皇の実在を確認しないと多分、兄の方はもっと実在確認は困難。ただ、実在したかどうかはともかく、戦死した五瀬命を奉っているという神社が存在すること、これ自体は重要。ただね…。五瀬命は生前から「神」なんですよ。戦死して神になったわけじゃねぇの。彼らの立場からすると、それを否定してしまうと、そのたった1つだけで彼らの主張の多くが崩れてしまう。彼らは「実際に神の子孫かどうかはともかくそういう設定である事、そう信じられていた事が重要」としている。ところが、ここで五瀬命が「人間」だったとすると、彼らはその根源…よりどころを失う。神社なんだから神が奉られているのは当然なんですよね。五瀬命はアマテラスの血を引く神。

 そして、神話で語られたその1例だけを持って「論破」だの「伝統」だのは無理だという事。2000年前にAという行為を行ったが、その後1900年間行われておらず、100年前に復活した。「2000年前に行われた実績があるから伝統だ」…通らねぇよ、それは。

 伝統というからには日本書記なんて持ち出さず実績を語らないと。五瀬命なんてどうでもいいんですよ、ここでは。もしそれが史実だったとしてもこの場合「どうでもいい」と言っていい。靖国神社の英霊という考え方とは全然違うんで。

 戦死者が神になるなんて伝統は日本にはない。無いけれど、日本という国ではそれは決して異常ではない。死後、神となった人間が一体どれだけいたか。祟るから神として奉ったってのも結構あるけど、その業績をたたえて神となった例もある。下らない反論だなと思う。「幕末の志士が吉田松陰や同志の死を無駄にしなかったのは日本書紀を学んだから」とかバカな事言い出すから余計胡散臭くなる。ここまで来るとむしろ「バカをバカにするため」に信者を装ってんじゃないかとさえ思えてくる。

 よくもまあ次々とバカな発言出るなと。「日本書記は天皇の正当性を示すためのものだという人がいるけれど、それなら複数の説を書く意味が無いし、天皇暗殺や敗戦を書く必要もない」…これなんかもバカな発言だよねと。久野さんとバカの受け止め方の違いとバカを誘導する久野さんと。

 まず、歴史書を作らせる。ウソには真実を混ぜるのが何たらかんたらというように最初からデタラメなものを作る必要は無い。まずは歴史書を作る、その上で「いらない」部分は削るし、邪魔な部分は改ざんすればいい。それは後から出来る事。神話時代の「こんな説もあるよ」だとかをいちいち削る改ざん者はいない。そんな面倒な事はしない。

 古事記日本書紀を最初に編纂命じたのが誰か?ってのも大事だよな。「白村江のボロ負けを書くわけがない」…天武が天智の失敗を書くのがそんなに不思議かね?

 面白発言まとめるかもしれないし、まとめないかもしれない。「日本がボロ負けしたのは白村江と大東亜戦争だけ。日本書紀に敗戦を記録したおかげで防備に力を入れてた。2600年で2回しかボロ負け経験してない」…お前らの1年が半分説だと2600年も無いだろ、日本の歴史。対海外の防備なんてしなかったから元寇は割とボロ負けでしたよね。日本の武士も頑張ったよ、うん頑張った。でも、実質モンゴルの自滅だよね。秀吉の朝鮮出兵も頑張ったよね、頑張ったけどボロ負けだったよね。「日本本土にダメージが無かった」っていうなら白村江も同じだろうしな。見なかった事にしないでくれ、お猿さんも頑張ったんだよ。そしてやっぱりペルリさんの脅迫外交に頑張って抵抗はしたけど…ああ、ぼろ負けとは言い難いからこれはまあいいか。まあ、「対海外の防備なんてまるでなってなかった」かと思うんですよ、というか日本書紀も古事記もまともに読めなかったってお前らが言ったんじゃないのか?どうやってそこから学ぶんだよ?

 小林よしのりと安田純平は名指しで批判されてたけど、小林よしのりはともかくジュンペイ関係ねぇ。「国の為に捕虜になって死ぬ…美しい。同じ捕虜でも安田純平は謝罪の言葉すら無くて何か元気だったよね」…ジュンペイ関係ねぇよ、やっぱり。元気だと何か問題あるのかという。小林よしのりの批判は「彼は旧皇室に敬意が無い」と、大丈夫だ、彼の皇室への敬意は口だけで実際にはただの「帝の血が入った肉」程度にしか思ってない、血にしか興味無いぞ、ヤツは。というか旧宮家ならともかく旧皇室だの旧皇族だのがまず間違ってないか?それに敬意持つ要素あるのかわからんが、そもそも。

 そう、ここでも久野氏はナイスバトン。「小林よしのり含め旧宮家復帰反対派は600年も前に枝分かれして血が薄いというけど、そんな事は無い。竹田家も明治天皇の内親王と云々」ナイスだ。散々、男系じゃないとダメだよねーと熱く熱く語った後にこの発言を引き出させる。「女系の血なんて意味が無い」としておいて…竹田家は明治天皇の娘の血を引いてるんだぞ!…だから何だだよな。ほんの少し前まで女性差別ではなく男性差別だの何だのぺらぺらぺらぺらしゃべって最終的に竹田家敬えよ、竹田宮だぞ、明治天皇の娘の血を引いてるんだ…女系天皇なんて有り得ない、旧宮家を復活させろ…明治天皇の血引いてんだ、ふざけんな…。何でこの人生きてんすかね?皇室とは何ら関係ないのに勝手にその名前使うとかもう死刑でいいだろ、このバカ。久野さん「竹田先生竹田先生」って楽しかっただろうなぁ。バカがノリノリでバカな事言い続けるんだもん。

空の軌跡FCエボリューションを始めた

 どれが1作目なのかわかりにくいわ。パッケージの情報で確認。「空」の「FC」が最初らしいと。FCのFはファーストかよ…わかんねぇよ、ファーストか1stとか書けよ。

 アホみたいに長く続いてるシリーズという事以外、事前情報全く無し。RPGなんだろうという事はわかるけど、コマンドバトルなのか体当たり式なのかアクションなのか、その他ほぼ何も知らない状態から。が、「あ、この親父は知ってる」だった岸野幸正さん演じるカシウス…mugenで見た。コメントでアホみたいに強いおっさんって事も知ってる。ちぃ、予想外なとこでネタバレか。まあ、強いって事以外知らんけど。

 あふれるPCエンジン臭。PCエンジン時代じゃなくてPCエンジン固定。PCエンジンというかスーパーCD-ROM2臭というべきか。天使の詩、ドラスレ英雄伝説、風の伝説ザナドゥあの辺りの「ファミコンとは違う」「CD-ROMの無駄な容量をこう使ってみた」感ある。レトロなんだけど豪勢にやってみました感と。…「匂い」としか表現できない何か。ものすごい懐かしい感じ。もちろん、PCエンジンのゲームでない事ぐらい知ってる。が、これは間違いなくPCエンジンスーパーしーでーろむろむ。

 ちょっと検索。…2004年?嘘だろ?あの古臭いゲームデザインが2004年だと?…ドラクエがしょっちゅう古臭い言われてるけど、正直言って…ドラクエ超えてるぞ、空の軌跡の古臭さ。別にそれがダメだとかマイナスだとか言ってないからな。

 世界観的なものとかシステム、会話テキスト、キャラクター…何もかもがPCエンジンのそれ。PCエンジンこそ至高のハードと感じていたおっさんには初めてプレイするゲーム、シリーズなのに懐かしくすら感じてとても良い。…古臭ぇなぁ、おい。で、ルーラとか無いんですかね?現代だからとかじゃなくてPCエンジンの時代においても風の伝説ザナドゥのお使いっぷりにうんざりしたもんだけど、現代でまでそれやらにゃならんのですかね、まさか?イベント進む度にちまちまい会話変わるのは…PS〜PS2時代って感じだけどな。それを目にする人がどれだけいるかもわからないとこに労力割いて何か無駄に頑張っちゃったみたいな。

潮が舞い何たら2巻の鎖鎌の話

 いいよな、鎖鎌、あの実用性無さそうな感じとか。フレイル式のモーニングスターに通じるものがある。ヘンな武器万歳。何ならセンベイで皇帝波を消してやろうかなのですよ。

 だが、いかんいかんぞ。鎖鎌の使い手に柳龍光の名が出てるのに彼の名が無いだと?…町内鎖鎌大会6位のお兄さんではないよ?30代に聞けば100人中100人がこう答える。鎖鎌といえばアースクェイク様だと。

 アースクェイク様に憧れて鎖鎌習い始めました。アースクェイクに鎖鎌の素晴らしさを教えていただきました。誰だってこういう、誰だってこう答える。鎖鎌といえばふじやーま。今の30代がまだナウだったりヤングだったりしたあの頃、皆で練習した鎖鎌。皆で目指したアースクェイクの境地。田村さんは30代じゃないから知らんけど。

 でもアースクェイクの鎖鎌はいいよね、実際。ヘンな使い方をしないでストレートに「飛び道具」として使ってるし、近距離用にも。巻きつけるとかくだらない使い方をしないのがいい。破沙羅のヘンな鎖鎌は好きじゃない。ヘンな武器は好きだけど、元々ヘンな武器を更にヘンにしたらダメだろう。鎖鎌はあのシンプルなデザインにこそ美がある。

 まあでも鎖鎌の話はもういいや。こちらの会話に混ざるでもなく、かつこちらに聞こえるように話題被せてくる奴ってのはいた。「魔界村は難しそうだから」みたいな話してたら、わざわざ聞こえるように「魔界村とか簡単すぎ」とか…もう聞いてて恥ずかしくなってくる、中学生かよって。ちなみに高校生の時。実際難しいか簡単かはどうでもいい。その自慢みたいな発言は誰向けなんだ?っていう。お前が魔界村を簡単だと思ってるかどうかなんていうどうでもいい情報を聞かされた友人?はどう反応すればいいんだい?ああいう人達は何なんだろうね、実際。いや、現実として魔界村を簡単と言えるヤツってどうなんだ?と。「クリア出来る」は別にいい。が、簡単ってのは同意しかねる。恥ずかしいヤツだなぁと今でも思う、やっぱり。だって、会話してる友人?にも当然、こちらのグループで魔界村が難しいみたいな会話してるのは聞こえてたはずで…内心「こいつ何言い出してんだ?」だろう。

 それはそれとして「大魔界村は簡単」とか言うヤツどうかしてると思うんだ。普段、ファミコンはどれも難しい発言はデタラメとか言ってるし、最低でも初代ダークソウルはヌルゲーとか言ってるけど、それはそれとして大魔界村が簡単ってのはちょっといただけないなと。全然簡単じゃねぇよ、ふざけんなよ。ステージ1であんなに何度も殺されたゲーム記憶に無ぇよ。ロックマン難しいはデタラメだと思う。どこがどう難しいのか理解しかねる、が、大魔界村は難しい。これが絶対的真理である。ファミコン版魔界村は難しいとか簡単とか語る必要無いと思う。…魔法使うと楽になるのかと気づくまで時間かかった大魔界村。そして魔法使ってもやっぱり難しいじゃねぇかと気づくまで時間のかからなかった大魔界村。1周クリアしたら2周目もそのプレイ中にクリアしてしまう程度に簡単だったではあったが。武器が強くて。

倭の五王とかいう、どの資料でも疑われてないよくわからない代物

 古事記ですら偽書説とかあるのに。これまで結構多くの本を買ってるけど、その真実性を疑った本は1冊もなかった倭の五王

 専門家じゃないからかもしれないけど何でこれが信用されてるのかホント理解出来ない。買ってる本が一般人向けだからってのもあるだろうけど、それが信じるに値する理由とか書かれてないからさ。

 倭の五王はリンク先のWikipediaを見ればわかることだけれど、中国の宋の歴史書である宋書に倭の五人の王「讃・珍・済・興・武」が朝貢したという内容。もう、いきなりこの時点で一般人からすると「は?」なんですよね。

 中国の歴史書に出てくる日本人ってのは、魏志の卑弥呼とか、隋書の多利思北(比?)孤とか、夜露死苦みたいに1音を1字であてたもの。なのに、宋書はそうではない?ヒミコにしてもタリシヒコだかタラシヒコにしても日本の名前としては納得がいくもので、その記述が嘘だったとしてもそれなりの説得力が伴ってる。ところが宋書のは1文字だけ。そしてその文字に該当する「王」とやらは日本には「見当たらない」と言っていい。その文字が当てられてる以上、何かしらの意味があるだろうに、見当たらない。

 見当たらないから、「○は〇〇天皇の事だろう」と無理矢理当てはめていってる。が、無理矢理当てはめるならそりゃあどうとでもなるだろうと。

 Wikipediaに宋書以外にも記載があるってなってるのは気にする必要がない。その他の書の原典、資料作成元が宋書なんだろうから。

 特に納得いかないのが「武が雄略天皇なのはほぼ間違いない」とされてる事。雄略天皇の和風諡号が「幼武」だからとか「今さら何言ってんの?」と。「ワカタケル」でも「タケル」だけでもいいけど、それが「武」の1文字…おそらく1音になる理由が無いし、そんな命名方法なら、残り4人も同じ文字を持った天皇がいるはずだろ。1人だけ「同じ漢字が使われてる」ってむしろおかしいだろ、そんなの。

 当たり前といえば当たり前だけれど、名前以外の面、業績みたいなのも天皇と一致しない。日本の資料が日本書紀なんで一致しなくとも問題ないという考えか?Wikipediaの武王に原文が掲載されてる。そこに「東征何たら五十五國」西服何たら六十六國」「渡平海北九十五國」とか無茶苦茶勇ましい事書かれてんだぜ。あの時代の日本がどうったかははっきりしてないとはいえ、東に55国、西に66国、海を渡って北に95国。和訳がどこかに無いと何言ってるのかよくわからんけど、東征、西服なんで、最低でも東と西は制圧、制服したって事だろ。ものすごい国の数だけど、これを天皇が制圧したと?国の数はともかくとしてヤマトタケルは確かに西に東に戦い続けたし、ヤマトタケル=雄略天皇説がある事も知ってる。けど、ここまでデタラメな記述を「多少の誇張はあっても」と無視するのキツくない?

 雄略天皇自体がね、出土した剣に「獲加多支鹵」とあってこれは「ワカタケル」と読めるから、つまり雄略天皇は実在した可能性が高いとされてる。けど、「幼武」って諡号であり諱でもある…っぽい。ちなみにここでの諱は「死後の名前」ではなくいわゆる「忌み名」。日本書紀の場合、諡号がホントに諡号なのかどうかわからんのでそこは置いておくとしても…諱が普通に使われていたら、それは諱でも何でもない。死後の名前が生前に使われるのもおかしい。日本書紀においては雄略天皇は自ら「幼武天皇」を名乗ってるんだけど、「神様」相手になんでそれを史実と認めるわけにもいかない。その剣の辛亥年が471年だっていうなら雄略天皇まだ生きてんぞ…日本書記が正しいならだが。生前の諱でるなら「諱を刻むなバカ者」だろ…当時と現代では事情が違うだろうけど現代人の感覚からすれば不敬だし「忌み名」を本気で捉えてたなら不敬とかいうレベルを超えて「絶対やっちゃいかん」事だ。歴代天皇の諡号の中には生前からそう呼ばれていたもの、本名っぽいものとか色々混じってるみたいだけれど、「ワカタケル」は呼び名ではないだろ、普通に考えて。「幼…ワカ」「武…タケル」のそれぞれの意味とか考えてさ、そんな名前つけねぇだろっていう。

 結局のところどこまでも都合よく解釈を続けていくと「どうにか当てはまる」レベルのものを積み重ねて、だから「武は雄略天皇で間違いない」とされても「そんな無茶苦茶な」と。むしろ「武」に相当する名の天皇がいなければその方がよっぽど納得がいった。武だけ「幼武」と文字が被るからとされると、じゃあ何で残り4人はいないの?と。考古学の世界は知らんけど、一般社会においてはそれが求められて当然で、5の内1つしか当てはまらないなら、それは「偶然」と片づけられて終わる案件。正直、超古代文明とか言ってる頭のおかしい連中の理屈とそんなに変わらないと思うんですよね。というかね、「獲加多支鹵」って「ワカタケル」って読めるか?「加がカ」なのはまあいいとして。結論が先にあって無理矢理「ワカタケル」って読んでない?これは検索すれば色んな論があるんで気になるなら勝手に検索すれ。

 「武」が雄略天皇ってのはまあいいとしよう。なら残り4人は日本書紀に記述されてる天皇ではないってのが現時点でのべたーな答でこれを無理やり天皇に当てはめるのはダメだろうと思うわけですよ。そうなるとじゃあ雄略天皇が五王の1人ってのも疑った方がよくない?と。とりあえず5人セットで「発見」しないとダメなんじゃないかなと。せめて2人かな。

 ちょっと、さっき書いた「ワカタケルが諱ならそんなもの刻んじゃダメだろ」って事で「天皇 諱」で検索。天皇の名前に〇仁が多いのは何故かとかバカげた記事があった。皇室典範には記載されてないけど明治時代に男子は「○仁」、女子は「○子」と決められたんだよ。多いも何もそういう命名ルールなの、皇族には命名の自由も無いのです。多いではなく全員「○仁」なのです。この国ホントダメだな…知っててくれ、それぐらいと思う。しかし、このリンク先のよくよく読むと意味がわからんな。「最近の男子皇族のお名前は、「○仁」というケースが圧倒的に多い。しかし、大化の改新の中大兄皇子は即位して天智天皇(38代)になった」とか何が「しかし」なんだ?本気でわからんぞ、どこに「しかし」がかかってるのか。天智天皇が「○仁」と何の関係があるんだ?……あー、わかった。理解力が足りなかった。歴代の天皇の中には〇仁じゃないものもいるって言いたいのか。でも中大兄皇子は通称だから関係ないぞ。〇仁ではないのも確かだけどここ中大兄皇子の名前を出すのは絶対に違う、だから意味がわからなくなる、「しかし天智天皇の諱は葛城であり〇仁ではない」なら意味は通るんだがね。水戸黄門さんの実名は「先の副将軍」ではないし「水戸黄門」でもないだろ?なのに、このリンク先のはそのレベルの事を言ってる。だから最初「しかし」が何にかかってるのかわからなくなってしまう。

 後は一応、〇仁の事が書かれてるとこへのリンク。都合よく「ワカタケル」の事にも触れてる。ワカタケルは尊称としてる。いや日本書紀では本人が名乗ってんだけど…「私の名前はスト様だ」とかいうようなもんだろ、それ。それ以外特別何かが書かれてるわけでもない。現代の命名規則とかの詳細が記述されてるっぽい「近現代における命名の儀」とやらで検索したけど、リンク先しかヒットしなかった。これは書籍名なのか?書籍名だとして全くヒットしないってのはどういう事なんだろう?

ザンキゼロ…トロフィーコンプリート

 簡単そうだったのでちまちまやってどうにか終了。運頼みな場面が何度も何度も何度も何度も出てくるけど、まあ難しいってのとは違う。さて、次どうしよう。ずっと放置してるアズールレーンとかもあるけど。まあ、放置してるタイトル実は他にもPS4だといっぱいあるがね。そして多分これらの放置タイトルは今後触れないんだろうなぁって。

 Vitaだと何かヒマだと思った時にふと放置したタイトルを再開する事あるけど、PS4をわざわざ起動させるってのはプレイする意思があっての事で、「そうだ放置してたのやろう」なんてまず思わないからな。

 ザンキゼロのテキトー極まりない設定面の雑記とか書こうかと思ったけど、他に気になってる事多いからもういいやと。とりあえず今は「昔は半年が1年だった」とかいうバカな説を「んなわけねぇだろ」と色々と材料用意してやろうと思っ…て実のとこ結構な量書いたんだけど、検索してみたら敢えてやるまでもないのかなと。しかし、このバカな説唱えてる輩ホント多いんだなと。主に天皇の長寿のとこで出てくるんだけど、彼らのほぼ10割が日本書紀原文をきっと知らない。日本書紀に西暦で記載されてるとでも思ってんじゃないか?そうじゃないなら皇紀とやらか?だからこんなバカな説を唱える、平気で。そうじゃなくても「何言ってんだ」だったけど。最初書いた時は「古代の風習詳しくないからそんな暦があったかどうか知らんが」と書いたけど…「そんな暦はなかった」でほぼ確定だと思うぞ、どうにも。最低でも記録に残ってる…有史以降は。そして有史以前の日本に暦なんて無いと思う。そういうものがあったからこそマヤ文明とかそういう方面ではもてはやされてるわけで、縄文時代の日本にそもそも暦はいらなかったろうと。つまり、有史以降は「そんなヘンな暦は無いのがほぼ確定」。以前は「そもそも暦なんて必要無かった」次代なんで、やっぱり無かった事がほぼ確定。この時点で色々な材料用意して「有り得ない」とやる事自体意味が無い。

また打ち切りですかね、西条先生

 打ち切りなのか本人がすぐやめてしまうのかよくわからなかった黒岩よしひろをもう圧倒的に超えた気がするぞ。

 割と安定して仕事が続いてる気はするけど、どこの雑誌で描いても1〜3巻ぐらいで打ち切り。長くても10巻超えない。そして、意味不明な終わり方をする。せめて完結させろ。打ち切りだからって投げ出して終わらないでくれ、毎度毎度。

 JKオブザデッド…ゾンビが群がる世界で女の子たちが麻雀する漫画。主人公らしきキャラがいきなり死んでその後も主要キャラと思われたキャラが死に…俺たちの戦いはこれからだ!全1巻。

 みなごろしのストラット…幕末ゾンビ。真田幸村ほか戦国武将たちがゾンビになって暴れて俺たちの戦かいはこれからだ、全2巻。

 鉄牌のジャン、VR…鉄鍋のジャンに似たキャラ達の麻雀漫画。ラスボスと思われるキャラと戦ってたらラスボスが死んだ…打ち切りかと思ったらVRとかいう続編が始まり…男塾のセブンタスク編かのように話の途中で強制中断し、俺たちの戦いはこれからだ。2作合計すると何と全10巻。大台乗った。色々と雑。

 キガタガキタ…恐怖新聞の続編。4巻まで発売され…作者本人から5巻は出ない宣言。打ち切りの挙句、単行本も最後まで出してもらえなかった。

 麺王フタツキ…ライトなジャン。ライトだった。全2巻だけどもしかしたら打ち切りではないかもしれない。

 365歩のユウキ…デタラメ将棋。奇乳しかいない西条作品の中で貴重なまったいらヒロインとゴリラが全3巻で駆け抜けた。これが打ち切られなければジャンにも「ぺったんこ」と「ゴリラ」が活躍したに違いなかった、サンデー読者が見る目無いから。ゴリラと将棋する漫画なんてどこで読めるっていうんだ、どこで。ゴリラ出る漫画とかクロマティ高校とスラムダンクと銀魂と大人気だ。つまりゴリラなんだよ。全くサンデー読者はゴリラの魅力わからないからダメだ。

 大棟梁…大工漫画。まさかのさわやかライトな週刊少年サンデーに「ハーハハハハ」と殴りこんできて駆け抜けていった。本誌追い出されて打ち切られた全3巻。

 結論として打ち切り作品しか無い。ゴリラ出さないからだよ、ゴリラ。ユウキ打ち切りはみもりの入浴シーンでうっすらとスジ描いちゃったからであり、決してデタラメ将棋やらゴリラやらコンピュータ着込んだアホやらが支持されなかったわけではない、きっと違う、だってゴリラ出したんだから人気出ないわけがない。

KOF世界における天武朝

 まず、天武天皇というのはどうにも胡散臭いというのは以前書いた通り。いきなり天智天皇の弟として出てきて天智の息子を廃して自らが天皇となってしまう。そして天皇のルーツとなる古事記を編纂させた。

 まともな歴史学者はこんな下らない陰謀論に耳を貸さない。ただ、こういうのはネタにはなる。天武天皇は皇族とは無関係で簒奪をしただけだというのは。

 実際、現在の天皇は古代の天皇を血を引いてるのかというと、引いてないと今でも思ってる。公式には現在の天皇は天智天皇の系譜という事になっているけれど、天武が天智の息子を見逃すわけがないだろうと、天武が本当に天智の弟だったとしても簒奪したのは事実で、天智の息子を殺してまで天皇の地位を手に入れたのに、他の息子を見逃すってのはどうにもおかしい。

 天武朝とでもいうべき天武の系譜は割と早い時期に途絶えてしまう。途絶えた事になっている。が、天武の系譜だけそんなにもあっさり途絶える事自体もどうかしてる。

 実際のところ、系譜を信じるなら現在の天皇は天武の血「も」引いている。が、その場合、「女系」となってしまう。何故か、生き残っていた天智の息子なら男系だってことで、現在の天皇は「天智の系譜」とされている。ただ単に「男系で継承されてきた」という事実を作りたくて、天武並に胡散臭い志貴皇子が担ぎ出されたとしか思っていない。志貴皇子自体は「日本書紀」に記されているとされているけど、Wikipediaに記載されてる通り、表記が色々ある、ただ単に「同じ音」の人を「同一人物」としてまとめてるだけじゃねぇの、これ?同音の天武の息子も存在してるし…わけがわからない。

 普通に考えて天智の系譜なんて残ってないと思うんですよね。何故か天武に見逃され都合よくその男子が産まれ、都合よく天武の系譜の女性と婚姻をした。…無いわー。

 系譜を信じると、こんな無茶苦茶な図になってしまう。何だこれは一体?

 舒明34
  ├────────────────┐
 天智38               │
  ├────┬─────┐     │
 志貴    │    持統41─┬─天武40
  │   元明43──┬───草壁
  │       文武42
  │        │
  │       聖武45
  │        │
 光仁49───┬──井上
      桓武50

 ギリシア神話かよ…承太郎が仗助の甥だってのもなかなか凄いけどさ。草壁皇子にとって天智天皇は伯父であり祖父でもある。文武天皇にとって天智天皇は大叔父であり、祖父であり、曾祖父でもある。

 桓武天皇からだと、父から辿ると天智天皇は3代目…曾祖父だけど、母から辿ると6代前になる。

 もちろんね、神話はもっとすごいんだけどね…神話と比較してもなっていう。ギリシア神話だとヘラクレスはペルセウスの孫なんだけれど、兄弟…異母兄弟でもある。うんまあ…父親がゼウスだから仕方無いよね。

 結局、KOF世界の話になってないか。まあ、つまり志貴皇子って何なんだ?が大きい。天智天皇の息子で光仁天皇の父親?何だ、それですよ。光仁天皇含めて「お前は誰なんだ?」だな。

 こういった事情を踏まえ、かつ謀殺されたとされる天武の息子である「大津皇子」とかも興味深いよね。オロチ一族の出身を「大津」としたのはオオチ>オオツという名前の近さだけでなくこの皇子の存在もあってこそ。天武が実はオロチ信奉者、オロチ一族で、それを数代で何とか滅して王朝を取り戻したと考えると壬申の乱はオロチ一族と三種の神器の戦いだったとも考えられる。天武朝が割とあっさり途絶えたのも一度は敗れたものの再起して王朝を乗っ取ったオロチ一族を討伐したと考えれば理解は出来る。ただ、そうすると古事記、日本書紀は一体何なんだ?と。この際、天武の他の業績は無視するとしても…どう解釈すべきだろう。

もちろんヒドいのはドコモだけじゃない

 どこもこんなだなんて主張は間違ってると思う。まともな人の方が多いだろう。が。このレベルで腐った店舗がソフトバンクでは割と当たり前なのは身をもって知っている。

 ぽろっと、人をバカ呼ばわりしたしな。客商売でこれはすごいと思った。何というか、全く教育してないんだなと。コンビニのバイトの方が遥かにまともで礼儀あると思うよ。

 無礼というだけならそんなのまあどうでもいいけど、「こいつ仕事する気あんのか?」って感じ。もうだいぶ前になる…リンク先のとは事情は違うんだけど、契約主が自分じゃなかったので、名義変更しようとしたんだわ。「元の契約者を連れてくるか委任状を持ってきて下さい」…委任状?どんな形式でもいいのか?ネットで検索してみると、ソフトバンクショップに特定の形式で用意してあるとの事。なるほど、嘘は言ってない。「用意しないといけない」けれど、そんなの言う前に「委任状の用紙を持ってきてから、これに記入して下さい」と言えば済んだ事だわ。再度店舗に行き、用紙を貰い委任状を書いてもらい提出。身分証明が必要だと言われた。…ああ、まあそりゃそうだよな…それも何ていうか委任状の注意事項みたいに最初に言ってくれないかな。何が身分証明に使えるか聞いて、運転免許のコピーでいいって事なんで運転免許を借りてコピーし持っていく。「コピーじゃダメです」…イラッ。お前じゃないけど、昨日行った時にコピーでいいって言われたんだが?…話が通じません、助けて下さい。

 現在の契約者の身分証明はコピーでいいって書いてあるんだがな。本人の身分証明は実物でないといけない…実物だったよ、自分のは。自分の身分証明をわざわざコピーにする意味も無いし。ソフトバンクショップの奴らは自分がやりたくない業務は無茶苦茶な理由をつけて断るようだぞ…さすがに委任状のルール理解してなかったって事はないだろうから。というか頭悪い小学生を相手にしてるかのようだったぜ。

 話が通じないので諦めて、その後…別のソフトバンクショップで名義変更した。しかし、アレは強盗に入られた直後で、強盗が店員を演じてるとかだったのかね?3日ぐらい行ったわけだが、その度に強盗被害にあっていたのかね、船橋駅前店。何て不用心。

 ちと検索してみると、ホント仕事する気無いヤツばかりなのな、ソフトバンクショップ。ソフトバンクの名で営業してるんだから本社がしっかり指導しないと悪評ばらまくだけなのに。まあ、指導が行き過ぎてセブンアンドアイみたいになっても困るんだけど、それにしたって普通の企業がやるべき事を全然やってないだろってのはどうかと思うんだよ。

 でも、これはスレ主とやらが9割悪いと思うよ、この通りなら。普通は自分に不利な事は書かず相手の対応はより悪く書くので…おそらくほぼ10割スレ主とやらが悪かったんだと思うよ、これ。クレーマーとは違う人種だけど、迷惑な「お前は客じゃない」って言いたくなる類のやつ。

 検索してみると次々すごい事例出てくるな。ホント教育してくれよ。ただいちいちクレームあげる人ホントにいっぱいいるんだな。問題ある人を放置するより指摘した方がいいのかもしれない。けど、クレームあげた人の文章見る限りそういう事ではなく、今回の雑記のようにただ単に憂さ晴らしで自分が不快だったから、相手に対して何をしてもいい。相手の立場より上のやつに「告げ口」してやろう!みたいな性格の悪さ、小ささしか感じない。本社とかにクレームあげてどうしたいんだ?それで是正されるなら結果として後の利用者とかに有用かもしれないけど、絶望的な思考かもしれんが「まず間違いなく何も変わらん」ぞ。ネットでさらせば変わる可能性高いけど、それも個人的には「そういうのはどうなんだろうな」と思ってる。それが結果的に良い方向になったとしても、文化…そうこれはネット文化といっていいけど、イヤな文化だなと。相手が悪いんだからみんなにいじめてもらおうみたいなのは。相手がどうしうよもなくホントに卑劣だと判明した後ならともかく、そうでないなら、さらした時点でより悪質なのはさらした側だと思うんですよね。

 この人は店名を出さない良い人。ただ、ソフトバンクショップの店員はソフトバンクの社員ではないと思うんだが…まあ、社員かどうかではなく、ソフトバンクの名を背負ってるかどうかが大事なんでそこはどうでもいいけど。googleの口コミはレビュー1件の実名っぽい人達ばかりが星5つけてて全く信用ならんな。実際には違うとしてもソフトバンクショップの自演にしか見えねぇ。星1とか低評価も大量にある中、どのショップの見てもレビュー1件の実名っぽい人達の星5率が高すぎて。逆にそれ以外の人達の高評価が…無いわけではないけど少ないからなぁ。

SNK古代史・改

 色々考えて少しやり直し。

 ヤマタノオロチ=八傑集はホントなんだろうかか考えたら色々変わった。もちろん、公式設定ではあるんだけれど、埋もれた闇の歴史というものがある。

 まず、大地、大霊を意味するオオチ一族。争いが終わらない大陸を見限って小さな島で人類を見守ってたけど、その島も大陸の影響を受け争いが始まってしまった。オオチのオサは人類の浄化を決意。ヤマタイの太陽の巫女を自らの体にしようと決める。…ここまでは変わらない。

 ヤマタイはいわゆる北九州説を個人的は支持してる。じゃあ、オオチ一族はどこにいるのか。島根だろうか?大和だろうか?…色々と改定するけど、それでもヤマタイの巫女が双子である事をオオチのオサは知らないのが前提。あまり近くてはいけない。…とすると地名的に現在の滋賀県…大津辺りか。現実世界における大津の名の由来はともかくKOF世界の大津の名の由来はオロチ一族なんだよ、きっと。

 とりあえず、オオチからヤマタイに使者を送る。その中心人物が「スサノオ」…この時に炎の力をオサから授かったと考えてみる。

 ヤマタイは協力を拒否。が、スサノオは太陽の巫女に惚れてしまい誓約を交わす。以前書いた通り、誓約で登場する十拳剣=男性器であり誓約とは婚姻であったと考える。巫女=未婚の女性だなんて考えは捨てろ。ただ、この時点においてスサノオはオオチを離反したわけではない。とはいえ、妻をオサに捧げるわけにもいかない。オサが考えを変えてくれる事を期待して、とりあえず一緒にヤマタイに訪れた使者をオサの下に帰す。オサはスサノオの事は信頼しているので短慮にならずもう少し人間を見守ってみる事に。

 その間、スサノオと太陽の巫女=アマテラス=ヒミコには5人の男子と3人の女子が産まれ、3人の女子の内2人は双子、つまりは次代の巫女。そしてオサ我慢の限界、やっぱり人間を浄化したい。スサノオに太陽の巫女を連れての帰還命令。が、当然拒否、ただしそれでもスサノオに離反の意思無し、帰還命令を伝えた使者を殺害するでなく平和的に帰す。この時の使者はオサに「スサノオ離反」と伝達。オオチのヤマタイ侵攻決定。

 そんな事を知らないスサノオ親子は仲良く過ごしている。太陽の巫女お仕事中、父と子とで外出中にオオチの襲撃、セルがセルジュニアを生み出したかのごとくオサはその精神を分割…スサノオと8人の子を狙う。次々と体を乗っ取られていく子供達。最後の1人はスサノオがかばうが、スサノオが体を乗っ取られる。残った1人…双子の内の1人は何とか逃亡、国にオオチ侵攻を伝える。太陽の巫女は家族の為に動きたかったけれど、多勢に無勢…妹に説得され岩戸に妹、子供と共に隠れ、妹の封印の力でしっかりガード。

 スサノオと7人の子供達がヤマタイで大暴れし、太陽の巫女を要求。国民を守る為に岩戸が開かれ、岩戸より巫女が引きずり出される。ただし、この巫女は本人の希望により「妹」…封印の巫女の方。これを太陽の巫女と間違えたオサはその体を乗っ取る。これにより、オオチ・ヤマタイ連合が成立。オサがその体に慣れるまで、スサノオと7人の子供達が中心となって日本を制圧。オオチ・ヤマタイ連合の中心の8人はいつしかヤマタイ・オロチ=八岐大蛇と呼ばれるようになる…つまりはいわゆるオロチ八傑集がここで誕生している。

 太陽の巫女はオサの依代となっているはずなので表に出られない。岩戸に篭った時点で既に身ごもっていた9人目と次代の巫女を岩戸の闇の世界でこそこそと育てる事になる。この幻の9人目が八尺瓊の始祖であり、その姉の次代の巫女が八咫の始祖となる。以前書いた通り、誓約に出てくる「八尺勾玉」は「八尺瓊勾玉」とは別モノだと誤認させるために敢えて似た別の名前にしたものだけれど、岩戸で八尺瓊、八咫の始祖が産まれたのも事実のため、岩戸神話でとってつけたように勾玉と鏡が出てくるのは決してねつ造では無かった…ここは前回書いた時と解釈が全く違うところだな。

 神話に伝わる誓約で生まれた神は8柱。実は9人目がいたけれど、これは知られてはいけない事実。9柱目の神なんていない…八神しかいなかった。

 神話では7人の姉がオロチの犠牲となり、8人目のクシナダが犠牲となりそうなその時にスサノオが現れた事になっている。が、事実としてはスサノオ自身も犠牲者であり、犠牲者は全て女性などという事もない。そして残された1人が「クシナダ」というわけでもない。

 同じく神話ではイザナギより生まれた兄弟とされる三貴子は、実際にはアマテラスとスサノオは夫婦であり、ツクヨミはアマテラスとスサノオの息子だった。…もしかしたら男装した女の子かもしれないが。が、いるはずのない9人目であるツクヨミ=八尺瓊始祖の事は神話ではその存在以外は語られていない。

 兄姉と叔母の救出のために修行を重ねた八尺瓊、八咫が表に出てきてオロチと呼称され始めたオオチ一族との戦いを開始。太陽の巫女がオサの手に渡る事だけは絶対に避けなくてはならないためアマテラスは「篭ったまま」。八傑集の1人に太陽の力…祓う力を持つであろう巫女が紛れてる気がするけどあくまでも次代の巫女なのでオサが求める力は持っていない。

 棒読みで悪いが「何とスサノオは操られたフリをしていただけだった」驚きだね。その後の為とはいえ正気でヤマタイで大暴れ。日本制圧とかやってたなんて。が、この時を待っていた。遂にスサノオ離反…奇妙な蛇たる初代草薙がようやく誕生。息子、娘と合流し娘の力で自身に宿っているオロチの分体=八傑集の魂は封印してもらう。後は子供達を同じく解放していくだけ。

 実のとこ、前回「クシナダの語源はクサナギと同じ」と書いた時点で、実は草薙始祖=クシナダなのでは?とか考えたりもした。ただ、そうすると色々とつじつまが合わない。やっぱりクサナギとクシナダは別人…夫婦なんだろうと。実際には夫婦じゃないけど。

 後は奇妙な蛇の姫…クシナダヒメとなった偽アマテラス=封印の巫女を封印するだけ。親子3人で無事達成。オサも封じられる。

 前回、ここでまた十握剣が登場したけれど、それは無いなと。アレがクシナダ=アマテラスであるとオロチに誤解させたままにする為にねつ造された部分なんだろうと。実際にはクシナダヒメの正体はアマテラスの妹。妹がスサノオのことをどう思っていたかわからないし、いっそアマテラスはとっくに死んでてみたいな展開もドラマチックかなと思うのだけれど、まあ浮気はダメだよ、浮気は。

 アマテラス=ヒミコであり、クシナダは対外的にはアマテラスなので、そのままクシナダがヒミコとして新生ヤマタイの女王として君臨。オサに体乗っ取られてたもんだから実年齢に対して肉体が若い。結果、長寿となりましたとさ。スサノオとアマテラスはロランとディアナ様のごとくひっそり幸せに暮らしたのですよ。…草薙の2代目いねぇじゃん、これじゃ。…ああ、スサノオやっぱりクシナダヒメにも手を出したのか。未婚だったとされるヒミコ…ヒミコ(偽)確かに結婚はしなかったけど、実はスサノオとの間に子供を作ってた!!その子はスサノオが引き取り、ツクヨミクンはヒミコ(偽)の弟として働いたという事になるか。

 救出された7人の兄と姉の内の1人はオオチ・ヤマタイ連合の後継組織…後のヤマト王権の長となる。八尺瓊、八咫とルーツは同じ。ヤマトがヤマタイを吸収した後は八尺瓊、八咫ともに大王と同格の大王の守護者となったってとこか。660年前に八尺瓊を幽閉したのは「帝」…天皇となっているので…三種の神器だから当たり前ではあるんだけど、やっぱり天皇との結びつきはかなり強い一族だったのだろうと、八尺瓊も八咫も草薙も。ルーツたどると全部スサノオとアマテラスに行き着くからね。

 今後の研究材料はやっぱりクシナダの両親とされるテナヅチとアシナヅチとは何なのかと、ヤマタノオロチの出身地が何故「高志」なのかだな。滋賀を中心に西へ東へ八傑集はかけ廻ったかと思う、が、出身地は違うだろう。「大津」と考えたのが間違いだったろうか?オオチ一族は「高志」つまり越前、越中、越後を中心とした勢力だったのか?まあ、それだと確かに遠いよな、邪馬台国からは。

私のぱぴぷぺぽ何かがるるだよね

 意味がわからない。でも大丈夫。…ラムネスとリューナイトの雑記ではない。ただこういう意味不明な歌詞はどこから湧いてくるなろうなと。ちびまる子ちゃんの歴代のエンディングもだいぶ意味わからないけど。

 ゴーマニズムは何か疲れた。ネットにいる無敵野郎と変わらない。「絶対に自分の間違いを認めず相手の意見を聞かず、同じ事を言い続け疲れ呆れ相手が黙ると勝利宣言」する人。「間違いを認めるのがすごい」「謝ってる」とか書いてるけどさ、「対戦相手」不在で明らかに間違いを書いた時にであって、対人でやってない。ネットやら人づての知識を裏取りもしないでそのまま信用する愚行を繰り返すけど反省はしない。駄目だ、やっぱり嫌いだわ、この人。嫌いというかここまでオロカモノだったのかっていう。以前紹介した「神武は実在したとしても大王だから天皇じゃない」みたいな何を主張したいのかすらわからない発言が次々出てくる。「神武を認めたとしてもその祖はアマテラスだから男系のみなんて嘘」とか、ちょっと待てよと思う。アマテラスは天皇じゃない、皇祖神だ。誰がそこまで遡れと?初代神武より万世一系、男系で継承されてきたって主張に対して「祖はアマテラスだから」とかバカすぎるだろ。というか、そんなどうでもいい事主張されてもなんすよ。神武を認めると天照が天皇になるのか?そんなバカげた考え持ってるヤツ本気で小林よしのり以外いないぞ。「そんなのお前1人だけだ」と大げさに表現する事はよくあるけど、これはもうホントのホントに「他にそんな事考えてるヤツいねぇよ」だよ。初代天皇は推古だなんてバカげた事言うヤツはさすがにもしかしたら小林よしのり以外にもいるかもしれんが…ほぼいないだろう。何で推古が初代やねん。初の女性天皇であることに異論を唱える人はまずいないだろうが、初代が推古だとか「お前は何を言ってるんだ」だろ、日本国民のほぼ10割が。一体何人同意する人がいるんだ、その珍説。その珍説を元に他人をバカにするのはやめなさいな、さすがに。

特になし

 色々書いて、全部没にした。時間の無駄すぎだった。

 スーパーロボット大戦を名乗ってるナニカにいつの間にやらロボティクスノーツが参戦していた事を今さらしった。まあ、ロボット出てなくても参戦出来るからそりゃ可能だろうけど…とりあえずそろそろダンガンロンパ参戦してもいいいんじゃないですかね?

 とりあえずスーパーロボット大戦は後5年ぐらい凍結させて、その上で復活させるかどうか考え復活させるならどうあるべきかまともに考えるべきだと思うんですよね。もう、Vはヤマトのおかげでそれなりに盛り上がったけど、それ以降はゴミを乱発しただけだったから。戦艦はアリだけど、やっぱりカウボーイビバップとか絶対違うだろと。何でもアリにしてしまうと、作品の意義すら薄れる。Gジェネにマクロス出たって嬉しくもないだろ?嬉しい人もいるかもしれないけど、「そんなもん出すならもっとガンダムで他にあるだろ」ってなる。Gジェネはハメを外さないで王道を走ってると思うんだけど、SRWは誰が悪いんだかいいとこがもう全然無い。悪ノリはやめるべきだろうと。

学生、生徒に文句言ってる大人なんて通勤電車で見た事が無いんだが

 架空の大人を作って「大人」を攻撃する謎の人達。1万人に1人いたとして、そのごくわずかな人を何かの集団の代表かのように扱うのはありがちではある。

 この記事は学生とやらを敵視させたくて書いてるのかね?コメント欄まだ見てないけど、猛反発のコメントが大量にあるんじゃないか?普段、全く学生、生徒に優しい対応してる人でさえも。

 別に特別、学生、生徒に配慮すべき理由もないし、敵視すべき理由もない。「学生の為に通勤時間ずらす」とか、さすがにこれは頭がおかしいんじゃなければ、学生を敵視させる為に仕組んだ発言だろ。こんな一方的な通告を受け入れるのは「優しさ」ではない。本気で言ってるなら……困ったもんだな。ホントにマナーが悪いなら、学生も社会人も無い。学生だから許されるなんてのは何かズレてる。実際には別にマナー悪くないっていうなら、それにケチつける大人とやらは「架空の存在」で、そんなヤツはまずいねぇ。…成り立たないですぞ、この記事。

 そういう例外的なキチガイ持ち出していいなら、年齢問わず色々いる。そういう目についた人にいちいちケチつけてんのか、この人は?耐性無さすぎじゃないか?心にゆとり持とうぜ?

 元となる記事を読んだ。なるほど、理解した。この場合、熱弁振るってる学生とやらが一方的に悪い。学生一般、全般ではなく記事で熱弁振るってるヤツ1人限定の話な。学生じゃなくて生徒だけどな。大人が悪いとか小学生か、お前は。まず、「邪魔」なんだから降りろ、踏ん張るな、そこで。混雑してる状況理解しろ。バッグは「蹴りたい」んじゃない。足が当たった側も「痛い」んだ。蹴ってるんじゃあない。当たるんだ。足の置場が無いのに、巨大なカバンがあって。それを咎めるつもりはないけど、蹴るなってのはさすがに無理だ。

 で、苦情。苦情ね、これ、「何じゃそりゃ」なのもあるけど、多くの場合よっぽど目に余るからなんですよね。職場にも時々苦情入るぞ。誰がマナー悪い事やってんのか知らないけど、「歩き方が悪い」とか。この書き方だと「クレーマーかよ」となりそうだけど、実際「妥当」な苦情なんですよね。住宅地で何人も並んで大声出してるとか、どこのバカ中学生だよってレベルの奴らがいて苦情が入った。結構いろんな苦情あって面白い。

 これはさ、大人がやるべきことは「しかる」事なんだけど、正直…これ小学生相手にやる事だよ?「学生は悪くありません」…いや、うん学生は悪くないと思うよ、悪いのは「あなた1人」だけ。「あなたが一方的に圧倒的に悪い」んですよと、それを教えないといけない。でも、中学生以上であればこんな事教えないと理解出来ないっていうなら教えるだけ無駄だろう。このまま成長して、今度は「クソガキのマナーが悪い」とか言いだす大人になるんだろう。言っても意味の無い奴らはいる。「学生は自由でいい、無責任で」とか言い出すぞ、ほぼ確実にこういうバカは。大荷物な事を大人は怒ってるんじゃないだろ?そこを誤解してる。その大荷物を可能な限り邪魔になる方法を敢えて選択して嫌がらせをしてるレベルだから文句言われるんだわ。大荷物なのはあなただけではない。が、あなた以外にそんなトラブル起こしてるバカいますか?って話だよ。でも、気づかないんだろうなぁ。なるほど、「外に出るな」とまで言いたくなるな、ここまでヒドいと。そりゃバスに乗るなって言われて当然だよ。電車、バスの乗り方わからない乳児が保護者無しで乗り込んでるようなもんだからな。親が同レベルの子供なんだろうなぁ。子供が子供作んなよ、迷惑だから。

電撃プレイステーションをまた買った

 以前言ってたネプ長の野望でも四国志でもいいから、ネプの国獲り作ってくれと思う、後はOVAじゃなくてゲームで作ってくれよっていう、ねぷなつ。ぼくなつはもう無理だ、アレもう完全に死んだ。なら、もうねぷてぬでもいいから夏休みを。ねぷのなつやすみがぼくなつの代替品になる気はしないけど、とりあえず作ってみれくて。後、ブランのアトリエ。

 何かちょうど、あすか120%スペシャルの記事が何故かあったけど、大した事書いてなかったし特に書くこともない。今どこが権利持ってるのか知らんけど、繚乱女学院登場させた上でジャス学の新作を作ってくれるとありがたい。ジャス学はさ、色んな作品とコラボ出来る可能性秘めた作品なんすよ。高校多いから。何ならゲスト的に中学出してもいい。大学生も出てきてたぐらいだから。風林館高校参戦とか燃えるだろ?実際、あすか120%はらんまと同じノリだからね。格闘新体操とか格闘チアリーディングとか。そうは名乗ってないけど。

 そして何かよくわからない田中圭一氏の漫画。こんなブラックジャック何たらは「どこが手塚そっくりなんだ。目が腐ってるんじゃないか」としか思えない下手な絵なんだけど、この人のは凄いよね。本気で描いたら多分見分けつかないと思う。実際、多くの漫画家が色んな漫画家の絵柄はコピー出来て手塚さんの絵はコピーしやすい類なんじゃないかなと思うんですよ。絵描かないから想像のレベルだけど。でも、大事なのは一枚の絵ではなく、表情やら体の動きやら、背景やらキャラの位置や間合い、そういったものまでコピー出来てないと「手塚キャラをコピーして描いてる」だけでしかない。ただ、そこまでコピーする意味もないし、出来たところでそれを使う場も無い。

 買う気ないけどちょっと気になるのは三國志14に銀英伝参戦っていう。しかもOVA版と新アニメ版両方。いや、ヤンとかシェーンコップとかオフレッサーは問題ないと思うよ。…ポプランとか何の役にも立ちそうにない。スパルタニアンなどあの時代の中国にはない。現代の中国にも無い。未来の中国にも多分無い。何か普通にヤンが生身で戦ってる?…おかしいだろ、何かがというか何もかもおかしいだろ。

 新サクラ大戦。これ自体は語る事ない。興味無いんで。ただ、ガンダムとかスターウォーズとか、ちょっと原作者の手を離れた「新シリーズ」、その在り方とファンの接し方みたいなの。サクラ大戦はそもそもが別に思い入れもなくて、3も5も「一人称ボクの女の子」がいるから仕方なくプレイした作品。どっちもプレイして良かったと思ったし、その結果「4」っていう名作にも出会えたから悪くはなかった。結果として、コクリコの紹介記事なんて書いてないし、ジェミニもエピソード0の紹介で止まってしまっていて、本末転倒な状態だけど。いや、紹介記事書く為に全OVA購入したり、かなり金かけたんすよ。でも、多すぎて面倒で先延ばししてたらやる気失せてしまった。5はシリーズで一番良い出来だと思うんだけど、未だに大神大神わめいてる奴らに貶められてる。で、これ「旧ファン」の問題。旧ファンが騒ぐ事自体は仕方ないし、当然だろうと思ってる。そういう話をしたいなと。思い入れは無いけど、新サクラ大戦のやり方は新シリーズとしては許せないレベルなんで。ただ、それを楽しんでるファンにどうこういう気もないし、シリーズ続けるなら勝手に続けてればいい。あの作品そのものにどうこう言う気はない。

 リメイクヤマトの2は特殊な位置で、リメイクヤマト自体が原作者の手を離れたリメイクで、2はリメイク版の作者の手も離れてる。リメイク版の続編であり、旧ヤマト2のリメイクでもあるという「旧ファン」が2種類存在する作品。そこから見てあれはどうだったのか。ただ、アレ1話の半分であまりのつまらなさに切ってしまった。「1話の半分で何がわかる?」と思うだろ?その通りだ、そんなほんのちょっとで評価できるわけもない。でも、それでも耐えられなかった。「これは無理だ」と判断した。なので、実のとこリメイクヤマト2は語れない。ただ、開始10分程度でもある程度判断できる部分はあって、「最後まで見ても「つまらない」」という感想になったどころか、更に評価下げたろうなというのは想像できる。最後まで見て評価あがる作品ももちろんあるんだけど。

 アニメ版の「こねこのチー」。これね、見た目でいきなり拒否反応起こすんですよ、CGで描かれた「確かにどう見てもチー」なんだけど、全然可愛くないその姿に。原作と旧アニメ版のチーはホントに可愛い。CGのチーはどう見てもチーなのに可愛くないんですよね。何が悪いのかわからないけれど、立体的な表現がおかしいのか表情がおかしかったのか。

 ただ、それ以上に第1話が絶望的につまらなかった。「あ、これは無理だ」と。ただ、耐えて2話目以降を見てみると、第2期よりはマシな出来。「クロいの」がネタキャラと化してる一連の「レッスン話」とか、謎の異世界を旅するみたいなクソみたいなシリーズもいくつかあったし、怪力で猫より強い金魚なんていう「チーズスイートホームの世界観理解してんの?」ってキャラも出してたり、色々とクソな面もあったけど、それでも「マシ」な話はいくつかあったし、終盤のコッチを主役としたシリーズのストーリー展開はすごく良かったし、アニメオリジナル猫の「ディプロ」も、ものすごくいいキャラだった。原作に最初からいたかのような馴染みっぷり。そう、アレは見てよかったと思う。…「チーが可愛くない」「話がクソすぎる」と脱落した面々もコッチとディプロのコンビを主役とした話のとこは見てみるべきだとお勧めしておく。それ以外はどうでもいいけど。

レバガチャアーカイブ2巻からのSNK全盛期における対戦格闘人気の誤解の話

 ちなみに、龍虎外伝は必殺技なんてほぼ使わないゲームであり、飛び道具合戦なんかまず起きないし、飛燕疾風脚なんて死に技使うヤツはまずいない。必殺技を使わないっていうのは必殺技の性能が悪いってのと、挑発の効果が異常だっていう2点。いくら必殺技の性能が悪かろうが一部の必殺技は連続技に組み込める。だから気力を削いでおく。結果、互いに必殺技は使わない、使えない。故にアルティメットKOなど起きようもない。それが龍虎外伝という地味なゲーム。…すっごいつまんないゲームだよ。風雲黙示録の評価は間違ってると思ってるけど、龍虎外伝は稼働当時から現在に至るまでの低評価で間違ってない。あれが楽しいと思うなら鉄拳やった方がいいと思う。まあ、龍虎は全部面白くないけどな。対CPU戦が面白いってわけでもないんで、アレ演出楽しむゲームですよ。随分前からスマブラは対戦格闘なのか?とか言われてるし、ブシドーブレードなんかもそうだけど、龍虎の拳もそこに入れるべきだと思うんだ。見た目、対戦格闘風の何かだよ、あのシリーズ。

 というわけで、誤解の話。対戦格闘なら何でも売れたなんてのはとんでもない誤解だっていうのはちょっと前に書いた。「お前らが知らないだけだ」と。マイナーな作品は山ほどあるし、名前が知れてて結構続編が出てる豪血寺ですら「ほとんど人がつかなかった」、対人戦なんてほとんどできなかったぜ、あのシリーズ。プレイヤーいないから。

 その一方でSNK作品はSNK絶頂だった97年辺りまでであれば、風雲黙示録と風雲スーパータッグバトルという2つの例外を除いて、発売から数か月は活性だった。それは餓狼3だろうと斬紅郎無双剣だろうと。これが多分誤解されてる部分。特に餓狼3かな。アレはかなり人気あった作品だってのは当時のゲーセンの空気を体験した人間として書いておく。餓狼3をバカにするヤツらってのは餓狼3知らないからね。結局、テリーのクラック無限ぐらいしか知らない。ボブとかアンディがクソ強かった事すら知らないと思うんだわ。まあ、餓狼3の話はいいや。ADK作品だけど、一瞬で消えたみたいに言われるワールドヒーローズパーフェクトは、もちろん一瞬で消えたなんて事は無いし、NEO-DIOだらけになったなんて事実も無い。これは以前書いた事だけれど。「ただ勝ちたいだけ」のプレイヤーがあの対戦格闘全盛期に一体どれだけいたのかって事。これも以前書いた事だけど、強いNEO-DIOなんてほとんどいなかったってのもある。お手軽キャラなんだけど、なのに使いこなせない。結局、勝ちたいからって選んだってそのゲームの基礎すらわかってない奴が勝てるわけじゃあない。ガード不能の究極奥義だってテキトーに出せばいいってわけでもない。というか一番の脅威はショートジャンプだけど、それわかってないヤツらばかりだったから。

 また話がそれたか。SNK作品は人気があった。じゃあ、ネオジオブランドはどうなのかといえば、現代だとSNKの昔の話みたいなタイトルになるとデータイースト作品の名前が出たり、無茶苦茶だけど当時そんな誤解してるバカはいるわけもなくて…ADKのワールドヒーローズ以外はボロボロだった。結果、SNK以外は離脱してしまった。SNKが人気あったのであってネオジオが人気あったわけではないという事。

 ネオジオでリリースされた対戦格闘は現在から見て、その当時の対戦格闘と比べて出来が良いものが集まってると思うんですよね。ギャラクシーファイト、わくわく7、ファイターズヒストリーダイナマイト、天外魔境真伝、ニンジャマスターズ、ワールドヒーローズパーフェクト、ブレイカーズ…こいつらはもっと人気あってもおかしくなかったタイトル。ネオジオでどうしようもないのはファイトフィーバーとゴウカイザーと龍虎シリーズぐらいじゃないかね。ダブルドラゴンはクソゲーではないけど決して良作ともいえない…当時大量に作られた普通の対戦格闘の1つ。ガンガン行進曲は個人的には全然面白いと思えなくてほとんどプレイしてないんで評価出来ない。ただ、ゲーセンで全然見かけない程度には人気無い作品だったし、アレ楽しんでた人どれだけいるのかな?TOBALとかもそうなんだけど、掴みの攻防とか対戦格闘にそんなもん求めてる人ほぼいねぇんだよね。何でそういう「どう考えてもつまらない」「テンポ悪くなるだけ」って要素を入れてしまう人がいるんだろね?…ADKはまあそれ以外の実績が優秀だから許されるけどさ。

 結局対戦格闘全盛期なんて言われていてもプレイされてたのはSNKとカプコンの作品だけ。それ以外はついてこれてない。

 ただ、SNKとカプコンに限定すればゲーセンが人で埋もれていて、対戦待ちの行列が出来てた。1人プレイでまずはエンディングまで見たいと思っても、シングル台が無いのが割と当たり前なもんで、それがあるゲーセン探さないとストーリー最後までなんで無理ってレベルで活性だった。まあバカみたいに勝ち続け挑戦者いなくなってクリアしちゃった人ならいたけど、なかなかないパターンだな。誰かが挑戦し続けるのが普通だから。アレは何で誰も挑戦しなくなったんだろうな。行列が無くなってみんなギャラリーになったっていう。あまりにも強すぎて勝てる気がしなかったけどさ。…バーチャファイター2はそれ1つで異常なレベルだったのは間違いないんだけど、どれだけ思い出してみてもバーチャ2がSNK、カプコンを超えるほどの行列を作っていたかっていうと、それはなかったよなと思う。アレは人気ありすぎて特殊なのかな、どこのゲーセンにもあったから。SNK対戦格闘は熱狂ってレベルだったけど、バーチャ2は違うよなと。ゲーム界全体で見ると話は違うだろうけど、ゲーセンでの熱量だと、バーチャファイター2はただプレイ人口が多かっただけって印象。

 家庭用に目を向ければ、あすか120%スペシャルがかなり頑張ってたとは思うんだけどさ。…エクセレントとかいう余計なもの発売して一気に熱が下がった気がするんだわ。石田敦子さんだったっけ?正直に言って顔のバランス悪いし、あの人下手だよね。七瀬葵が上手いとも思わないけど、最低でも「可愛い」は達成出来てた。石田さんのは気持ち悪いからね、アレ。エクセレント以降ほとんどプレイしてないから実際のゲームの出来はどうだったかわからないけど、何ていうかエクセレントはキャラデザが気持ち悪いし、見た目スペシャルと変わってねぇし、色々とがっかりした記憶しかない。というか何でスペシャルが受けたのか開発陣が理解してなかったよな。対戦格闘マニア向けの調整はNGだよ、特に家庭用で、そんなバカな事は。大事なのは、最も大事なのはどれだけけろぴょんを気持ちよく動かせるかだ。それ以外はどうでもいい。未だにケロピョンより動かしてて面白いオプション無いと思うんだ。呪いのデーボはそこそこ面白かったけど、操作が面倒なのは一部マニアが喜ぶだけでよくないと思うんだ。

 対戦格闘をよくわかってない層でも「楽しい」と思えるかどうか。操作が簡単なら面白いってわけでもない。たとえば闘神伝、アレはほんっとつまんないんですよね、対戦格闘としては。リングアウトとかでちょっと盛り上がって、デュークがキラキラ光ってホーミングしてくるのとか「どーやってアレ避けんだよ」とかまともに対人戦としてプレイされない。あすかは何ていうか対戦格闘の常識が無い人からして違和感が無い。ダウンしてる相手に「攻撃が当たる」のは当たり前だよねみたいな。コマンドが簡単なのは実際そんなに重要じゃあないけど、「出したい技が暴発する事なく出せる」。コマンドを正確に入力するのも実力とか「バカか」っていう。練習なんてしなくてテキトーに動かしても「十分に対戦が成立する」。ただし、このテキトーってのは「何も考えずにホントにテキトーにやる」んじゃあなくて、ゲーム自体は普通にプレイした事がある人が、その常識の下でって意味。

 「割となんでもつながる」けど、「クソ長い連続技にはならない」、空中の相手を拾って拾ってみたいなバカげたことをしないのと、相殺システムで攻めてる側が一方的になるような展開も生み出さない。つまりは「常にプレイしてる」コンボゲー。…この時点でコンボゲーは完成してたし、退化し続けたね。あー、黒丸つきの復刻版だか何だかは知らんぞ、アレがどんな調整されたのかすら知らんし。が、長い空中コンボとかバカげた事はしてないよな?

 何となく、七瀬葵で検索してみたら、SNKに怒られてた。相変わらずすごいなこの人は。SNKの対応もちょっとよくわからんとこあるけど。元社員やらSNK公式で仕事して、その後同人で金稼いでるヤツ他にもいるだろ。そいつ等全員許可を得てやってたのか?いや、七瀬葵のやってる事はNG。これは間違いない。ただ、七瀬葵にだけ極端に厳しくしてる?というか要注意人物としてずーーーっとマークされてんのか。何か面白いね、これ。悪質なスクエニとクズ漫画家放置して小物いたぶってるのか、今は。SNKも大変だな。監視弛めたらまた「もういいかな」って勝手にナコルル使って商売しだしかねないんだろ?ホント大変だな、SNK。

ゴーンさんはジュンペイを連れていってくれてたら許した

 そして二度と日本に帰ってこれないようにしてくれればベストだったんだが。一緒に仲良く楽器ケースの中に入ってろよ。こいつに金渡すなよと。ただ、今回のは面白い。ジュンペイを異常なまでに擁護してる小林よしのりの意見と真っ向対立してる。小林よしのりどうすりゃいいんだろうな?

 この件に関しては、小林よしのりのクソみたいな論はまともに扱う気にもならないけど。ゴーマニズム2巻では小林よしのりは…正直、最初何言ってんだ、こいつ?だった。真偽不明の情報を全く何もさぐらず信じて語ってるんですよ。この点についていえばジュンペイの方がまだマシな見解だと思うんですよね、カタールの身代金云々。ただ、「誰も身代金なんて払ってない」「日本は何もしなかった」と主張するなら、自身がどうやって解放されたのか納得いく理由出してくれないとダメだけどな。で、小林よしのりはだ。

 クズとしかいいようがない事を延々と書いてて、「ワシはジャーナリストに金を渡して危険地域に取材にいってもらってる」「そこでジャーナリストが死のうが人質になろうがワシの責任ではない」「ジャーナリストの自己責任」「だが国が救出するのは当然」…は?これはヒドい。ここまでのクズかよ、小林よしのり。

 「誰かを殺してくれ」と金を渡して依頼したとして、依頼した人間は無罪だという主張か、これは?

 ただ、当のジュンペイ本人がカタールは身代金を払ってないという。そしてカタールはこの件で「自分達が動いた」などと宣言していない。これで、小林よしのりが言うところの「カタールの自国アピール」だというのは成り立つのか?実際に動いていたとして、アピールしたはずなのに「感謝する必要はない」としている。つまり、カタールには何の利も無かった事になる。

 これはさ、真実は到底わからないけれど、「日本が金を出して、支払いをカタールに依頼した」以外の正解って現実としてありえるのかね?日本は金を出したなんて決して言えない、だからカタールも何も語らない、語れない。理屈で考えればこうならざるを得ないのだが。

 「そんな中東情勢も、安田氏が拘束されたからこそわかったことである」…安田氏否定してますよ?何がわかったって?クズがクズを擁護したらクズが否定した。何だ、これ?小林よしのりの意見はそもそもが受け売りで、自分の意見でも無い。が、そうとは書かず自分の意見かのように書いてる。結果、当の安田氏に否定される、バカじゃねーの。

 「他人が批判する権利など、全くないのだ!」…すごい事言うよね。自分は他人を批判するけど、ジュンペイの批判は絶対に許されないと。ジャーナリストを批判出来ないほどにクソな国なのか、日本は。批判する権利が無いとする根拠は何だ?唐突にこの言葉が出てくるからな。「○〇だから批判する権利など無い」ではなく、「国が救出しろ」と書いて、その後に太字で「他人が批判する権利など」だからな。何言ってんだ、一体?そんなにこの問題に触れられたくない何かがあるのか?

 だが、真偽不明の怪しい情報を信じて、それを元に話をするってのはネトウヨと全く同じだからな。カタールが身代金を払った!…何、それ?「払ったかもしれない」「払ってないかもしれない」「支払われたとして金を誰が出したかもわからない」この態度をとれない奴が何をかたってやがる。

 どんな思想してようが、それが自業自得だろうが「国民を守る」のはそりゃ当然だろ、そこは同意するよ。でも、だから「ワシには責任は無い。ジャーナリストには危険な地域にいってもらいたい。何かあったら国が救助しろ」はさすがに違うだろ。誰にだって失敗はある。まさかこんな事になるとは思わなかったてのはある。が、国をアテにするのはやめろよと。国は国民を守る為に危険地域の情報は出すし、避難勧告もする。それでもそれに従わないバカが出たらそれも助ける。でも、その「助ける」を計算に入れないでくれよ。

 一応、書いておくがね、とってつけたように「国民を守るのは当然だ」と言ってるわけではない。ホントに最初の最初。つまりはこういった人質事件が当たり前になる前は「国が止めてんのに勝手に行ったわけでそんなもん知るかよ」だった、海外で犯罪被害にあったって国が助けてくれるかというと、助けてくれない。人質になった場合は助けるのか?それは違うだろって思ってた。ただ、割とすぐに意見は変わって、「国が国民見捨ててどーすんだ」になった。「テロリストに身代金払わない」とかバカか、その金でテロリストが武器買おうが知った事じゃない、国民を助けろって書いてきてるからな。で、「払った」実績があったからって日本が狙われるなんて事もまずありえないって事の理由も書いてるし、そもそも身代金払った実績無くても何度も何度も捕まってんじゃねぇか、日本人。

 つまりは、「自己責任なんだから死んでも仕方ない」と書いてたようなヤツが今さらてのひら返してバカな事言ってるのはムカってくるって事。

 ジュンペイが大嫌いすぎて、何で解放したんだと思ってるぐらいに嫌いなんで勘違いされてそうだけど、基本的にはネットにはびこる「自己責任論」には反対する位置にいる…小林よしのりと何故か同じ位置なんだが、絶対に同じじゃねぇよと言いたい。今まで書いてきた雑記を見てみるとだ。自分でも順番よくわからんので順不同。よくわからんというか調べる気が無い。調べりゃ順番はすぐわかるんだけど面倒くせぇ。

 一番最初のは元々は違う話題なんだけど、人質事件関連で国がどうあるべきなのかを書いてるんで。「国際的な事とかテロリストに利するとかどうでもいいから国民優先だろ」って感じ。ただ、今ならただし、ジュンペイは除外するとなるが。

 ただ騒いでるだけじゃあ何の脅威でもない。母親に「これ買ってぇぇえぇ」と駄々こねて大暴れする子供の行為が「ただ周囲に迷惑なだけで何の効果ももたらさない」のと同じようなもんだろう。いや、子供の駄々こねは周囲に迷惑という事情から何かの効果が出る可能性もあるが、デモ活動は可能性ほぼゼロだ。そのデモ活動に対して「同じ側の」人間であっても、割とマイナスイメージを持つので、その運動が「興味無い市民」に与える影響もマイナスにしかならない。良い事無いな。せいぜいがネットでこんな感じでバカにされる程度。話題にされないよりマシってだけ。
 安保法案反対とわめいてる学生どもな。あいつ等ホントに「理解してない」だろと。何もかも理解した上でならともかく、何というか「大人の受け売り」で「大人を批判」する中学生みたいな感じ。自分の持ってるのか、自分でモノを考えるって事してるのか。
 イスラム系の人質事件で「以前は自己責任唱えてたけど、今は違う。国民1人の命すら見捨てる国の方が間違ってる」みたいな雑記を書いたのは随分前のようでいて、実は大して時は過ぎていない。本来、日本人が暴れるべきだったのは、こういった時なんですよね。当時書いた通り、テロリストが調子に乗るかどうかなんてどうでもいい、と。随分前の事件だと、自衛隊撤退が解放の条件だった。「日本国と国民を守る為の自衛隊」が国民見捨てた事件なんですよね、アレは。もちろん、人質になった連中の自己責任論それ自体は否定しないけれど、それはそれとして、って話。本来、国民はこの対応にキレるべき、なのに、圧倒的多数が「自己責任だろ」で終わり、自衛隊が海外で活動してる事自体が異常だというのに、「自衛隊撤退すりゃいいだろ」という意見は目立つ事もなく異端意見として消え去った。…今暴れてる自称学者どもはどうだったんだ?お前らは過去に「行動が愚かだった」というだけで、救える国民の命を犠牲にしてるんすよ。それが国際協力だ、それがテロリストに対する当たり前の対応だとして。そんな奴らが「平和主義」、ギャグですか?「自分が平和ならどうでもいい」という主義ですか?その主義が間違ってるとは言わない、なら素直にそういえよって事。正直、自衛隊員の命なんかどうでもいいけど、俺たちは戦争に巻き込まれたくない、これが暴れてるヤツらほぼ10割の本音だと思うんですよ。ほぼ10割で間違ってないと思うんだよなぁ。どういった類が参加してるか知らないけれど、今暴れてるってのはそういう事だろ?と。ちなみに田村悠はこんな事を書いておきながら当時の自衛隊派遣は「肯定、賛成」だったって事は書いておく。肯定はしていたけれど、それでも自国の民の命が危険にさらされたなら優先すべきは自国民だったよねって話。
 日本の平和、戦争、軍に対する考え方に反対するタイミングは何度も何度もあった。何で今なんだ?何で今回の法案にだけかみつくんだ?
 今回の場合、「憲法とかどうでもいいけど、法案の内容は戦争に巻き込まれるもの」「戦争云々はともかく違憲である」「内容はともかくとしてその採決の仕方が強引である」「安倍クソ」と否定される材料がいくつかある。で、それぞれは「連動しない」。まとめて批判するべきものではなくて、人それぞれの主張、立ち位置によって「何が気に入らないか」は違っていて、全部気に入らないっていうのは、現実としてそうそう無いだろうと。でも、今混ざっちゃっていて、何を否定したいのかわからんのですよ。まあ、普通に違憲だよねっていうのを「違憲ではない」と大した理屈もなく、というか「ほぼ全く何の理由もなく」合憲であるとしてるだけ、これが許されててしまうと、今後、国として何が起こるかわからないから否定する。これが多分今回の問題の中で一番大きい。でも、否定派の中で最も聞こえてくる声ってのは「へ・い・わ!へ・い・わ」みたいな平和主義思想。今回の法案廃棄する事のどこが平和につながるのかはしらんが。
 人質事件だと「政府の対応を批判するのはテロリストに利する行為」とかとんでもない暴論がまるで常識かのようにこの国に浸透した事も狂ってたと思うんだが、それも見事にスルーしただろ、お前ら。政府を批判出来なくなった国民とマスコミとか、この国はとんでもない攻撃受けたって事だぜ?何故そういった事をスルー出来て、今回スルー出来ないのか。
 ほんの数日前、「自衛隊うるせぇんだよ。夜間飛行すんな」って訴えが通って、禁止されたのも「この国すげぇな」と感心した。個人的にはね、自衛隊なんていらねぇよ、米軍もいらねぇよ、とっとと出てけ、と。これは随分と昔から書いてる。その結果、無防備となりこの国が無くなっても、それはそれでいいだろと。戦力放棄を貫いたらこうなりましたという前例にもなるだろうし。日本人はそんなに自分の命大事に思ってないというか、潜在的に死にたいと思ってる人どれだけいるか。自殺はしないけど、死ぬなら別にいいやって人は大量にいるだろう。ただ、もちろんそうは思ってない人もまた大量にいるだろう。「自衛隊うるせぇんだよ」と自衛隊の活動に制限かけた人達はどっちなんですかね?後、米軍出てけって言ってる連中。まさか、本気で戦力放棄すれば誰からも攻撃されない平和な国と思ってるわけでもあるまい?
 戦力放棄とまでは行かなくても自衛隊あれば大丈夫と思ってるわけでもないよな。自衛隊の現状じゃ、正直、日本守れるとは思わない。攻め込まれてから戦術レベルでどうこうしたって間に合わないだろ、普通に考えて。
 というわけで、どんな場合においても、絶対にその後、良くなるという前提があったとしても「戦争は行ってはいけない」「最低限の犠牲とは何だ、何人なら最低限なんだ」とか書き続けてきた身としては、何かエセ平和主義みたいな連中が暴れてるのが胸糞悪いなと思う次第でした。「静かに暮らせるのが平和」なのか「戦力を放棄した状態が平和」なのか。彼らが訴える平和の定義とは何かからだな。ただ、こんな立ち位置だけど「反戦を唱える人をバカにする」奴らはクソだなと思う、戦争は無くならないという歴史的事実は歴史的事実。それをわかった上で、それでも戦争はダメだと考える事が出来なない人ばかりじゃ人類に希望無さ過ぎるだろ。今回暴れてる連中は反戦唱えてるわけじゃないからね。

 2年ぐらい前かな?人質事件ってあったよね?何か何故か被害者に批判が集中しちゃった。
「あー、私も無責任だとは言ったな。その発言自体が無責任だが。実際なんであんなに批判されたのかさっぱりわかんねぇ。無責任だったのは事実なんだが…だからってって話で」

「私は「おそらくこれが日本人の多数派である」として「自衛隊撤退は有り得ない…けど、家族の気持ちはわかる」とか「奴らは無責任。1人を除いて自分の為にした事で、イラクの為にした事でもない」とか結構言いたい放題言ったかと思います」
 結局、主文は「責任もてないような事する人は迷惑」っていう。

「自衛隊派遣に反対する事、批判する事…それさえ許されないって、凄い国ですな。どんな間違った法であったとしても法は法…守るべきなんですが、法でないもの…ただの指針なら国のいう事全てを忠実に守る必要なんて無いはずです。日本国のする事は間違った事ばかりですから」
 国に逆らう事が悪だって言うなら、それはしょーがないけど、みんな大抵は自分なりの正義とか信念っての持ってるから、それを潰す事なんか出来ない。思想まで統制されるようじゃ、それって独裁と同じ。
「あの3人が人質になってしまった事をもって、彼らの考え方、正義感が「誤り」だったとはならないでしょう?」

「読売を代表に「撤退は有り得ない」とする側の人は「テロに屈する事で、同様の事件が続発する」としてます。まあ、屈しようが屈しまいが「既に続発してるだろ」とか言いたくなったりもするんですが…そもそもが拉致とテロは違うんですけどね。でもまあ、実際…ますます悪い状況になる可能性は確かに高いわけです。他人事として…シミュレーションゲームのごとく、人を単なる駒と考えれば「3人の命」なんて痛くはないです、えぇ」
 少数を犠牲にしてでも、その先の為に動く……ゲームなら、ね。単なる記号で表されるだけの存在ならそれでもい。

「今までの事件は今までの事件。たとえ、1日だろうが、当の被害者はもちろん家族だって、普通でいられるわけがないですし、「自衛隊が撤退すれば」と、それが信じられるかどうかはともかく言ったわけで「撤退要求」をテレビで訴えるのはそれは当然の事ですし、それを非難出来る人っていうのは、一体何をしてきた人なのか。さっき言ったように一歩離れてみてみれば、「拉致されたこと自体が迷惑」って事になるんですが、そんなもん、「拉致するヤツが悪い」っていうのが本筋なわけで、「いじめられる人間にも問題がある」とか「いじめられた人間をますます追い込む」ような事を言う教師とか大人と同じ」
 結局、その人の立場立場で考え方っていうのは違ってくる。家族の命を大事に思わないで「今後の国際社会の為」とか言うのはちょっと寒い。
「で、それをして「国民の分裂」だとかも無いです。私が「これが日本の多数派だと思う」って最初に言ったように、ほとんどの方は何通りもの考え方を持ってる。日本が今までしてきた事を思えば「日本人」としては仕方が無い。でも、彼らは「日本人」としてイラクに入ったわけじゃなくて国籍なんか関係なくて「一個人」として行動したわけで、日本人だからなんていうのは成立しない」
 理論上での考え方と感情での考え方っていうのと。大事なのは、もし自分が同じ立場になったらで考える事かな。
「イラクの民間人がどれだけ死んだのかを考えれば日本人3人程度どうだっていうんだ?と考える一方で…自国の民を守る意志を見せないのはどうなんだ?って考えも成り立つ。で、過激な考え方と温和な考え方が同居する中で、それを理解せずに「家族」にまで「状況を考えろ」的な事を言う彼らは一体、どれほどに状況を理解してるのか。「自分達は広い視野でモノを見てる」とでも思ってるんですかね?」
 読売新聞は結構面白かったかな。予想通りの事書いてくれて。
「ちなみに、私にとっては彼らは全くの他人なわけで、日本人は嫌いですし、どこの国の民であろうと「同じ人の命」って考えの上で思考が成立してます。だから、今更自衛隊の撤退は有り得ないってなる。それがただ単にアメリカのご機嫌とりだったとしても、日本という国がしでかしたしまった事は国が責任を持たないといけない。たとえ、国民を犠牲にしたとしても。」
 犠牲になる国民がたまったもんじゃない。

 日本人を守る為の自衛隊が間接的に日本人の命を奪う。日本がアメリカを支持した責任は重い。けど、これ以上、アメリカに付き合う必要があるのか。結構、こう考えた人多いと思う、多分。
「私はアメリカとは完全に切り離して考えてるんですけどね。国際社会はそうは見ないでしょうし、政府はアメリカ支援の意図でもって派遣してるんでしょうけど。だとしても自衛隊がやっている事はアメリカの支援じゃあない。そしてアメリカを見放せば、それは責任を免れるって事でもない。アメリカが断罪されるなら日本も一緒に断罪されなければならない。そんな下らない自己満足の為にイラクを傷つける事は許されませんが、それでも自衛隊がやってる事はイラク復興支援。アメリカの破壊活動とは違う」
 結局、自衛隊が撤退しようがしまいが、世界は変わらないし、アメリカも変わらない。テロが無くなる事もない。
「そのテロが無くならないっていうのが一番大きい反発ですかね。読売は、あの拘束事件…まだ殺害されてない時ですね、あの段階に至ってもまだ「自衛隊がここで撤退すればテロリストは調子に乗って同じ事を繰り返す」と。前回の高遠さんの時なんかは、その説は説得力ありました。けど、今…そんなの関係ないじゃないですか。彼らの要求は通らない事が多い、そしてそのまま公開処刑される。何度繰り返されたと思ってるんですか?あの活動がテロ行為かどうかはともかくとして、そもそも、国民の命を守る為に軍隊だか自衛隊だかを撤退させるのはテロに屈した事になるんですか?そのまま国民を犠牲にしてしまう事の方が屈した事になるんじゃないですか?」
 で、自衛隊はもう撤退した方がいいんじゃないかって考えはじめたけど、雑記ではあの事件からずっと無視を決めて何も言ってこなかったよね。
「つまり、テロに屈しないだの危険地域だの、そんな事はどうでもいいんですよ。アメリカの圧力に屈してる惰弱な国がいえることでもないですし」
 だからもうどうでもいい。自衛隊がどうだろうと。
「イラク戦争を支持する当時、読売が愛用していた『国益』っていう言葉。この考え方からすると自衛隊をイラクに駐留させておくことは、国益に反する。たとえ、アメリカに睨まれたとしても、それ以上にイラクに自衛隊を置いておくことは日本にとって利点が無さすぎる。自国だけ見ても国際的に見ても。それでもイラクに自衛隊を駐留させようとする。なら、私は、日本って国がしでかした事の責任を自衛隊員に押し付けて黙ってみてようって事になる。アメリカは日本がいようがいまいが、やることはやる。なら、そんなアメリカとの関係だとか考える必要は無い。国民は無責任にただ見てればいい」
 祐里がどーいう意見なのか全然わかんなくなってきた。
「私自身、よくわかってませんから。色々と苛立ってるだけです。撤退しようと駐留しようと、どっちの選択をとっても間違ってるんですよ。だから、まずはイスラムを理解する事から始めないといけないはずですが、理解しようとする人がどれだけいるのか」

ふと書きたくなった

 何かやけに声優名義の人の結婚報告が大量にあがってんだけど、無名有名問わず声優という裏方が結婚しようがしまいがどーでもいい事でいちいちニュースにすんなよと。声優本人に文句つけてんじゃなくて、そんなもんをニュース記事にすることに文句つけてる。ニュース記事タイトルに紛れてくるので実害がある。…結婚報告自体、信者相手にファンクラブか何かでだけ報告してくれてればいちいちニュースにもならんだろうし、そもそも報告自体いらないんだけど、まあ、するしないは自由ではある。なので代替品がどれだけでもいる無個性の安物量産品のニュースなんていらない…興味無い人「しか」いないと言ってもいい。勘違いするな、アイドル声優なんてハンパなもんに執着してるのはごくわずかな気持ち悪い連中だけだ。そんな奴ら相手にニュース記事書いたって読まれねぇよ。声優に限らず誰が結婚しようが離婚しようがどーでもいいんだけど、本気で。ただ基本裏方の声優なんてホントどーでもいいよな。

天皇の「責任」とは何なのか

 ザンキゼロのテキトー極まりない設定とかジョジョリオンの雑記にしようかと思いつつ、本日もゴーマニズム2巻の気になる一言があって、そっちかなと。

 小林よしのりは明治憲法は天皇主権ではない!勉強しろと憲法学者とかに説教したけど、「すまんありゃウソだった」として、アレは天皇主権だったと言ってる。ここはまあ個人的にはどうでもいい。いわゆる「天皇主権説」と「天皇機関説」とで、小林よしのりは機関説から主権説へと乗り換えたというだけの話なんで。一応、ちょっと触れると、憲法自体は天皇主権だけど、その実態は天皇機関。何だ、そりゃ?って人がいると話が面倒すぎるけど、「国=天皇」なのか「国>天皇」なのか。等号と不等号ではない。天皇が国を動かすのか、国の中に天皇がいるのか、この解釈。で、今回この話はどうでもいいのでしない。

 伊藤博文を陰謀…悪人として描いてるけど、まあそれもどう解釈するかだし、割と興味ない部分なのでこれもどうでもいい。

 小林よしのりは軍が暴走し泥沼の戦争になったのは帝国憲法が間違っていたからだ、とまで言ってるけど、そもそもホントに「軍は暴走したのか」とか、そこから話をしたいし、当時、日本国憲法だったとして、それで戦争を回避出来たのか?というとそれも疑問だし。ただ、やっぱりこれも今回のテーマではなく。

「明治憲法を本当にこの条文の通りに運用したら大変なことになってしまう…!天皇の失敗がただちに国家の失敗になり、天皇がその責任を取らなければならなくなるからだ」…53pより

 なので、伊藤博文を最初から名目だけの権限を天皇に与えてそれに変わって自身が権力を持ち好き放題にしていたみたいな話にして、最初から明治憲法を謝っていた。憲法を改正せずに解釈だけで乗り切ろうとするととんでもない事になるとしている。この論も今回は無視する。今回触れるのは「天皇が責任をとる」って部分。

 まず「責任」とは何かだ。この際、せっかくだから昭和天皇の戦争責任の話にしよう、まず、対外…国際的な戦争責任。昭和天皇にこれはあるのか?「あった」んだろうと思う。日本国内でどういおうと、大日本帝国憲法で11条で天皇は陸海軍を統帥12条で天皇は陸海軍の編成13条で天皇は戦を宣し4条で天皇は国の元首にして統治権を総攬とあって、政治、軍事問わず、日本という国のトップに位置しているし、開戦の権限を持つのも天皇だって事になっているんで、これで天皇に責任が無いとするのは無理だろう。ただし、GHQ…マッカーサーは天皇の戦争責任を問わなかった。これは以前書いた通り、天皇を断罪すると占領が面倒になるだとかの事情込み。とはいえ、これで対外的には昭和天皇の戦争責任問題は解決してる。後は国内。

 国内においては論議の余地すら無い。天皇主権であり天皇は神聖にして侵すべからず…神聖不可侵なんで天皇に責任があるわけもない。リンク先のWikipediaのとこにも書いてある通り、55条で国務大臣は天皇を輔弼しその責に任ずとあって、責任を負うのは国務大臣という事になっている。つまり、国内においても対外的にも昭和天皇に戦争責任は無い。議論の余地無くな。

 つまりね、天皇親政が行われて、何か問題があったとしても、それでも責任を負うのは多分天皇ではなかったはず。天皇親政が55条違反ではないか?という議論は生まれるかもしれないけれど、それでも天皇が責任を!とはならなかったろうと。小林よしのりが心配するような事は明治憲法制定時に「天皇には法的にあらゆる責任は無い」事と、責任を負うのが誰なのかも記されている。

 じゃあ、小林よしのりはロクに帝国憲法を見ていないのかというとさすがにそんな事は無いだろうと。言葉が足りないんだわ。それこそロクに憲法内容知らない人間が見たら、天皇親政が行われいたら、天皇に法的責任が発生していたかのように勘違いしてしまう。というか勘違いさせたいのかもしれんが。この勘違いが無いと「だから明治憲法は間違ってる」って方向に持っていきづらいんで。

 天皇に法的責任は無い。ここで最初に書いた「責任とは何か」って話で。人間には良心がある。…面倒くさいんで、全然違う気もするけど、裁判に「刑事」「民事」があるってのを例にすればいいか?天皇に法的責任を問う事は出来ない。けれど、天皇自身が責任を感じてしまう事は止められないし、感情として「天皇に責任がある」と叫ぶ人達を「お前は間違ってる」とするのも無理だって話。

 これもちょっと例が違うけど、銀英伝のアスターテ会戦後だったか?アスターテではないかもしれんが、艦隊司令の地位にいながら無様に敗北し大量の戦死者を出した事に「道義上も恥じるべき」と罵った女性に対して「敵を殺したか味方を殺したかの違いで道義上は優劣はない」みたいなのが確かあった。そう、道義、道義的責任というのがどうしてもある。

 天皇が己1人だけで何もかも決め国を運営し国が傾いたとして、法的に責任は無い!と言ったところで天皇が「俺は無罪」と何も感じないわけもないし、法的にどうだろうと納得しない国民は絶対出てくる。結果として、天皇は一歩引いた位置で行使する「権利」が無いと言ってもいい「権利」だけがあるという状態になる…結局のところ、1000年以上昔から天皇の位置づけは変わらなかったともいえる。

 公的にはともかく、昭和天皇自身は戦争責任を感じていたのは事実と言っていいはず。が、天皇には「責任を負う権利」すら無くて責任をとる事が出来なかった。帝国憲法下なら責任をとれた可能性もあるけど…実情がどうあれ天皇が元首だったわけだから。ただ日本国憲法だと憲法上も「象徴」になっちゃってるから本人の意思で責任を負う事が許されない。なので単純に大日本帝国憲法は間違いだと決めつけるのはさすがにどうなんだろう?と。

 ちなみに日本国憲法には天皇の法的責任に関する記述はないし、皇室典範にも無い。けど、個人ブログにいいものがあった。明文化されてないけど天皇に法的責任は無く、民事訴訟の対象にもならないらしい。摂政は在任期間中は訴追されないけど、摂政ではなくなると摂政期間中の事にさかのぼって訴追される。とはいえ、摂政をやめるってのは多くのケースで多分天皇に即位するって事になるから、事実上、摂政にも法的責任は及ばない。…ただ、法的には責任は無いけど、民事の対象にはなるという解釈もある…何せ、今上天皇が民事で訴えられるような事態がそもそもまずありえなくて前例も無いから誰にもわからんのだよな、これは。その時にならないと。

 最後に一応。天皇主権で天皇に権限が集中しているので、軍を止める事が出来るのは天皇だけ。だから「軍を止められなかった」と言ってるけれど、国民主権の現在、安倍の暴走を国民は止められてないだろ?権力欲の強いバカがいるとどうしようもないだろ。判断を誤る事のない絶対的権力者なんてのがいて、その1人に権力が集まってでもいない限り、「権力の暴走」を止めるの無理だろ。権利を分割したところで、それを無効化したり統合したり結局のところやりたい放題なんだから。一見、「制限」出来ているように見えても、それは法で制限されてるからじゃなくて、良心に従ってるからで、その気になれば法なんて無視出来る。そしてそれを止める手段はおそらく暴力以外にない。帝国憲法は間違ってる、今の9条は間違ってる…バカバカしいの一言だな。

 小林よしのりはさ、憲法がどういう形だったなら第2次大戦を日本は乗り越えられたと考えているんだ?逆に言うと大日本帝国憲法では誰がどう頑張っても同じような結果だったと定義してるのか?憲法が結果を決めていて、人間の判断や決定なんて関係無かったと?

今さらの医学部の採点問題の話

 当然、元日とか関係ない。結局書くのはこれかなと。ゴーマニズム2巻で触れていたので。

 あの男性に加点してたっていうやつな。男女差別云々言ってる立場の小林よしのりは「認めない」としている。まあ、そうだな。が、その後…簡単にいえば「女は邪魔だよね」って話になる。まあ、これだけだとさすがにヒドいんでこの話になるけど、結局のところ、「叩かれなれてる」みたいに言ってる人は結構いるけど、そういう人達も割と逃げている事が多い。ここでの小林よしのりの態度もどうなのかと。小林よしのりは女性医師というか医学部に女性が増える事自体問題あると考えてる、「患者の命より男女平等というのはもはや狂信」としていて、これは1巻でも同じような事が書かれてるし、言いたい事はよくわかる。同意なんだわ、これには。

「女性の権利のために、患者ファーストのシステムを医者ファーストに変えよと要求するのは「理」が通っているのか」…39pより

 同意なんだけれど、これが「男女差別」なんだって事を小林よしのりは理解していない、彼の立場の場合、そうではないだろうと。現在の日本のシステムにおいては女性医師が増える事は利用者にとって望ましくない、これは事実。免許があれば何の医者になるかは本人の自由で、それなりに狭い医学部から「何の医者が生まれるか」はわからない。極端な話をいえば、「全員眼科医になり、医者不足になる」可能性すらある。これはもう男女の問題ではないのだけれど、男女別にどの医者が多いかだとかを見ると男女で大きな差がある科が存在する。女性はやめてしまうからみたいな事は当時言われていたけど、このバランスも問題がある。小林よしのりも女性が増え「眼科医」「皮膚科医」ばかりになっても不安としてる。これはデータ通りの発言ですな。

 ただ、男女差別撤廃を掲げる場合、「社会にそぐわないから」ではなくて、その社会のシステムが「男女差別を生む作りになっている」から、システムを変えようと、そこなんですよ。社会システムをそのままの前提で男女差別撤廃訴えるのは本気で撤廃取り組む気もなければ全くこの問題について学ぶ気すら無いって事。この雑記でも時々言ってるけど、現在の日本社会は男女平等無理だけど、このシステムを変えるべきではないと、日本では今のシステムの方があってるので他国に倣う必要は無いって。これは男女差別ではなく、男女の役割分担…区別であると。何だ、小林よしのりもわかってるじゃないか。なのに、男女差別撤廃を訴え、入試不正を断罪する。じゃあ、解決案を出せ。

 で、最初に書いた入試の採点問題。これは「そんなもんじゃねぇの」としか思わなかった。実際、知人に話して喧嘩みたいな状態にはなったけど「男性へのちょっとした加点で落ちる程度の成績のやつなんてどーでもいい」がまずある。無論、「加点で入学できた程度の男性の方もどーでもいい」…その程度の奴らなんて合格しようがしまいが無関係の人間からすればホントどーでもいい。ただ、当事者にとってはたまったもんじゃあないのは確かだろう。それでこの先の人生が変わるわけだから。

 以前、法解釈とかいって屁理屈こねんなと皮肉としてこんな事書いた事はある。

ちょっと前の医学部のも「加点減点については何も書いてないだけ。あくまでも通常採点の事を書いてるだけで、加点減点の事には触れてないからウソはついてない」が通る事になる。「減点しないとは言ってない」って話。でも、大学側がこんな事言ったら、「なるほどその通りだ」と感心する人はそうそういねぇだろ?書いてないって事は何してもいいって意味ではない、普通。

 ただ、これに限らず採点方法やら、合格基準やらが明確でない場合があって、その場合、誰を合格させるかなんてテストする側の自由だろと本気で思ってる。これは入試だけれど、就職だとしてペーパーテストを行う場合もある。が、その結果が何だ?っていう。特に医学部みたいに職業に直結してるようなとこなら、試験以外の部分で加点減点あってもそんなもん「何がおかしいんだ?」と思う。

 この採点問題で一番問題だったのは「不正」だと認めてしまった事だろうと思うんですよね。加点減点には理由があったのに、問題視されたらそれを撤回してしまう。撤回してしまったらそれまで、その「不正採点」の結果落とされた人達はどうなるんだ。せいぜいが「採点基準を記述しなかったのは問題があった」ってところまでで、その後も一浪までの男性のみ加点のルールは続ける、ただしそれは明記するでよかろうと。それすらダメだというなら、男子校、女子高もダメだろうよ。極論ではないだろうよ。

 日本には教育を受ける権利があるんで、年齢性別その他で大学受験を制限されてはならんかもしれん。が、職業学校で年齢性別制限があるのは当たり前。職業によっては身長やら何やらも制限される。これを医学部に適用しちゃいかんて事はないだろう?

 事実として、現状、女性の医師比率があがる事は決して望ましくない状況にある。そこに制限が入ることに何の疑問があるのか、だ。前述の通り、せいぜいが「加点減点のルールを明記する」というところまでだろう、やるべき事は。個人的にはその明記すら不要で、そんなもん試験実施側の自由だろとしか思わないけど、やっぱり。

 そして、この問題とは別に小林よしのりの態度はエセ男女差別撤廃主義者だよなぁと。男向きの事、女向きの事がある、これは小林よしのり自身も書いていて男女差は存在する、平等にはならないとしてる…その通り、それを少しでも緩和させていこうっていうのが男女差別の無い社会だろう?そんな差別って言葉の使い方間違ってるような社会いらねぇけど、田村さんは。

 で、そういうのを性差別にあたるから性別関係なく門戸開放しろっていうのは自由だけれど、現実として能力に差があるんで能力が高い方を選んだ結果、片方の性別しか残らなかった場合、これは差別ではないだろ?これを能力関係なく男女両方雇用しろってのは片方の性に対する優遇でしかない。これは身障者とかも同じ。「一定数雇用しろ」はおかしいよなと。彼らが可能な仕事で彼らがその仕事において健常者より能力が高ければ採用する。そうでないなら採用しない。当たり前だろう?差別をしないってのは優遇をするって意味ではないんだから。男女一緒にレースやってるモーターボートにも、競技の性質上どうしても女性の方が弱いから女子王座決定戦がある。これは女性差別か、それとも男性差別か?…能力による区別だろう。というか何で男女一緒にやってるのか正直わからんのだけどさ。男子サッカー、女子サッカーとあって、それをごちゃ混ぜにして同じルールでやらせちゃダメだろってのと同じで。でも、まあ特に文句の声があるわけでもないし、気にする必要もないんだろう。

 世界と比べて日本は男女差別がとか、それは日本の社会システムを考慮した上で言ってるのかって。就業面では大きな差がある。差別と言ってもいいかもしれない。日本の場合、男尊女卑だったのは確かだろう。なら、まずは主婦の地位向上を掲げるのが日本での男女同権ではないのかって。未だに「金を稼いでるのは夫なんだから」みたいな思考してる人がいて、この思考が完全に間違ってるって事を語るのがまず第一。語ってる人はそりゃいるだろうけど、表に出てくるのは頭おかしいヤツの…男側が女性に敵意を持ち逆効果なヤツらの発言ばかり。社会システムもさ、主婦にどんんどん厳しくなっていってるんよね。そこを語れよと。…まあ年金制度がもう何ていうか主婦に不利だよね、3号被保険者が離婚した時とかさ。だからってパート労働者まで厚生年金に加入させるってのも、そんなに金巻き上げたいのかと。収入が足りないからパート労働してんだろうに。

 ああ、でも結婚しない人が増えたから、今のシステムのままってわけにもいかんのか。問題だらけだな。なるほど、独身男性には今の日本社会で特に問題ないけど、独身女性には不利なのか。理解した。とはいえ、これ解消出来る国では無いよなぁと。だって、男女差別撤廃掲げてる人が、男女差別の問題理解してないんですもん、小林よしのり見る限り。これじゃ無理だろ。

何か花火がうるさい

 花火じゃないかもしれない1月1日0:00でした。ん、やんだ。どごどごどごどごってすごい音してた。

 正月とかそういう感覚無いので、SNK歴史秘話ヒストリあ…。オロチの事とかまだほぼ触れてない。けど、まあいいや。

ニコニココメント欄…お前らの方が遥かに不快だろ?と思う事例

 ネットでたたかれがちな人を一緒になって叩くだけの簡単で卑劣なクソ記事

 張本さんを擁護する気は全くないし、コメント欄も今回はどうでもいい。ただ、昔からずっと言いたかったんだ。「最低でも金」とかいうクソ発言を名言扱いしてきたメディア…個人てもいい。このクソ発言の何をどう名言と捉えてるんだ?…銀メダルですらがっかりされる状況だった事や自信より何よりそうでないといけないだとか色々とあるけれど、それでも許されちゃいけないレベルの発言だったと思うんですよね。こんな事でたたくのは違うけど、名言扱いしてちやほやするのも違うだろうと。どちらかといえばその発言はどうなんだ?って方向であるべきだった。スポーツ化しようとそれで礼を重んじるという要素が消えたわけでもない。というか柔道以外でもこんな発言許されちゃダメだと思うけどな。。

 ふと最低でも金を否定的に捉えてる人って他にいるのかな?と検索してちょっと気になる記述。ロス五輪のラシュワンは誤解されてる、彼はリアルタイム当時から「ケガした足を攻めなかった」と褒めたたえられた。けど、「どこを見ていたんだ?」っていう。事実としてはラシュワンは正々堂々と怪我した足を攻めようとしていたんで、正確に言うなら「攻めなかった」んではなく「攻められなかった」。というかさ、実際に攻めなかったとして、それってフェアプレーなのか?というのが一番の疑問だな。フェア?試合中の美談的なものは好きじゃないな、ほとんど、やっぱり。試合後のメダルを分断して2つつなげた友情メダルとかは好きなんだけどね。

「普通の人」で括るのは危険だと思う

 実はザンキゼロは既にクリアして、今トロフィーどうしようかと…とりあえずプレイ続行中。そして本題、話題のでもとはゴーマニズム宣言だけど、その話ではない。

 「オウムの殺人犯どもは普通の若者だ」という論調に「そんなことわかってる」として、小林よしのりもオウムの凶悪犯罪者を普通の人の枠に入れてしまっている。あのクラスが「普通」なら普通でない人ってどういうのなんだ?ってのが今回の話題。

 このありがちな思想好きじゃないんですよ。違うと思うし。じゃあ、普通じゃないヤツってどういうヤツなんだ?凶悪犯罪起こした頭おかしいとしか思えないヤツも大概「普段は」「昔は」普通の人にしか見えないんだが、普通ではなかろう、やっぱり?

 詐欺の「自分は引っかからないと思ってるほど引っかかる」みたいな論調も好きではないけど、割と似てる。「お前もいつ被害者、加害者になってもおかしくない」っていうの。小林よしのりと同じ反応で「そりゃそうだろ」って思うけど、それでも、やっぱりかなり特殊なケースだよねと思う。よっぽどの事じゃないと詐欺にはひっかからないし、凶悪犯罪に手を染める事にはならない。

 交通事故の被害はともかく加害者側に回ることもまず無いだろう。絶対無いとは言い切れないけど「まず無い」。逆に言えばそう言い切れない人は自動車、自転車その他使うのやめてくれと思う。「失敗するかもしれない」なんていう医者はイヤだろ?「失敗するかもしれない」当たり前だ、人間なんだから100%絶対はない。けど、そこまでの絶対は求めない。「事故なんて起こさない」と言い切れるだけの注意力やら何やらは無ければダメだろう。「事故なんて起こさない」と過信しろって意味ではなく、そういえるだけの事をしてきてるという事。根拠なくそれを言うヤツはダメだ、もちろん。

 この考えなんで、オウム信者は、たとえ犯罪に加担していなくても「普通じゃなかった」。誰もがオウム信者になりえたみたいな論調は加害者保護と変わらない。

 たとえばね、否応なく何かに巻き込まれ、○○を殺さなければお前を殺す、拷問するとかだったら、こういうケースでは「誰もが殺人者になりうる」でおかしくない。このケースで自分を犠牲に出来る人がどれだけいるか全くわからない。

 「彼らもオウムと出会わなければ普通の生活を」みたいなことも描かれていたけど、「そうだったかもしれないけど」程度。オウムに心酔してしまう精神構造してる時点で、オウムが無ければ無いで別の形で「一般人がしない選択」をしてしまう可能性の方が高い。彼らは決して「普通の人」ではないのだよ。むしろ、逆に考えるべきで、一見普通の人に見える人の中にどれだけ「異常な人」が紛れているのかと。こちらの方が真実に近いと思うんですよね。「傘を水平に持つヤツは傘を水平に持つなと教えたところで、その程度すら教えないとい理解出来ない頭してるヤツは他のとこでもっと迷惑なこともしてる」…これは本雑記で以前からしてる主張で、実際間違っていない。ここでいう「普通」とは道徳的な普通さの話。

 「○〇と出会わなければ」はホントかなり影響力ある、人格すら変える何かでないとなと。夜神月はデスノートに出会わなければ優秀な正義執行者だったかもしれないみたいな。最低でもLよりは遥かにマシな人材になってたろうとは思える。Lは素であの邪悪さだからな。何か月がサイコパスとかネットで言われてるけど、それこそ月は「普通の善良なる人」だった。Lはサイコパスと言われる類の人の特徴を色々持ってる。…以前から言ってるけど、サイコパスの「サイコ」に魅かれてるんだか何だかしらないけど、それがどういうものかわかった上で使えよと。ああ、話がずれてるか。

 飲酒運転は別として、交通事故を起こした人を「普通の人」とするのは多くの場合で問題ない。が、凶悪犯罪を起こす奴らは「普通ではない」。「普通の奴が狂った」んじゃあない、「一見普通に見えてたヤツのバリアが無くなった」だけだ、それは。性善説よりは性悪説を支持するけれど、それでもこの点については割とゆずれない。ちなみに連続殺人だからといってそれだけで凶悪犯罪とは断じる気はないぞ。そこは普通の人が「正気で」行ってもおかしくないかなと思えるんで。

なるほど、嘘喰いが発祥なのかと思った事

 冗談抜きで「Die,yobboって何だよ」なんだよな。唐突に「カモンエヴリバディ」なんてのも言ってたし、若ギースを意識したと思ってほぼ間違いないだろう。最初は掃除人の方の夜行さんが、何かCVSのルガールっぽいなぁとか思ってたんだけど、ギースを意識したキャラがいるならあのルガールっぽさはわざとでないならいつの間にか影響を受けていた、みたいなもんか。まあ、デスノートのキャラも混じってる気がするけど、何か。

 若ギースの台詞は無論、「DIE YABO」と「COMEN YELLOW BELLY」であり、嘘喰いのカラカル君のは違う。ただ、作者が意味理解出来なかった、聞き取れなかった結果…な気がするんだよなぁ。アレンジしたとか偶然被ったとかじゃなくてイエローベリーを聞き間違えてエブリバディにしたんだろうとしか思えないんだよなぁ、ダイヤボーダイヤボーってバカみたいに言ってるの見ると。イエローベリーは若造、未熟者ぐらいの意味か。検索してみたら臆病者って意味だった。

 「ダイヤボ」は実際のところ何て言ってるのかわからんのですよ。ただSNK公式で「DIE YABO」とされていて、「YABO」は野望の意味だってのも新声社の謎本で語られてる。これはSNK公式ので。このサイトでも何度か書いてしまってるので勘違いしたバカがいるようだけど、「新声社の謎本はいい加減な内容」なのは確か。ただ、そこに紛れてSNK公式回答も混ざってる。謎本由来のものは全部デタラメと信じてるヤツは何なんだろね?自分はSNK通のつもりなのかもしれんが、無知はお前なんだよっていう。

 もちろんね、「YABO」で「野望」なわけないんすよ。そんなわけあるか!っていう。でもだからって「DIE,YOBBO」も「何それ?」なんですよ。英語を母国語としている方々ですらダイヤボって何?って状態。野暮でもないし、大野望でもない。DIE野望。…そりゃ英語圏の人にこんな無茶苦茶なのわかるわけがない。日本人ですら「は?」だ。

 若ギースの声優は未公表だけど、マイケル・ビアードさんで確定してる。これは間違いない。で、この方、アドリブでセリフを変えてしまう。スラングを使って自然なセリフに勝手に変えちゃう。なので、ダイヤボはおそらくはビアード氏のアドリブでSNKも何と言っているのか、その意味も把握してなかったのではないかと思うんですよ。じゃあ、「DIE,YOBBO」なのか?というと、どうかなぁ?と。英語圏の人ですら理解出来ないってのはおかしい。

 とりあえず「YOBBO」とは何かをネット検索。DIE,YOBBOどころか「YOBBO」がスラングで使われているのはオーストラリア、ニュージーランドとの事。アメリカ人がわからないのは当然なのか。英語の嘘喰いファンサイトでは「BOYのスラング」と書かれていたけど、そんな意味では無い。ただ、嘘喰いでの使い方もかなり怪しい。「DIE YOBBO」なんて英語優先で検索してもほぼ嘘喰いしかヒットしない…。つまり、そんな言い回しは存在しない。ダイヤボと聞いて、意味のわからなかった作者がねつ造したのが「DIE YOBBO」なのでは?他に使用例があればいいんだけど、全然見つからないから、スラングどころか嘘喰いでの造語じゃないのか?としか思えんのですよ。最低でも読みは「ヤ」ではなく「ヨ」だ。日本語的にどうとかでなくて発音記号でそう。日本語表記なら「ヨバウ」でこれを「ヤボ」だの「ヤボー」だのとは読まない。

 オーストラリアスラングサイトによれば意味は粗野な人、Wikipediaによれば、イギリスではYOB、オーストラリアでYOBBO。語源はBOYの逆さ読みらしい。YOBとYOBBOは別モノな気がするけど英語版Wikipediaで一緒に扱われる程度に語源も不明で使ってる人もいないんじゃないか?ってスラングなんだろう。

 もちろん、若ギースは「弱者は死ね」なんて言ってないからな、公式訳は先述の龍虎の拳の謎にあるからそれ読め。いいから読め、バンナムのカスどもは。

 何か嘘喰い以外、嘘喰い以前での使用例があるといいんだけど。ネット情報だけだと、「そんな言い回しは存在しない」という結論になる。

いくら何でも理解力無さすぎじゃないか?

 百田尚樹は嫌いだし賛同もしないけど、コメント欄の連中は本気なのか?。「日本人なのかな?」ってのは、「外国人が苦情を言ってる」って意味ではないだろうよ。「日本国民なのか?」ではなく精神的に「日本の伝統文化に苦情入れるとか、そいつ等は日本人名乗っていいのか?」って事だ。

 こんなバカが普通に生きていける国って素晴らしいですよね。…税金無駄遣いしていいから社会に出ないで一生引きこもっていて欲しいと思う、こういう奴らは。出来れば親が養って親が死んだら一緒に死んでくれりゃいいんだが、そうもいかないだろう。生活保護でも何でも使って無駄に生きててくれ。働くな、外に出てくるな、本気で。

 話を変えて、この記事そのものの話。この意見そのものは下らないと思う。苦情を入れるのは自由とまでは言わないけど、うるさいのにうるさいと言えない「実は全然自由の無い国」だったのが、今は言えるようになった。その意見を受け止めどうするかは苦情を受けた側の判断。議論も何もなく「はいやめます」は苦情を入れた側に文句を言う案件ではないと思うんですよね。

 無論、多くの人同様に田村さんも除夜の鐘をうるさいと思った事は無い。だからといって自分を基準に「自分はどうとも思わない」から文句言うなはバカすぎるだろ?というか苦情入れたヤツよりわがままだと思う。自分を基準にするな。除夜の鐘のどこが日本の伝統だよと思う。…自分を基準にする人達ってのは本人意識しないとこでかなり差別的思考をあっちこっちで出してると思うんだよね。気をつけていても自分を基準に考えてしまうのは仕方ないと思うけれど、出来る限りそれを抑える努力は必要だろう。この「私はうるさいと思った事はない」みたいなのはこれは意識していれば絶対に出ない類に「自分基準」の思考。

 あくまでも個人的意見を言うなら、日時わかってるんだからうるさいと思うなら耳栓でもしてろ、と思うわけだけど、よっぽど無茶苦茶な事を言ってない限りは議論の余地はあるんじゃないかと思う。結構前から何度も話題になってる入れ墨による入浴施設の制限にしても、「制限して当然だ」「国際的におかしい」と言い合ってもなと。これも個人的な話すりゃ、勝手に入れ墨入れてるわけで、それをタトゥーと呼ぼうが呼び方なんでどうでもいい。そして海外の話もどうでもいい。こういう場面でこそ「日本の社会文化」であり、それをねじ曲げるなら、「日本に来た意味なんて無い」と海外の旅行者に対してはいえる…何の為の海外旅行だ、その国の文化に触れたいってのにその国の在り方を否定するのは筋が通らない。日本人相手ならそれこそ「お前が勝手にやったんだろ」と、これを差別と呼ぶのはさすがに違うと思うんだわ。まあ施設主の自由だよね。どうするかなんて。差別的だと思うかどうか、どちらの方が利益が出るか…他人が口出す事ではなくないか?と。

ガイエスハーケンの方が好き

 藤崎版銀英伝16巻。要塞対要塞。ガイエの主砲は当然OVA版のガイエスハーケンは採用せずグングニルとなっていた。イゼルローンがトールハンマーなので同じようなネーミングとしたのはわかる。ただ、何というか武骨なガイエスハーケンの方が趣があるなと思う。ガイエスブルク要塞は対同盟用ではなく、「同盟にその威容を見せつける」なんて事もない。ただただ機能美に特化した要塞と受け止めてる。

 というかミョルニルではなくトールハンマーなんで…オーディンジャベリンとすべきだったか?格好悪ぃな、オーディンジャベリン。弱そう。

 相変わらず、大筋は変えず割とアレンジ入れているので新鮮さはある。敢えていうなら「帰ろう、イゼルローンへ」みたいなのは、我が家と書いてイゼルローンと読ませるみたいな方がよかったなと思う。ただ単にイゼルローンだと、イゼルローンの位置づけがわかりにくいんで。そこはセリフで表現するしかないアニメより文字を使える漫画の利点だと思うんだけど、それが活用されてないのは残念。

賭ケグルイと双の最新刊の話

 ビニールの話と一緒にしちゃダメかなと思ったので賭ケグルイの雑記は分けた。

 病院行けなかったので、仕方ないんでちょっと書店寄って、すっかりつまらなくなってしまった藤崎銀英伝購入、後、賭ケグルイ2冊。相変わらずゲームのルールもゲーム進行も特に面白くも無いけど、キャラはいいなと思う。

 ただキャラ以外にも良い点はある。決着が比較的早い。決着方法の為にこねくりまわされたルールのゲームってのは出てくるけどそればっかりではないし、「それは読んでいた」という、からくりも何もない、面白くもない展開もそんなに数は多くない。その分、ギャンブルッ!より更にタチの悪い「何でそれで勝てるのか」な結果にもなりがちではあるけど。

 嘘喰いは最初は面白かった、最初に書いた感想でも「ヘンにこねくりまわされたルールではなく」と書いてる。これが連載が長く続くとネタも尽きるからか、ヘンなルールのゲームでわけのわからない超能力合戦でもしてんのかよという「読み合い」。読み合いなんてそれは作者が好き放題出来る。裏の裏の裏のとかさ。相手が優秀である事を見越しての裏裏裏裏合戦。うんざりだよ。単行本の装丁が変わる31巻でいきなり回復…元に戻ったけど、これもこの先また…ぐだぐだな展開になっていくんだろうか?賭ケグルイはその傾向が無い、そこは良いと思う。まあ、ゲーム内容自体がつまらんからそこが良くてもギャンブル漫画としては微妙なんだけどさ。

 賭ケグルイはギャンブル漫画ではなく、変人の奇行を楽しむ漫画だよな。散々嘘喰い読んだ後に久々に賭ケグルイ読むと夢子の変態っぷりに拍手を送りたくなる。嘘喰いの主人公も相当どうかしてるけど、夢子さんの変態っぷりについていけるキャラはなかなかいそうにない。そして今回もかませどころか踏み台にすらなってないただのやられ役の百合子様がとても良い。ギャンブルランクSSSとかSS、最低でもSランクぐらいの奴らが揃った生徒会にあって1人だけBランクぐらい?みたいなザコ百合子様。以前書いた通り、本編とスピンオフの全主人公に勝利してる唯一のキャラなのに明らかに格が低い、弱い。が、主人公と並ぶ強キャラで主人公の親友ポジションだけど、ゴミレベル…Dランクぐらいじゃね?で性格も悪くて、百合子様のあからさまなイカサマに特に気づきもせずボロ負けしたメアリさんはずるいと思います。アレ、途中で別人にすり変わったろ?が、

 一応、今回の本編と双で出てきたゲームとその展開について…あー、いいや。いつもヒドいけど、今回出てきたゲームとその展開特にヒドいと思うんだわ。

 何かの漫画で見たみたいなゲームになるのは仕方無いけど、それを劣化させたものになるのはダメだよねと思う。

 本編で出てきたカードジャンケンで、「今まで使われたカード覚えてる?」と「私は覚えてる」とカウンティング宣言とかさ、え、何それ?だよ。こういうゲームの場合さ、運営側がグーチョキパーそれぞれの使われた枚数を公示すべきだろうと思う。ゲーム自体が全校生徒に対するリアルタイム中継って事もあるんで、ゲームを盛り上げる為にもそういった措置は必要。そんなものもない杜撰としかいえないゲームルールで「使われたカードを把握してた」「もうチョキは残ってない」、そして語られてないけど、どうやらパーもほぼ消費されていて、相手が出したのは間違いなく「グー」だという。残りカード10枚以上ある状態で何故そうなった?そしてそうだとして相手がグーを出すかパーを出すかなんて「わかるわけねぇだろ」…クソすぎるだろ。というかやっぱり偏りすぎだろ。

 この時の対戦相手はカードに事前に傷をつけておいて、相手のカードが裏からでもわかるとかいうクソみたいな代物。賭ケグルイでは頻繁に出て来るけどな。「印があってもわかるわけがない」けど、超人的能力で一目で把握するとか、「把握出来たとしても到底全部覚えるの無理」でも超人的能力で把握できる。これはもう基本常識。そこにツッコミを入れようとは思わない。そういう能力があるんだから仕方無い。ただ、相手のカードがわかったとしても、相手がカードを置いたのを見た後でないと自分のカードを置けない。カードを裏向きに出すにしたってジャンケンで毎度毎度後出し。

 賭ケグルイはギャンブルゲームを暴力その他で台無しにする、賭けの代償を無かった事にするみたいな事をさせない絶対中立の奴らがいて、そいつ等がゲームを取り仕切ってる。が、紙製のカードの使用、ジャンケンでありながら同時にカードを出すというルールも無い、相手の出したカードが裏向きとはいえ見える…こんなイカサマをしてくれみたいな「ゲームの基本ルール以外のギャンブル上のルールが全く無い」という公正に取り仕切る気あるのか?って状態はプレイヤーからすると全く信頼出来ない。カードを出すまでの時間制限なんてルールも無いから「ずっと出さない」事も可能だろうし、「相手のカードを物理的に覗く」事もルール違反ではないだろう、多分。堂々と相手のカードを覗いても「ルール違反してない」と言えると思う。そんなの暗黙の了解とかそういう事じゃなくて、公正さを保つための何の仕掛けも装置も無いし怪しい動きをしても全く咎める気もない姿勢がおかしいという事。どっちの行為も咎めないから中立ってのは違うだろ?いらねぇよ、そんなゲーム進行者。仕事してねえじゃん。

 気になるのでわかる範囲で数えてみよう、グーチョキパーが21枚づつで全63枚。これがランダムで最初5枚づつ配られる。1回戦で10枚、双方合わせて5枚のチェンジがあったので1回戦だけで15枚のカードが消費されてる。内訳は、G7、C2、P6。

 2回戦、当然5枚づつ配られる。というか最大5回戦実施。5枚オールチェンジを2人が実施すると1回戦につき最大20枚のカードを消費。100枚のカードが必要。これでカード枚数が63枚?双方に同じ数のカードが積まれていて、消費しきってしまったら補充無しってルールなら無闇なカード交換なんて出来ないけど、2人合わせて63枚でカードが足りなくなった場合どうするのかの説明すら無い。杜撰だわ。

 2回戦は2枚チェンジで12枚消費。内訳はG2、C2、P4。残り4枚は不明。

 3回戦1枚チェンジで11枚消費。内訳はG0、C1、P5。残り5枚は不明。

 4回戦はチェンジ無し?10枚消費。内訳はG3、C2、P1。残り4枚は不明。

 最後の5回戦目に入る前に消費されたカードは46枚で、残り17枚。この状態でもうチョキは無いと宣言。宣言した側はパーを出しているから、手にあるチョキの枚数は最大でも4枚。

 判明してるカードの内訳はG12、C7、P16。チョキが一番少ないじゃないかよ。というかさ、相手に何でカード見せるのさ?そして、出されたカードを把握するってのが役に立つかどうかわからないにしても役に立つ場面が来るかもしれない以上、数えるだろ普通?

 ルール自体はカードを使っているだけで普通のジャンケン。ただアイコだった場合、カードの枚数で勝敗が決まるというルール。パーを提出して引き分けた場合、手に残った4枚に何枚パーがあるかで勝敗が決まる。が、ジャンケンなんで手札はそれほどに重要な要素ではない。が、この漫画は手札が強い、勝負とかそもそもジャンケンをする気がなくて「ファイブカードで勝利」が何度も出てる。ジャンケンをしろ、ジャンケンを。

 ファイブカードの勝利は2/5という「どういう計算したんだ?」なセリフまである。カードの残り枚数次第で変わってくるとは思うけど、そこまで厳密に計算する意味もないだろうと。パーが5枚ある場合、当然提出するのはパー。それしか無いからね。相手がグーだったら勝てる、相手がパーでも勝てる。相手がチョキだったら負ける。相手もパーのファイブカードだったら引き分けるし、相手がチョキのカードを持ってないなら相手が勝てる可能性は全く無い。が、相手がどんなカードを持ってるかの確率計算するより、単純なジャンケンとしてファイブカードならほぼ2/3の確率で勝てるでよくないか?

 原作者のあとがきでは、「どんな強い手札でも常に1/3以上の確率で負ける」としてる。作中の台詞と計算が変わってるじゃねぇか。フォーカードまでなら確かに1/3以上だろうけど、勝てる確率も1/3以上になってるからなぁ。負ける確率だけ考えてもダメだろう、引き分けがほぼ無いから1/3以上になるのは当たり前だし、ファイブカードならむしろ1/3以下になる。つまり「常に1/3以上」って事は無い。ファイブカードで負けるのは相手にジャンケンで負けた場合のみで、相手がそのカードを持ってない場合もあるから、1/3以下になる。ルール解釈間違えてないよな、これで?自分で考えたゲームでの「勝てる確率」やら「負ける確率」を把握すら出来ないんじゃ、そりゃクソ展開にもなるわな。

たかがビニールで2時間か

 自転車で行こうと思った。ものすごい風だった。諦めた。電車を使う事にした。…間違いだった。

 後1本電車早ければ…。ビニールが架線に引っかかって電車2時間止まる。たった1駅だったんだ、1駅なんて歩ける距離。最初は14:30に再開見込みとアナウンスされた。なら、待とうかと。そして14:40となり、15:00となり15:40となり…未定になった。「たかがビニール1枚ガンダムで押し出してやる」ぐらいのつもりだったんだろう。…現場の人達はさ、作業の遅れで焦ったろうし大変だったろうなと思う。が……たった1駅を2時間…病院行けなかったじゃないか。運転再開は16:05ぐらいだったろうか?無論、そこで病院に行けば間に合うんだけど、用事は他にあり優先度は病院の方が低かった。

 日本の鉄道はビニール袋1つで2時間止める事が出来るというのはなかなか面白い。車内じゃどんな作業してるのか全く情報もないし、何があってそんなに遅れてるのかわからなかったけど、棒でつついてたのか。…結果論ではあるけど、30分つついて取れなかった時点で10分遅らせて「40分」じゃなくて「再開見込み未定」でよかったんじゃなかろうかと思う。こんな作業にどれだけ時間かかるかわからんわけで、最初の発表と全然違う事とか2時間かかった事は仕方ないなと思う。最大の失敗は「再開見込み未定」の判断が遅かった事だろうと思う。まあでも、いら立ってる人はほとんどいなかったし…ルール守れない、態度悪い…そーいう輩は通勤電車を利用する40〜50代男性、20〜30代女性に集中してるんだなとわかった。そう、こんな事でいら立っても仕方無いんだよ。が、この社会に出てくんなと思える奴らの性別による年齢の違いは何だろうな?単純に40代以上の女性社会人が少ないからか?

SNK考古学その2

 前回書いた通り、八咫の話になる。八咫がキーポイントというか、重要な位置にいる。草薙、八尺瓊一族が生まれ、八尺瓊が封ずる者となり、歴史の影に埋もれてしまった要因であり黒幕。おそらくは払う者、封ずる者、護る者とは元々、全て八咫一族が背負っていたものなのではないか?とそういう話になるけれど、その前に…。

 オロチが人類と敵対し、そして封印されてしまった1800年前とはどういう時代なのか。自然と共に生きオロチが人類を見守っていた縄文時代から時は流れ武器を取り争いが始まった弥生時代、その末期の倭国大乱と呼ばれる大戦争が起きた時代。これが1800年前。オロチが人類を見限るに充分な案件ではある。

 この時代において最も有名なクニは邪馬台国。その女王とされる卑弥呼は「弟がいる」「陽の巫女と解釈できる」等から日本神話のアマテラスの事なのではないかという説も存在する。竹田何たらは「日本語読みしてどーする、ひみこって読むわけねぇだろ」とバカな事を言っているけれど、当時の日本は漢字をそのまま輸入しているので、日本語的発音にはなるものの似たような響きになる…よって「ひみこ」に近い発音であった事を疑う理由は無い。

 前回、八咫=アマテラスと解説したことでわかる通り、八咫の出自は邪馬台国。「ヤマタイの鏡写しの双子」が「ヤタの鏡」となったのではなかろうかと。

 邪馬台国がどこにあったのか、ヤマト王権との関係はどうだったのか、これは未だに決定的な答えは出ていないので、とりあえず置いておこう。

 アマテラス=ヒミコ=八咫として、双子の姉妹だなんて聞いた事ねぇぞという声もあるだろう。アマテラスに双子の姉も妹もいない、ヒミコに双子の妹も姉もいない。が、そこが大事なのではないだろうか。何故、アマテラスは岩戸に篭ったのか?だ。

 前回、月華はKOFの過去なのではないかとした。月華にはオロチ一族とは違うが同じような力を持つ四聖、四神と封印の巫女と呼ばれる存在がいる。彼らは生者の世界「現世」と、死者の世界「常世」とを隔てる地獄門を現世側に4人、常世側に1人置き守護している。オロチ一族は元は大地、地上の守護者と思われるが、四神は地上と冥府の狭間の守護者であり、これら一族に対立構造は存在しない。おそらく冥府、常世を守護する一族なんてものも存在しているだろうが表に出てこないので気にする必要も無いだろう。

 邪馬台国とはこの四神を信奉する一派のクニととりあえず考えてみる。八咫姉妹は太陽の巫女とその鏡となる封印の巫女…何で太陽と封印なのか?…さあ?何でだろね?

 まあ、いきなりまるで説得力が無い話になってきたがまあ話を進めよう。元々、オロチと四神は脆弱な人類を守る守護者だったが、オロチは人類を見限った。一方、四神は人類を守護する事とした。…幕末に人類見限って滅ぼそうとした輩も排出したけどな。

 オロチのオサは精神体なのでその力を行使する為の依代が必要。それを四神の一族に求めた。欲しいのは「払う力」。そう、太陽の力…波紋ッ。

 話を八咫に戻そう。今回最初に「払う者」「封ずる者」「護る者」この全てが元は八咫のものだったとした。現代の八咫姉妹、ちづるとマキの力はどうだったか?姉であるマキのチカラは強力だったが、封印技「零技の礎」は使えず封印したい場面では妹ちづるが呼び出され、ちづるが封印を行っている。つまり、「封印」のチカラは双子姉妹に揃って存在するわけではない。最低でも現代においては妹のちづるのみが扱える能力である事がわかる。これを現代の八咫のみと考える理由は特にない。

 八咫姉妹は姉に払う力、妹に封じる力があり、姉妹が揃う事で護る力となる。そしてオロチのオサは人類を滅ぼす為に「払う力」を欲した。

 ところで、だ、現代のオロチが欲しているクシナダヒメとは何者なのか。クシナダの「ダ」は蛇と解釈出来るため、クサナギと同じく「蛇」…「蛇の姫」だったのではないか。クサナギヒメとは呼べない事情があったのか、変化したのかはわからないが。何故、蛇のヒメなのか?1800年前のオロチの依代は女性であった事はそれなりに知られている事実。そう、この女性こそがクシナダヒメであり、依代となったクシナダヒメにはオロチのチカラの片鱗が残されている可能性は高く、また、そもそもがオロチが欲する力を持っているのが「クシナダヒメ」であると思われる。

 では、クシナダヒメとはどこから来たのか。無論、邪馬台国の八咫姉妹だろう。オロチは四神に太陽の力…払う力を求めた。人類を守護しようという四神達はどうしたのか?

 その答えが歴史にその存在を抹消されている双子の妹…封印の力を持つ封印の巫女だと考える。その存在はオロチ一族すらも知らない。岩戸に篭ったアマテラスはここで妹と入れ替わる。岩戸から引っ張り出されたアマテラスは陽の巫女ではなく封印の巫女。双子の片割れを犠牲にする残酷な決断ですな。

 ここでまた場面転換だ。初代草薙はどこにいるのか、アマテラス…ヒミコの弟とは誰なのか?もちろん、弟はスサノオだ。が、じゃあスサノオって誰だ?だな。これがオロチ四天王の裏切り者であり初代草薙ではないかと。

 四神の一族もバカじゃあない。妹がいたなんて事はすぐにオロチ一族も知るだろうと。知られて尚、騙し続けるにはどうするか。…ねつ造だ、ねつ造するしかない、デタラメな設定を作るしかない。

 オロチ一族と四神の一族は元々は敵対していない。スサノオとアマテラスは姉弟ではなく恋人だったとしたらどうだろう?オサがアマテラスを肉体として選んだ…納得いかない、たったこれだけの事で離反。デビルマンもアポロニアスもたったそれだけの事で裏切ったろ?そういうもんだよ。きっと離反した後は不動何たらとか名乗ってたんじゃね?…草薙京のモデルの1人が不動明だったっていうのは…こんなにも壮大な理由があったのだよ!…あったのだよ。

 さて、じゃあみんなでオロチを騙そう。古事記はエピソードの順番を入れ替えている!と思わせておいて実は入れ替えていない説。

 スサノオがオロチの離反者だとすれば、「誓約」のエピソードは実はオロチを倒した後に、スサノオが身の潔白を証明するために、オロチを離反した事を証明する為に行ったかのように思える。が、実は順番入れ替わっていないとすると。

 というかよくよく考えてみるとオロチ倒す前に「誓約」でも全くおかしくは無いのか。オロチを離反し邪馬台国に下ったスサノオ。が、いくら恋人とはいえ、オロチ側から送られたようにしか思えないアマテラス。誓約はスサノオが十拳剣、アマテラスが八尺勾玉をそれぞれ差出し、互いにそれを砕き、そこから貴い神々が生まれた事で、そのような神々が生まれるという事は邪心など無いという事の証明になる、というやつ。

 剣や矛というのは男性器の象徴。ここでいう「十拳剣」とはつまりはでっかい男性器。…噛み砕かれちゃったよ、おい。アマテラス怖ぇよ。アマテラスが差し出した八尺勾玉てのはこれは1つの勾玉の事ではないんだけど、これをどう解釈すればいいかな?まあ、これもスサノオが噛み砕いてる。アマテラスの何をかみ砕いたんだろね?ちなみに十拳剣は十握剣と同じな、どちらも「とつかのつるぎ」で意味も同じ「握り拳10個分」。

 ここで出てくる八尺勾玉は神話では噛み砕かれてしまっているため、八尺瓊勾玉ではないように思える。が、事実としてはアマテラスとスサノオが互いに何か噛んだんだか咥えたんだかそんな詳細は知りたいとも思わないけど何かこう色々エロエロなんですよ。そして生まれた子が八尺瓊一族の始祖であろうと。つまり、誓約に出てくる八尺の勾玉こそがやはり三種の神器の八尺瓊勾玉だった。けれど、これは知られてはいけない、歴史の表に出してはいけない部分。八尺瓊の母がアマテラスであってはならない。結果、歴史改変され、八尺瓊勾玉はこの後の岩戸のエピソードで唐突に意味もなく登場する事になる。

 八尺瓊一族は草薙一族から分かれたのではなく、初代草薙から生まれた一族であり、「封ずる者」ではなく「払う者」としての力を本来は持っている。が、オロチ一族に知られてはいけない。

 オロチのオサは四神一族の協力を得て、無事アマテラスの体を手に入れる。が、それはアマテラスではなくその双子の妹だった。払う力を持たないので人類を滅ぼすだけの力が無い。オロチのオサは新しい体に馴染んでないから力を出せないのだと勘違いしているかもしれない。もしかしたら封印の巫女の力で内部から力を密かに封じられていたかもしれない。多分10年以上頑張ったんじゃないかね?それでも四神の一族やらスサノオやら人類やらに邪魔されて上手くいかない。八傑集含めた一族がどれだけ頑張っても人類と数が違う。四神とスサノオも人類側、そして八尺瓊も成長して戦力となる。結果、オロチ一族は倒され、アマテラスの妹…本名不明のクシナダヒメは解放される。オロチを倒したのは十握の剣で、その結果、草薙の剣が出てきた。はい、もうわかるね。スサノオの巨大ちんこがまた大活躍ですよ。スサノオとクシナダとの間に生まれたのが草薙一族だろうと。後はクシナダがオロチ一族を封印して1800年前の戦いは終了。

 神話で語られるオロチのイケニエとなったクシナダの7人の姉とかクシナダの両親テナヅチ、アシナヅチとは何者なのか?とかまだ考察材料は色々残っているけど、大筋としては1800年前の戦いと神器の出自とはこんなものではないかと。

 他にも封印の巫女と太陽の巫女がセットで、八咫の姉妹だというなら月華の封印の巫女は何者なんだよ?とか、そういうのもあるな。ただ、八咫は姉の側の娘が一族を継いでいってたんじゃないかなと。常に双子なんで、八咫の血筋はものすごい広がってると思うんだわ。月華の雪はその血筋の1人だってだけではないかなと。その血筋の女性全員がその力を持つわけではなくて、時々力が遺伝した人が生まれてるみたいな。

 この形である場合、現代に転生したというクシナダがもし当時の力を持っていたとしても、その力は封印なのでオロチがクシナダをどうこうしたところで意味が無い。八咫姉妹の姉もゲーニッツが殺しちゃったんで、現状オロチが求める力をその片鱗でも持っているのは八神一族のみ。ただ、オロチ一族は八神の力は「封じる力」だと思ってる。人類は安泰だな。

 その後はアマテラスがヒミコとして邪馬台国の女王として君臨。スサノオはヒミコ、クシナダのどちらとの間にも子を作ってるし、元々はヒミコと恋人だったかもしれない。が、結局結婚した相手はクシナダ。すると、スサノオは結果としてアマテラスの義弟となる。うん、無理矢理にでもスサノオをアマテラスの弟に仕立てあげてみたぞ。

 ヒミコは未婚のまま女王として君臨し続け、海を隔てた大陸にも知られる存在となる。ヒミコは未婚とはいえ、誓約の際に男女ともに生まれている。神話においては男はアマテラスの息子で、女はスサノオの娘とされているけれど、実際のところ男が八尺瓊の始祖となり、女は時代の八咫となった。女神は三柱誕生したとされているので双子ではなく三つ子…どう解釈すべきかは現時点ではわからない。

SNK考古学

 SNKの話でも考古学の話でもない。KOFを主として、現実…といってもこちらの主は日本神話だが…要は今まで何度かやってきた「日本神話とKOF」を改めてまとめてみようと。実のところ竹田何たらだの小林よしのりだのの話をしたかったわけではなくて、元々やろうとしていたのはこれ。その為に古事記やら日本書紀やら参考書籍を色々と見てた。その中で竹田何たらが日本書紀というタイトルで日本書紀と全然関係ない話ばかりしてた上に「バカだろ、こいつ」って事ばかり言ってたのでこんなにも横道にそれてしまった。

 今まで書いた事を簡単にまとめると、三神器は三貴子か、その守護者で草薙はオロチ四天王の裏切り者。餓狼キャラだけれど、不知火と望月はそれぞれ草薙、八神の信奉者か傍流で、いかづちの邪神とはオロチ四天王なんだろうと、ざっとこんな感じ。餓狼世界では話は違うがね。月華は餓狼龍虎世界と明言されてないし、そのつながりは斬鉄だけで、影二はKOFにも参戦していて世界観的にも月華はKOF世界の過去の話なんだろうって感じの話もした。

 最初に書いたのは随分と前で、その後…最後に書いたのですらアッシュ編の前だった気がする。なので、アッシュ編も考慮に入れて再考してみようと。

 まずゲーム媒体と、それに付随した公式ストーリー以外は基本的には無視。その上で公開されている設定。オロチ一族の詳しい設定とかはこういう企画においては全然関係ないので無視。

 まだ色々あるけど、とりあえずこんなとこから。さてどこから行くか。まず、三神器とまとめて称されてるけど、草薙と八神が同じ技使っているのに神楽だけ全く違う技を使う。これは八神流の源流が草薙流だと'95で解説されてる。'95時点では八神は「影の草薙として歴史の闇に埋もれた」みたいな存在で三神器ではなかったからね。とはいえ、この八神流の源流が草薙流という設定は否定されていない。

 草薙と八神の関係を探る前に、先に「払う者」「封ずる者」「護る者」という区分けは本当に正しいのか。神楽ちづるの「零技の礎」…「その力封じます」は神楽の技の中でもかなり印象に残る技。草薙が払うというのはわかる。が、八神…八尺瓊が封ずる者?……確かに八酒杯は相手の動きを封じるけどさ。

 神楽ちづるが正しい事を言っているなら、1800年前は八尺瓊がオロチを封じ込めて、それを草薙が払ったという。八咫は何もしてねぇな。現代においても、八神がオロチの首を絞めてるとこを草薙が殴った…無式ってホントに大蛇薙より効果あるんすかね?ただの打撃技じゃなくて何か対オロチで特殊効果付き?オロチ特攻10倍ダメージみたいな。

 ただ、とはいえ払われたオロチを封じていたのは八咫一族で、それをして「護る者」というのはどうにも違和感がある。八尺瓊を「封ずる者」と定義せざるを得ない何か裏の事情があるのではないか、と。元々、三神器なんて言われてはいても草薙と八神の出自は多分同じだろうから。

 一番最初は「オロチ」の由来。大蛇…蛇とされてるけど、もちろん彼らは蛇ではない。オロチは地球意思のようなものであり「ガイアと共にあり」と本人は言ってる。つまり、語源は「大地」「大霊」…つまりは「オオチ」であろうと。これが人類の敵となった時に「オロチ」となり、蛇と重ねられた。

 さて、でも、まずはオロチじゃなくて三神器の出自だな。草薙はオロチ四天王の裏切り者。これは解説するまでもないけれど、書く事で新たな発見があるかもしれないという事で。

 三神器が歴史に現れたのは1800年前、多分ここで突如現れてる。まあ、そもそも日本最古の歴史書が古事記だから、1800年前に三神器が現れたなんて事もどこにも記されてはいないんだが。

 本来、先に三貴子の話をしないといけないのだけれど、話がややこしくなるので後にしよう。ただ、草薙はスサノオを守護する一族として定義されてる、日輪背負ってるのにアマテラスではなくスサノオ。まあ、この辺りも後にしよう。

 日本神話が伝える三種の神器も実のとこ由来がはっきりしない。草薙の剣はヤマタノオロチを倒した後、オロチの尾から見つかった謎の剣。何でそんなとこに剣があったのかさっぱりわからない。が、オロチの尻尾、体内から出たのが草薙の剣だっていう神話は到底無視できない。これが草薙一族の出自を示すものだろうと。通常の人類が持ちえない「炎の力」を操る草薙一族は元オロチ四天王だというならそんな力を扱える事に何の不思議もないわけだ。オロチ八傑集は魂で受け継がれるけれど、その肉体に炎の力が遺伝子として刻み込まれても「オロチの遺伝子」とやらで作られた「ミズチ」の存在を考えるにあってもおかしくはないだろう。まあ、ミズチはKOFではなくNBCだが。実際、現生人類だと思われるが、八傑集の転生先となったガイデル氏の娘さんにはオロチの力が受け継がれているので、「力」は血でも受け継がれる可能性が高い。

 草薙の剣の名前の由来は諸説あるけれど、現在有力なのは「蛇の剣」、「奇妙と書いてくさと読む」。「ち」「ぎ」は蛇を指す。よって「奇妙な蛇の剣で草薙の剣」。アメノムラクモは草薙の剣だと格好がつかないから後世に権威づけでつけられた偽の名前とするのが現在の通説なんで、アメノムラクモなんて名称は一切気にする必要が無い。草薙の剣は草薙の拳というなら、それは元々は蛇の拳だった。

 西洋の方も西洋オロチに対する三神器的一族で、炎の力を操るアッシュの出自は結局のところ西洋オロチだったんで、草薙さんも元オロチだとしても全くおかしくはない。というか西洋オロチって何かほかに言い方ないのかね?オロチではないよな、絶対?

 次に八尺瓊の勾玉。これが三神器の中で一番よくわからない代物。三貴子の中でツクヨミだけ全然エピソードが無くて何だかよくわからないけど貴いって事になってるのと同じ。三種の神器として名前は出てくるけど、何でこれが三種の神器の1つなのかさっぱりわからないっていう。八尺瓊勾玉っぽいものはまず、スサノオが高天原に入ろうとしてアマテラスに止められたその時、誓約として出てくる。「せいやく」じゃなくて「うけい」な。スサノオが十握の剣、アマテラスが八尺の勾玉をそれぞれ差し出して互いに砕いたってやつ。そう、砕いてしまってる。なので、これは八尺瓊勾玉とは別のものだろうと。ここで出てくる十握の剣もオロチを倒した剣の事ではない。同じ名前、似た名前で違うものが平気で出てくるから厄介だよな。月華の黄龍が持ってる十握の剣は多分、オロチを倒した剣…羽々斬だと思う、これも以前書いた事だが。だから月華はKOFの過去の時代なんじゃないかって話になるんだし。

 八尺瓊勾玉として伝わるのはこの誓約から少し後の岩戸篭り。ここで引きこもっちゃった困った子を引きずりだす為に作られたとされてる。ただ、それだけで詳細がわからない。八尺瓊勾玉っていう名前の1つの勾玉じゃなくて「複数の勾玉を組み込んだアクセサリ」で、それをウズメちゃんが身に着けたんだろうと思うが。正直に言って、何の為に作られて、どう使ったのかどういった代物なのかさっぱりわからんのですね。

 最後、八咫の鏡。これも岩戸の時に作られたやつで、こっちはわかりやすい。アマテラスがちら見してきた時に、アマテラスと同レベルの神いるからって鏡を見せた…これが八咫の鏡。八咫の名前通り、手鏡なんかじゃなくて巨大な鏡な気もするけど、三種の神器としてセットでニニギに渡されてるんで……大きさ自在なのかもしれんね。

 この三種の神器の出自からKOFの神器の出自をどう考えるか。八尺瓊はもうこれね、歴史から抹消されてんですよね。草薙がスサノオの守護者なのは前述の通り、八咫は双子で生まれる…それはアマテラスと鏡、つまりアマテラスとその守護者、八尺瓊は月を背負っている事でもわかる通り、ツクヨミ本人かその守護者だった。勾玉はその形状からしても月を表しているんだろうと思うんですよ。ただ、ツクヨミも八尺瓊勾玉もほとんど何もわからない。歴史上、存在を無視出来ない、けれど真実は到底記せない。その結果、「ほとんど何もわからない」んじゃないかと。

 ただ、八尺瓊が裏切り八神となったのは660年前。古事記が編纂されたのは1300年前。八尺瓊が裏切った事で歴史に残せなくなったのだおとすると古事記は「未来予知」をしていた事になってしまう。それは無いだろう。過去から歴史改変しようとした奴らがKOFには出てきたとはいえ、それだったら歴史書から抹消するより、八神が生まれないようにした方がいい。ならば660年前より後に誰かが古事記、日本書紀を改ざんしたのか?その可能性も勿論ある。あまりにも意味不明な八尺瓊の勾玉の存在を思うとその可能性は高そうにすら思える。が、最低でも1300年前時点で既に八尺瓊は怪しかったという可能性もある。実際、それがいつからかはわからないけれど八尺瓊はオロチの力に憧れていたと'96にある。この思いが募り募り行動に起こしてしまったのが660年前。オロチを封印したのが1800年前で、古事記編纂が1300年前…500年の間に八尺瓊は既にはっきりと裏切っているわけではないけれどオロチへの憧れを見せ始めていて歴史書に到底記せない一族になっていた。古事記編纂時点で隠されたのか後の時代に改ざんされたのかはわからないが、結果、三貴子としてスサノオ、アマテラスと並び称されてるのに何のエピソードもないツクヨミ、三種の神器として草薙の剣、八咫の鏡と並び称されてるのに全く何なのかわからない八尺瓊の勾玉というあからさまに怪しいナニカが歴史書に記される事となってしまった…これは疑う余地無いんじゃないか?

 とはいえだ、これだと八尺瓊の出自は不明のまま。八尺瓊の勾玉はおそらく元々は岩戸とは違う場面で登場したものだろうと。…ああ、「現実の話」ではないからな。あくまでもKOF世界の話だからな?KOF世界においては八尺瓊の勾玉とされるものは記されていないエピソードで登場したと思われる。が、記されていない以上知りようもない。ただ、八尺瓊と草薙は最低でも660年前までは信頼で結ばれていたらしい。オロチへの憧憬を八尺瓊が見せてはいても。草薙も八尺瓊も同じく炎の力を使う、草薙の炎はオロチ四天王としての力の残り香だが、八尺瓊は何なのか?無論、オロチの力だろう。が、炎の力を操るオロチ四天王が連続して裏切ったとは到底考えにくい。八尺瓊一族は八神流古武術だけが草薙を源流としているのではなく、一族自体が草薙を源流としている草薙の血を引く一族と考えれば問題は解決する。草薙がオロチ一族を離反したのがいつなのかはわからないが、1800年前時点で八尺瓊と共闘している以上は、1800年前より前。初代草薙がオロチ四天王としての魂を残したまま離反したのか、オロチ四天王の憑代となった人間の意識がオロチ四天王に勝り、四天王の魂を追い出したのか、どちらなのかはわからないが1800年前より更に前に四天王から離反し子が生まれ草薙一族と八尺瓊一族とに分かれた。この「分かれた」エピソードが本来、歴史書に刻まれるべきだった八尺瓊の勾玉のエピソードであろうと。八尺瓊一族もその出自はオロチ四天王であり、オロチの力への憧れは、オロチから離反した先祖「草薙」への憎悪と一体化する。表面上は草薙と八尺瓊は信頼の関係だったけれど、ディオとジョナサンのようにその信頼は草薙側の一方的な信頼だったのかもしれない。

 最後に八咫の出自だけど、疲れたので今日はこれまで。今のとこ、かつて書いた日本神話とKOFと内容はさして変わってないし、多分八咫も変わらないんじゃないかな、以前の見解から。違いが出るとすると「封ずる者」とは八咫の事なんじゃないのか?って辺りか。ツクヨミ、八尺瓊が歴史から消されてるのと、八尺瓊を「封ずる者」に仕立てあげてるのは同じ理由なのか?とか

敢えて告白する。実は源平のこと…よく知らない

 桓武平氏とか清和源氏とか言われてもっていう。いや、全くわからないわけじゃあない。何たら平氏、何たら源氏というのはただ同じ姓というだけで血族的にはつながりは無い?源氏長者というものがある以上は一族という概念は存在してる?

 今さらながらほとんど何も知らんなと思う。

 以前読んだ本で、説明も無く、平氏と平家を使い分けていて、ネット検索してその違いを知った程度には源平を知らなかったし、正直に言って興味無かった、今も興味無いけど。

関係者全員地獄に落ちろと思えるぐらい鬱陶しい

 ちょっと前の雑記で書いたところかまわずはりつけられるエロソシャゲの広告。…というかソシャゲじゃなくてブラウザゲームだったのか。まあ、もはや分けて語る意味もないと思うが。

 何でこれが問題視されないのかわからない。社員全員死ねよって思えるぐらいに問題あると思うんだわ。年齢人種性別無関係…無差別テロだろ、こんなの。コメント読む限りエロ要素も無いのか?が、そういう問題じゃあないんだ。広告詐欺とかどーでもいい、が詐欺なのか、そこを突いて潰せ、このクソ会社。DMMも一緒に潰れてくれ。無差別にネットにエロ広告やる企業はまともじゃあない。あまりにも反社会的。日本以外のうるさい連中にその存在バレろ。その時点で大騒ぎになって…逆に知名度あがって大儲けじゃねぇか。…結局、何だかんだ、あの献血ポスターって作品攻撃するような筋違いの人はいなくてものすごく知名度あがって大勝利だよな、実際。アレで悪いイメージは特についてない。実際、書店で見かけて「あー」と思った。多分今までも目には入ってたろうけど、意識もしなかった。今はその存在に気づきはする。この差はかなり大きいと思う。まあ、だからって買うかというと買わないんだが。

 日本って国に対応求めたところで「未承諾広告※」の二の舞だろうし、何でいまどき、ネットの実情もわからん時代についてきてないってレベルじゃねぇぞ!な連中が有識者の意見も聞き入れず対応決めるんだろね?未承諾広告は2年ぐらい前に見て「まだやってるとこあったのか」と驚いた記憶はある。アレ、とっくにあの法廃止されたか改正されたかしただろ?いや、存在してたとしてもやる意味ないし。何かのギャグだったのかな、あれは?罰金とか無くていいから迷惑メール1通につき懲役1日という優しさに満ち溢れた内容でとっととクズぶち込んでくれ。余裕で数億通送信してるだろうけど、優しさに満ち溢れてるから大丈夫。1日10万通とか出してたとしてだ、10万日で270年ぐらい。1日辺りたった懲役270年。全世界に迷惑かける国際犯罪者に対してとても優しいよな、これは。

 とりあえず、話戻すと…コメント欄で広告詐欺言ってるようなエロガキだかエロ親父どもが広告に釣られてクリックして「広告に効果アリ」となっているのが悪い、こういうアホがいなくなれば広告も消えるんだがな。効果無いものに金出すバカな企業はいないんで。勝手にエロゲでもエロ漫画でも買ってろよ、お前らは。迷惑なんだよ、お前らみたいなやつがいると。ネットで下品なルール無用なやり方してる奴らなんてゴミだと気づけよ。しかし改めて検索してみると心底嫌われてるし、やっぱり問題視してる人多い。何か無いのか、奴らにダメージ与える方法。

法的に可能なのと実際に行っているかは違う

 ゴーマニズム1巻。コスタリカがどういう国かは知らないし調べる気もないんで、漫画に描かれてる事について。

 「コスタリカは非武装で国が豊かになった。強くなった」と護憲派が喧伝し始めたけどそれは違うとしてるやつ。そんな喧伝したかどうかもしらないけど。

 この反論は小林よしのり自身ではなく、法哲学者だという井上達夫なる人物。個人的には誰の発言かはどうでもいいのだけれど、小林よしのりがこんな事言ってたと勘違いされても困るので。

コスタリカは憲法で常備軍を廃止しているから非武装中立で9条の思想を実践している国じゃないかと護憲派は利用するけど、これは全くの間違い!…67Pより

 ホントにそんな事言ってたのか?ってのがいきなり疑問なんだけどな。小林よしのりが紹介してる新聞記事の内容と違う。ホントに「憲法で廃止してる」と言ってたのか?「軍を持っていない」と「憲法で廃止してる」は違う。

 まあ、話を進めよう。曰く、コスタリカの憲法では恒久的な軍隊を禁止している。ただし、米州の協定、国防のため軍事力を組織することができる…とのことらしい。無論、本当かどうかはわからんが、ここでうそをつく理由もないだろう。…ウソをつく人いるんだけど、こういう調べればわかる事であっても、この場合、調べるまでもないと思う、さすがに。

 要するにコスタリカは緊急事態に軍を組織する事が出来るらしい。…よその国の事だけど、間に合わなくね?兵器もないし、訓練した軍人もいないんじゃ。

 実情よくわからんけど、井上氏はこれをして「いま置いてないだけ」と言っている。そうだろうけど、それが「重要」なんじゃないだろうか?憲法で禁止しているかどうかではなく、軍はいないけど維持され平和が保たれている国が実在する、そこが大事で。そこから「軍は必要なのか」ってとこにつながる。さっき書いたばかりだけど、「今おいてないだけ」とは言っても、緊急事態にいきなり軍を組織するなんて無理な話で事実上「軍隊を放棄」しているに等しいってのもあるな。

 続けて「現在は常備軍は無いが必要とあればいつでも常備軍は組織出来る」…これはウソですよね。さっきの憲法からすると。常備軍は禁止されてる。これを守らないなら憲法は意味が無い。

 法の上では可能だけれど、実情は違うってのは、死刑は制度としては廃止されてないけど事実上廃止してる国とかあるのと同じようなもん、その上で事実上軍を組織出来ない状態になっている。そして、続けて「軍じゃないけど武装警察を置いている」と言っているけど、これは正直何を言いたいのかよくわからない。皮肉ではなく。

 武装警察とやらの役目と能力はわからないけれど、それが軍に匹敵するというなら、日本と同じで名目が違うだけで違憲なんだろう。そうでなくあくまでも国内での主に対国民の任務であれば名前通りの警察だろう。wikipediaを信じるなら警察ですな。そしてやっぱり今さら軍を組織する力は無いっぽい…現在は。数十年前は軍を作るとなったら応じる事も出来る能力のあった人がいっぱいいたみたいだけど。

 対立する側の意見を曲解して、事実をねじ曲げるやり方はダメじゃないかな?コスタリカはどうでもいいし、それを利用したとかいう人達もどうでもいい。対立側を貶めるんじゃなくて自分達の意見の有用さを示せ。

 次に出てくる伊勢崎賢治という人物は何者なのか書かれていないので正体不明だけれど、護憲派はガンジーの非暴力主義が9条だと勘違いしてると。これもそんな事言ってる奴がどこにいるのかまず例を示してほしいんだけれど、9条はガンジーとは違うだろ、そりゃ。個人の思想と憲法なんだから。

 その上で、この伊勢崎という人物が何を言いたいのかわからない。というかこの人、専門家気取りだけど他人から聞いた情報鵜呑みにしてないか?ってぐらいにガンジー誤解してないか?と。「非暴力と自衛は矛盾しない」とかそもそも何を言いたいのかわからない。矛盾しないから「軍なんていらないよね?」って事?主張がわからなさすぎる。ガンジーを利用すんなよとしか思えない。結局何を言いたいのかわからない。ガンジーを利用するなと言っておいて、利用してるのはアンタじゃないかっていう。何でこんな何言ってるのかわからない人ばかり漫画で扱ってるのか。9条でガンジーを持ち出すなはそりゃそうだ、同意だよ。でも、そんな事言ってる奴らがどこにいるのか示さず、護憲派とやらがそれを主張してるとして、それを切り捨て護憲派は間違ってる!とするのは汚いなんてもんじゃあない。探せばそんな主張してる人はいるだろうが、護憲派とやらの1%にも満たないであろう存在。そして、ガンジーを持ち出すなの話が全く何を言ってるのかわからないから話にならない。ガンジーは100%完全に暴力を否定していなかった!というなら、それも「そりゃそうだろ」と。暴力以外に解決の道が無いならそこで非暴力を貫いて死ぬのは無駄死に。それは非暴力ではなく無抵抗だ。でも、今さらそんな当たり前の話をするか?この人は交渉録に残ってるとして「日本軍とインド国軍を戦わせると発言していた」としている。これが事実かどうかはわからない、ガンジーに詳しくないんで。漫画に掲載するなら出展ぐらい示しとけ、小林よしのり!と思うんだが、事実だとして、「だから何だ?」なんですよ。日本に向けてのメッセージでは国の力を云々と…つまりは「全力で抵抗する」みたいな事は書いてるけど、うーん、結局のところ伊勢崎氏が何を主張したかったのかわからんからこれ以上書きようがない。ガンジーは関係ない、これ自体に同意するのは前述の通り。ただ、9条と結びつけるバカがどれだけいるのかそもそも知らん。

ちょっと楽しくなってきたザンキゼロ

 ばらまかれたアイテム拾い集めるの慣れた。というか、普段1人で歩いて敵が見えたら4人に戻すという無駄に時間かかるプレイの仕方に切り替えたんで、拾い集めるぐらいどうという事もない。

 そして突如登場したモノクマにテンションあがる。完全なゲストで、セリフも無いというかただのザコ敵だけど、やっぱり別のゲームのキャラの登場は今でも少しテンションあがる。絶望が勝利して世界が崩壊した後に目的を見失った量産型モノクマとか思っておこう。いや、もうダンガンロンパとは全く違う世界なのはわかるんだけど、テレビで見させられてるあの映像が本物とは限らないじゃないか。実は何から何までツクリモノかもしれない。真実なんて何1つ無くてクローンを使った舞台実験かもしれない。

 後、LOAD時間のTIPSみたいなの見て「空のペットボトル」が簡易トイレだと今さら知る。…あ、便利だ、これ。あいつ等さ、何故か排泄は「トイレ」か「漏らす」の2択なのがホント不思議。漏らすぐらいならどうせ誰もいないし、死んでもすぐ蘇生するんだからそこらでしろよ。何で廃墟に対してそんなに清潔なの?みんなが見てる前でペットボトルとか無駄に恥ずかしい気がする。アイテムは自分で使う事も出来るけど、他人に使う事も出来る。ロリにペットボトル使うとか許されていいのか。すごいゲームだな。

 問題は死んで強くなる。「漏らして悪臭漂わせてる状態」で何度死んでも「対悪臭」が付加されんことだ。リスト見ると存在してるんだけど、何故つかないんだろうな?悪臭まき散らした状態で老衰じゃないとダメなのか?毒で死んでも敵に殺されてもダメだった。

 後は楽しい楽しい黒幕探し。「姿は自由自在かもしれない」とはいえ、性別は変わらないだろうし、消化したエピソードはそのエピソード主のモノローグで本人の思いとか語られてるんで…マモル先生以外に候補いねぇんだけどさ、既に。が、黒幕なんているのか、あの8人の中に?ガレージキッドではない「1人」がマモルなのはほぼ間違いない。今は医者として先生と呼ばれてるけど、この「先生」呼びが真実隠すためのもので、実は元々は担任の先生だったとか、そうでないなら普通に保健室の先生だったかなんだよな、きっと?ただ、だからといって黒幕なのかというと微妙…サチカを殺した人物とも違うだろう。

 殺人犯は主人公格のハルトクンが何か疑われてるし、実は本人も気づいてないけど実は殺してましたは有り得なくもないんだけど、「そんなのルール違反だ」と真実わかった後にプレイヤーが言いたくなるような、それこそさっき書いたような「実は真実なんて1つも無かった」とかやらない限り、ハルトクンは白なんですよね。働いていた年月日がはっきりしてるから…彼の年齢はウソではないって事で。犯人候補は年齢が違うヤツ…マモル以外に候補がいない。まさかサチカがサチカを殺した犯人って事もなかろうし。

 基本はミステリ。無作為に1か所に集められたかのように思える登場人物たちは実は黒幕によって選ばれた「つながり」のある人達でその中に黒幕も紛れている。これは基本。集められた人は全員が「殺害対象」なのも基本。金田一少年だと何かその中の特定の数人だけとかあるけど、普通は全員。が、死んでも何度でも生き返る舞台で殺害を目的とはしてない。何度も何度も苦痛を味わわせる事は出来てるけど。自分も同じだしな。

 登場人物たちに小学生より前の記憶が欠けている。が、黒幕はその情報を何故か持っている。ここが何かおかしい。

 「テラシマショウ」と同姓の「寺島」博士がクローン実験をしていた。ここは重要だろう。声とかも。

 ゲームに初期登録されてるスコアネームを見ても怪しいのはやっぱりマモル先生。「LOV」はやたらと愛を連呼するマモル先生の事だろうけど、このスコアネームには一切本名情報が含まれていない。これが現実世界であれば「だから何だ?」なんだけど、ミステリ作品で1人だけ仲間外れな状態なのは意味がある。そう、一葉マモルは偽名と考えて間違いない。…間違いないと思う。回想で「先生」って単語は出てきても「マモル先生」ではない。というかマモル先生とか出てきたら、その時点でマモルがガレージキッドではない事がバレるから出てくるわけもないけど。ただ、偽名使う必要があるのかどうか。マモルは本名かもしれん。苗字は寺島なんじゃね?

 結論として…さっぱりわからん。舞台装置が大がかりすぎる。人類滅亡したと言われて信じてもおかしくない状態。あんな廃墟どうやって作るんだ…。まさか?建物のクローン…非生物までクローニングするのか、エクステンドマシン。

 世界滅亡は世界滅亡、今回の話と全く関係ない。サチカ殺人犯と黒幕も関係ない。まあ、マモル先生がキーとなる人物なのは確実、ただ彼が何なのかはさっぱりわからんのな。

 クローン実験の時期とサチカ殺害の時期が離れてるから難しいね。同じ時期なら殺人犯=クローン実験体とか簡単な答えも出せるんだけど。

大事なのは「クリア報酬」が何か

 救済要素の話の続き。「これが報酬になってるのはちょっとヒドいんじゃないか?」って場合、何らかの条件緩和というか別条件があった方がいいだろうと思う。単純に「クリアした事にします」だと、クリアした側から不満が出る、それはゲーム自体の悪評につながる。

 たとえばね、対戦格闘のプレイヤーキャラがやけに厳しい条件満たさないと追加されないなんてのは、そもそもがおかしい。PS版鉄拳のデビルカズヤはミニゲームのギャラガをノーミスで全ステージ全エネミー撃破だったっけ?性能はほぼ一八と同じで見た目だけ違う程度だから許されていた感あるけど、アレはやっちゃいけないやつ。対戦格闘と本気で全然関係ないからね。

 ブシドーブレードの100人斬りで解放されるカッツェも結構ヒドい。ブシドーブレードで対人戦やろうなんて輩はそれなりにあのゲームを気に入ってかなりプレイした人だろうから、100人斬り達成できるとは思うけど、何か違くない?と。アレはその後、ファイナルファンタジーだかTOBALだか何かのゲームの付録で無条件解放するってのがついてきたかと思うけど、それはそれでやっぱりやっちゃいけなかったやつ。

 KOFMI2だったか?何のタイトルだったか覚えてないけど、本来の条件とは別に「プレイ時間」やら「ゲーム内通貨」で解放する事が可能なゲームはあった。これが多分「誰でも頑張れば全部解放出来る」「条件を満たした人からも不満が出ない」やり方。ゲーム内通貨でシステムを買うとかってやり方自体好きじゃないけど、個人的には。何でわざわざ自らゲームのシステム狭めるんだ?って。BGMセレクトとかCGセレクトとかでやってるゲーム結構あるけど、無条件解放されてるゲームと比べて評価が高いなんて話は聞かない。

 厳しい条件を乗り越えた先の報酬が下らないとがっかりはする。その厳しいものに挑戦してクリアする事自体に意義があって報酬が無くてもプレイする人はするけれど、報酬がある場合にはやっぱりそれなりに価値があって欲しい。薬草20個とかだったら「無い」方がまだ精神的にマシだろ、だって?報酬が無いならないでいい。あるけど「薬草20個だよ」…精神的にダメージだわ。

 それがRPGなら超高性能な装備でもそれは構わないと思ってる。そんな超高性能装備なんてのはゲームバランスにも関わる。…これに文句言うのは結局のところまともにプレイする気が無いヤツなんで、「不公平」みたいな意見は聞く必要が無い。

 ネプVIIのネプランカーの報酬はダメな類かなと。無印のネプランカーではなくて高難度のネプランカー零の方、こちらの報酬は「走ってもスタミナが尽きない」みたいなそんなやつ。そもそもずっと走り続ける事が出来ないという制限がゲームとして不要なんだけどな。走り続ける事が出来なくてもゲーム進行には影響は無い、けど、それが出来ると出来ないとではゲームに対するストレスが違う。ネプランカー零はわかってしまえば何度でもゴール出来る。クリア出来ないって人はただ単に努力というかプレイ回数が足りない。何度も挑戦すればほぼ誰でもクリア出来るはず…とはいえ、コマンド式RPGなのに、いわゆる死にゲーのそこそこ高難度なやつを「クリア出来ないから悪い」と突き放していいのか?とは思える程度に無限ダッシュはやっぱり有用。…そもそもネプランカー零がゲーム終盤でないとプレイ出来ないとはいえ。ネプランカー自体には救済はいらないけれど、その果ての報酬はもっと別のものであるべきだろうと。

 影牢ダークサイドプリンセスは全ミッションクリアで解放されるのがトトリの衣装。これは良いバランスだと思う。ただの衣装なんで手に入らなくても問題ない。主人公のレグリナさんには全く似合わないというか世界観が違いすぎる。ダークな雰囲気漂ってほとんどのステージが薄暗いゲームにどピンクのかわいらしい衣装。報酬としてはこれは十分だと思える。「レグリナ トトリ」とか「影牢 錬金術」とかで画像検索しても出てこなかったんで、ウチのトロフィーのとこにリンクはっておく、これの2枚目が全ミッションクリアという苦行の報酬。割と報われた感ある、最初からこれがあったら別に何とも思わないけど、苦行突破の果てだからとりあえず使ってみようと思うし、使ってみてその場違い感にちょっと心が癒される。救済はあってもいいけど、安易な救済はダメですよ、やっぱり。それはそのゲームを好きになってくれるユーザを減らす可能性の方が高い。救済あったから好きになったって人もいるだろうけど、このクソゲーが!と思いながら何とか乗り越えて…今でも好きなゲームで続編楽しみ!って人の方が大事だし、そっちの方が割合は多いと思うんだが。

救済要素なんて必要なのか?

 ゲームに難易度セレクトすら多くのゲームで不要だと思ってる。その上で、「クリアした扱い」になるみたいな救済は本当に必要なのか?

 ドラクエ11Sの競馬はインチキアイテムがあり、かつ、負け続けた場合、1位になった際の景品が入手できる。これはどうなのかなんですよね。

 ゲームは楽しむ為にある。障害を乗り越えた際のご褒美だから嬉しいんであって、お情けで手に入れたもので嬉しいかっていうと嬉しくない。競馬で手に入るアイテムなんて「クリアには不要」なもの。それでも不公平だというようなゲームですら努力も出来ない1万人に1人ぐらいの無能に配慮する必要はあるのか。クリア出来ないならそれでいいって人か、クリア出来る人で99割…そうもはやネット用語と化してる「99割」って言葉を使いRたくなる程度に圧倒的大多数は問題としていないだろう。これ1つで作品の評価は下がったりしない。が、クリアしなくても手に入る景品をクリアして手に入れても、もうそんな仕様になってる時点で嬉しくないだろう。

 ゲームが下手なヤツはゲームが下手なんじゃあない。ゲームが好きじゃない。そしてそいつ等は結果として「客」にならない。そう、固定客にならない。

 ドラクエで改良すべきポイントは他にもっともっともっともっともっともっとあるだろ?と。ホントにこんなに「もっと」を重ねないといけないぐらいダメな部分は多い。これは伝統とかの話ではないし、ドラクエらしさの話でもない。ドラクエ特有のものは残す、そうでなくておかしな部分は削る、それが出来てないから11Sはクソだというのだよ。

 難易度ノーマルとハード用意しました。でも、ハードクリア出来ない人の為にハードをクリアしなくてもいい要素入れました。…バカすぎだろ。最初から下らないミニゲーム入れんなっていう。ドラクエのミニゲームは初代となる2の福引からずっと「全部つまらない」。なのに懲りないのな。カジノが必要なんて言ってるのはネットのごくごくごくごく一部でしかないのにな。

 コンピュータ相手にただの運任せにも等しい、ルーレットだのポーカーだのやって「面白い」と思えるヤツが一体どれだけいるのか?対人、かつただのゲームではなくギャンブルであってこそ盛り上がるものだろ?

 ポーカーだとかルーレットは演出はともかく、テキストベースであればプログラム初心者でも組める程度の代物。ここではプログラムが簡単って話をしたいんじゃあなくて、それだけシンプルな作りをしているという事。ジャンケンであっても対人であれば話術含めた駆け引きもあるかもしれないけど、コンピュータ相手にはただの3択でしないんで面白くも何ともないわけだ。桃鉄が面白いのは基本…対人だからで、ドラクエの1人すごろくは何が面白いんだ?っていう。ドラクエのサブゲーム開発は面白いかどうかって事を考えてんのかね?

 話が随分とズレたけどさ、厳しい条件を満たさないと出現しないボスキャラとかが、「条件満たさなくてもいいです」になったら、今までプレイしてた人は冷めてプレイしなくなるだろ?高難度は求めてなくても、プレイの果てにある…高難度は求められやすい。そこを「用意」したなら、そこに救済を入れるのはおかしい。勝手に高難度に挑戦しておいて「クリア出来ない」とか言われてもだし、そこに報酬あるとしてクリア報酬なんだから諦めろだ。

まさかのドラえもんの新刊を購入した

 ドラえもんの単行本なんて買うとは思ってもいなかった。

考え方というのは面白いなと思う

 毎日毎日小林よしのりの雑記。やっぱり「被ってる」部分は多い。ただ、出発点は同じなのに結論は真逆というのはいくらでも出てくる。よほどでない限り、右翼だ左翼だと言い出して、まとめて否定するのは違うなと思うんですよね。右でも左でもどっちでもいいし、そんな区分けに意味は無い。ああ、文系だの理数系だのも意味無いって以前書いた気がする。その区分けには意味は無い。

 「憲法は解釈の問題じゃない」というのは小林よしのりと一致する。「こう読むことも出来る」とかでなくて、制定された時点ではっきりと意味はあって、文章、言葉として曖昧な部分を好きに解釈しろなんて事ではない。これを「屁理屈」としてる部分は全くの同意。自衛隊は存在そのものが違憲だというところまでは。「自衛隊は軍隊ではない、戦力ではない」とかバカげてるから。

 「暗黙的に自衛権はある」だの何だの…暗黙でいいわけがないだろ?と。じゃあ、そこからどうなるか?この状態に問題あるなら日本を無防備にしてでも自衛隊を解散する。兵器の類を捨て去る。それしか無い。ただ、憲法を変えるというなら「別にいいんじゃない?」と。憲法を変えたら意味無いだろ!みたいな事は思ってない。

 小林よしのりは「自衛権を明記して、その他制限をこまごまと書く」としてるけど、どう書いたって「解釈」とやらで好き勝手にやられるからね、憲法を変えたって「大した違いは無い」んですよね。この「憲法の内容なんて意味がない」とする論調も嫌ってるみたいだし、それもわかるけど、嫌ったところで現実がそうであり、それをどうこうする事が出来ない。どうこうする気もそもそも無いけど。

 集団的自衛権をものすごく嫌っていて、アメリカの侵略戦争に加担する事になると。これも何を言いたいかはわかるけど、憲法を変えようっていう考え方とどうにもそぐわない気がするんですよね。集団的自衛権は侵略戦争の加担には適用されない。それはただの侵略であって自衛ではないから。これを「集団的自衛権」だと言い張るのは、それこそこれもまた「解釈」の問題になる。

 どんなに「屁理屈」だと言ったところで、現時点の日本国憲法で既に「戦争、武力の行使は永久に放棄」「陸海空軍その他の戦力を保持せず交戦権を認めない」とあまりにもはっきりと書かれているのに、ねじ曲げられている。どう書き換えたって無駄としか言いようがないだろうと。自衛のみ認めるとしたところで、必要になれば「自衛」の範囲を広げる事になる。どこまで先回りして「日本人はバカなのか?」みたいな状態にする気かね?「加熱しないでください」は普通、「加熱後に触るとやけどします」は頭おかしいだろ?でも、そこまで徹底しないと解釈とやらで逃げられる。キリが無い、とてもじゃないけど書ききれない。憲法はそんなもんではない。現時点で自衛隊が存在している国でどんなに制限を書こうが無駄としか思えません。

 魔人に3つの願いをかなえてもらう際に「ヘンな解釈をするな」を一番最初にやっておかないとロクな事にならん。憲法に「別の解釈の余地などない」と明記でもしないと話にならんが、じゃあ本来の解釈とは何だ?とダダこねられる。

 まあどうでもいいんだけどさ、コペル君罵倒しまくってるのは面白かった。内容聞いてそれこそ「何だそれ?クズじゃねぇか」とそれで件の作品は興味持てなくて読んでないけど、こう真正面から受け取る作品ではないんだろうなぁとは思える…それを読み取れるかどうかか?。ただ、クズみたいな主人公見て安心するなんて人はそうそういないし、立派な人物を見てひがむなんて事もそうそう無いと思うぞ。田村さんも日本人をかなりバカにしてる類だと思うけど、小林よしのりはその遥か上にいる。自分が下の下だからといって、その視点で自分以外を見たらそうもなるんだろうが。とりあえず藤子A先生の少年時代でも読んで落ち着けよ。

知里氏の事はとりあえず置いておくことにする

 そこは重要ではないって事で。とりあえず1巻からまた少し。「反」反セクハラとして、日本はセクハラに厳しすぎる。ワシは女を強引にやったこともある(レイプではない)…いや、それをレイプというのだと思うが、まあそこはいいや、もう。クズじゃねぇか、小林よしのり。堂々とレイプしました(してません)宣言かよ。相手が訴えるかどうかの違いしかない。で、この場合、訴えられたら「してません」言う以上は「同意の上だった」なんだろ?お前がレイプ魔扱いしてる男よりタチ悪くないですかい?

 「セクハラより人材だ」として、仕事出来る人間をセクハラごときで追いやるとかバカかという意見、全く賛同できません、無理です。クズすぎです、その論は。

 時代遅れだの何だの他のとこでは言っておいて、こういうとこは昭和のノリが未だに通じると思っている。「その程度」とか「みんなイヤがっていない」とか思ってやがる。そういう事する奴らは「立場が強い」でしょ?誰もかれもが逆らえる人ばかりではないのですよ。言いなりになるしかなく、誰かが被害を受けていても何も出来ない…これを「改心するチャンスを与えずいきなり訴え出るとかヒドい」ってのは、レイプ云々言ってる時と違いすぎる。ちなみに伊藤詩織さんは民事では勝訴となった。これ自体は別に正直どうでもいいのだけれど、「権力」とやらが動いていたのであれば「負ける」はずが無いんですよね。民事だろうが刑事だろうが。司法にまでその力は及んでいるとしていたのだから。そして、物的証拠で何も出来ない以上は主に電車での痴漢と同じで、「証言内容」の勝負となる。いかに矛盾なく発言出来るかの勝負だけれど、以前書いた通り「矛盾なく発言出来る=信頼できる」ではない。なので、これ自体はどうでもいい。ただ、小林よしのりの「ものすごい権力をもって元TBSを守ってきた権力」という妄想はこの先どうなるんだろうなと。

 「AKBやアイドル産業も少女を食い物にするとして糾弾の対象にされかねない」とも言ってるけど、事実上、文字通り、少女に限らず児童を食い物にしていて、これが全世界規模で見逃されてる事がむしろおかしいんですよ?伝統でも何でもない。子供に働かせて恥ずかしくないのか?本来その年齢でやるべき事がハンパになるというのに、大人が利用している、それを何とも思わない事がおかしい。たとえ芸能界だろうが何だろうが子供を働かせるなってのはこの雑記では以前から書いてきてる。小学1年生程度の子供を引っ張ってきて、可愛い可愛い…お前らのおもちゃじゃねぇんだよ。関係者全員…親も含めてぶち殺してでも保護しないといかんと思うんですよ。そこに金をつぎ込んでる奴らも同罪だがね。金になるから金にしか興味無いクズが利用する。実際、「子役」がいなくなるとドラマとかどうなるんだろうね?正直な話…今の時代、リアルなCGあるし何の問題も無い気はするんだけど、そのジャンルは。

 アイドルがいかんと言ってるんじゃあない。ロリコンのおっさんどもいい加減にしろよってのが大きい。が、こういう奴らほど、ロリコンだと認めねぇからな、ホントタチ悪いわ。現状、公的にOKなだけでやってる事は児童搾取だからな?金で子供買ってんだよ、お前らは。少しは恥じろ、クソども。

 日本は小物ばかりになった。「不倫は許さん、出会い系は許さん」とか何言ってんだ、このレイプ系漫画家は?大物=クズって話か?江戸時代でも室町時代でもいい、もう帰れ自分の時代に。クズすぎるだろ、いくら何でもこの辺りの主張は。傲慢なんじゃなくて時代についてきてない。性犯罪出来ない小物は消えろ?と。自分がどれだけのクズ発言しているかの自覚すら無いから堂々と書けるんだろうが。

 「セクハラごときで人材をつぶすのは国のためにならん」とかさ、お前さ…もう黙れよとしか。もう、「お前」としか言えないだろ、こんなクズ発言するヤツは。「ごとき」じゃないから問題なんだろうがよ。こんな意識が低いおっさんが多いから、献血ポスターでバカ騒ぎする事になる。ああいうのを真面目に論議するのは意味あると思うよ。「騒ぎすぎ」「過剰反応」ってのはある、でも「無配慮」なのも確かにある。問題はここの「無配慮」の部分で。「自分達はそう思ってない」じゃ通じないというか、そもそも他人がどう思うかを少しは気にするかどうか、そこがセクハラ問題の大きな部分だろ?「人によってどこまでがセクハラなのか違うから」とか、それはそうなんだけれど、その発言を「言い訳」のように使う時点でその人はそもそも意識してないよねっていう。人によって違うけれど、意識あればそうそう問題にはならんっていう。

 ちなみにここの雑記で予告無しに時々、ゲームのエロスナップが入ったり、何か微妙な話題入ったりするのもセクハラの一種ではあろうという自覚はあってその上でやってる。だって、好きで勝手に来ているんですもの。見てる人らは。それが本気でダメだっていうなら、エロソシャゲの広告をとっとと禁止してくれ、って言いたい。アレ本気で不快なんで。別に普段、そういうもの検索してねぇし、そういう利用者にあわせての広告とかじゃんくて、固定で貼られてるよな、アレ多分?利用者に合わせての広告だと…正直、もっとヒドい広告出ると思うんだ。割とヒドいワードで検索してるから、普段。

ライブドアのクッキー承認を違法とする法が必要

 画面にデカく承認を求めるポップアップ。邪魔だけど「消したら承認とみなす」「消さなくても承認とみなす」…別にね、やましい事があるわけでなし、勝手にしろなんだけど、こういうやり方で来ると反発したくなる。

 これと関係ないけど、ブラウザからポップアップ機能自体を除去した方がいいと思うんだわ。アレが役に立つ場面なんて全くないから。

 街の広告でセクハラ騒ぎになるのに、何で一般サイトのエロソシャゲの広告とか禁止されんのだろうな。そろそろDMMとか盛大にダメージ受けて死ねばいいのに、あんな企業。

公私の話

 書こうと思って忘れたやつ。何を書こうとしていたのかすら忘れたが、ゴーマニズムでおもいだした。もちろん、書いてある内容と全く関係はない。ただ、思い出した。

 実のところと書くまでもなく、田村さん…未だに紙の本大量に買ってる、漫画に限らず。まあ紙かどうかは今回の話には関係ないけど、時々感じるのが「この著者は何で公に徹せないんだろう?」という。無論、著者にとって自身の著作物は「私」…書きたい事を書けばいいのかもしれない。が、その場合タイトルには気を使えと思う。

 単純に歴史的事実を記すような内容に著者の「説」とかどーでもいいんですよね。「こんな説もあるが私はこの説をとらない。私はこの説を推す」…だから何だよ?お前がどんな考え方してるかなんてどーでもいいんだよって思う。「こんな説もあるが」と紹介するだけマシなのかもしれないけれど、紹介する説をある程度平らに公平に記せないなら、やっぱりタイトルには気をつかえと思う。Wikipediaは完全に「公」の場だけど、それを理解出来ないバカばかりがあれを記述する。バカが勝手な事を書くからまともな人が逃げて今となっては無名のバカのどうでもいい説を紹介する場だったり、クソみたいなオタクが暴れる場となっている。

 使えない著者多いなとホント思う。ついでなんで、ゴーマニズム1巻のとこに出てきた公私の話も。

漫画は「私的」なもので、電車内という「公共」の場で大人が読み耽るのはみっともない…19pより

 同意はしないけど、なるほどなとは思う。同意出来ないっていうのはどこまでが「私」なのかがわからないから。どんなにスマホが普及しようが目につく限りどいついもこいつもスマホの画面見て、そのまま電車の乗り降りしてる奴らも大量にいる。これは危ないとかよりも、みっともねぇなぁと思う。が、ただそのまま電車乗り降りだの、満員でも無理矢理見てるだの迷惑行為はともかく、そうでないなら「他人の空間なんて放っておけ」と思ってる。個人的には日本人は高潔であって欲しい。全世界でどうだろうと、日本人はそれに倣わないで欲しいと思う。が、現状そうではない、所詮それが日本人の限界。勝手に日本人を高く見積もってるからうんざりしてしまう。

 電車内で他人が「迷惑かけてるわけでもない」のに、ちょっと自分にとって不快な事があると舌打ちする20〜50代男性の方が遥かにみっともないし、そして不快。もちろんね、「より悪質」なやつがいるから、許されるって話ではない。けど、前述の通りただ「みっともない」だけなんですよ、「他人の目から見て」ね。そして、そうは思ってない人も多い。うん、「そうは思ってない人」は関係ないか、すまん、これはどうでもいいや。

 電車内で勉強する事を推奨する人もいるけれど、それも当然「私的行為」。というより、ただ黙って立っている、座る以外ほぼ全て「私」になる。なら、区別は「公私」ではなく、個人的に「みっともない」と思うかどうか、「私的行為だから」とか格好つけずに「オレが見て格好悪いから俺はダメだと思う」、単純にそれだけの話だよねって。私的行為だからというより、明確な説明、論理的な説明は出来なくとも何となく…漫画好きであってすら「漫画を読んでいる」「新聞を読んでいる」だと、漫画の方が何か情けない感じはするだろう、まあ、新聞読んでるおっさんも全く見かけなくあんったけどさ。新聞にしたってスポーツ新聞見てるおっさんと経済新聞見てるおじさまとでは印象は違う。これをどちらも「私的行為」で括ると何か違う気がする。ただ、結局のところ、「誰に迷惑もかけず…『あのおっさんいい齢してまだ漫画読んでんのかよ』と個人的にバカにされるだけ」の話なんでどーでもよくないかい?と。

 「公」と「私」を意識する場合、制服っていうのは意外と便利なアイテムだと思うんですよね。何でもかんでも自由が一番ってわけではない。制服ではなくて特定の服装でもいいけど。人それぞれの個性にもよるけれど、仕事場で自由な服装なのと服装規定がある場合とで、どっちがより仕事が出来るのか。個人的には服装規定なんて意味無いと思ってるけど、実のとこ意外と意味はあるのかもしれないとも。一部特定企業が「服装自由で高い業績をあげてる」からと、それが正しい!みたいな方向に持っていくのだけは無しだと思う。が、最近…ネクタイ文化がだいぶ廃れてきたのはいいなと思う。一時期の「夏はクールビズだからつけなくてもいいけど」なハンパな状態が一番みっともない状態だった。「暑いから」なんて理由でノーネクタイが許されるなら、そもそも最初からいらなかったんじゃねぇかって。何の為にあるのかも特に考えず延々と踏襲されてきた不要な伝統だった。ネクタイつけたい人はつければいい。が、ネクタイをつけてるときっちりしてるとかは全く思わない。見た目の印象でも。不要と言うと「マナーが」と言い出す人が間違ってるとは思わないけどな。が、「欧米では」とか言い出すヤツはもう「お前は絶対的に勘違いしてる」と思う。日本国内で日本人相手にしてる場で欧米関係ないわ。

Vitaニコニコ終了

 わざわざ新アプリにアップデートしてまで「終了」宣言するニコニコ。さすが嫌がらせ大好きなニコニコ動画だ。実際何でユーザへの嫌がらせにこんなに熱心なのかわからない。イヤミとかじゃなくて、ホントにニコニコ動画は嫌がらせをわざとやってるからね。何なんだろう?

ゴーマニズム2nd1巻の話

 気になったところをいくつか。ウチの雑記のイラク戦争関連まとめるの無理だわ。思った以上に多い。ものすごく多かった。元々、イスラムとアラブ諸国の辺りの近代の流れが不謹慎ではあるけど「面白」くて、以前から色々漁ってたってのもあって、それだけに書いた量がものすごく多くなってる。

 イスラムにはイスラムの論理があって、それは別に有害ではない。ただ、それを理解しない人が多い。イスラムとはまた違う話になるけど、独裁もそれそのんものが悪ってわけではない事ぐらい常識だと思うんだけど、割と常識ではないというか独裁はいかん!と考えてる人が意外と多い。なのに、天皇主権がどーとか言いだしたりな。どういう主張だよ、それは。

 ってことで、小林よしのりは「イラク戦争は失敗だった」として、「大量破壊兵器なんて無い」「大義なき侵略」なので「日本はアメリカに加担してはいけなかった」、なのに保守を自称していた知識人は云々と。「知識人」とやらが何かわからないけれど、アメリカが間違っている事と、日本の選択は別モノだよって。

 ただ前回も書いたけど何をもって「失敗」としているか。アメリカの掲げた対テロの目的は果たせていない。けれど、反米感情がかなり強かったアラブ諸国をかなり終わらせたという点でイラク戦争はアメリカにとって成功したものじゃないのか?と思えるんですよね。石油の利権がどうだのイラクの国民がどうだのはどうでもよくて、「サダム体制のイラクをぶっ潰す」事とそれによる周辺諸国への影響…当然、アラブの春、あそこまで持っていけるかどうかはアメリカにだってわからなかっただろうけど、あの地域の反米のシンボルともいえた存在を潰せればそれは勝利だったろうと。

 イラク戦争当時は田村さんもね、アメリカの誤りを指摘して正すのが日本の役目だろ?日本が止めなかったら誰が止めるんだ?みたいなのを書いてる。でも、日本が止められるかっていうと止められない。止められるわけがない。結局のところ「止められない」んだから、「アメリカの戦争は間違っていたが、失敗はしていない。それに追随した日本も失敗はしていない」だと思うんですよね、結果だけ見ればな。

 実際、当時読売新聞に書かれた記事で「この方の考え方ってのは「自分さえよければそれでいい」ってものなんですよね。外交は国と国民の為、国益の為、それを犠牲にしてまでアメリカに逆らうのか?と。間違ってはいないんですが、その考えを認めるとなると、彼が悪としているイラクだって国の為に戦争をしていた。正直と言えば正直ですが「私は私には無関係なテロ戦争で傷つきたくないんで、とりあえずはアメリカに従っておいてイラクには死んでもらう。どうせ相手は悪なんだから可哀想だとか思う必要もない」とそう言ってるわけで、それを堂々と新聞の一面で偉そうに語るのも十分、日本の恥です」と、アメリカを支持し戦争を肯定する奴らの存在にかなりいら立ってた。

 ああ、結局以前書いた事を転記していかないと説明も出来ないな。

 一番最初は前回の雑記で書いた「最低限の犠牲とかふざけんな」とキレたってやつ。最低限ではなく最小限だったけど、どっちでもいい。戦争は正しかったとして人的被害は最小限だとまで言う。第2次大戦の戦死者の無念さとか、戦争の悲惨さを伝えるとかやっぱり何の意味も無いよな?と。

「結局、プッチ神父って心の底から…自分を騙してるわけでもなくて純粋に人々の幸福の為に戦ってたんですよね」
 でも、その為に犠牲が出てもしょーがないなんて考えてるから「悪」なんだよね。
「歴史的に見て米英は正しかったと書いてしまう読売新聞は社員全員この世から消えてなくなれ。アメリカも許せないですけど、読売新聞社、本気で許せない、もはや。書いてある事を読んで怒りがおさまらなかった」
「危ない薬でもやってんのか、読売新聞社?相変わらず小泉が国民に納得いく説明をしたとか言ってますし…してないだろ、彼は?愚痴こぼして矛盾した事ばっかり言ってて、国民は彼の言葉ではなく自分の意思で「今回の判断は仕方ない」って納得したんだろーが?それとも自分で考える力も無いバカばかりか、読売さんは?バカの集団かよ」
「人的被害が最小限だぁ?だからさぁ、何をもって最小限って言うわけ?1人か?100人か?1万人か?1億人か?明らかにイラク国民を狙って攻撃して…それが最小限なのか?…アメリカさ、読売新聞社を誤爆って事で攻撃していーよ。彼らなら「最小限の犠牲」って事で怒らないだろうから」
「戦争賛美記事を書き続けてきた読売…今日、本気で許せなくなったんで「戦争を賛美する悪の読売新聞」とトップに書いてやる。どうしても許せない」
「何故、日本は今になっても原爆の被害を訴えてるんですか?…事は「核兵器」の事じゃない、「戦争」そのものへの反発、それが毎年毎年のあの恨みがましい行動だろ?国に死を強制された国民。じゃあ、日本人全てが原爆を投下し日本の敗戦を決定づけたアメリカを解放軍として喜んで迎えたのか?そんなわけないだろ?歴史的に正しい事に何故、全世界規模で反米、反戦運動が起きたわけですか?キレイな面…アメリカを解放軍として喜ぶ一部のバグダッド市民だけを見て、それが全てだと伝えるような…真実を歪めて伝える新聞が許されると思ってんのか?」
 戦場に行って、被害者の前で「歴史的に正しかったんだ、人的被害は最小だったんだ、キミ達は運が悪かっただけだ。アメリカを讃えろ」とか言えるかな?
「正しいも間違ってるもあるかよ……歴史を探ってどこに「正しかった」戦争があるんだよ。聖戦だの解放だの正義だの、勝手な名目で大量に人が死んでんだぞ。ゲームと勘違いしてんじゃないのか」

 で、「イラク戦争」の目的は対テロではなく、たった1人の人間サダム=フセインを殺害する事だったんじゃねぇの?って雑記から。あの頃アメリカが行ってた意味のわからん言動とかも全て解決する。世界中から何を言われようが、サダムの排除に成功さえすればもう後は大量破壊兵器なんてもの「見つからなくても何の問題もない」、世界中から非難されるかもしれないけど「だからどうした?」だなと。まあ、アメリカにとってそこまでする利がある事なのかどうかはわからないけれど。

「ちょっと前の読売新聞にあった読売専属の海外なんたら担当の大学教授の記事から。まず、日本にあるアメリカもイラクもどっちもどっちだっていう考え方は世界では少数派だと切って捨てていた事を」
 どっちもどっちなんて考え方がそもそも日本にあるかどうかはともかくとして、少数派だからその考え方は間違ってるっていうのは、ブッシュ大統領と同じだね。
「まあ、現状、状況も知らないで安易に戦争反対を訴えるな、バカども!っていう意味なんでしょうが。だとしても、その少数派の怒りを買うような書き方しなくても」
 事情は関係ない。戦争そのものに反対するのが間違ってるんだとしたら、救いないって、地球人。イラクの脅威はわかってる、でも戦争っていうか一方的な虐殺はよくないでしょ?って考えられる人が世界中にたくさんいる、それって地球人がまだ終わってる種族じゃないって事のはず。
「ただ、イラクは脅威なのか?って問題もありますけどね。それは後にして。イラクを非難するのとアメリカを批判するのは全く別問題で、世界で騒がれてるのは、イラクの事はとりあえずおいておいて、アメリカは間違っている!と。まあ、その意味では、どっちもどっちとか言ってる奴なんざ確かにいない。ただ、この教授はそういう事を言いたいんじゃなくて、アメリカは間違ってないって言いたいわけなんで」
 でも、改めて言われると、どっちもどっちだねって気がしてきた、むしろ。
「この教授は自分がアメリカ人だったら戦争反対を唱えていたと言ってます。で、この教授に言われるまでもなく日本はアメリカ追従の選択しか有り得ない事なんて誰だってわかってます。わかった上でアメリカは間違ってると言ってるんです。戦争反対さえしていけないんだとしたら、日本は独立なんてしてないでアメリカに隷属していればいい。追従しか道が無いっていうのとアメリカのする事に常に賛成するっていうのとは話が違いすぎます。アメリカが戦争起こさなければ日本は動かなくていいんですし、ま、私の場合は日本は滅びればいいと思ってるんでアメリカに逆らって孤立って道でもいいんですけどね、別に」
 普通はそうは考えない。問題にすべきは、日本にとってどう展開しても利益がない事かな。
「そうですね、って利益があれば戦争OKなのか、あんた?」
 そんなわけない。
「フランス、ドイツが武力行使反対するのは国益の為という面もあるとか書いてますけど、私は国益しか考えてないと思うんですよね。ただ、同じ国益を求めるにしても虐殺をしようっていうアメリカと、それはダメだっていうフランス、ドイツとじゃ、意味が全然違う。この教授、アメリカとフランスを同列においてどっちもどっちだって言ってるわけですが、どうしてそうなるのか理解しがたい。シミュレーションゲーム、人が駒なら同列にも置けるでしょうが、現実ですよ、これは」
 殺人宣言をしている人を見逃そうとする。つまり、日本も国益の為に、アメリカについていくしかない、そーいう意見だね。
「その結論出す為に随分回り道してますよね。で、問題はイラクは脅威であり、アメリカの武力行使という威圧がイラクを抑えている、軟化させたという。威圧でなくて本気で動かすつもりなんだと思うんですけどね、これは。で、もしイラクが本気で一切隠し事無し、しかも大量破壊兵器なんて作ってなかったって証明されても多分、動かします。理由なんて何だっていいんです」
 何で今、イラクなのかだよね。対テロ戦争掲げて、煽動かけて世界中騒がしておいて何で今、イラクなのか?対テロ戦争が終わったらイラクを攻撃するとか言ってたけど、いつ終わったかな?
「アメリカ敗戦で終結したんです」
 サダムを陥落させればテロは終結するとか言ってたけど、それも有り得ないし。
「石油目的とか言われてる今回のイラク叩きですけど、アメリカとしてはサダムの軍事力と政治力はやっぱり怖いですし。対テロ戦争って結局、ただの民間人無差別殺戮でしかなかったですし、何と言われようとイラク、フセインを落としたいんですね、きっと。一石何鳥ぐらいですかねぇ?」
 軍事力脅威かな?多分、あっさりと落とせるし、アメリカならイラク。
「攻撃する場合はそうですけどね。もし、イラクが牙をむいてもアメリカは負けないでしょう、でも、かなりの被害出ると思います。そして、政治力。サダム=フセインは英雄ですから、アラブでの支持率は結構高いですよね」
 所詮ただの独裁者だって声も大きいけどね。
「サダムの真意がどうであるにせよ、アメリカに対して歯向かう一国の指導者っていうのはアラブでは他にいない。あの地域ではむっちゃくちゃアメリカは嫌われてますから、やっぱり支持は集まる。それじゃいかんのですよ、アメリカとしては。対アメリカの希望なんてあっちゃいけない。サダムさえいなくなれば、反米感情があろうと対米行動なんて起きません。テロはあるかもしれませんが、規模はたかが知れてますし、それを支援する国があったら正義の名で叩き潰せばいい、」
 アラブが団結するのは怖いけど、それをさせなければおいしいだけ。で、怖いのはサダムだと。
「道化のはずだったサダム、アメリカに操られるほど愚かな人物ではなかったって事です」
 今のとこ日本でも査察続行、戦争反対の声って大きいけど、IFの話、イラクがなぜか日本に攻撃してきたとしたら、その人達は後悔するのかな?
「というか、もしそうなったら査察なんて意味ないってわかるだけの事です。国連の言ってる事はおかしいですよ、どう考えても。アメリカがイラつくのも仕方ないっていうか。イラクが白か黒かはっきりさせたがってますよね、国連は。でも、国連の言い分っていうのはイラクが協力してくれない事には灰色のままだと。違反しているかしてないかを調べる、もし相手が違反してるなら協力するわけがない。かなりニセモノ、作り物っぽいですが、アメリカ1国で出来たイラクが黒だという証拠をおさえるという事が出来ないなら査察なんてホント意味ないですよ、アメリカの言い分とは別の意味になりますが、査察なんて続けたって意味がない」
 黒だとしても国連のやり方じゃ永遠に灰色だよね。アメリカは査察団は警察じゃないって擁護してるけど、それって言い換えると「査察団なんて何も出来ないだろ?」って批判してる事になる。
「で、緊急に事を運ばないといけないほど、危険な状態なのかですよね。アメリカにとって、より危険なのはミサイルが射程圏内に入っている北ですし、あっちの国の方がかなり追いつめられています。そもそもが世界を巻き込んで叩き潰さないといけない程に攻撃的で野心的なのかどうか。しょっちゅう戦争してるイメージのあるイラクですが、イスラムを広めようだとか世界の半分を征服しようだとかそんな事考えて戦争してるわけじゃない。イラクが戦争仕掛けたのは、イライラ戦争ではイラン、湾岸戦争ではクウェートです」
 自分達に関係ない、中東諸国の問題だって投げ出すのは無責任だけど、テロ国家ってわけじゃないし危険度は低いよね。危機感薄い、イラクは危険だって読売はわめいてるけど。
「サダム=フセインはバカじゃない。勝ち目のない戦はしないです、結果として湾岸戦争では敗れましたが、それはあくまでも結果ですから。最初から勝ち目ないなら動くわけがない、こんなの当たり前の事なんですが、勝ち目なくても動いて世界中に攻撃する狂人みたいに語られてるんで」
 論点がずれるっていうか矛先をずらそうとしてるっていうか、テロの時も、これはアメリカを狙ったものではない、文明社会に対する挑戦だ。狙われたのはロンドンかもしれないし東京かもしれなかった、全世界で協力して徹底的に叩くべきだとか。日本の学者さんとかも一緒になって同じ事言ってたけど、でも、実際のとこ、その発言自体がイスラム軽視。アメリカの場合は軽視だとかそーじゃなくて世界を巻き込もうとしただけだろうけど、間違いなく狙われたのはアメリカで、もし本気でアメリカを代表とする文明社会とかいうモノを壊したいなら全世界規模ってのは人員の問題で無理あったけど、他の都市に対しても連続して攻撃してたはず。そうじゃないと警戒されて身動き出来なくなっちゃうんだから。今現在の状況見ればわかる事だけど。
「文明社会でなくてアメリカを狙ったものでしょうね、普通に考えて。恨まれるような事を散々してきてるんですからあの国は。まあ、イギリスと日本もそうですが、最低、日本はイスラム社会から直接恨まれる事はしてない、主にアジアで悪さしてたんで」
 イスラムテロの脅威にさらされてるのって、イスラムを弾圧してる国とか、喧嘩売った国とか。
「で、イラクになると更に危険度は低くなります。大量破壊兵器とやらで全世界に脅迫をかけたとして、そんな事をすれば共倒れになるのはわかってる事。お互いに軍備増強を続けるしかなかった東西冷戦時代のアメリカとソビエト見ればわかる事。で、現時点で核を所有してる国がいくつか。それらの国々は安心だとでもいうんですか?もし、本当に全世界を守りたいなら、その全世界規模で軍備を縮小しないといけない、ところが今はどんどん拡大させていってる、特にアメリカ!!!その戦力を何の為に使うのか?アメリカの場合は自衛じゃあない、他国に対してその戦力を使ってしまう。無差別殺戮を平気で出来る国が軍備を増強する、これは他国侵略の意思ありととるのが普通です。これを見逃すせる度胸あるならイラク程度の戦力なんか放っておいても同じです」
 イラクが何を考えてるかだよね。
「イライラ戦争は第3者から見ればイラクが悪だという事になりますが、当時、イラクを支援していたのはアメリカです。そして中東地域において、イランは脅威だった、軍事的にではなく宗教的に。ホメイニの存在が怖かったわけです。それに対して真っ向から立ち向かったイラクは英雄なわけです。サダムが英雄となった、アメリカによって英雄にさせられたのはこの時ですよね?」
 で、湾岸戦争は石油採掘問題から起きた戦争。実績だけ見ればサダムは十分、理性的だから危険度は低い。
「侵略されたクウェートからすればたまったもんじゃないですが、何かあれもクウェートもかなり問題あったんじゃないのか?っていう。まあ、この辺りは両国の問題なんでどうでもいいですけど」

 後はアメリカがイラクの民間人を大量殺戮した事が判明した後の雑記。

「何かアメリカはまた、イラクの民間人を大量に殺したようで…。何ていうかな」
「名指しで「この国は悪だ!」みたいな事をパソコンソフトに書かせるアメリカって国はどうなんだ?悪の国の国民だから死んで当然なのか?イラク国民の為にフセインを打倒するとかいいつつ、何故に平気で民間人を殺す?差別的なモノの見方が根付きすぎてませんか。悪の国の国民だから死んでいいっていうなら、いわゆる先進国の国民をまずは殺していくべきじゃないか?」
「んー?っていうかね、民間人を狙ったテロ…それを許せないっていうなら、自分達を正義だというなら。1回でどれだけ殺すか…表向きの目的を発表するかどうかの違いで…アメリカが殺したアラブの民間人の数は異常ですよ?それを全て「誤射」「相手が反撃するから悪い」と民間人に犠牲が出た事について謝罪する気が無い。じゃあ、軍人なら死んでいいのか?これは難しいとこです…私的にはそれを覚悟しての軍人だとは思うんですが、とりあえず答えられません。ただ、言えるのは民間人を殺すのは悪である、と。彼らは本土を攻撃され人の命があっさりと消えてしまうものだと学んだはずです…命の尊さを知ったはずです。実際には尊くなんてないですが、まあ、一般論として…命の重さを語っておいて、平気で命を奪える。つまり相手を生物だと認識していない。こんな残酷な思考が許されるわけないです。天上天下唯我独尊…悪魔を信仰するヤツらには理解出来ないかな?」
「おう!悪人は死ね。けど、国が悪だから国民も悪人だなんて事はあり得ない。悪人の命なんていうのはどうだっていいんですよ、本気で私にとって。で、悪人とは何か?思想がどうとかじゃなくて、悪意をもった人です。悪意って何かって言えば」

 次、どストレートに「サダムを倒してテロが無くなるとか何言ってんだ?」ってやつ。この後、北朝鮮の話になってるんで割愛。

「サダムを倒せばテロは収まるとかいう発言はアメリカ特有のギャグですか?」

 次、アメリカが意気揚々と「これがイラクが大量兵器持ってる証拠だ!」と出してきた「有り得なさすぎる盗聴、盗撮映像」に…アホかよ、国レベルでこんな「ツクリモノ」とわかるもん出してくんのかよって。実際、今となってはアレが本物だったのかどうかはわからない。ただ常識的に考えてあんな内容は有り得るわけがないし、結局「何も見つからなかった」わけだから「本物のわけがない」んだけれど。ただ、そんな有り得るわけがないものを作って堂々と全世界に公開したのは意味がわからない。

 んと、今日は一応、アメリカが公表したイラクの…。
「作り物っぽいですね。アメリカは湾岸戦争でもイラクを徹底的に悪者にしようと、イラク兵の証言とか平気でウソ流してましたし、映像も作ってましたよね。過去にそんな事してきた国が「これが証拠だ!」とか出されても、信用に値しない」
 無視も出来ないから、やっぱり国連査察団が気合い入れて査察するしかないと思う。…あの映像がホンモノかどうかはともかく、普通に考えてイラクは色々と隠してるだろうし。
「あの大佐と准将の会話?時代劇の悪代官じゃないんですから、何で盗聴されてるってわかっててあんな危険な会話するですかねぇ?」
 盗聴されてるとは思ってなかった。危機意識ゼロっ♪
「っていうかあまりにも露骨にあんな会話してたらただの馬鹿ですぜ?」
 もしあんな会話を録音出来るんだとしたら…それこそNYのテロって事前に情報キャッチしてたっていうのは事実に思える。キャッチしてたけど、大統領の支持率があまりにも低かったから、されるに任せて。
「実際、あの後急激にブッシュの支持率は跳ね上がりましたしねぇ。あれがホンモノにせよニセモノにせよ…頭の悪い事したもんですねぇ。どこの国も態度変わらなかったし、結局」
 でもアレで日本はアメリカについてくって宣言しちゃったし。
「国連の意向を無視して化学兵器を…そりゃ、アンタの国も同じだろがみたいな。っていうか国際的な条約から次々と撤退した国がんな事言うなや」
 でも証拠無いよね、アメリカが作ってるっていう…生物兵器とか。
「だから、つまりそれはイラクも同じでしょ?アメリカが国連の意向を無視して勝手に調べちゃったあの証拠は決定的なものにならない。査察団は探偵じゃないだの刑事じゃないだの…確かに「隠してあるものを見つける」のが仕事じゃあないでしょうが、でも、じゃあだとすると査察団って何すればいいわけ?観光旅行じゃないんですよ?…アメリカがどんなに吠えようと国連が決定的な証拠を見つけない限りは」

 戦争と平和では平和は勝てないって話と。戦争とは関係ないのだけれど元々その日書こうとしていた「自由とは何か」という。〇〇の自由とか持ち出すヤツはその言葉だけ持ち出して本来の意味考えないよなって。個性云々は「人と違う事をする!」とか「それ個性じゃねぇよ」っていうやつ。

イラク攻撃すべし!って声がやたらと大きいのは事実。平和の声っていうのはいつだって戦争の声に負けるんです。戦いにならないですから、平和と戦争では」
 平和の為に戦うってのはおかしな話だもんねぇ。だから負ける。
「ちなみに自由の代償…これ自体は多分書きますよ。個性の取り違えと自由の取り違えとか。…成人の日恒例の青年の主張、今は何か名前変わってるんですが内容は青年の主張。これで個性を取り違えてるなって思った主張があったのと、これだけは大賞になったらイヤだなってのが大賞になったのと」

 アメリカに協力しない国はイラクに味方する悪の国みたいな事をアメリカが言い出したんで、おいおい、ってのと、戦争の利益とかふざけんな!ってやつ。

「ドイツの現政権にもう用は無い。何もしない国。待て、アメリカに協力しないから「用は無い」なのか?ドイツはいつからアメリカに隷属した属国になったんだ?わがまま言うのもいい加減にしとけよ」
 新聞の同じページに…「イラクを攻撃する事はアメリカにとってかなりの益になる!!」って国内で発言したっていう。
「何でアメリカの国益の為に他国を攻撃するのに協力しないといけないのか。何でそれが「悪」扱いまでされないといけないのか。日本はアメリカに協力する事が正義だとか言って、戦争となった時に資金援助、難民救助するとか言ってますけど、それで正義だと?難民を生み出さない事、被害者を出さないように努めるのが正義でしょ?パウエルが平和派?」
 好戦的じゃないけど、所詮…アメリカ人以外は人に非ずって言ってるようなもんだしね。
「戦争がもたらす被害の大きさばかり考えて、戦争がもたらす利益を見逃すな。こんな事言うヤツは好戦的であろうとなかろうと悪なんだよ。じゃあ、あんたが死んでみれば?あんたが死ぬ事によるアメリカの被害と全世界の利益を考えて…アメリカバンザイでも唱えて戦場に突撃してろ」

 イラク攻撃に賛成する「日本人」、同じ日本人の存在がイヤでイヤで、何でそんな考え方出来るんだ。ならもう全世界巻き込んで最大限に犠牲出せ。中東以外にも大量に死者が出ればこれで公平だ!ともうだいぶ頭おかしくなってる頃。「早く戦争にな〜れ」は戦争の悲惨さを云々だけど、そんな考えすら無い。「公平に全世界で死にやがれ」っていう破滅的な…破壊神信仰みたいな感じの。

「でも、放っておけば中東で大量に死にますし、ならアメリカにミサイル撃ち込んで…アメリカを怒らせて中東だけでなくて全地球規模に被害出しましょう。公平です、これなら」
 少しでも犠牲を少なくするじゃなくて少しでも犠牲を多くする…イヤな考え方。
「戦争を賛美してるヤツらが戦争に巻き込まれて死ぬ直前まで戦争を賛美出来るか知りたいですしね。思想や正義、自衛で戦争を起こすのは仕方ない面もあります…当然、本来それも良くないんですが。というか本気でブッシュとか戦場に放り込んでみたい」

 次が日本国民へのアンケート結果。割とがっかりかつ、本気なのか?な結果が出てたから反応した。軍隊とは思えない規律の緩さというか日本、日本人をなめてる米軍人にはイラっとくるけど「ホントにいらないと思ってるのか?」とか。後、最後に「一国主義ってダメなのか?」ていう。トランプ大統領はその代表だけれど、自国を優先するのは当たり前だろうと、まずは。ただ、その「優先」する為のやり方がトランプみたいなのだと逆効果で、要は「情けは人の為ならず」とか「天上天下唯我独尊」みたいな。「情けは他人の為ではなく自分の為」「この世界において自分にとって自分1人が尊いんだから相手にとってはその相手のみが尊い=自分だけ見たってしょうがない」。偽善だろうが何だろう自分の為に他人に接する、それでいいだろと。

 温暖化は主に…これもネトウヨなんだよな。何であいつ等自分の意見無いのかな?と思うんだけど「日本はそもそも最初から云々」と。本気で言ってんのかよって思う。まああいつ等の場合「そもそも温暖化なんて起きてない」って言い張るヤツが多いけどな。自分の意見を持てっていうのに。誰の著書でもいいけど、自分でそれをしっかり読みこんでみてからにしてくれ。ネットで見たバカの意見に流されんな。

 次は、日本の米軍基地の戦力を増強すべきかどうか。すべきっていうのが2.5%で削減すべきが40.3%、撤退すべきが12.9%。
「笑える結果ですね。どう判断すべきなんでしょうかね、この結果」
 日本はアメリカの奴隷じゃない!って事なんじゃないかな?
「割とわがままなもんだな。まあ、撤退しちゃってくださいってとこかな。後は役にも立たない自衛隊がこの日本を守る事も出来ずに」
 何故に最悪の結果を求めるかな。
「米軍いなくなったら日本なんて無防備でしょ?でもね、それでこの国が滅びるならそれでいいんです。殺人国家の軍隊に守られてる平和っておかしいし」
 でも、それだと無関係な人がいっぱい死んじゃう。
「それは困りますね。でも、その死ぬ人が日本人なのかアラブ人なのかの違いしかないんじゃないですか、現状では?だとしたら今更どうこう言う事じゃない」
 んー、次。アメリカで起きたテロみたいな、あんなのがまた起きるかもって不安を持ってるか?持ってるっていうのが69.9%で持ってないってのが28.4%。ちなみに米だと、80.9%の19%。
「そんなに不安なら殺せ殺せ殺せ!と騒がなきゃいいのに、わからないなアメリカンは」
 不安だから、先に全滅させちゃおうっていうんでしょ。
「日本人もこんなにも不安感じてるのか。何か不安かな?いつ何があるかなんてわからないんだから」
 でも、キミはアメリカ怖いんでしょ?
「怖いのと不安は違う。確かに無差別テロの的になるかもしれないですけど、それより日本の場合、地震と火山の方がよっぽど不安材料」
 それはそーだ、地震は防げない。でも、テロより不安だからってテロが不安じゃないって事にはならない。
「いや、でも不安は無いな」
 次はアメリカの対イラク軍事行動に賛成かどうか。賛成が51.9%で反対が44.3%。ちなみに米は81.3%の17.2%。
「答える必要ある?」
 無いね、わかってるし、答え。次は温暖化とか軍縮とかの取り決めから離脱しちゃうのはどーなのかっていう。
「どーなのかって。よくないだろ、そりゃ」
 あ、えと、そーじゃなくて、それは一国主義だって批判は正しいと思うかって。
「正しいも間違ってるも無いような」
 思うが72.7%で思わないが12.6%。
「一国主義ってのが批判なのかどうか…答えられないですね、これ」

ザンキゼロを始めた

 DRPGだったのか。しかもコマンドバトルじゃないのか。と何か色々と驚く。つまらなくはないけど何かもう面倒くさくなってる。

 パラメータ管理が主のゲームなのに、その辺りのUIがクソでストレスが尋常じゃない。アイテムの受け渡しのクソさ。アイテムを拾うクソさ。全てリアルタイム進行という「クソゲークリエイター」がよくやらかすやつを普通に採用。これ採用する奴らは何が楽しくてそれをやるんだろう?ウィンドウ開いてる時に時間進んで無防備に敵に襲われる要素が「面白い」と思えるのはどうかしてる。

 プレイヤーキャラ達は約2週間で死亡。死ぬと持ってるアイテムをその場でばらまく。アイテム欄に空きがある仲間がいても関係無くその場にばらまく。拾い集めるのに時間かかりすぎ。せめて拾い集めたなら「元の装備に戻す」みたいな一括コマンドあればいいのに、そういうのも無い。PCが8人いるから頻繁に死ぬ。その度に「アイテムを拾い集める」「時間のかかる蘇生」「アイテムを持ち主に戻す」「装備を元に戻す」。それでいて、クラフト要素がみっちりつまってて、そのためのアイテム収集…拾い集める必要もある。これに「便意」「空腹」「ストレス」「スタミナ」多すぎだろ、これは…管理は別に面倒じゃないんだけど、これだけ要素あると、どれだけ管理してもそれをどうにかしないといけなくなる。で、死ぬ>若返って蘇生なもんで、特定の年齢でないと先に進めないとか、「それただ単に面倒なだけですよね?」っていう。

 そして、ストレス溜まる最大要因は頻繁に起こるイベント。DRPGでしょっちゅうイベント発生して進行止まるのはストレスでしかない。ジャンル選択間違えてる。これでまだストーリーが面白いとかキャラに魅力あるとかならいいけど、「不快ではない」ってだけでプラスにもマイナスにもならない。本気でどーでもいいっていう。

 漫画に編集はいらないけど、ゲームはそれに類する人が絶対必要。ただいたとしても立場が低いと意味ないし、権限あってもそいつが無能なら意味ないし。1家に1台堀井雄二…常備して欲しいところだな。

いい本が見当たらない

 図書館か専門的な書店でもいかんと無理だな、知里氏関連。ただ、ゴーマニズムの1巻2巻は見つけたので購入。

 3巻の時に書いたように、好きではないし、内容も滅茶苦茶なんだけど不快ではないし面白い、やはり。

 それにしても、どんだけ左翼とネトウヨが嫌いなんだっていう。右だとか左だとかがそもそもバカらしいし、小林よしのり含め「左翼」扱いされてるのは歴史的ってのもヘンだけど、本来の左翼とは違う存在だろと思うんだが。右が敵、左が敵とかそういう考え方をしているとやっぱり論議は出来ない。敵は全部左翼だと思ってるネトウヨよりはマシだけど。

 まあ、3巻の後にまとめるだろうけど、「イラク戦争は失敗だった」の「失敗」は何を指しているのか。アメリカにとってなのか日本にとってなのか。

 イラク戦争なんてのに限定するでもなく、田村さんのスタンスはそれが正義だろうが求められてのものだろうが戦争はNG。日本はアメリカにNoを叩き付けろ!だったはず。今は、戦争はNGだけど、その上でそれでも「アメリカに正義があろうがなかろうが世界中がアメリカを敵としても、どんな状況だろうと日本だけはアメリカに追随すべき」とこんな感じになってる。もう割とどーでもよくなってる、既に。

 「1人の犠牲で100人が助かる」ならそっちの方がいい。当たり前。現実であってもゲームであっても割とこの考えを持っている。でも、この考えのもと、「それでも」犠牲が出るならNG。たった1人を救う為に100人が苦しまないといけないのか?というなら「その通り」となる。矛盾はしてないのですよ。「犠牲者の数なんて関係ない。そこで犠牲になった人からすれば、100人の中の1人だろうが、たった1人だけの犠牲のその1人だろうが犠牲になったってしまった事そのもの」は。だからこそ「アメリカに従うのはOK」だけど、アメリカの戦争…イラク戦争を肯定するのは絶対にNGで、そんな記事を連発してた読売新聞ふざけんなと。特に「最低限の犠牲」て表現にかなり怒りぶちまけた記憶がある。「お前らが勝手に犠牲になってろ」「死ね」と。せめて正義ならともかくそれも無い戦争に巻き込まれて民間人が死んで、その犠牲を「最低限の犠牲で済んで幸いだった」みたいな。んなわけないだろと。個人的には未だに読売のこのクソ思想が許せなくて朝日なんてどーでもよくて、読売くたばれとしか思えない。

 アメリカがいつ戦争起こしてもおかしくなさそうな状態にあった頃から実際に起きた後の頃までの雑記をまとめてみると、どういうスタンスだったかわかるか。

 まず、「対テロ戦争」でテロ組織の資金源を断つ!とかデカい事言ってるけど、お前らもテロ組織に支援してるし、そもそもイランを潰す為にイラク側で戦ってたよな?クルド人も利用しまくってたよな?アラブ諸国の民衆が苦しむ事になった原因の1つはアメリカだよな?と、そーいう雑記。

「つまり、どこの国がどこの組織を支援するか…自国の都合のいいように支援するので資金源を断つのは困難なんですよねぇ」
 現実…日本も資金源!?
「アメリカに支援する事は、アメリカが支援するテロ組織の資金源になっているという事でしょう?じゃあ、日本を叩き潰しますか?無理でしょ?」

 そして、テロ組織の資金源が「別のテロ組織」の場合、「テロ組織を潰す為にまずテロ組織を潰す」というわけのわからない事になるって話。でも、アメリカはこれを宣言しやがった。何がしたいんだ?と。

「彼らは彼らで独自の組織間連携があって、国家からの援助は受けてないんじゃないですか?援助するとアメリカに睨まれますし。でもこれにしたって資金源を断つ事は、つまり組織の壊滅。テロ組織を潰す為に資金源を断ちたいのですから本末転倒ですよね。あ、ちなみに原理主義だからテロを起こすってわけじゃないですよ」
「先月の11日に書いた雑記の一部です。…どうもアメリカは本気でこの「本末転倒」を考えてるようです」

 で、そもそもキリが無いだろと。ここでいう「対テロ」は「対イスラム」の意味だったから、もうその時点で無理。何故、テロ行為をするのかっていうのがあって、根本的にイスラエル、アメリカ、イギリス辺りが「悪い」。もちろん、だからといってテロが許されるわけは無いけれど、それと同じで、だからといって空爆やら戦争やらが許されるわけではない。これを武力で1個2個組織潰したって意味無ぇぞっていう。「武力は不要ではないけど、最終的な解決手段になり得ない」。ニコニコ動画とかの連中は「武力では平和にならない」の意味を全く理解出来てなくて、死者を愚者扱いして叩きまくってたけどな。愚かなのはお前らだろうに。

「組織間連携が見えてきたとか読売新聞にありました。…まあ、それは日本人の感覚であって、そんなのは宗教的には常識だったわけですけど…常識なんで雑記に書いたんですが…それはそれとして、全部叩きつぶすつもりのようです」
 そりゃあね、1つでも残ったらそこからまた増殖するだろうし。
「全部叩き潰したって、反米感情が消えない限り…イスラムを盲信する限り、新しい組織が生まれますよ。アメリカが…全世界がやろうとしてる事は無謀ですし、無駄です。人の信仰を止める事は出来ません」

 アメリカ頭おかしいから、そんなもんよりオウムどーにかしろよ、あいつ等本気でどうかしてるぞ?って内容。ちょっと主題がずれてるけど、ゴーマニズムの最初のとこで「知識人はオウムを擁護したけどワシだけは危険視してた」みたいな「何言ってんだ、お前?」な事言ってたからついでに。そりゃ多くのケースで擁護側の人もいるだろ、そうでない人もいるしと、そーいうこと。ただ、この雑記はもうオウム自体は消滅してその後継団体がある状態の時の話だが。

 他の国のテロ撲滅作戦に加わる前にオウムどーにかする必要あるかも…本気で。
「日本はアメリカと違って正義ではないですから…行動を起こす前にどうこうする事は出来ませんねぇ」
 日本っていい国なのかも。

 ブッシュと、あの当時のアメリカ国民の半分ぐらいはホントにロクでもなかった。今のアメリカ国民が当時と別人なのかといえばそうではなくて、何かあれば同じ状態になるんだろうし、それはアメリカに限った事ではないのかもしれないけどそれにしたって「誰も止められない悪の集団」でしかなかったよなっていう。こんな奴らじゃそりゃトランプが大統領になるわっていう。

「とりあえず全キリスト教団はアメリカという国家を破門すべきでしょう。キリスト過激派としか表現出来なくなってきましたよ。戦争すると大統領の支持率上がりますし、過激思想の持ち主多すぎです。大量破壊兵器を作りテロ組織を支援するならず者国家…その最大手は「アメリカ」でしょう?自分達はやるけど、他の国がそれやるのは許さないというわけですか…私、あの大統領にこはの世界から消滅して欲しいです」
「もう許せないんですよ、あの大統領は…現人神のつもりですね、あの凡人は。正義を名乗るバカは悪に対してどれ程の責任をとれるか。イラクにおいてフセインが何故、国民の支持率が高いか、アメリカでは「イラク」が悪だからと思ってるようですが…あの腐れ発言をしたブッシュの支持率が90%超えたという現状考えるに…自分達が正義だと本気で信じてるようで…国力と宗教が違うだけでイラクとアメリカは同じじゃないですか。力が全てな考え方といい…戦場で正義の尊さを説きながら死ねる覚悟あるかな、果たしてアメリカに…世界を争いへと導くブッシュは死の恐怖を知るべきです。死の恐怖と死を同時に知ってしまうとアメリカが更に過激になるので死んではまずいですが」
「争いの道しか考えてませんから…しかし、21世紀の始まりに歴史に悪人として名を残しそうな大統領が出現したっていうのはイヤなもんですね」

 これは先に解説しておかないと誤解されるんで書く。その前に1つ前のもか。「イラクでは大統領の支持率が」っていう。これは「独裁だからだろ」とかツッコミ不要だからな?その前提の上で「今のアメリカはそんな状態にあるイラクと同じじゃねぇか、よりタチ悪いじゃねぇか」っていう意味だ。で、この先の転載雑記は「イラクのサダムは愚者ではない」と。これを「サダム・フセインは悪ではない」と取り違えるな?湾岸戦争、イラク戦争と続けて負けたやつが「優れた戦略家なのか?」とかも…「そう思うなら自分でその2つの開戦の経緯と戦争内容を見てこい」と。イラク戦争なんて好きでやったわけではなくて、湾岸戦争の基となったクウェート侵攻も勝てる見込み十分にアリでやった。ただ、アメリカがルール違反するとまでは思ってなかった…その読み違いだよな。イラク国民にとってはともかく、そうでないなら、サダムよりブッシュの方がやっぱり怖いし、同じ理由でトランプも怖い。頭悪いのにヘンな権限持ってるヤツは怖い。北朝鮮のデブもな。

「戦争は力を持った狂人がいてこそ起きる。今は狂人が多い。以前にも言いましたけどイラクのフセイン大統領は狂人では無いですし、頭が悪いわけでもない。理性的で、かつ偉大なる戦略家。だからこそ、そういう意味で怖くは無いんです。勝ち目の無い戦…無意味な戦はしませんから。でも、ブッシュや小泉は狂人ですから、怖いんですよ。頭も悪いですから…ブッシュの場合は周りがフォローしてはいますが、基本的に「支持」する形なので、このまま無意味な戦争に突入する可能性すっごく高いです、世界中を巻き込んでの。だから、ブッシュは消滅して欲しいんです、彼は危ないですから」
 理性が無いのか…ブッシュは。
「無いですね。小泉もそうなんですけど、国民の人気取りの方法は心得てますがそれ以外の能力はかなり怪しいもんですし。イラクとアメリカが同じと言いましたが大統領の立場の違いというものありますね。アメリカの大統領は軍人である必要が無い。だからこそ無責任な発言が次々と出てくる。自分が戦場の近くにいる事は無いですからね。…湾岸戦争で徹底的に叩きのめされたにも関わらずフセインが力を失わなかったのがどういう意味なのか考えてみれば、フセインがどれ程に強大な人物かわかるはずです。ブッシュごときが到底勝てるとは思えませんがね、私には」
 別に大統領が指揮するわけじゃないから、軍隊は。
「いや、あの発言の数々がまずいんです…まともにぶつかればアメリカとイラクではアメリカが勝つかと思います、でもブッシュとフセインでは?そしてアメリカVSイラクではなくVS中東諸国となったら?反米感情によって反米国家の団結を推進してるだけですから。たとえば攻撃するとして『予告』してどうするんですか?」
 されも作戦じゃない?人気取りも含めた。
「反米感情を煽って先に手を出さそうとするんですか?先制攻撃を宣言した事によって、いきなりの攻撃も「妥当」なものとして世界に認知させるつもりですか?自分達の正義を宣言しないといけないと言う事はつまり、それが正義でないと宣言してるわけです。怖いですよ、アメリカは、ホントに。正義を盲信していて。アメリカ人なのにイスラム信者だとかそんな差別的表現されるのがかなり怖いです…裏切り者扱いというのが」

 その怖い国相手にどうすればいいのか?っていう答え。「殴らなければいい」…が、殴らなくても言いがかりつけて殴ってくるんですよ、あの国。…な、敵に回しちゃダメなんですよ、あの国だけは。

 左の頬をぶたれたら、キミが死ぬまで殴るのをやめない!あ〜んど関係ない奴にはとばっちりじゃが全員ぶちのめす!報復思考のあの国どう思う?
「殴らなければいいんですよ、つまりは」

 2月16日は照準補正付き精密誘導兵器がデビューした日。覚えたかね?もう1度言う、2月16日は照準補正付き精密誘導兵器がデビューした日。まだ覚えないのかね?仕方ない大サービスだ、もう1度言おう。2月16日は照準補正付き精密誘導兵器がデビューした日だ。

「今日は『照準補正付き精密誘導兵器がデビューした日』です。アメリカが去年、イラクに対して使い、『2月16日は照準補正付き精密誘導兵器がデビューした日として記憶される』と、とんでもない事を言ったんですね」

 そして話は少し横道にそれて、日本人も怖ぇなぁって。ちなみに当たり前だけど、原爆を肯定するわけでもない。当然、アレのおかげで終戦が早まったなんてバカげた論理持ち出すヤツは「ふざけんな」と思う。アメリカが言うならともかく日本人でそれ言えるのかっていう。ただし、それでも「もう忘れなよ」なんですよ。被害者に対してはヒドい発言なのは自覚してるけど、それでも「もう忘れなよ」と。許すって意味ではなく、忘れろって。何度か書いてきてるけど、「戦争の悲惨さ」だの「兵器の悲惨さ」だのを語り継いだって意味無いから。それで戦争が防げるわけがない。その記憶があるから「戦争に反対」するのかっていえばそうではない。もし、その記憶がリアルだとしてもほとんど意味が無いと思うけど、語り継ぐ場合、それは共感を呼ばない。

 日本って国はどうなんでしょうか?原爆記念日だか原爆の日だかで毎年毎年、過ぎた事を恨みがましくやってますが…。戦争で死んだのは原爆被害者だけではないですし、忘れてならないのは原爆の悲劇ではなく、戦争の悲劇であり、人間の愚かさだと思うんですよね。大量殺人の方法なんて他に色々とあるんですから。偶然というか必然というか、第2次大戦において日本が原爆投下されたというだけの事で。
「しかもあんまし効果ないらしい。戦争肯定派が過半数みたいだし、日本人」

 アメリカに従う理由が正義でも人道でもなく平和思想でもなく、虚栄心?いや名誉欲?何ていうか「日本の力を」的な理由で語ってたのが許せなかった。今現在の田村さんが言う「アメリカに従っておけ」も大差無いのだけれど、絶対的な違いは対アメリカで「日本だけは絶対に裏切らない」という信頼を与える事、ここが違う。

「国際的に名誉ある地位」
「国際的に信頼度を」

 人道からでなく

「今回こそ、日本の力を見せつけてやる!」

 というそういう論理から…「敵か味方か!」という2択の極端な見方しかしない米に…そして世界に「いいとこを見せる」為だけに今回の日本は動いてるんですよね。そうじゃないだろ?人の命は政治の材料じゃないだろ?確かにわかります…結局は全て「政治」でしかない事。でも、それだけ…「政治」だけでしかないのだとしたら「日本」はまたバカにされるだけの事。テロ…悪への怒りではなく「今回こそは日本も!」などというそういう心では…そしてそんな「心」で「無難に事を済まそう」とし、実際にそれをしたからこそ湾岸戦争においても日本はないがしろにされたわけじゃないですか?軍隊を派遣するしないではなく「心が汚い」から…。上っ面だけ良く見せようとしたって見透かれてるんですよ。
 今回は「悪」と「巨悪」との戦いですが、どちらかに味方する以上は「賛同」している必要がある。でも、実際にはそうじゃない。国内での発言なら問題無いとでも思っているのか、それとも?米の大統領はどんなに腐れていても一応は、一貫してるでしょ?「悪」は許さないというその態度は。それに対して日本は「上手く立ち回ろうと」してるだけ。人間として見た場合、私は「日本」を絶対に信頼しません。その場、その場で最も無難な選択肢を選び、力関係が逆転すれば平気で裏切るでしょうから、日本という「人」は。ブシドー?どこにあんの、この国に?小汚い醜悪な爺の巣窟じゃないですか?

 アメリカの先制攻撃の理屈と、「対イラクだから今回お前ら関係ないから」っていう脅迫が面白すぎた。

 イラクはアメリカに敵意を持っている、危険だ…そう感じるアメリカの真剣な声を聞かないアラブ諸国はどうなるか…アフガン見ればわかるよなぁ?…脅し、これって?
「敵意持たれるよーな事したんだろーが、あんたらが。先に手ぇ出したのはイラクじゃなくてイギリスとアメリカだろーが。アラブ世界のイスラムの真剣な声をあんたらは聞いた事あるのか?理解しようとした事あるのか?力で潰す事しか考えない野蛮人どもが。1万年ほど時代溯るんだな」

 アメリカ国民怖ぇよって雑記から時間経って、また同じ事言ってる雑記。ただ、こっちのは「イラクの支持率は」と説明入ってるので誤解されないだろうって内容になってる。最後に「アメリカの情報操作」の話してるけど、情報操作は都市伝説でも何もでなくホントに行われていて、時々証拠も出てきてる代物だからな?米軍に限らず政府も企業も…色々やるだろうよ。ただ、米軍のは何ていうか杜撰な気がする。これは「毎度毎度杜撰な」と思わせる「わざと情報操作してたとバレる偽情報操作」の情報操作してる?ものすごい日本語になっちまったけど、「米軍は杜撰だと思わせる」情報操作と思わせておいて、それすらも情報操作で…もう意味がわからんな。最初面白かった嘘食いがこの連続で正直興ざめ。10巻辺りまでは面白かったんだけどな。「Aと思わせてBをさせると思わせて。Aと思わせててBをさせたいと思わせると思わせておいて本命はC…だと誤解させて実は…」キリが無いというかもうそれは相手の心読んでるとかそーいうレベルじゃねぇよ。

「イラクとアメリカどうなりますかねぇ?どっちも大統領が信じられない支持率という対極的な…」
 っていうかイラクのはウソでしょ。
「それだけにアメリカの方が怖いんですけど、私。本気なんですよ、アメリカ国民の場合は。奴らはイラク国民と違って戦争をして他国民を大量殺戮する大統領を支持するんです。毎回毎回毎回毎回、戦争したり、戦争仕掛けるみたいな発言すると支持率跳ね上がりますから」
 イラクの方って実際の支持率ってどれぐらいだと思う?
「湾岸戦争当時のイラク兵の姿とか、アメリカによって情報操作されていたと思うんですよね。サダムは支持されていない、ただの独裁者だと世界中に広める為に極一部の例外的な存在だけを外部に露出させて」
 んー、それもあるだろうから、どれぐらいなのかなって。
「100%なんてのは有り得ないんですが、それでも7割以上の支持はあるんじゃないんですか?でも、支持率なんてどーだっていーんですよ。第2次大戦当時の日本の怖さっていうのは…」
 特攻?
「結局、心の底で支持してなくとも国には従わざるを得ない。本当は支持してないんだから、それが…弱点…そうはならないと思うんですね、イラクの場合。しかし、アメリカに神の教えは伝わってないんでしょうか?欲望にまみれた俗人ばっかり。宗教に染まるのもどうかと思いますが、敬虔なアラブ諸国を少しは見習いなさいな」
 民の意思が一致してるって意味で宗教的ではあるよね、アメリカは十分。何の宗教だかわかんないけど。
「悲しみを怒りに変え、起てよ国民!!みたいな…っていうか悲しみあるのか、奴らに?悲しみを感じる心あるなら、戦争なんて出来るわけがない。喜怒哀楽の楽しかもってない「人として何かが」どころか「人として色々と」欠けすぎてる」
 悲の感情が無い人間は攻撃的。
「そうです。悲しいなんて感情無いし、理解も出来ないから他人を平気で傷つける事が出来る。前に私は喜怒哀楽の哀が欠けてるなって感じたのはこんな事思ったから。私の場合、戦争やテロに怒りを感じても悲しみは無いですね、どんなに死者が出ても、所詮見知らぬ人なんで」

ゴーマニズム宣言…次はアイヌの血の話なんだけど

 今、詳細を調べ始めたところ。ネオジオコンテンツ作ってた時にも思ったんだけど、アイヌの資料っていっぱいありそうで実はあんまり無いんですよね。アイヌ入門みたいな本は無い…今は知らんが…まあ、そういうお手軽な本が無かったからこそナコルルがアイヌを名乗るナニカと化してしまっていた、しまっているわけだが。まあ、アイヌ関連の本いちいち高いし。英語とかポルトガル語とかラテン語とかは軽めの辞書もあってそんなに金かからないけど、アイヌ語はそういうのが無くてホント高かった。

 現在はある程度ネットも参考に出来るけど、「参考はネット資料です」は2019年現在にいたっても「信頼ならねぇ」なんで。誰が書いたもので、それを「第3者も確認できる」かどうか。ネットのはなぁ。

 調べてるのは、小林よしのりが「自分の意見は知里真志保と同じ」という発言からの、「知里」氏の在り方と真意について。本気で「アイヌなんていない」と言うような人ではないだろうというのが現時点で思えるところ。「皮肉に近い本音」みたいな感じか?ただ本気だとしても、小林よしのりは字面だけ見て「同じだ」と言ってるなと。ただ、結論出すには調査が足りなさすぎる、現時点で。

 今書く事じゃないんだけど、小林よしのりの「血」の話は無茶苦茶すぎて何言ってるのかわからんてのが一番困るところ。何言ってるかわからないからまとめようがないっていう。確実に血統主義者なんですよ、彼は。ところが嫌ってるという。「アイヌ系日本人はいるけどアイヌ民族はいない」ってのは、「アイヌの血は残ってるけどアイヌの文化は残ってない」って意味で、つまり「アイヌの血が存在する事は認めるけど、そいつ等をアイヌとは認めない」と…一般的にこれがアイヌへの差別とされるものじゃないのか?血は認めるけどアイヌ文化は認めない…そもそもワシは血が嫌いだ。…もうホント何を言ってるのかわからなさすぎて調査終わってもまとめられるかどうか。もちろんね、「アイヌの血が入っていればアイヌ民族なのか?」ってその部分は何を言っているのかわかる…つまり、だから「血」で判断するなって事だろ?。そこはわかるんだが、そこと他の部分がつながらんのだよ。血統主義、差別主義者なのに「それは嫌いだ」と文字でそれを叫んでそれを主題にしてるっていう。

 知里氏と同じというなら、「民族と人種」を「全部同じ意味で使う」なんて有り得ないわけで、小林よしのりが知里氏の事を全く勉強していないであろう事は明らか。バカらしくなってくるけど、だからといってじゃあこっちも勉強しなくていいやだと意味ない…だから調べている、今。

ネルケトロフィーコンプリート

 ゲームクリアとかラスボスより強い敵の討伐とかがなくて、ほぼ作業トロフィーという珍しいやつ。

 ゲーム自体、周回ボーナスなんてのがあって周回前提の作りなんだけれど、かなり単調な内容で1周目30ターン目辺りで飽きる。が、100ターンプレイしないとエンディングに到達しない。そしてトロフィーコンプリートは時間かけても+100ターン…つまり1周目で200ターンもプレイしればコンプリートする。

 ネルケ自体、目的が1つしかないゲームなんで、何たらのアトリエみたいに、色々なプレイの仕方があるとかは無いし、調合の自由度なんてものは無くて、既定の道具でアイテムを作るというかなり単純化された代物でとんでもなく強いアイテムを作るみたいなのも無い。武器アイテムは作った数に応じて性能があがるというアホみたいな仕様なんで、強敵を倒すために求められるのは「レベルをあげて」「武器アイテムを量産する」というただのパワープレイ…ゴリ押し。そしてゴリ押し以外の正解が無い。これで周回プレイしたいとは到底思えない。

 最初は楽しいんだけど、プレイ3日目辺りにもうイヤになってくる。あまりにも同じ事というか同じ作業の繰り返しに。PS4版はわからんけどVita版はかなりLOADが多くて遅いってのもあってて結構キツい。

 とはいえ、それでも良ゲーな部類だと思える。金がありあまってすぐにカンストしてしまうとかその他色々と作りが荒いけど。

ついでに今日からシティーハンターの話

 ますます本家というか北条司の芸風そっくりになった模造品。1巻時点で絵柄のコピーはものすごくレベル高かった。現在は表情やらテンポやら手書き文字の入れ方やらホンモノじゃねぇかってレベルになってる。

 1巻当時最初に書いたのは「この作品が面白かったとして、「それは原作が面白いからだ」っていう。高級な食材を使って作った料理が上手いのは、みたいな。ただ、高級な食材を無駄遣いする無能が多い中、まあ、無駄遣いはしてないから、かなりマシな作品と言っていい」という評価。ただし、その上でかなり高く評価してもいる。「基本、原作の展開そのままで、脇で主人公がわーわーきゃーきゃーはしゃいでるだけで。もうこれ、原作漫画そのままコピーしてところどころ描き直して主人公描き足しただけだろ!と思ってしまう程…でも、原作と見比べると、コマ割りも全然違うしっていう。違和感無さ過ぎて気づかないけど、コピーして描き直してるとかじゃないのな。」「男の依頼人の時に初めて発言して、その後、かすみが出てきた時に香が発言したので2回かな?それでもファンの間には印象深く残っているであろう「依頼を受けるのは心が震えた時」なんて発言を引っ張ってきている、だから何か納得する。」「好き嫌いはあるだろうけど、浅いファンほどむしろ反発しそうな気はするかな。」。で、原作に無いオリジナルエピソードをとも書いた。そして、この作品は実際に危険な賭けともいえる完全オリジナルエピソードをいくつか挟み込んできた。4巻5巻でのオリジナルはユニオンテオーペ…エンジェルダスト絡みという本気で危険な博打をしてる。が、成功しただろうと、全く違和感無くシティーハンターの設定にはまってる。当然、これが公式のシティーハンター本編だ!だったらどんなに出来が良くても反発招きかねないがそういう作品でもない。

 やっぱりリョウの服装は原作版の方がいいよな?アニメのあの水色はホントどーにかならんのかね?シティーハンター3と91は落ち着いたカラーだけど、結局初代アニメのあの水色がデフォルトというか基本アレが使われるからなぁ。

ゴーマニズム宣言ばかりだと疲れるからシティーハンターの話

 実のとこ随分と前に劇場版のブルーレイディスク限定版だか豪華版だか買っていたんで、その話。特典映像とスペシャルブックレットどどっちでも神谷さんが、「同じセリフなんだけど最初収録した時とセリフを撮り直した」とあって、その最初のバージョンはPVで流されたやつ。神谷さん本人が「これは違う」とわざわざ撮り直したってのはいいなと思う。アレを見て「当時そのままだ」とか言ってた奴らはさ…演じた本人に否定されたわけだが、どうなんだ?

 ただ実のところ、本編の神谷さんのリョウにも違和感はある。映画で見た時も今回見直した時も、見始めた最初はかなり違和感。聞いてる内に慣れるんだけど。まあ、30年も前のキャラという事と高齢って事で当たり前の話ではあるんだけれど。声がね高すぎるんですよね、やっぱり。

 PV見た当時「というか神谷さん声高すぎ。何でそんな声が出るのかはともかくとして、リョウの声とは違う気もする。ただずっとアニメ見てないんで記憶の中で勝手に低い声になってるのかもしれん」と書いてる。で、神谷さんは最初のだと低すぎるから高くしたと。…えーっ?だな。PVの時点でも声が妙に高かったのに、更に高くしたのか。でも違和感はそういう部分ではない気がする。何か違う感じは受ける。ジャンプフォースのはアレは全くリョウではないと思う。何があってあんな演技になったのかさっぱりわからん。

 劇場版公開前は「出来が悪くてもこれがきっかけで復活すれば」とか雑記で書いたけど、今はもう続編とか別にいいやと思えてる。正直な話、今回のこの劇場版でもう十分だなと。

 TVシリーズで未消化の原作エピソードをやるならアリだけど、TVスペシャルだの劇場版だのだと「シティーハンターではなくなる」んですよね。今回の新宿プライベートアイズにはキャラデザイン以外は特に不満は無い。けれど、それでも「シティーハンターでは無い」と思う。シティーハンターは派手な爆発やらアクションやら大勢の「仲間」との共闘とかそーいう作品ではない。けど、TVシリーズではなく単発で1本作るとなると、どうしたってほぼ確実にそういうノリになる。海坊主や冴子が出てこないスペシャル版とか劇場版とかまずありえない。結果としてストーリーが置き去りになる。ゲストがいてもいなくてもいい状態になる。劇場版999が好きでないってのと大体同じような理由で「シティーハンターはもういいや」と思える。それでもやるなら見るけど、キャラデザはホント変えてくれと思う。ヒドすぎだから。そして、声優陣も変えていいかなと思う。キン肉マンの声は誰でもいいけど、リョウは神谷さん以外無い的な事を雑記に書いたけど、何かね「誰でもいいや」ってとこにまで今は思える。多分、実写版のリョウの声に全く納得いかなかった事でもう本気でどうでもいいやと思えたんだろうと。神谷さんの指名だろうが、「持ち役以外は下手なモノマネ演技」をする「代役としては2流」としか思えない人を使うのは無い。勿体ない使い方をするなっていう。良牙とかビルス様とかすごいいいのにさ。実写だろうと神谷さんがリョウへのこだわりが特に無いっていうなら、「もう神谷さんじゃなくていいな」と。特に特定のキャラのイメージがついてない人が多分いい。けど、まあ…続編作らなければ何の問題もないな。

 あー、さっき書いた通り、新宿プライベートアイズ自体は満足してる。その上で「続編無くていい」「あるならキャラデザ変更は必須」「声優陣も一新した方がいい」そんな感じ。星矢とかZガンダムの声優変更は未だに納得いかないのに、シティーハンターはむしろ変えた方がいいなと思える理由は自分でもわからないが。「神谷さんにこだわりがないなら」ってだけではないが。まあ、でも銀英伝とかでも思うんだけど、既に固定の声のイメージがついてる作品の新キャストって何か結構大変だよなと思う。声の方向性、演技ともに大体、徳間版と同じなんだけどシェーンコップが新解釈というか「なるほど!」だった。「原作のイメージにより近いのはこっちだな」っていう。徳間版のに疑問を持ってなくてアレを普通に受け入れてただけに全く違う方向性は結構驚かされた。道原版のOVA…緑川さんとか子安さんのヤツ…アレはアレで全然違和感無かったから、意外と銀英伝は声優変更しても全く問題無い作品なのか?

ゴーマニズム宣言2nd3巻のまとめ3

 何というかまとめていくと、小林よしのりは傲慢なだけでなくゲスなんだなとわかる。以前書いた通り卑怯ではない。ただし…卑しい。卑怯ではないが卑しいというのはなかなかにギリギリだな。人の事言えたもんではないけど、小林よしのりは国民は「ゲス」と決めつけて自分とその信者は高貴と考えているフシがある。意外と「話にならんわ」って感じで対話というか論議する価値のある人ではないなと思える。

 天皇制が必要だと考えている人とは全く相いれないなと思う。彼らは血に敬意を持っているから話が通じない。論理的ではない。「天皇制はどうでもいい」っていうのは天皇への敬意が無いという事ではない。強い敬意はなくともそこらの血を敬愛してる連中よりよほど昭和と平成の天皇への敬意は強いだろうと思う。それは小林よしのりの言うところの「やっていただいている」という部分もあるし、その実績もあるから。実際、血を敬っている連中の一体どれだけが昭和天皇を知っている?「昭和天皇に戦争責任などあるわけがない」と言うのは簡単だが、説明出来るヤツがどれだけいる?お前らは無関心すぎるんだよ。無関心だから血を敬う事しか出来ない。・

基本的人権も自由もない皇族に(中略)申し訳ないという感情を抱かないのだろうか…31pより
「皇族になってくれ」と押し付けたわけではないからそんな感情を持つわけもない。天皇制をどうとも思ってない人がそれなりの数いるなか、何を言っているのだ?だ。が、女性宮家を創設してでも何が何でも皇族に押しとどめたいのだろう、小林よしのりは。申し訳ないと思わないのか、そんなわがまま?

天皇、あるいは皇族が、もうこの身分を辞めると言えば、鎖につなぐことはできない…31pより
天皇、皇族全て日本国の国民なので日本国に存在する法を無視して「辞める」事が出来ないのは「生前退位」ですら苦難の道であった事実を思えば理解出来るだろう。「辞める」と言って辞められるものではないのですよ、可哀想だけれど。昭和天皇は結局退位を認められなかったし、寛仁親王はそれこそ皇族をやめたいなんて発言したけど出来なかった。

小室圭氏はふさわしくないという判断をマスコミにあおられた国民がしている…31pより
自分と意見が違う人間全て「煽動された愚者」と決めつけているようでは話が先に進まない。事実を認められない人との議論は無理だろう。だから反論無しでいきなり訴えられるのだよ。相手にもならないから。他人の話を聞く耳を持ってないから。

適当な男をあてがって結婚させようとしても、拒否されるに違いない…31p
ここでいうところの「適当」とは「妥当」という意味なのか「テキトー」の意味なのかわからないが、どっちにしてもそんな失礼な事言ってるのは「大体お前1人だけ」。自分で出した案を自分で否定して、「ほら見ろだからダメなんだ」とやってもなあ。「結婚して欲しい」と考えているのは「女性宮家」とか言い出している小林よしのりだとかごく一部の人間で、そうでない人にとっては結婚しようがしまいがどちらでもいい。何で「結婚させる」ということが前提になっているのか。あまりにもヒドい文章なので前回扱わなかったけど「国民から見れば、どこの馬の骨ともしれぬ者に過ぎず、眞子さまにあてがって結婚させるなんてことができるわけがない」とも書いている。「国民」は関係ないだろう?前回書いた通り、結婚後も皇族に留まる、婚姻相手が皇族になるのであれば国民も関係してくるし、それを前提にしているが…それを言い出すと、明治以降だけでいいが、国民は「皇后」となった女性を「皆よく知っていた」というのか?もっと言うなら「国民の誰もが知る高貴な人物」なんてのがいるのであれば「あてがう」でいいのか?ホントに人権も何もないな、その考えは。結婚するもしないも本人の自由、自分で否定するにしても「あてがう」とか失礼極まりなくないですかね?

高貴な身分の人の不幸が見たくてしょうがないというのが大衆心理なのだろうが、秩序と安寧の要である皇室を頂く資格が国民にあるのか問われている。…31pより
何をもって「高貴」と言っているのか。これは「血」なんですよね。血に敬意が無い人からすればただ皇族だというだけの人を高貴とは思っていない。高貴な人は落ちぶれない…それは高貴だから。小林よしのりは「金」と「地位」が無い=落ちぶれるって発想だからどうしようもないが。

クズが不幸になるのは愉快だが、そうでない人の不幸はいたたまれないだろう、普通?

皇室が秩序と安寧の要とはまた面白い。警察や自衛隊、司法組織ではないのか。これは終戦直後なら話はわかるんですよ。というより、その終戦直後の「理屈」を理解もせずに、あの当時の「天皇制は必要だった」という事実だけを理由もわからずに現代にまで通用していると勘違いしてしまっている。

GHQ…マッカーサーが天皇の戦争責任を不問とし天皇制の継続を認めたのは「天皇への理解があった」からか?違うよな、それは。優しさやら理解やらではない。武士や軍と同じで、天皇を排除するより置いたままの方が都合がよかったから。つまりは長い日本の歴史で度々行われてきたことの繰り返し「天皇の利用」でしかない。日本がどれだけ「それだけはNG」と言ってもGHQが「絶対ダメ」とすれば天皇を廃する事は出来ただろう。が、廃したところで利するものがあまりにも無い。国民の反発も強くなるし、何より国が安定しない。戦後の混乱状態で国民をまとめるシンボルが無くなると。占領国としてはそんな混沌状態は避けたいし、何よりその時点でアメリカにとっての脅威はソ連となっている。天皇不在となった状態で国の形が変わる…アメリカとしては日本は資本主義、民主主義国家であってくれないと困る…これと天皇は直接関係はない。が、天皇という頂点、シンボル無しに国の方向が定まらない中…左翼が暗躍してヘンな方向にいったらものすごく困る。天皇は日本国の安定にどうしても必要だった。だから「退位」も認めない。天皇退位による混乱なんてもっての他。まあ、これは平成の天皇の退位問題のとこで書くべき事なんだろうけど。昭和天皇が「退位できなかった」という事実だけを引っ張ってきて、平成の天皇にも当てはめるのは愚かしい事だった。だって、あの当時と違って既に日本は安定していたんだもの。

が、「天皇退位を認めないのは」と叩いた小林よしのりが「秩序と安寧」なんて言葉を持ち出すのか。皇室がそれを担っていると考えているなら、小林よしのりの立場は「生前退位など認めない」であるべきだったと思うんだがな。皇室に何を求めているんだ、一体?象徴たる天皇に何を求める?図々しいとは思わないのか?

リアルタイムでプレイしたおっさんがいない

 ドラクエに限らずリメイク版の話をするやつはまず帰れだと思うんだよね。SFC版3は出来が良い。が、こういうのはオリジナルの話をするのが常識だろう。その上でだ「記憶の錯誤」なんかじゃなくて、本気でネットの印象だけでウソ書いてるなと思えるやつ。

 まずデタラメ言ってる連中をあぶりだそう。「データが消える」はかなりウソ。大量にプレイヤーがいるから、どうしたって消える人はいる。が、その確率は極めて低い。消えやすいという印象をもたれてしまったkど、そんなわけなくて「そうそう消えない」。身近に本当に「消えた事がある」人がいるって人がどれだけいるか。まあ、田村さんも「消える」のは経験してるけど、だからこそ「まず消えない」とむしろいえる。消えたって人本気で見た事ないんで、よっぽどだぞ、消えるってのは。…ちなみにだが、Vitaの三國無双英傑伝はデータ消えまくった。プレイしてても消えるし、してなくても消える。プレイ中に消える分には今プレイ中のデータセーブすればまだ助かるけど、してない時に消えると…あってよかったPS+のセーブデータ保存。ただ、実際に消えてるわけじゃなくて「ゲームソフト側で消してる」っぽい。データが無いだったか読み込めないって出たら即ホーム画面に戻して再立ち上げ、これで復活する。…ファミコン版ドラクエ3かよと思ったよ、本気で。コーエーテクモはホントプレイヤーに不利になる事には熱心だよな。セーブデータ改造とかの対策なんだろうけど、普通にプレイしていてすら発生しまくって全セーブデータ削除するのは仕様として有りえんよ。改造するヤツなんて放っておけと思う。アレはホント迷惑だった。10回以上起きたぞ。Vita本体がおかしいって事はない。他のゲームでは起きないから。

 後は世界地図。発売前から地図が出ていてマニュアルにも地図はついてる。これで途中までプレイして気づくなんてのは、一体どれだけ情報断てば可能なんだ?田村さんはゲーム雑誌は買ってなかったし、友人も少なかった、それでもドラクエ3の情報をシャットアウトする事自体難しかったがな。ドラクエ3が現実の地球に近いマップになってる事を知らずにプレイするってのは「お前は南極にでもいたのか?」っていう。

 HP自動回復ボスも1人歩きで気づかないヤツは「とんでもなく頭が悪い、察しが悪い」普通は気づく。普通は気づく。

 りゅうおう、シドーと2回連続で当初示されていた攻略目標の後にラスボスがいた…りゅうおうは変身しただけだけどまあ…そんななんで発売前時点でバラモスがラスボスだなんて思ってるヤツはまずいなかったし、実際にプレイすると、バラモス戦でBGMが変わらない事でラスボスじゃない事が確定。バラモスがラスボスだと思ってたヤツはいるのか?幼稚園児とかだとむしろそんな「ラスボスがどうか」とか認識あるのかどうか怪しいし。

 武闘家を武道家なんて書く奴の言う事も全く信頼出来ないと思うんだ。間違えるヤツは意外といないからな、実際にプレイしてた場合。「武道家」書いたヤツは勇者自宅とか書いてるし、確かに勇者ロトはパーティーから外せるが勇者は外せないからなぁ。…通常の方法じゃあ。

 「すばやさ」が守備力ってのは3からの話じゃあないんで、これもウソだろう…ドラクエ初めてならそれはそれで驚く事でもないし、以前からプレイしてるならそれまでと同じだし。リメイク版の話してるなら帰れ。まあ、この仕様だkらファミコン版は多少無理してでもイシスまでいって「ほしふるうでわ」取るのは2周目以降では常識だよな?

 正直にドラクエ3で驚かされたのはリアルタイムでプレイした人達だと、「街の中に城がある」「戦闘に入る時に渦巻」「旅の扉の演出が何かすごい」「綱渡り」「はぐれメタルの経験値が1万超えてる」「ルーラで行先選べる」「ダンジョンの中が明るい、落とし穴が視認できる」「宝箱を開けると空箱になる」「ヒャダインは?」「フバーハ役にたたねぇ」「マホカンタ役にたたねぇ」「ラーミア勝手に動き続ける」こんな辺りじゃないか、驚くポイントって。こういう事が書けるおっさんが1人もいないとか悲しいのう。あー、後起動した後の黒画面での「ジーーーーーーーー」って音が「壊れてる?」ってちょっと驚かされる、最初は。あれ何の音なん?

ゴーマニズム宣言2nd3巻のまとめ2

 全部取り上げてるとキリが無いのがわかったのである程度、つまんでいく必要がある。

小室圭氏が、母親と元婚約者の金銭問題に関する見解を発表したら、小室母子へのバッシングに拍車がかかってしまった。マスコミは、何が何でも小室母子を叩いて、眞子さまに「相応しくない」と印象づけ、破談に追い込みたいらしい…23pより
「全部マスゴミが悪い」というネトウヨを普段バカにしておいて結局同じである。多くのページで「多くの国民が賛同しているのに」的な事を書いておいて、「多くの国民が自分と反対の意見」の場合は「国民はバカ」「マスゴミが悪い」…ネトウヨと全く同じ。

小室母子の場合、皇室関係ない。あの2人に多くの人は嫌悪感を抱いている。…顔が詐欺師だしな。現実として、自分達の立場すらわかっていない頭の悪さも問題。有り得ないだろ、自分達が叩かれてる中で火に油を注ぐような「解決済認識」なんて発表は。何でマスコミが皇族とはいえ、一個人の恋愛を邪魔せにゃならんのよ。これも何かの権力が働いたと?

小室氏が発表した文書の問題点は「解決済」か否かという点もそうだけど、「黙り込んでいた挙句に発表した代物が黙っていた意味がわからない」代物だった事。全ての非は婚約者の男性にあるという主張。小室母は被害者であるという「いらない主張」。自己弁護しかない文書ではそりゃあ批判浴びるだろう。そして自己弁護のために不要と思われる記述が大量にある。何を主張したいのか明確でない。結局何が言いたのかがわからない、あえて言うなら「解決済と認識している」だろうか?そして、この文書が出た時点で、金銭トラブルとやらが解消したところで「問題は未解決」のまま残るといっていいだろう。問題は借金がある事ではなく、トラブルになっている事、それを認識出来ないでいる事だから。これは一生解決しない問題だから騒がれてしまうのである。

婚約者に援助していたカネを、婚約解消してから返せというなんて男としてみっともない。借用書がないのは致命的!惚れた弱みで援助したカネが返ってこなけりゃ自己責任!婚約解消したのも男の方からだし…9,10pより
表紙の帯で「男女公平は新たな伝統なのである!」と3巻のテーマかのように扱っておいて、男側が最も嫌うといってもいい「男らしくない」的発言を男の側からする昭和のおじいちゃん。

女なら「返せ」と言ってもいいって事か?が、性別関係なく貸した金を返せというのは当然の権利なんですよ。両者の関係は関係ない。もし、貸したのではなく贈ったのであれば、多分各地で言われてるだろうけど、贈与税発生してるはずで発生してないならそれは金の貸し借り。借金の時効まで逃げて贈与税の脱税でもする気なのかな、小室さんは…が、遥か先だぞ。

貸した金が返ってこないのはそりゃあ自己責任だろう。惚れた云々関係ない、どんな事情で貸そうが。それと小室母子関係ないじゃないかと。それは貸した側の事情。そんなものはこの問題に全く関係がない。

借金の返済と婚約解消も関係無いと思うんですがね。婚約解消すると借金解消するという法があるわけでもあるまいに。実際、婚約解消の経緯は小室側からの話しかないので不明。元婚約者がその点何も言わない以上は小室側の話が正しいと判断するしかない状況ではあるが、現実として両者の話を聞かないとそこの真実はわからない。そして、その「真実」は両者にのみ関係する事で他人がどうこう言う事ではないので「どうでもいい」

女だって交際中に貢いだカネを、あとで返せとは言わない。元婚約者の男には「武士のやせ我慢」という「日本人の美徳がないのだ」…10pより
貢いだなら男だって返せとは言わないと思うし、貸したのであれば女でも返せと言うと思うぞ?泣き寝入りは美徳でも何でもありませんよ?下らない見栄とプライド…それは生粋の武士よりも新撰組のような成り上がり組の思想じゃないかな?金を捨てるのは美徳ではなく、無駄遣いである。

女だって交際中に貢いだカネを、あとで返せとは言わない。元婚約者の男には「武士のやせ我慢」という「日本人の美徳がないのだ」…10pより
貢いだなら男だって返せとは言わないと思うし、貸したのであれば女でも返せと言うと思うぞ?泣き寝入りは美徳でも何でもありませんよ?下らない見栄とプライド…それは生粋の武士よりも新撰組のような成り上がり組の思想じゃないかな?金を捨てるのは美徳ではなく、無駄遣いである。

まったく奇妙なのだが、マスコミや大衆は、眞子さまの気持ちを全然考えない!(中略)じゃあ家柄と経済力がある男となら幸せになれるのか?(中略)眞子さまがどうしても小室圭氏と結婚したいというなら、その意思を最も尊重しなければならない。眞子さまが小室氏と結婚して幸福になるか、不幸になるかなんて、誰にもわかりゃしない。そんなことを他人が考えても仕方のないことだ。…25〜27pより
現時点では「皇族」だから口出しされてしまうのはある程度は仕方は無い気はする。無論、皇族だからといって婚姻は制限されない…女性は。「男性差別だ!」とか竹田何とかとか言ってそうだけど、当然そうではなく、どちらかといえば女性差別に当たるやつなんだけど、今回の話と関係ないから置いておこう。

家柄云々は何を言っているのだ?と小室氏の家柄やら財産状況で批判されているわけではない事ぐらい理解しているだろうに。そしてその2ページ後に「3年後にはマンションを3戸買って親戚を徹底的に見返してやった」…矮小かつ下品。これは小林よしのり自身が婚姻相手の親族に良く思われいなかったかららしいが…やっぱり何ていうか下品な見返し方であり、「家柄と経済力」云々の台詞に全く説得力が無くなる。「小室氏も出世して見返せ」…家柄や地位、財産ではないと自分でたった2ページ前に行った発言を否定するかのような発言内容。そしてそもそもが「世間」なんてどうでもよくて2人の問題なのではないのか?何で見返す必要があるのだ?結局、小林よしのり自身が「金と地位」に執着して、そこにしか人間の価値を見いだせていないからこのようなちぐはぐな発言内容となってしまう。

「皇族であろうと本人の意思が尊重されるべきだというのはその通りで、どうしても結婚したいというなら頑強に反対する国民もそう数は多くないだろう。所詮は他人のは話で、結婚すれば皇族から離脱する事になるってのもあるんで。後は親子等親族の問題。とはいえ、小林よしのりはやはり2ページ後に「今は皇室典範の見込みが全くなく、このままだと、眞子さまは結婚すれば一般人になるしかない」としている。眞子さまの気持ちが最も尊重されることで、「そんなこと」を他人が考えても仕方のないことなのではないか?幸せになるか不幸になるかは考えても仕方がない。誰と結婚するかも他人が口出しする事ではない。けれど、皇室に残るかどうかは口出ししないといけないのか?結婚すれば皇族離脱なんてのは当然理解している、本人は。当たり前の話だ。その上で結婚を決めたのであればそれこそ他人が口出しする事ではない。天皇制を続ける云々は眞子さまの意思とは無関係の話だろう。

女性宮家を創設して宮家当主に「小室圭」をなんて事も言っているが、その状態になったら今より遥かに多くの反対が出るのは目に見えてる。一般人であれば「好きにすればいい」だが、皇族になるというなら国民が黙っている理由は本当に無くなる、その事を理解しているのか、小林よしのりは?

ゴーマニズム宣言2nd3巻のまとめの続きではない

ワイは猿や!早く人間になりたい…久しぶりだね!
祐里久々にPS4版ドラクエ11をちょっとプレイしてみようと思ったらHDから消えてた。セーブデータ残ってるから再インストールしようとしたら何かPS4がヘンな音出して動かなくなった
寿命だ
祐里ちなみにプロゴルファー猿は人間だからな?
闇に隠れていきる俺たち闇ゴルファーなのさ
祐里まあ、ミスターXは人に姿っていうか素顔さらさねぇけどさ
なので、今日は鬼太郎とベムとどっちがいい?
祐里何でベムだよ
だから世代がどーとかで
祐里数話しか見た事ねぇから無理だし。そもそもベムの新作なんてねぇし
あるし。全然面白くないけどね
祐里面白くないアニメの話されても面白くもない。そーいや最近知ったんだけど、ホントに敏さん鬼太郎に出てたんだな
出てるよ
祐里興味無くて、一部の声優陣しか知らんから「全員島田敏さんでいいだろ」とかちょい前に雑記に書いちまったじゃねぇか
…猫ねーさんもか
祐里そんなキャラはいない。が、まあ…猫は無しとして、ほぼ全キャラ敏さんでいいと思う
忙しすぎる。じゃあ6期の善し悪しを
祐里だから知らねぇって言ってんだろーが
おっさんオタクが現代文化認めたくないみたいなアニメだね。日本式ハロウィンとかいいね文化とか完全否定
祐里鬼太郎はわからんが、いいねの話なら…何ていうか好きにすればよくない?で終わるけど
ハエがどーこー言ってたけど、いいねは気にしないんだ?
祐里インスタ蠅って絶滅はしてなくてももう取り上げられはせんだろ。いや、あれはさ、無個性なんよ。「いいね」は個人的にはくだらねぇと思うけど、それがいいと思う人はそうなんだろうとしか
個性アリ?
祐里そこに意味はあるんだろ
どんな稼ぎ方でも?
祐里何を求めるか次第。数さえあればいいって思うなら何でもアリだろうし。使い方は自由なんじゃないのか?
昔の個人サイトのアクセスカウンタなんておんなじよーなもんだしね。アレなんて本気で数しかわかんない。
祐里そう、アレは完全に数だけ。その数に執着してた…割と多くの人が
ゆーりもね
祐里一時期な。が、当時正直に書いてたけど…増えるとやる気無くしてしまってたのはアレはウソでも何でもなかった
増えると何かイヤになる。減ると何かイヤになる。増えてもイヤってのがわかんないかな
祐里謎だな。だからカウンタなんて消した。どうでもいいから。で、一時期だろうが気にしてた時期がある以上、「いいね」に執着する人が理解出来ないわけでもない。現時点では「くだらねぇ」としか思えなくとも
自分とは別の人に認められたって事だもんね、最低でも
祐里それが悪意だろうと存在を認識されてるって事。アクセス数0かもしれない、誰も何も思ってない可能性が高い。それでも日記書くというのは他人が読む事を意識してはいても基本的に自分の記録として残すって意図が強くないと無理…そういう意味でいうと視聴者数極めて少ない動画とかは凄いと思う。日記ならまだ理解出来るけど、動画は…心折れる気がする
それも日記みたいなもんなんじゃない、その人にとって
祐里本来児童向けのアニメに説教じみたもの入れるのはダメだと思うんだわ。のび犬が自立するアニメとか見たってしょーがないってのと同じで
鬼太郎って元々そーいうものなんじゃないの?
祐里自然と妖怪と人間の関係を描いてはいても別に人間の生き方は否定してねぇ。だから随分昔に「もののけ姫が描いた事なんて水木しげるが遥か昔に通った道だ」って
あー…うん…何かそれ何度も言ってたね
祐里何度も言った記憶はないんだが
何度も言ってるねー。割と聞き飽きてる、それ。現代の人間の生き方は妖怪には住みづらい世界になってるけど、だからって人間も譲歩出来ない。一方的に人間の方が悪いのかもしれないけど譲歩出来ないみたいな
祐里人間が悪いとか言った事あるかな?
言ってなくてもそーいうニュアンスだった
祐里いやそんな事思った事ないから言ってない。鬼太郎には「わるい」人間も出てくるのは認めるが。ちとgrep。この辺りかな。「侵してはいけない妖怪の領域、そして人間の領域…互いの領域を荒らしてはいけない。でも、現在の人間が生きていく為には妖怪の領域を荒らすしかない。そうしないと生きていけないから仕方がない。でも、それは最低限のものでないといけない」
んー、それだと言ってないか、ニュアンス的にも
祐里言ってないだろ?他のとこでも言ってない。あくまでも「仕方がない」って認識
ただ、水木サンはそーいう人間よりも日本古来の妖怪みたいな人の方が本来の人間の姿だって言ってるんだよね?その辺りの雑記でそー言ってる
祐里まあ、結論としては…もののけ姫は駄作、これだな

どうにも気になるので、ゴーマニズム宣言2nd3巻のまとめ

 結構面白かったんで1巻と2巻探したけど無かった。2ndより前のも無かった。なので3巻をまとめておく。

ジャーナリストなら言論で戦うのが筋だと思うが、いきなり権力に頼って訴えてきたわけだ。言論戦を避けて権力に頼るのは言論のプロとして書き手のプロとして書き手のルールを逸脱していると、わしは思う。わしは例えデマを書かれて、名誉棄損されても、裁判に訴えることはしない。それは言論のプロとしての矜持である!(中略)ジャーナリストの男がまず訴えるべきは伊藤詩織氏であり、「週刊新潮」だろう。それがいきなり小林よしのりを訴えてきたのは何故だ?これが全然わからない…6Pより
小林よしのり曰く「レイプ魔」から名誉棄損で訴えられた事への。ここでポイントは2点かな。
「いきなり権力に頼って」権力=司法か?司法に頼るのがルール違反だとか聞いた事もない。争う価値すら無い一方的な暴力をしてくる相手に対等に戦う必要があろうかどうかは相手が決める事。伊藤氏も慎重も訴えるに値はしないと判断し、小林よしのりは許せないと思った、ただそれだけだろう。小林よしのりが言うところの「言論戦」とやらを行った。伊藤氏に対し、レイプ魔ことY氏は伊藤氏を訴えるのではなく、雑誌で反論記事を発表している。つまり、小林よしのりが言うところの「言論戦」とやらを行い訴訟など起こしていない。闘う価値のない、言ってわからない無礼な相手に対して訴訟を起こしただけであり、ゴーマニズム宣言はその事実を故意に隠したデタラメである。誰かれ構わず噛み付く狂犬なのであれば小林よしのりの言う通りだろうが、伊藤氏、新潮社には「権力とやらに頼らず相対し」ているのだから言論のプロとして正しい行動ではないのか、小林よしのり的には。

 次のポイント、「わしは裁判に訴えることはしない」。が、自身が気に入らない本を書いた相手に訴訟をふっかけて敗北している事実がある以上、その発言を素直に信じていいのか。確かに名誉棄損で動いたわけではない、が、相手の著書が気に食わないという理由で訴訟を起こす男が言えた事なのか、だ。相手が気に入らなければ名誉棄損「以外」の何かで訴えるのだろう?面白い矜持もあったものである。

訴状を読むと、裸にして似顔絵を描いたのが気に入らなかったらしいが、こんなデフォルメは『ゴー宣』では通常運転だ…7pより
自分の常識を自分の著書を持ち出して言っても世間には通用しない。「相撲部屋ではKAWAIGARIは当たり前、通常運転だ。今さら文句言われることか」と開き直られても困るだろ?名誉棄損は親告が無ければ問題とならない。今まで通用していたからといって、誰にでも通じるというわけではない。が、そもそも似顔絵は訴えの理由のほんの1つに過ぎず、それのみを切り出して「こんな事で訴えるのか」は違うだろうという事で、2つの点で主張がおかしい。

伊藤詩織氏は自ら取材を試みた様子を「Black Box」に書いているが…「彼は凄い勢いで逃げた。人生で警察を追いかけることがるとは思わなかった。(Black Boxより) やましいところがあるから逃げるのだろう。…8pより
自身の主張を正当化するために記述された書の内容を信用するのは無理。「逃げた」のを他の誰かが目撃したのか。一体何の権限で警察に取材が出来ると思ったのか。プライベートに押し掛けたならただの迷惑女だろう。本当に逃げたのか。頭のおかしい連中の相手なんてしたくなくて無視したとして、それは「やましい」からだろうか?この「逃げた」とされている人物は新潮社の取材には応じている以上、伊藤氏の著書が「信頼に値しない」と判断するべきではないだろうか?

被疑者が逮捕されなかったために、充分な捜査が行われず、不起訴になった理由もわからず…8pより
事実関係、時系列を理解していないか敢えて理解していないフリをしているのか。警察の捜査と検察の捜査を敢えて別のものとせず同一かのように書いてるのはダメだろう。「捜査もせずに逮捕」するつもりだったのか?逮捕してから捜査は順番が逆ではないかね?警察の捜査>逮捕>送検>検察が捜査という流れなら理解出来るが、逮捕してないから捜査出来ないというのはこの流れだとしても意味不明な主張と言わざるを得ない。

Y氏は準強姦罪に問われた…これは逮捕されず書類送検される事例もある「重大ではない犯罪」。そして、Y氏は逮捕はされなくとも書類送検はされている…なら問題ないではないか。逮捕とは身柄の確保であり「捜査」とは関係が無い。この被害者が言うところの「レイプ事件」はホテルの1室で行われたもので、「自由」にしておくと証拠隠滅されるなどという事がない類のもの。…証言出来る人間を買収したとでも言う気か?

小林よしのりは伊藤氏曰く「逃げた」という中村格が黒幕であり、権力がかばったとしている。が、この中村氏が警察で犯罪をもみ消すだけの権力がある証拠は示していない。検察が不起訴とした以上、その権力は検察にまで及んでいる事になるが、作品内で「中村黒幕説」を唱えておきながら検察の存在を無視している。もっといえばY氏不起訴の判断は民間人からなる検察審査会も下している。中村格とY氏は検察審査会の「メンバー」を自分に有利な人間を抽出するほどの権力の持ち主だという主張となる。…笑い話にもならない。逮捕と検察の捜査、判断には関係が無い。それぐらいは小林よしのりも理解しているはずで故意に自信の主張に不利な部分を切り捨てた無茶苦茶な主張である。警察組織ではなく、警視庁の1人の刑事部長と元TBSジャーナリストに権力があるとする主張はさすがに無理がありすぎる。

当然ながら、権力は、「警察」や「司法」や「税務署」などのシステムを操ることができる。…10pより
そんな事が可能な権力者は日本国憲法上存在しえない。「権力」「操る」「システム」と曖昧な言葉を使っているが、小林よしのりの言うところの権力とは何かといえば中村格である。つまり、警視庁の刑事部長でしかないはずの中村氏は何故か検察どころか税務署にまでその権限が及んでいるらしい。そこまで絶大な権利があるなら、ワシは言論で戦うなんて言ってる場合じゃあないだろう。勝ち目がない。

 思った以上にツッコミどころ多すぎてまとめるのにどれだけ時間かかるかわからんな。とりあえずまだ第1話的なものすらまだ終わってない。初っ端から面白いだろ、ものすごい事言ってて。

 別に元TBSジャーナリストなんざ擁護する気ないけど、送検の意味すら理解出来ないバカばかり。マック赤坂は逮捕されてねぇんだよ。そしてこのニュース流れた時点で山口…つまりY氏はとっくに送検されてんの。「同じ準強姦で書類送検された」マックとY氏…なのに、「マックは逮捕されて山口は何故逮捕されないのか」とかバカさらけ出してんじゃねぇよ。小林よしのりがやってる「事実を書かない」やり方がこういうバカ生み出すんだわ。ちと調べるとマックさんも不起訴。つまり、「安倍と関係なくても逮捕されなかったし、起訴もされなかった」わけだが、アベアベ言ってるリンク先のアホどもとか小林よしのりはとりあえず安倍に謝っておこうか。個人的に安倍大嫌いだけど、そーいう問題じゃないし、これ。

今さらだがネルケに温泉イベントがあった事を書いておく

 温泉イベント無いのかとか書いた直後だった。あるのかよ、温泉イベント。が、何か違う。ハゲルのおっさんがいないじゃないか。